黒夢






"亡骸を・・・"




日本のヴィシュアル系ロックバンドのアルバム。


ディルアングレイを先に聴いてて、バリバリのデスメタル曲“残”を気に入り、
この曲のモチーフとなったという“親愛なるデスマスク”を聴きたくて、
中古で安かったこともあって購入したアルバムだ。

ディルのヴォーカル、京はこのバンドのシンガー、清春に大きな影響を受けたらしい。
この手のスタイルでデス声(シャウト)を決めたりコアな曲をやる流れはデッドエンドから彼ら黒夢、そして
ディルアングレイに受け継がれ、今は多くのバンドが取り入れている。

親愛なるデスマスクはこのアルバムの中で最もコアな曲で、
なるほど、ディルの音楽性の出発点と思しき凶悪チューンだ!この曲なら激しいのが
好きなメタラーにも受けるだろう。歌詞も凄い。放送禁止用語を連発するのだ!!


しかし、この曲以外はどうも地味でピンとこなかった・・・やはり俺は美しく劇的なメロディーを好むのだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 50% お気に入り曲 親愛なるデスマスク







"CORKSCREW"




日本の大物ヴィジュアル系バンドによる解散前にリリースされたラストアルバム。


元々は初期ヴィジュアル系としてスタートしたバンドだが、キャリアを重ねる毎に
稚拙さが無くなり、
相当にマトモなサウンドを披露出来るようになると同時にパンク的な側面を
全面に押し出し始めた事でも有名である!
本作は彼等の解散前にリリースされた最後の
アルバム
で、初期の頃のダークなV系要素が完全に消滅しパンク、ハードコアに思い切り
傾倒
しまくっているが、演奏、ヴォーカル共に相当マトモになっており結果として本作が
彼等の最高傑作と言われるようになり、うちにも相当昔だがタレコミが幾つか来ておったのう・・・!

1曲目は篭り気味のドラム、ベースに始まりパンキッシュなノリを放つアップテンポ曲で、
流石にこの頃は演奏、ヴォーカル等かなりマトモになっており上記の初期作の面影は無いな。
2曲目はOi!要素のあるシンガロングで幕を開け、パンクらしいランニングベースが印象的な
軽快さのある疾走チューンである!3曲目もワイルドなノリを放つ軽快なパンクチューンで、
4曲目もいかにもパンクなリフ、リズムを披露するファストチューンとなるのう・・・!
5曲目は昔のメロコアでありそうな、いい意味で知能指数の低そうなリフが聴ける疾走曲である。
6曲目はこの手のサウンドらしからぬ哀愁漂うアコギのストロークで幕を開け猥雑なベース、ドラムも登場、
ただシンプルに疾走するだけでは無いキャッチーなメロウさを見せており、この辺は元ヴィジュアル系ならではの
感性
だろうな・・・!7曲目はミドルテンポルーズで気だるいロックンロール系の曲である。
8曲目は荒々しいギターワイルドさを放つパンキッシュなアップテンポ曲で、
9曲目はここに来て何とホーンが登場するスカとなるも、10曲目は再び軽快さのあるストレートな
パンクチューン
に戻るが、中盤はタル〜いレゲエ風でその後はこれまたスカ風になり、ラストは
ワイルドな疾走ハードコア系である。11曲目も判り易い王道パンクで、
12曲目は都会的なノリのあるロックンロール系の軽快な曲調だな。
13曲目は気だるいルーズさのあるミドル曲だが、14曲目は久々に勢いのある
疾走感を放つファストなハードコアナンバー
になるぞ!


エモ、スクリーモ、ポストハードコア、メタルコア等が当たり前のように存在し、メタラーにも
愛聴されている現在の耳
で聴くと流石にシンプルだし深みも無いんだが、それでも勢いは
しかと感じさせてくれるし、
一部のドラムがそうる透だという事もあって80年代パンク、
ハードコア
と比べると遥かにタイトな演奏を披露しており、清春のヴォーカルも味があり
高評価されているのも分かるのう・・・!
とは言え後半でダレを覚えるし、音楽的に
好みという訳でも無いので個人的にはあまり高い評価にはならんなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 後遺症 -aftereffect-  LAST PLEASURE







"黒と影"




日本の大物ヴィジュアル系バンドによる最新アルバム。


元祖ヴィジュアル系バンドの一つと言えるベテランで、初期の頃はオールドスクールV系だけあって
演奏、ヴォーカル等凄まじく下手糞で楽曲も相当にスカスカさがありお世辞にも良いとは言えない
チープさが目立っていたんだが、
そんな中にあって“親愛なるデスマスク”は相当長い事多くの
後続バンド
似たような楽曲を生み出しており、この曲のパロディーをやる事が暗黙の了解に
なっていた感
がありあのDIR EN GREYでさえもこの曲のオマージュが原点となっている(爆)。
長らく解散していた時期もあるが、別バンドでキャリアを積み下手糞だった初期と比べて
相当にレベルアップ聴くに堪えうるクオリティーを備えるに至り、本作がリリースされた
今年(2014年)で結成20年を迎えるようだ・・・!

1曲目は無機質なベース、インダストリアル系のデジタルサウンドハードさのある
ギター、クワイア風コーラス
が顔を出す淡々としたイントロで、2曲目は2014年にあって
昔のヴィジュアル系サウンド
をそのまま近代的な演奏、プロダクションにしたかのような
ダークで妖しくちょいとチープな雰囲気を醸し出すワイルドな曲だな・・・!
3曲目は疾走感を見せつつもやはりワイルドなノリが感じられ、初期ヴィジュアル系らしい
ダーティーさ
も見られるな。4曲目も疾走感を放っているが、やはりHM/HRにはならず
あくまでも荒々しいロックンロールなノリを持っているのが大きな特徴だろうか!?
5曲目は気だるいムードを醸し出しベースが目立ちつつギターのカッティングは
スカに近い感じ
だな・・・。6曲目は荒々しい出だしからパンキッシュな軽快さを放ちつつも
ドラムはツーバスを連打し疾走!7曲目はそれなりにはモダンな印象を見せるへヴィな曲で、
ギターフレーズにカオティックさがありつつどこかやさぐれたロックンロール風味
漂っているのはヴォーカルの影響だろうか!?意外にもシュレッドするギターソロも聴けるぞ。
8曲目はテープ逆回転、ピアノに始まり荒々しいハードさを見せるギターが登場、
ウィスパー寄りの怪しいヴォーカルも聴けサビではストリングスも顔を出し
珍しく叙情性を演出しているのう・・・!9曲目は淡々としたベース、クリーンギターが聴ける
穏やかさのあるバラード風で、10曲目は荒々しくワイルドなギターが聴けつつもどこか気だるい
グランジ、ガレージロック風のラフなルーズさ
を感じさせるミドル曲。途中クリーンギターと
ベース
怪しげな空気を醸し出し、後半ではファンク調のアレンジが飛び出すぞ!
11曲目はパンク、ハードコア寄りのギターリフが聴けるが疾走はしないワイルドなミドル曲だ。
12曲目はデリデリしたギターがこれまたグランジ、ガレージロック寄りの空気を醸し出すも、
それと同時に淡々とした中にメロウさを内包しているのう・・・!ギターソロはHM/HR寄りのプレイである。
13曲目は淡々とした退廃ムードを醸し出す気だるいスロー曲。中盤以降でへヴィな音作りになり
ギターもちょいとHM/HR寄りになるか!?14曲目はボーナス扱いで、これまたグランジ寄りの
気だるさ
を感じさせるルーズでダラけたスロー曲である。


フロントマンの清春sadsパンキッシュなスタイルに接近しつつも、近年では何故か
急にモダンかつテクニカルなエクストリームメタル路線に向かい始め俺等メタラーを
楽しませてくれたんだが、
本作はタイトさを見せつつも根底にあるのは初期V系や
ロックンロール系
のようで、上記した最初期のスカスカさ、稚拙さは完全に無いんだが
雰囲気的にはその流れを踏襲している感があるだろうか!?ベースが相当に目立っており
ベース好きには嬉しいサウンドを聴かせてくれるが、アルバム後半にスローな曲が
固まっておりダレを覚えるのも確かじゃのう・・・!
こんな事言うとファンに
ブチ殺されそう
だが、初期の頃は稚拙すぎて聴くに堪えないんで(爆)初めて彼等に
触れるのであれば本作とか、後期のアルバムが良いじゃろうて・・・!まぁ前作はどうやら
デジタル路線でアカンかったようだが・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 I HATE YOUR POPSTAR LIFE  CLARITY







もどる


inserted by FC2 system