クリープハイプ







"死ぬまで一生愛されてると思ってたよ"




日本のオルタナバンドによるメジャーデビューアルバム。


国産オルタナと言えば例外もあるだろうが、基本的にはスッカスカで単純な音作りで
女々しいヴォーカル
女々しい歌詞ナヨナヨと歌いオカマアピールするだけの
軟弱モヤシ小僧なイメージが強いが、彼等はどちらかと言ったら例外に属する方である!
まぁヴォーカルこそ例によって例の如く、ヘロヘロで女々しい軟弱さがあり音程も酷く
正直ド下手でどうにも受け入れがたいのだが(爆)
バンドサウンドは意外にも骨があり、
ガレージロック的な荒々しい勢い
を見せつつリードギターが何気にピロピロフレーズを披露、
70年代のハードロックバンドの平均レベル位のスキル
はあるだろうか!?

1曲目は頭から意外にもギターがピロピロ舞いこの手のバンドらしからぬスキル
見せつけ軽快なアップテンポで展開、ヴォーカルはやはり女々しい弱さ、下手糞さがあるも
キーは相当に高くある意味RUSHのゲディー・リー的か!?2曲目もバンドサウンドは
意外な力強さ
を感じさせガレージロック的な質感を放っており、ヴォーカルだけはやはり
軟弱ヘナチョコ系で実にキモいんだが(爆)
バンドサウンドはなかなかの頑張りを見せておる!
3曲目もノリの良さがありリードギターも登場!ヴォーカルの音程のハズレ具合が実に
聴き苦しいのう・・・!
後半でギターソロも聴けるぞ。4曲目は軟弱系ポップムード
醸し出すが・・・このクソヴォーカルの音程が壊滅状態だ!(爆)サビがキャッチーなだけに
ホント、このクソVoだけどうにかしてもらいたいモンじゃわい!5曲目もヴォーカルの音程があまりにも
酷すぎてジャイアン以下
だが爽やかなコーラスも顔を出す淡々とした穏やかな曲。
6曲目も淡々とした穏やかな曲だがそれだけにヴォーカルの酷さが余計に目立っており、
例えるなら深呼吸したまさにその瞬間ウンコを鼻先に突きつけられたかのような
状態である!(爆)
これじゃジャッカススティーヴォーでなくとも吐きそうじゃ!(爆)
7曲目はガレージロック的な荒々しさを醸し出し骨のある音作りを見せるも
クソヴォーカルがあろう事かポエトリーリーディングをおっ始め腐りやがる!(爆)
下手糞Voとこの鼻に付く喚き喋り!これほどに相性の最悪な組み合わせがあるだろうか!?
これぞ音によるゲロゲロオムレツ!(爆)8曲目は穏やかかつ軽快なノリを放つエモさのある曲で
途中から勢いを見せ始めるぞ。9曲目は穏やかながらも怪しげなムードを醸し出すギターが聴け
胡散臭い田舎的空気を演出、ヴォーカルさえマトモならなかなかにクサめの曲として
愛せた
のになぁ・・・!まるでいい女をナンパしラブホに連れ込む事に成功、さて
一発オメコせんと息巻くも脱いだ女の股間に立派なナニがブランブランしていた・・・
みたいな心境である!(爆)10曲目はヘロヘロVoが無理矢理高音で歌うポップ寄りの曲。後半でエモ的な
エコーをかけたギターソロ
が聴けるぞ。11曲目はアコギのストロークが聴けるこれまたポップ系の
雰囲気を漂わせたライトな曲。
12曲目はシンプルなアコギの弾き語りバラードなんでクソ過ぎる
ド下手ヴォーカルの劣悪さ
がより浮き彫りになってしまいサブイボが出るわ!(爆)


ヴォーカルこそ聴くに堪えないシロモノなれどバンドサウンドはなかなかのモノである!
ベースもドラムも勢いがあり手数の多さもなかなかで、ギターもこの手のバンドらしからぬ
細かいフレーズ
を弾きこなしておりオルタナと言うよりもガレージロックと呼んだほうが
しっくり来そうなサウンド
を披露しておる!それだけにこのクソヴォーカルだけが
実に惜しい!
マトモなシンガーを入れるかインストでやって頂きたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 55% お気に入り曲 愛の標識  ABCDC   火まつり







もどる


inserted by FC2 system