kukui







"Leer Lied"




日本のフィメールプログレプロジェクトの企画アルバム。


言わずと知れたファンタジー系女性シンガー、霜月はるか
プロジェクトの一つでありmyuなるソングライターとコラボした
ユニット名義
らしい。音楽的にはファンタジックさ、
シンフォニックさ
デジタル音、インダストリアル要素
融合させそこにプログレの雰囲気を導入したスタイルだと
いっていいだろう。曲を書いているのは霜月はるかではなく、
彼女の生み出す楽曲とはまた異なる良さがあるな!
ちなみにジャケを見れば一目瞭然だが本作はやれALI PROJECTだの
やれアンパンマンだのやれ野郎共の実写版だので
すっかりお馴染みになった感のある日本のアニメーション作品
“ローゼンメイデン”関係の企画盤か何からしい・・・!
アバウトな情報でスマン!!(爆)

1曲目はストリングスクワイアも入るがデジタル音も顔を出し
ベースはプログレ的なラインをプレイし変拍子に合わせて
神秘的なメロディーを歌い上げるぞ!男クワイアはもろに
シンセ臭漂うも劇的である!シンフォニックデジタルプログレ
呼べそうな音楽性だな!テクニカルな演奏にドラマティック極まる
メロディー!実に素晴らしいぞ!2曲目はチェンバロが聴ける
ダークでゴシカルなバラード風。リズムは打ち込みで歌謡曲の
メロディー
ポジパン、ニューウェイヴの空気双方を纏った
独特の楽曲である!ゴシックではあるが終始穏やかな雰囲気
漂っているな。途中のクワイア、後半のヴァイオリン、アコギも
いい仕事しとるわい!3曲目は弦楽隊によるフレーズで始まるも
その後はヴァイオリン入りデジポップとなる。かなりポップな
楽曲だがバックのアレンジがやはり凝っておりただのセルアウト系
クソポップス
等とは一線を画すクオリティーがあるな。サビ後の
チェンバロ風の音色によるソロも面白い。4曲目はアコギと
アトモスフェリックなシンセによるヒーリング系スローバラード。
コーラス、オルゴール風のリリカルなシンセも良いな。後半の
盛り上がりは実にシンフォニックである!5曲目はチェンバロ風の
シンセとストリングスが絡むイントロに始まり物悲しいメロディー
聴けるダークな泣きのバラード。生の弦楽の調べが実に美しいな!
この曲も2曲目同様ゴシック要素が濃い。6曲目は以前サントラで聴いた
“透明シェルター”のフルヴァージョンで実にプログレッシヴな
変拍子ドラム
と穏やかさの内に潜むカオティックさ、そしてシンフォさが
融合したプログレチューンである!シンセが変態的フレーズを奏で
無機質さとエモーションという、相反する要素が混ざり合い一種独特の
空気
を放っているな!メロディーはもちろんキャッチーである!
ラストのヴァイオリンはメロスピに通じる飛翔感を持っているぞ!
7曲目は穏やかな雰囲気を持ちつつもシンセがやはりどこか奇妙な
アレンジ
で登場するな。ストリングスのみならずフルートも聴けるぞ。
8曲目も穏やかなヒーリングバラードでコーラス、ストリングスが
印象的だな。途中チェンバロも登場するぞ。9曲目もアンビエント色濃い
ヒーリング曲
と思いきや途中から大仰さが増し劇的に展開していくぞ!
打ち込み電子音リズム、ストリングスオーケストレーションが壮大さを出し
ピアノがダークさを演出する!10曲目はフィメールコーラスが印象的な
小曲でそれに続く11曲目はチェンバロとストリングス、ピチカート、
打ち込みリズムにキャッチーなメロディーが乗る曲だ!リズム面は
プログレの要素がありコーラス、ヴァイオリンも美しいのう・・・!
ヴォーカルとヴァイオリンが絡み合いそしてコーラスが三身一体となって
哀メロを畳み掛ける
様は圧巻である!12曲目はアンビエント系シンセと
チェンバロに始まり打ち込みリズム、ストリングスが聴ける穏やかな
シンフォニックポップバラード。
壮大なサビのメロディーが美しいぞ!
そして途中テンポが上がりさらに大仰シンフォニックアレンジとなる!
バックにはノイジーなメタルギターも僅かに顔を出すぞ!


普通我らマニアッククサメタラーにとってローゼンメイデンといえば
ALI PROJECTのイメージがあまりにも強いが本作も忘れちゃならないな!
“禁じられた遊び”
“聖少女領域”のような即効性抜群のクサチューン
無いもののこっちはこっちでまた良し!向こうが分かり易く大仰で劇的な
メロスピ
だとするならばこっちはさながら思慮深く聴くほどに味を増す
シンフォプログレ
といった所だろう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 空蝉ノ影、彼方からの鎮魂歌、
はちみつ、透明シェルター、Eden、光の螺旋律







"箱庭ノート"




日本のフィメールプログレプロジェクトの1stアルバム。


前作“Leer Lied”企画盤扱いで本作が1stアルバムとなるようだ。
シンフォニックさをたたえた穏やかなポップスにプログレ的アレンジ、
インダストリアル打ち込み要素
を融合させる手法は本作でも健在だが
前作と比較すると明るめの曲が増えたような印象だな。

生の弦楽器とフルート、コーラスが聴けるイントロに続く
アルバムタイトル曲の2曲目は穏やかな雰囲気に満ちたポップチューン。
サビはシンフォニックなストリングスをバックにアップテンポで展開し
その後のピコピコしたシンセが入り乱れるパートはプログレ的だな。
3曲目はフィメールコーラスに始まりヒーリング要素を感じさせる
穏やか極まりないアンビエントバラード曲だ。サビはストリングスが入り
広がりを見せるぞ!4曲目はコーラスに始まりストリングスオーケストラが
壮大さを出しその後はアコギをバックにヴォーカルが入る。
シンフォニックメタルに通じるダイナミックさ、
大仰オーケストレーション
が聴けるぞ!5曲目はオルゴール風のシンセが聴ける
ヒーリング系でやはりアンビエント色が濃い。6曲目はダークで沈み込むような
雰囲気の静かなインダストリアル曲。途中で顔を出す
ノイジーな電子音ダークさ、カオス要素を演出しているな。
ストリングスも暗く重苦しいのう・・・!7曲目は前作にも収録されていた
“透明シェルター”の別ヴァージョンでよりインダストリアル、プログレ要素
増したようなアレンジとなっている。ストリングスが消えそのかわり
ノイジーな音が目立つようになったな。8曲目はチェンバロがイントロで
一瞬聴けその後はポップで明るい曲調となる。チェンバロと打ち込みリズム、
ストリングスがバッキングを奏でキャッチーなメロディーが聴けるぞ!
この曲が本作中最もメロディーが良いと個人的に感じたな。
9曲目もポップで明るい曲。10曲目はフィメールコーラスが聴ける
アンビエント風だ。11曲目はアコギとベースがバッキングをとる
穏やかなバラード曲。12曲目はキラキラしたシンセが目立つ
ポップチューン。最後になぜか昔のファミコンみたいな
ピコピコ音
が登場するのが意味不明だ(爆)。13曲目は基本はポップスだが
ドラムがなかなかにタイトなプレイを聴かせストリングスも登場し
盛り上がりを見せるぞ!


正直言って前作“Leer Lied”のほうがメロディーが良くアレンジ面も
ダークでゴシカルな要素が強かったのでそういった要素を好む
メタラーにはあっちのほうがオススメだろう。本作はポップ寄りになり
明るくなった印象があるのだ!まぁだからといってクオリティーが
下がったというようなことは無く十分質は高いといえよう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Starry Walts、
透明シェルター〜kukui ver.〜、虹色クオーツ







もどる


inserted by FC2 system