Kissing The Mirror







"Everyime I Bang -ZERO-"




日本のメタルカヴァーバンドの1stミニアルバム。


先日開催されたM3で買ってきたCDで思わずジャケ見てニヤケちまったわい!(笑)
見よこのCHILDREN OF BODOMなリパージャケ!今にも高速ギターと
シンセの超絶ユニゾン
に乗せて爆走しまくるキラキラメロデスが聴こえてきそうだ!
本作は日本のゲーム“ロックマン”の曲をカヴァーしたアルバムで
7曲入りととりあえずアルバムの形態を成してはいるものの収録時間は
17分程度
パンク的な構成と言えるだろう。

音楽的にもまさしくチルボドを踏襲したアレンジがなされており
ギターとシンセが熱く激しくバトルするぞ!ドラムのみが打ち込みで
ギター、ベース、シンセは生と言うのも良い!デス声・・・というか
ヴォーカルは無く全曲インストでリードメロディーはシンセが奏でており
時折ギターがそれに絡むといった音作りがなされている。プロダクションは
悪いが演奏技術、アレンジはなかなかのものである。

キラキラいいまくるシンセを振りまき爆走する4曲目が一番
カッコいいと感じたな。オーケストラヒット系のシンセ
実に初期チルボドである!再びこういうスタイルの曲演る
ボドムが見てみたいぜ!時折シンセがテクノ、トランス系の
うねり
を見せるのがただのチルボド系に陥らせない工夫として
成り立っていると良いように解釈できなくも無いか・・・!?
7曲目のソロはまんまボドムだな(笑)。


ジャケにピンと来た初期ボドムファンは聴いてみる価値があると思う。
もうちょいプロダクション向上させた本格的なキラデスアルバム
聴いてみたいのう・・・!






満足度 72% お気に入り曲 FlameStagger Stage、
ScissorsShrimper Stage







"Everyime I Bang -X-"




日本のメタルカヴァーバンドの2ndミニアルバム。


上記の“Everyime I Bang -ZERO-”同時リリースのミニアルバムで
こっちは見りゃ判るとおりボドムの3作目“FOLLOW THE REAPER”
基にしたジャケで攻めてきている!音楽的には上記のミニと大して変わらず
ボドムアレンジされたロックマンの楽曲をインストでプレイしている。

これまたボドムフレーズから始まるイントロに思わずニヤケてしまうなぁ(笑)。
2曲目のオーケストラヒットは実に熱い!4曲目は爆走しまくりのリズムに
勇壮なシンセメロが乗る曲でメロデスアレンジなのだがヴォーカル(デス声)が
無いためメロスピとしても聴ける。しかしこのシンセいい仕事してるな!
ギターのツインリードもたまらん(笑)。6曲目もイントロからギターが
目立ち爆走しまくる!ドラゴンフォース的疾走感と言えなくも無いか!?
7曲目もネオクラ寄りの勇壮なクサメロが聴けるアップテンポメタルだ!
シンフォニックな要素もあり実に劇的である!

ちなみにもう1枚ジャケの無いCD-Rがシングルで売っててそっちも
買ってきたのだがこれも疾走するメロディックメタルで良かったわい!
“おっくせんまん”という曲でよう判らんが有名らしいな。俺もXの映像に合わせて
「ウ〜ルトラマン!ウ〜ルトラマン!セブン!!」と歌う
映像を目にした事がある(笑)。まぁこれも以前紹介した“エアーマンが倒せない”
同じ系列で有名になったようなので俺としてはこれ以上はノーコメントだ(爆)。


上記のミニと特に大差は無く初期のチルボドファンなら楽しめるかもしれんな。
やはりプロダクションは悪いが曲は良いぞ!






満足度 72% お気に入り曲 JetStingren Stage、
ZERO、X vs ZERO







"Scythe for the Guilty Riversides"




Kissing The MirrorがIRON ATTACK!とコラボしたスプリットアルバム。


デビューしてそれほど月日の流れていない若手プロジェクト、
Kissing The Mirror
IRON ATTACK!とコラボしたスプリットアルバムである!
毎度お馴染み上海アリス幻樂団カヴァーとなっておりIRON ATTACK!名義で
もう1枚リリースされているが本作はKissing The Mirror名義で内容も
収録曲が違うのは当然だがアレンジ面でも若干の差別化が図られており
2枚とも買ってそれぞれ聴き比べて楽しむ事もできる面白い試みだと言えよう!
思えばパンク畑ではスプリットは当たり前なのだがメタル畑では殆ど
見かけることは無く
そういう意味でも貴重な試みだと言えるだろう(笑)。
ちなみに1、2、5、6、9がKissing The Mirrorで3、4、7、8が
IRON ATTACK!の曲となっている。

1曲目はスペイシーさとシンフォさを持ったシンセに始まり
メロデス的に疾走開始!どこかダークな雰囲気が漂っているのが
特徴だ。そのまま続く2曲目も爆走メロデスで実に熱い!
シンセ、ギターソロが聴き所だ!速弾きしまくりの
高速シュレッドプレイ確かなスキルを感じ取る事が出来る!
3曲目も疾走チューンだがこっちはIRON ATTACK!らしくうってかわって
正統派寄りになるぞ!だがシンセがオーケストラヒット系の音で
現れ普段のIRON ATTACK!では聴けないアレンジが楽しめるな。
リフも何気にKissing The Mirror寄りになっている。そして慟哭の
リードギター
はやはり素晴らしい!正直カヴァーでここまでのスキルを
魅せるのはちょいと勿体無い気もするのう(爆)。4曲目はこれまでとは違い
明るめの曲調となっている。5曲目は再び疾走開始!スペイシーなシンセが
主旋律を奏で1stソロもシンセだ!そして2ndシンセソロ後はギターソロも
登場する!6曲目も北欧キラキラメロデス系冷たいシンセが聴け疾走する
ミステリアスな雰囲気を漂わせた曲だ!アグレッシヴ極まる爆走振り
たまらんのう!7曲目はメタルではあるがオリエンタルなギターフレーズ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、9mm Parabellum Bulletとかを
思い起こさせてしまうイントロに始まりどこか一風変わったプログレライクなシンセ
聴ける曲。ハモンド、そしてベースが面白いな。8曲目は再び王道の疾走メロパワだ!
ツインリードが熱くシンセと絡むリフもセンスのよさを感じさせるな!
主旋律は笛っぽいシンセでその辺は微妙だがその分リフの切れ味が凄まじいぞ!
そしてチェンバロ系のキラキラシンセも登場!そして聴き覚えのあるリフ後は
メタルというよりはハードロック的なインプロ(?)ソロ、そしてネオクラシカルな
速弾き
になりその後は滅茶苦茶クサいツインリードが登場!
これはLIGHTNINGで聴けた名ソロだ!9曲目も疾走チューンだが
こっちはKissing The Mirrorらしい冷たさを感じるアレンジである。


終始爆走だった“BLADE OF ANCIENT TEMPLE”よりも幾分幅広い
スタイル
となっており差別化が図られているのは面白いな。
以前はプロダクションで課題が残っていたKissing The Mirrorだが
今回はかなり改善されテクニック的にもギター、シンセ共に
かなりの高速プレイを披露しているぞ!興味があったら同時に
リリースされた“BLADE OF ANCIENT TEMPLE”と一緒に
買ってしまうことをオススメする!
値段も安いしな!



オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Scythe for the Guilty Riversides、
RASING HILL、Enter the Bizarre Sanctuary、GOD IN LAKE







"S.T.B. 〜Locus of the Eastern Dream T〜"




日本のキラキラメロデスカヴァープロジェクトによる1stアルバム。


IRON ATTACK!とコラボしスプリットアルバムをリリースしたり
DragonGuardianの2ndにも参加したりと精力的な活動を続ける
関西の極悪メロデスプロジェクトによる新たな
フルアルバムはIRON ATTACK!とコラボした時同様毎度お馴染み
インディーズバビロン“上海アリス幻樂団”
のカヴァーで
彼等得意の初期CHILDREN OF BODOMタイプ北欧キラキラ系
メロデススタイル
にアレンジしておる!ヴォーカルは無く
全曲インストだが上海アリス幻樂団特有のクサメロ
キラキラメロデスと絡み合い爆走に次ぐ爆走!プロダクションも
なかなかでこの手のメタルが好きなら十分以上に楽しめるだろう!

1曲目は不穏なイントロから一気に爆走し初期チルボドを思わせる
サウンドが登場!リードフレーズはトランス系のシンセだが
ツインリードも聴けるぞ。プロダクション、アレンジ、
演奏のキレ共にデビュー当時と比べてかなり成長しているのが
見て取れるな・・・!北欧キラキラメロデスの流れを汲む
透明感あるシンセがスペイシーさを演出しドラマティックな
フレーズが聴ける2曲目もかなり良いぞ!ギターリフ、リードフレーズも聴き所で
途中の泣きのギターソロもそそるのう・・・!3曲目は何と
非メタルアンビエント風、アトモスフェリック
シンセアレンジが施された曲だ!ポストロックとも呼べなくは
無いかもしれんがそれよりはやはり北欧的な、後期BURZUM
思わせる方向性かも知れんのう・・・。メロディーはやはり美しく
ただの繋ぎ曲にはなっていない。4曲目も慟哭メロデスリフ
爆走だ!フルートっぽい音色のシンセによるメロディーもいいな。
ギターやシンセのフレージングはやはりそこはかとなくボドム風である。
後半のシンセソロも熱いぞ!5曲目も爆走北欧メロデスでバックの
ギターもトレモロでピロピロと聴かせシンセソロも登場だ!6曲目も
また疾走チューンで慟哭系ギターリフとキラキラシンセが絡み合い
トランスシンセが独特のクサメロを奏でる!これまた笛みたいなシンセも
登場するぞ。ギターソロはCHILDREN OF BODOM風だ。7曲目も慟哭リフに
北欧的シンセで疾走、ギターソロも泣きの良きメロディー
聴かせてくれるぞ!8曲目は久々に非疾走のバラード系で美しい
ピアノが聴け途中でバンドサウンドが入り泣きのギターを聴かせてくれる。
そしてノイジーで不穏なギターに導かれ始まる9曲目はこのまま
ダーク欝系カオティックコアになるのかと思いきややはり
オーケストラヒットが聴け疾走開始!部分部分で上手いこと挿入される
フルート音がまた曲の叙情性を引き立てているな。弾きまくるシンセソロも
もろボドムで嬉しくなってしまう(笑)。


プロダクション的にトランス系シンセがメロディーを奏でるパートで
なぜかバックの音圧が下がるところが気になるが演奏、アレンジ共に
質は十分高いと言えるだろう!ここまでくるとやはりヴォーカル不在
なのが気になってしまうがまぁそれは仕方ない。あくまでモダンな
メタルコア
を追求するMyonMyon、ぴずやとは違い煌びやかなシンセが目立った
北欧キラキラ系メロデスを志しておりその対比もまた楽しめるだろう!
やはり個人的には慣れ親しんだメロディーが多いのだが
上海アリス幻樂団に始めて触れる、または不慣れなメロデサーならば
先入観無しに悶絶できる力作である!まぁ正直大半の曲が似たような仕上がり
なのだが(爆)、その分捨て曲は無く3、8曲目以外全曲疾走しているので
疾走好きにもたまらん仕上がりとなっているぞ(笑)。



オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Ruin (Shrine of Crying)、
S.T.B.、Insanity Concert、Disturbance High







"...Beyond the Grand River"




日本のキラキラメロデスカヴァープロジェクトが外部ミュージシャンとコラボしたアルバム。


上海アリス幻樂団カヴァーで気を吐く関西の極悪メロデスプロジェクト、
Kissing The Mirror
の新譜ではあるが本作は従来のような
初期CHILDREN OF BODOMタイプキラキラ爆走
メロデス
ではない!中心人物のWooming氏と魂音泉なる新人プロジェクト(?)の
コラボによる、どちらかといえば企画モノの色合いが強い
アルバムでその音楽性はメタルではなくアンビエント系だったり
トランスというかいかにも低脳な、カネとセックスとブランド品
事しか頭に入っておらず漢字もまともに読めない使い捨ての
安物ビッチ
無表情のままマンコ濡らして喜びそう
パラパラ、ユーロビート系のシンセ主体の
スタイル
となっているのだッ!avex!!(意味不明)

ピアノとフィメールスキャットで幕を開ける1曲目に続き
2曲目からさっそくメタルではなくトランス系のシンセ、
リズムワーク
が聴ける打ち込み曲である!まぁメロディーや
疾走感は実に馴染みがあるしギターの音も聴こえるが
いかにも頭悪そうな中古のビッチ無表情で踊っている光景が
脳裏に浮かぶアバズレ系パラパラ、ユーロビートスタイルである(爆)。
だがツインリードのギターも登場しその辺が俺たちはあくまでも
メタラーだ!
と主張しているかのようで面白い。そのまま繋がる
3曲目ももろにユーロビートだがギターがさらに前面に出てくるぞ!
途中の琴っぽい音やギターによる和音階フレーズが良いな!
4曲目でようやくアンビエント的なアレンジになるもフレージングが
やはりバリバリ和風である!そして5曲目で再びビッチトランス
舞い戻り続く6曲目もそんな感じだがこれまたギターが目立ち始め
ドラムがちゃんとしたバンドサウンドならENTER SHIKARIのような
音になりそうだな。トレモロを刻んだりメロデス系のリフを弾いたりする
ギターに惹かれてしまうのはやはり俺がメタラーだからだろうか!?
7曲目はピアノが良いアンビエント系だがアコーディオンのような
音が登場し一風変わった雰囲気があるな。8曲目はピアノと
ストリングスが聴けるシンフォニックなイントロに始まり穏やかな
トランス系の曲となるぞ。笛やギターも登場する。9曲目はギターが
本作中最も目立ったインダストリアル色の濃い曲でテンポはスローだが
メタル寄りなので俺みたいなリスナーには受けが良いだろう(笑)。
10曲目はこのシーンに少しでも足を踏み入れし者ならばDEEP PURPLEの
“SMOKE ON THE WATER”やLED ZEPPELINの
“STAIRWAY TO HEAVEN”、EUROPEの“THE FINAL COUNTDOWN”
レベルの知名度
を持った有名フレーズの曲である!例によって
クサいがやはり飽きが来ている(爆)。11曲目はゴアトランス、
テラーコア
のようなマニアックな雰囲気を持った
トランス曲だが日本の童謡のフレーズが飛び出し
そのギャップが面白いな・・・!


アレンジ自体はしっかりしており質は高いだろうがやはり俺は
メタラーなんでこういうトランスよりはメタルを求めてしまうなぁ・・・!
楽曲ももちろん聴き飽きている上海アリス幻樂団の楽曲なんで
もしこれがオリジナルならメロディーやアレンジの良さで高い
評価していると思うがやはり飽きが問題か・・・!?



オフィシャルで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Rapid Ignition of Paradise、
God Wind...







"Dreaming River"




日本のキラキラメロデスカヴァープロジェクトが外部ミュージシャンとコラボした2作目のアルバム。


初期CHILDREN OF BODOM系統の爆走キラキラメロデススタイルにて
上海アリス幻樂団カヴァーをプレイしシーンの中に確固たる
立ち居地
を築いた感のある彼らKissing The Mirrorの新たなる
アルバムである!先日のTRIBUTE OF MASKEDRIDERライヴ早く
聴いとくれ
催促されたのでようやくレビューだ!(笑)
前作は打ち込み多用アトモスフェリックというか
パラパラ、ユーロビート的な曲調にアレンジされており
決して質が低いわけではないもののメタラーが喜ぶスタイルでは
なかった・・・だが今回は何とシンフォニックメタルにシフトチェンジ、
北欧メタル的な透明感、CHILDREN OF BODOM的な
キラキラサウンド
を残したままストリングス系の音
取り入れられているぞ!本作も前作同様中心人物のWooming氏と
魂音泉のコラボで製作されている。

1曲目からストリングスのピチカート音とメタルサウンドで
幕を開け疾走開始!ツインリードもドラマティックな
フレーズ
を奏で前作が微妙に感じたメタラーの溜飲を
下げさせてくれる!
その後はピアノによる叙情的なアレンジ
聴きなじみのあるメロディーが登場し続く2曲目は
シンフォニックではあるがやはり北欧キラキラ系メロデス
雰囲気を踏襲したままシンフォさが出ておりRHAPSODY OF FIRE
ようなスタイルとは異なりどちらかといえばNIGHTWISH
通じるものがあるかも知れんな。メロディーは例によって
聴き覚えありまくりだがリフやシンセソロがカッコいいのう!
3曲目はモダン寄りだがへヴィではなく北欧メランコリック
ゴシック
的なノリのよさを感じさせる曲調で80年代を思わせる
ドラムの質感と相まってLORDITHE RASMUSが和風フレーズを
取り入れたような雰囲気があるな。途中チャーチオルガンが登場し
その辺がシンフォメタル的だろうか!?4曲目はキラキラしまくる
シンセ
と共に爆走するアグレッシヴなファストチューンだが
透明感ある流麗なストリングスも使われておりシンフォさもあるぞ!
リードフレーズはハモンドでこういう曲調において和を感じさせる
独特のフレーズがギャップを感じさせそれがまた面白みに繋がっているな。
5曲目はティンパニも聴ける重厚なリズムで展開する曲でストリングスが
バックで鳴りシンセやギターのエモーショナルなソロも聴ける。
6曲目はそのまんまCHILDREN OF BODOM
“SILENT NIGHT,BODOM NIGHT”フレーズで始まり
デス声が無いインストアレンジなだけでそのまんま展開していき
もはやカヴァー状態で一瞬間違えて収録したんじゃないかと
心配になるほど
である!(笑)この曲に合わせてデス声で歌うのは
誰もがやることだろう(爆)。7曲目は笛の音とピアノがメランコリックな
風情をかもし出す叙情的な楽曲だ。途中ストリングスも登場し壮麗かつ
荘厳
なアレンジとなるぞ!続く8曲目は様式美系のチェンバロで始まり
疾走、本作中特に大仰なシンフォニックメタルと化すキラーである!
冷たいストリングスがまた良いな・・・!途中のギターリフ、
シンセ、ギターソロも聴き所だ!9曲目はピアノがメランコリック
ながらどこかオシャレなアウトロ的な雰囲気の曲。


シンフォニックメタルではあるがRHAPSODY直系の大仰エピック
マイティ路線
ではなくあくまでも北欧メタルの透明感
主軸としたアレンジとなっている所に個性を感じさせるな。
シンセストリングスの冷たい質感は北欧シンフォブラック
通じるものがあると言えるだろう。ドラムの音色が
80年代っぽいのも個人的に好みだ(笑)。何よりまんま
BODOM
な6曲目を聴いて腰を抜かして欲しいのう!



オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 The Blood of Insanity、
Symphony of Wind、Silent Voyage、Mebius、The Night of Eternity







"Fatal Scythe's Awakening"




日本のメロデスカヴァープロジェクトによる2ndアルバム。


ここ2作ほど魂音泉とのコラボが続いていたが本作は
久々にKissing The Mirror単独で製作されたアルバムで
従来の彼らの持ち味といえばやはりインストながら
初期CHILDREN OF BODOMに激しく影響を受けた北欧
キラキラ爆走メロデススタイル
だったのだが本作は何と
LIGHTNING、IRON ATTACK!等で知られる慟哭ギターの
名手IRON氏にインスパイアされた
と思しき勇壮かつ
泣きのギターフレーズ
が主体となったアレンジが施されているぞ!

1曲目から早速ギターがむせび泣きそして珍しくアコギの
ストローク
も登場、明るめのアップテンポチューンとなり
ツインリードが目立つ曲になっているな。ハモンドソロも
聴けるぞ!
2曲目はシャリシャリしたギターリフが聴け
疾走開始、泣きのギターが主体となっているが
Kissing The Mirrorらしい北欧ライクな冷たいシンセ
出てくるな。速弾きギターソロも飛び出し疾走する箇所もあり
ビートダウン系のへヴィなパートもあるぞ!後半でようやく
BODOM風のオーケストラヒットも顔を出す(笑)。3曲目は
LIGHTNING、IRON ATTACK!に影響を受けたのが丸判り
勇壮なギターで始まりシンセが有名な和、中華風クサメロ
奏でるアップテンポ〜疾走チューンでギターと共に爆走する
パート、スウィープで切り込むテクニックを感じさせる
ギターソロが聴き所だ!4曲目はエクストリームメタル寄りの
ブラスト交じりの爆走にうねるシンセがこれまたこの界隈では
有名なフレーズ
を奏でるぞ!フレージング、音色は
トランスというかユーロビート風死んだ目をしたビッチが
無機質なパラパラ踊る光景
が脳裏に浮かぶが(爆)硬派な
メタルのギターソロ
がそれをブチ砕く!5曲目はこれまた
強烈にIRON氏を意識していそうなギターで始まる正統派メタル
色合いが濃いミドル〜アップテンポ曲で完全にギターが主体
なったアレンジでメロディー重視のプレイを披露しているぞ!
6曲目はチェンバロ系のシンセがクサい様式美フレーズを放ち
若干へヴィになりつつ疾走する従来のKissing The Mirrorに
近いスタイル
の曲だ!ギターソロもこれまたクッサイ泣きの
フレーズ
をワウを効かせつつ奏で速弾き、スウィープ
聴けるぞ!7曲目はやはりどこか中華風のツインリード
幕を開け疾走、北欧メタルらしい透明感は健在なれど
これもシンセよりギターがメインの曲である!スウィープ多用の
ギターソロもテクニカルだな。8曲目はどこか勇敢な雰囲気
持ったギターが80年代の正統派メタルを思わせベースも
主張、アップテンポになりピアノソロも聴けるぞ!やはり
スウィープを披露し細かいフレーズを弾き切るこれまでの
アルバムには無かったギターソロ
が良いな!9曲目は
スローな中余韻を残しつつ情感をたっぷりと込めた
エモーショナルな泣きのリードギター、ピアノソロが
聴けるバラード系の哀愁漂う曲だ。


これまではシンセが主体の感がありギターはバッキングに
徹していた
部分があったが本作はギターが主役となっており
泣きのツインリードに速弾きソロと、ギターがシンセを
喰うくらいに活躍しLIGHTNING、IRON ATTACK!を思わせる
部分が強く流石にIRON氏には及ばぬもなかなかに達者な
プレイ
を聴かせており従来のKissing The Mirrorとは
異なるスタイルながらこれはこれでアリだと思わせるに
十分なクオリティーを持っているぞ!だがその分シンセは
減っており
北欧メロデスらしい透明感、キラキラ感を
求めると物足りないかも知れんがギターが聴きたい、
メタルはシンセよりギターじゃ!とお考えの
硬派リスナーなら満足できるだろう!今後はまたメロデスに
戻るのかも知れんが本作で聴かせてくれたようなギターを
以降も披露して頂きたいものじゃ!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Darkness Illusion、Power o' Nine、
F.S.C.、Doom's Labyrinth、Unlimited Rage







"Ill Vision 〜Locus of the Eastern Dream II〜"




日本のメロデスカヴァープロジェクトによる3rdアルバム。


ここ最近立て続けにアルバムを連発し一体年間何枚の
アルバムをリリースするのか
気になるKissing The Mirror
早くもリリースされた最新アルバムである!
前作は得意の北欧キラキラメロデスあえて封印
泣きのギターが前面に押し出されたLIGHTNINGスタイルの
正統派寄りのパワーメタルとなっていたが今回は
再び得意の北欧キラキラメロデスに戻っているが
前作で鍛えられたのかギターも前に出てくるようになり
リフやソロ等以前と比べて向上しているのが見て取れるのう!
楽曲面も初期BODOMスタイルキラキラメロデスから
北欧シンフォニックブラックに影響されたと思しき
冷たいストリングスシンセ、ブラストビート、
トレモロリフ
も登場するぞ!

1曲目から冷たいシンセシンフォニックな質感を放ち
疾走開始!初期CHILDREN OF BODOMというよりは北欧
シンフォニックブラック
に通じる寒々しさがあるが
シンセソロはやはりBODOMライクである。リフも
メロデスだ。2曲目は優雅なピアノで幕を開け
再び北欧シンフォブラと言えそうなスタイルで爆走!
ザクザクと刻まれるタイトなリフ、ストリングス系の
シンセ
がバックで鳴り響きメインメロディーは
ピコピコしたBODOM風シンセ
ツインリードも聴けるぞ!
ギターソロもプロダクション的に引っ込み気味だが
バリバリと弾き倒しており以前と比べて確実にテクは
身についてきている
な・・・!ギターとシンセの
ソロバトルもお約束ながらやはり熱い!
3曲目は
メロデス、メタルコア的なアグレッシヴリフで
爆走!
ブラストも登場しリフ裁きが上手くなって
いる
からこそ出せる説得力があるのう・・・!
和音階が使われたシンセフレーズも面白いな。
ギターソロも自己主張しているぞ!4曲目もメロデス、
メタルコア系のリフ
に北欧らしい冷たいシンセが乗り
疾走
している!シンセメロディーはやはり上海アリス幻樂団らしい
中華っぽい和のフレーズ
だな。ギターソロは若干だが
ブルージーな泣きの色合いを放ち直後シンセとユニゾン、
その後もバリバリと速弾きを披露しギターソロの目立たない
(無かった)
過去作とはあきらかに主張が違うのう!
5曲目はリリカルなシンセで始まりトランス系シンセ
メロデスサウンドが絡むENTER SHIKARIBLOOD STAIN CHILD
思わせるスタイルだが少なくとも新譜が微妙だった前者よりは
こっちのほうが好みだ(爆)。6曲目はノーマルなハードロック寄り
リフで始まり弾きまくりギターソロが早速登場しその後メロデスリフ
疾走する風変わりなアレンジになっているな。7曲目はいきなり
ブラストで爆走するBODOMタイプだがシンセはトランス風だ。
中盤の光り輝くキラキラシンセが眩くその後のトレモロ、
ブラストで爆走
するパート、いかにもBODOMなオーケストラヒット、
シンセソロ
と続く展開も熱い!8曲目はチェロの音色で始まり
ピアノも登場、重厚な雰囲気を放ちストリングスシンセも聴け
いつになくシンフォニックな色合いを持ったシンセのみの
短い繋ぎで続く9曲目はメロデス系のキレのあるリフで爆走!
初期BODOMを思わせるシンセにブラストも登場し質の高い、捨て曲無しの
本作
の中でも特にリフやアレンジ等光り輝いておるわい!
クラシカルなメロディーを奏でるキラキラしたシンセがたまらん!
やはり俺はトランス系の音色よりこういった煌びやかな音色のほうが
好み
じゃのう・・・!ギターとシンセの高速ソロバトルも勿論あるぞ!


全曲同じ爆走北欧シンフォメロデススタイルでぶっちゃけ
見事に同じタイプの曲が並んでいるのだがいつになく
テクニカルなギターソロが目立っていたりブラストで
爆走
したりシンフォブラック的なシンセ使いをしていたりと
プロダクションも含めて過去作と比べてかなりクオリティーが
向上している
のが見て取れるわい!リフ、ソロ共にギタープレイが
上達
した分バンドサウンドのキレも上がりかなりタイトな
演奏が楽しめよう!上記したよう同タイプの曲で占められているのは
いいとしてリフがワンパターンになっているのが欠点だが
Kissing The Mirrorのアルバムで最も質が高い1枚だと言えよう!
今だから言うが一番最初の、BODOMジャケを見事にパロった
ロックマンのカヴァー
からの付き合いだがあれ聴いた当時は
まさかここまで成長するとは思わんかったなぁ・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 88% お気に入り曲 全部







"Day of the Insane"




日本のメロデスカヴァープロジェクトによる4thアルバム。


初期CHILDREN OF BODOMにインスパイアされた北欧キラキラ
クサクサメロデススタイル
にて上海アリス幻樂団カヴァー
ぶちかますKissing The Mirrorの最新作はこれまでに無かった
試みをいくつか見せており、まず音楽性が従来のメロデス
異なり今回は何と初期のSONATA ARCTICAを思わせる
北欧メロスピスタイルにシフトチェンジしているのだ!
前にもLIGHTNING的な慟哭ギターを取り入れた正統派の
メロパワやシンフォメタル、魂音泉とのコラボで非メタルの
アトモスフェリックなアンビエント等何気にいろいろやってきており
決して付け焼刃ではない、なかなかに本格的な空気を放っていたり
していたがさらに今回新たな試みとしてこれまでに無かった
ヴォーカル曲がいくつか収録されている!ゲスト参加の
龍5150氏
による音楽性にマッチした線の細いハイトーンVo
聴ける他ラスト2曲で再びメロデスに舞い戻り高音でギャウギャウと
喚くタイプのデスVo
も登場する!クレジットはされていないが
Dragon Guardianの勇者アーサー氏が言うには中心人物の
Wooming氏によるもの
らしく、毒舌で有名なアーサー氏はかなり
ボロクソに言っていたのだがさて実際はいかほどのものなのだろうか!?

1曲目からさっそくいかにも北欧メタルな透明感ある
シンセが聴け疾走!北欧とはいえこれまでのチルボドスタイルの
キラキラメロデス
ではなく初期SONATA ARCTICA直系の
メロスピスタイル
なのが面白いのう!へヴィさ、邪悪さは
皆無で爽やかに疾走しリフの意図的と思われる力の入れて無さ
加減
いかにもメロスピ!(笑)2曲目はチェンバロ系
キラキラしたシンセが様式美系のフレーズを披露し
シンフォニックな盛り上がりに続き龍5150氏による
これまたいかにも北欧メタルなハイトーンヴォーカルも登場!
ギターソロも速弾きでシンセとユニゾンしなかなかに
テクニカルな所を見せている!3曲目もハイトーンVoで
始まる北欧疾走メタルで今度は日本語詩だ。途中ヴォーカルが
低音になりこの辺はちょいV系っぽさが残っているな。
ピコピコしたシンセの突き刺さる音色のソロも印象的だが
それ以上に終始ベースがやけに目立っているのう・・・。
そして4曲目はお約束の拝借チューンだ!SONATA ARCTICAの代表曲
“San Sebastian”のフレーズを大々的に取り入れておりアレンジ、
コードは勿論メロディーの節々から滲み出すSan Sebastian!
割合的には8:2位でSan Sebastianのほうが多いな(笑)。5曲目は
シンフォニックなシンセオーケストレーションで始まり
パワフルに疾走するメロパワ、メロスピでこれもド忘れしたが有名なフレーズが
聴けるな・・・!何だったっけコレ!?(爆)メロディー自体は実にクサい
様式美系のフレージング
でやはりシンセソロのピコピコ音が目立っている。
6曲目はキラキラしたシンセがどこかポップでキャッチーな
空気
を放つアップテンポ曲でどっちかといったらメロハー系の
アレンジ
に仕上がっておりメインメロディーはシンセが奏でている。
サビにあたるパートではやはり疾走し中盤は雰囲気が一変、
ドラの音色、ダークさが滲み出たアグレッシヴなリフ、ソロが聴けるぞ!
アウトロは再び壮大なシンフォサウンドだ。7曲目はここに来て
再びメロデスに舞い戻り何とデスヴォイスも登場!初期のアレキシを
意識したようなギャウギャウ声でやはり弱いのだが少なくとも
元Moi dix MoisのJukaとかと違いまったく出来て
いない
という訳ではなく思ったほどボロボロじゃなかったな。
これくらいなら個人的にはまだ十分聴けるのう!
8曲目はギターリフが主体のメロデスでシンセも目立ち
デスヴォイスも登場、サビに当たるパートではトレモロリフに
ブラストビートで爆走
するぞ!その後はテンポダウンするが
メタルコアのようなビートダウンではない。


前作が非の打ち所の無い極めて高品質な北欧キラキラ
メロデス
だったためインパクトでは流石に劣るがその分
ジャンル自体をガラッと変えネタ要素もしかとあり
新機軸も導入、上手い事聴き手を飽きさせない
良質なアルバムに仕上がっているぞ!捨て曲も無く短い事もあり
今回も頭から終わりまでダレを覚えず聴き通せるが
前作のような強烈なパンチは薄れているな・・・。




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







"Follow the Tracks of Crimson Hair"




日本の北欧メタルカヴァープロジェクトによる5thアルバム。


シーンの流れ自体がそうなのだが相変わらずの超絶ハイペース
新たなるアルバムをリリースしまくるKissing The Mirrorの最新作じゃ!
初期CHILDREN OF BODOMタイプのキラキラしたメロデス
元来の方向性としていたが最近はそれをやり尽くしたのか今度は初期SONATA辺りの
流れを汲む北欧メロスピにシフト、さらに本作は過去作のリレコーディング、
リメイクアルバム
となっているようだ!流石にこれだけアルバムを
連発
していれば元ネタの曲も尽きようというもんじゃて・・・!

叙情的なツインリードで幕を開け正統派メタル寄りのリフ、速弾き
泣きのギターソロで幕を開けるエモーショナルなイントロに続く
2曲目はドラマティックなギターで疾走しハイトーンVoが登場!
元KNIGHTS OF ROUNDのVocchang氏によるものでいかにもメロスピな
クリーンさのある高音
歌詞は日本語となっており曲の方向性も勿論
バリバリのメロスピだ!そして3曲目は珍しくモダンなヘヴィリフ
登場しリードギターがメロディーを奏でシンセも登場、ダークだがリズムは
ノリが良くニューウェイヴを通過した北欧メランコリックゴシック風の
アレンジ
が施されているぞ。ラストはGAMMA RAYみたいなフレーズで締めだ!
4曲目もまた珍しくモダンなヘヴィさがあるも今度はピアノが主旋律を奏で
疾走する!
5曲目は打ち込みのアトモスフェリックなリズム、シンセ
意外性を醸し出しストリングス、ピコピコしたシンセ、笛も登場!
6曲目は正統派メタルに接近しリードギターがメロディーを奏でるも
ジャジーなオシャレさのあるピアノに得意のオーケストラヒットも顔を出すぞ。
ギターソロもテクニカルなフレーズを連発し確かなスキルを披露!
後半ではピアノによるメランコリックなアレンジになりこの辺はお約束か!?
7曲目はストリングスリフで幕を開けヴァイオリンの音色がメロを奏で
ピアノも聴けるクラシカルな小曲となっており続く8曲目は何とゲストで
IRON氏がギターソロを披露する、Kissing The Mirror本来の武器である
北欧メロデス、ブラックメタルである!ブラストで始まりデスVoも登場しギターが
泣きのフレーズを弾きシンセも暴れ狂う!まさしく待ってましたのキラーチューン
シンセソロの後はギターソロだ!泣きのエモーション確かな技巧を見せつつ一瞬陰陽座っぽい
和音階(!?)
も飛び出しラスト間際のギター、シンセのソロバトルも熱い!熱すぎる!!
やはりこの初期CHILDREN OF BODOMタイプこそKissing The Mirrorの真の姿よ!


北欧メロスピ、メランコリックゴシックからモダンへヴィネス風、
さらにアトモスフェリックな打ち込みチューンまで北欧っぽい透明感
キープしつつも多彩なスタイルを披露、かつてのメロデススタイルとは
異なり統一感が失せちょいと散漫になってしまったかも知れんのう・・・!
まぁリメイク作という事でこういった企画盤的な試みもアリだが
正直(原曲の)ネタが尽きたのであれば東方ではない、違うネタ元の
カヴァーやオリジナルをやってくれてもいいモンじゃろう・・・!
東方以外じゃ見向きもされない程度の知名度でもないし、俺は勿論、他の
多くのリスナーは何気にオリジナルを求めていると思うがいかがであろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Crimson Haired Lady、Never Ending Reincarnation、
Fatal Scythe's Awakening、Scythe for the Guilty Riversides







"Vermilion Hades"




日本の北欧メタルカヴァープロジェクトによる6thアルバム。


ここ数年間ずっと矢継ぎ早に上海アリス幻樂団カヴァーを連発し
強烈な存在感をアピールしまくるKissing The Mirrorの最新作だ!
もろに初期CHILDREN OF BODOMタイプのキラキラ系爆走北欧メロデス
活動を始めつつもここ最近は北欧メロスピ化したりLIGHTNINGを思わせる慟哭の
ギターフレーズ
を取り入れたりヴォーカル曲をやったり自らデスVoを披露したりと
従来のスタイルに囚われない新たな試みを積極的に見せてきた
今回は再び北欧メロデススタイルインストに立ち返り
もろに初期チルボドを思わせる音楽性を貫いているぞ!メロディアスな
フレーズ
を紡ぎ出す泣きのギター、派手でゴージャスなオーケストラヒット、
キラキラしたいかにも北欧な音色で光り輝くシンセを乗せメロデスの王道を行く
慟哭のハモリリフ
が土台をガッチリ固め爆走しまくる、初期チルボドファンには
マジでたまらない仕上がり
になっているぞ!当然のように拝借フレーズ、
拝借曲も存在しておる!(爆)


1曲目はわりかしモダン風のギター、ストリングス系シンセLIGHTNINGライクな
リードギター
が聴け疾走、2分ちょいの短い曲だがイントロ扱いには出来ない
ちゃんとした曲になっており、続く2曲目はキラキラしたシンセメロディアスな
リードギター
が聴け爆走する初期CHILDREN OF BODOMタイプ王道を行く
キラキラメロデス
だがギターが速弾きではなく終始メロディーを奏でるスタイルの
プレイ
に徹しているのが大きな違いか!?3曲目は慟哭系のリフが聴けミステリアスな
シンセも登場し爆走パートはかなりの速度で駆け抜けるぞ!ツインリードのソロが
またメロディアスで強烈な泣きっぷりを見せておるのう・・・!後半聴ける
シンセソロは高速フレーズでピロピロしまくりギターもつられて多少の
速弾き
を披露する!ラストはトレモロ、ブラストも登場だ!4曲目は
CHILDREN OF BODOMの拝借フレーズで幕を開けるがかなり元ネタをコピーしており
恐ろしく忠実な音を出しておるのう・・・!うねるシンセフレーズが
非チルボドな聴き覚えある様式美クサフレーズを奏でここでようやく東方だと
気付かされる
男気溢れるCHILDREN OF BODOMっぷりである!(爆)
5曲目はリードギターで幕を開けトランス風味のシンセも顔を出しキレのいいリフ
疾走するスペイシーな北欧メタル系でそこまでメロデス風ではないな・・・!
途中で聴けるドラムソロ風の展開にモダン寄りのリフが登場する
パートがなかなか面白くその後のギターソロもいいな。6曲目は珍しい非爆走の
ミドル〜アップテンポ
でこれまたスペイシーなシンセに泣きのリードギター、
モダンながらも軽快さを持った正統派っぽさも感じられるリフが聴ける
本作の中では異質な曲だ。7曲目はストリングスシンセがシンフォニックな
質感
を感じさせ笛のような音色も登場する大仰さを持った曲だがリフが
正統派
メタルとしてのカッコよさも備えているのう・・・!後半ではリードギターが
前面に押し出されさらに壮大になるぞ!8曲目はドラマティックなギター
始まり昔のファミコンみたいなシンセがハモり聴き覚えある東方フレーズ
奏で続いてギターもハモってメロを聴かせる王道の展開を持った曲だ!


どの曲も終始高いテンションで疾走しており一気に聴き通せる勢いに
満ちた1枚である!まぁその分緩急はあまりついておらずこの手の
スタイルが好きでないと一本調子に感じられるかも知れんがこの
金太郎飴状態もまたメタルの面白さよ!後半ちょいとテンポが落ちる
昔と比べてギターが泣きのプレイを身に付けてきており説得力のある
メロディーを聴かせてくれるのが良いな!これまた捨て曲皆無聴き所満載アルバムである!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 The Horrible Guardian、Mighty Core、The Eye、
T.W.A、Vermilion Hades







"Thousand Knives"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる7thアルバム。


IRON ATTACK!と同じくらいアルバムリリースのペースが速い上海アリス幻樂団カヴァー、
東方アレンジ系北欧メロデスミュージシャン
の最新アルバムである!かつてはインスト・・・
といってもいかにもなインストではなくヴォーカルの無いメロデスと表現できるタイプの曲を
プレイしていたが、ここ最近ちょくちょくヴォーカルを入れるようになり本職のデスシンガーを
迎えつつWooming氏自らもシャウトし、より本格的なメロデス要素が目立ち始めてきたが
ここにきて遂に大半の曲がヴォーカル入りになったぞ!音楽性はキラキラ系ではなく
慟哭系のリフを携え爆走するデスラッシュ要素も兼ね備えた王道を行くメロデスである!

1曲目から早速のドラマティックな叙情リフで疾走するメロデスサウンドである!
シンセがバックで聴けヴォーカルもしかとした説得力を見せるデスVo
中盤から後半にかけてテンポダウンするビートダウンではなくその後はメロディアスな
ギターソロ
だ!2曲目は重苦しさを持ちつつ疾走しリフはデスラッシュ寄りと
言えなくも無い
が全体的に初期チルボド系のシンセが目立っているな。デスVoは
Wooming氏本人によるもので、ここまで音が洗練されてくると流石に弱さを
隠し切れない
感があるもそれ以外の良さが補っているな。どこか聴き覚えのある
シンガロング
も熱いぞ!3曲目は爆走するメロディックデスラッシュ直球の曲
ギターフレーズも叙情的である!4曲目はCHILDREN OF BODOM的なオーケストラヒット
取り入れつつもリフは慟哭系の爆走メロデスだがデスVoと共にピコピコした昔の
ファミコンみたいな電子音
も顔を出しこの辺は賛否ありそうな感じだが勢いのある
デスVo
のおかげでさほど気にはならないか!?メロディアスにハモるギターソロ
聴き所じゃのう・・・!5曲目はちょいと今風の空気を感じさせるもやはり疾走する
モダンなメロデス
である。ギターリフ、ハモリで展開するソロもまた叙情的で良いのう・・・!
2ndソロは速弾きで切り込むもその後は泣きでどこかLIGHTNINGっぽい部分もありその後の
リフもそんな感じだ(笑)。6曲目はいきなりちょっとしたブラスト(?)で始まり
珍しくクリーンギターも顔を出すがその後はシンセと共にやはり疾走、これまでの曲は
デスVo入りだったがこの曲はシンセが主旋律を奏でるインストで泣きのツインリードも
ソロと言うよりはリードフレーズのような感じである。7曲目はいきなり絶叫タイプの
ヴォーカル
が飛び出しシンセと共に疾走する勢いある曲だ!噛み付くような絶叫Vo
デスVoと言うよりはパンク、ハードコアに通じる荒々しさを感じさせるのう・・・!
中盤でガテラル風の低音デスVoを披露しここで歌っているアルベルト・オブ・ジョイトイ氏
どちらかと言えばメタルコア系のシンガーなのかも知れんのう・・・!8曲目は
モダンな雰囲気を持ったメロデスリフが聴けこの手のメロデスでよくあるトランス系の
うねるシンセ
も登場するインスト。速弾き、泣きのフレーズを聴かせるギターソロの後に
顔を出すクリーンギターは新境地っぽい雰囲気でなかなかに面白いな・・・!


ここ数作のアルバム同様実に安定して高いクオリティーを誇っており演奏も聴き応え抜群
プロダクションもかなり良く、強いて言えばドラムに打ち込みっぽさがあるくらいだが
それもあまり気になるレベルではなくこの手のメロデスアレンジスタイルでは
恐らくシーントップクラスのクオリティーを持っているだろうな・・・!
海外・・・本場ヨーロッパ、北欧でもまっとうな評価を得られそうなレベルに到達しており
いささか一本調子に感じられなくもないが全曲疾走チューンで捨て曲は無いぞ!
インストも2曲入っているが他の曲と大差ないスタイルなのも潔し!やはり東方らしさが
全く無い
のも個人的には嬉しいな(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"TO LIVE TO DIE"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる8thアルバム。


アルバムのリリースペースがIRON ATTACK!と並んでシーン屈指の早さを誇るメロデス系
カヴァープロジェクト
の最新アルバムである!かつてはインストオンリーだったがここ数作で
ヴォーカル入りの曲をやるようになり、前作辺りからついに大半の曲がヴォーカル入りとなり
本作からは全て外部のデスシンガーが歌っておりなかなかに説得力ある咆哮を聴かせてくれるぞ!
音楽的には前作が慟哭系のメロデスだったのに対し本作はキラキラしたシンセが主体となった
Kissing The Mirrorのルーツと言える初期CHILDREN OF BODOMスタイルを徹底しており
本作もまた日本のバンドとは思えないほど北欧要素が強いのう・・・!

1曲目から早速いかにも北欧らしいキラキラしたシンセが舞い疾走する典型的初期チルボドタイプの
メロデススタイル
でデスVoも登場、東方フレーズは一応バックで出てくるがほぼオリジナルの
メロデス風
に仕上がっておりギターソロはメロディー重視の泣きのプレイだ。2曲目はアグレッシヴな
リフ
が印象的な疾走メロディックデスラッシュ風キラキラ系北欧シンセ、ピコピコした音色
聴けるが全体的にリフ主体の作りだな。ギターソロはやはりハモリで泣きのフレーズメインだが短いのが惜しいか!?
3曲目は正統派メタルっぽいリフに始まりブラストビートで爆走しシンセが北欧らしい冷たさを演出、
デスVoパートはリフ主体でテンポが落ちそれ以外が北欧キラキラメロデスなのが面白くガテラル
聴けるパートでさらにスローになるのも一風変わったムードを出しているのう・・・!
4曲目はこれまたキラキラシンセ、デスVoと共にブラストを見せリフは慟哭メロデス系のフレーズとなり
速弾きソロ(オブリ?)も放り込まれ泣きのリードギターが東方フレーズを弾くもやはり
大半はオリジナルのメロデスと言える仕上がりである!5曲目もまたキラキラシンセ、ブラスト
爆走しリフは慟哭メロデス系の曲でギターソロは泣きのメロディー重視のプレイを披露しており
リードギターもエモーションを感じさせるのう・・・!6曲目はIRON氏の影響がありそうな勇壮な
男泣きリードギター
が聴けつつもそこ以外は北欧メロデスな曲である。キラキラシンセと共に爆走し
ガテラル寄りのデスVoもインパクトを放ちギターソロは珍しい速弾きでラフさの無い十分な
レガートさ
がありテクもしかとあるのう・・・!その後はテンポダウンし短いながらも泣きの2ndソロ
顔を出すぞ!7曲目はシンセ、泣きのギターが聴ける短い繋ぎと言えそうな曲だがそれでもデスVoが聴け
全ての曲でヴォーカルを入れる拘り
を感じさせるな(笑)。続く8曲では出だしでやはり疾走し
どちらかといったらピコピコ電子音寄りのシンセも登場しギターはメロディアスなフレーズ
バックに放り込み中盤のトレモロ、ブラストはいかにもデスメタルライクで良いな!


本作もまた言うまでも無いが上海アリス幻樂団カヴァー、東方アレンジなのだがそれらしきフレーズは
サビ(?)にあたるパートのバックでギターが気持ちそんな感じのメロディーを弾く程度で
あとはほぼオリジナルと言えそうな強引さが全編を占める1枚である!ここまで来るともう
オリジナルでも十分通用しそうだがやはり東方のネームバリューの強さたるや今だ健在といった所か・・・!
完全ヴォーカル(デスVo)アルバムとなっており全曲疾走、どれも似たタイプの曲
思わせておいて部分部分でそれぞれ個性を感じさせる良質の仕上がりになっておるのう!ビートダウンや
クリーンVoは皆無
でメタルコアに浮気する事は一切無く完全北欧キラキラメロデスを貫いておりこの潔さも
好感が持てる
のう・・・!ワンパターン、マンネリと捉えられるかも知れんがそれでも捨て曲は無く
メロデス好きなら問題無く楽しめる安定の、信頼のクオリティーと言えよう!



オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"Locus of the Eastern Dream.EX"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによるヴォーカル入りリメイクアルバム。


かつてリリースされたアルバム“S.T.B.”“Ill Vision”に収録された楽曲を新たに
spetsnaz氏によるデスVo入りでリメイクしたアルバムである!過去曲の再録ではあるが
クオリティー面でここ最近のアルバムには何ら劣る事無く東方らしさが極めて希薄な
初期チルボドタイプのキラキラ系北欧メロデス
を徹底して追求した相変わらず良質な
アルバムに仕上がっている
と言えよう・・・!人様のカヴァーでありながら大半のパートが
オリジナル
と言ってしまっても過言ではないため曲作り(アレンジ)にも時間がかかりそうなんだが
他のカヴァーバンド(プロジェクト)同様異様に速いペースを見せておりクオリティーの低下も
見られずもっと評価されてもいい
と思うがいかがだろうか!?

1曲目は早速のチルボドタイプ鋭いキラキラメロデスサウンドで疾走、しわがれたタイプの
デスVo
がシャウトしシンセの音色もいかにも北欧なムードを醸し出しギターソロも速弾きから
ツインリードで展開
シンセソロも後に続く王道のスタイルじゃのう!2曲目は絶叫から
慟哭タイプのハモリリフで疾走、デスVoは絶叫とガテラルを交互に披露しそしてブラストで
爆走!
キラキラ系ではなくブルータルな勢いを感じさせるがシンセフレーズも顔を出すぞ。ソロもやはり
シンセとギターだがソロ後すぐに終わってしまう短い曲だな・・・!3曲目もこれまた慟哭系のリフ
ブラストで爆走するメロディアスかつアグレッシヴなメロデスでその後はチルボド直系の
オーケストラヒット
も聴け叙情メロデスキラキラメロデス双方の美味しい所を混ぜ合わせたかの
ような感覚があるのう・・・!サビ(?)のバックで聴けるギターとシンセのリードフレーズ
印象的でソロパートもシンセ、ギターが熱きプレイを披露しており聴き所だな。4曲目も
キラキラしたシンセが目立つ疾走メロデスストリングス系の音色北欧的なシンフォさを演出、
デスVoのバックで聴けるシンセフレーズはかろうじて東方らしさを出しているぞ。シンセソロは
メロディー重視でどことなくフュージョン系のムードがある所が風変わりじゃのう・・・!
5曲目はシンセとブラストで爆走しキラキラメロデスの王道を行くかのようなサウンドを展開、
その後のシンセはうねるトランス系の音色でヴォーカルのバックでリードフレーズを挿入、
デスVoの絶叫も熱いぞ!中盤でキラキラシンセとギターのユニゾン、そしてトレモロ、ブラスト
聴けそしてキラキラシンセのソロが炸裂、ギターは完全メロディー重視のソロを弾いておるな・・・!
6曲目は煌びやかなシンセ、ギターが盛り上がりメランコリックかつリリカルな北欧ムード
プンプンに放ちそしてトランス系シンセ、ハモリギターが顔を出しリードシンセ、デスVoと共に
疾走するがどことなく軽快さもあり他の曲と比べるとBPMはそれほど高くは無いな。メロディアスな
リードギター後はスローにはならないがちょいとへヴィリフが目立ちそしてメロディー重視
ハモリギターソロが聴けるぞ。7曲目は北欧キラキラシンセ叙情的な慟哭リフが聴け疾走、
リフのフレーズがカッコよくデスVoはガテラルも一瞬披露するぞ!ハモリのリードギターが
どことなくVOLCANO風なのも面白いな。8曲目はアグレッシヴなノリのリフ、ブラストが
ちょいとブラックメタル風だがその後はシンセがリードフレーズを披露しつつデスVoも
顔を出すメロデスとなるぞ。リードギターのオブリが印象的でハモリフレーズも叙情性を演出、
ギターソロもスウィープを交えつつ構築美を感じさせるプレイを披露しており中盤以降は
どの曲よりもギターオリエンテッドな仕上がりでソロパートの長さがまた嬉しいな(笑)。


過去作のリメイクではあるが相変わらず東方らしさ皆無で俺みたいな飽きを覚えるリスナー
質の高いメロディックデスとして問題無く楽しめる安定の1枚である!演奏も良くデスVoも
実力派である事を伺わせる説得力ある絶叫、咆哮を披露しておりプロダクションも良く
国産バンド(プロジェクト)として特に高いクオリティーがあるように感じられるわい!
まぁどの曲も似たタイプになっているがそれも味のうちだ!




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"The Ends of The East"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる女性Vo入り9thアルバム。


初期CHILDREN OF BODOMライクな質の高いキラキラ爆走メロデススタイル東方アレンジ、
上海アリス幻樂団カヴァー
を聴かせてくれるKissing The Mirrorの、上記した過去作デスVo入り
リメイクアルバム
同時にリリースされたアルバムである!本作はこれまでとはまったく
異なる仕上がり
を見せており、ヴォーカルにLA KIAのAKIRA嬢を迎え音楽的にも従来の北欧キラキラ
爆走メロデス
とはまったく異なるシンセの無いスローテンポの淡々とした曲が大半を占めており
これまでの疾走チューンを求めると肩透かしどころか一本背負い、山嵐、セガール拳ってな塩梅である!(爆)

1曲目は刺々しい風変わりなギターに始まりこれまでのKissing The Mirrorとは明らかに異なる
メランコリックゴシック
というか何というか、まったりとしたニューウェイヴ的
淡々としたムードで展開しギターリフは一応へヴィだが疾走感も無ければキラキラした
シンセも無く
勿論ギターソロもシンセソロも無い!CHILDREN OF BODOM要素皆無の新境地である!
2曲目はモダンへヴィネス然としたへヴィリフがズンズンと突き進むもやはりミドルテンポで
淡々としたムード満点
じゃのう・・・!コーラスは歌い方のせいかどこか勇壮なムードがあり
ギターソロも聴けるがどうも音色が細いなぁ・・・!3曲目はメロデス寄りのリフが聴ける
アップテンポ曲でベースも唸りノリの良さも感じられこれまでの中ではまだ好印象だな。
4曲目は退廃的なムード漂う叙情的なへヴィリフが聴けるスロー曲でメロディーは本来
クサい筈
だがアレンジのせいかあまりそれを感じさせる事は無い。ギターソロはアコギ
始まり泣きのトーンも披露されるぞ!5曲目は叙情リフでアップテンポになりIN FLAMESを
思わせるムード
を漂わせサビはコーラスが絡みなかなか面白いのう・・・!ギターソロは
メロディー重視和音階っぽいフレーズも聴けるぞ!6曲目はここに来てシンフォニックな
シンセ
がようやく顔を出し盛り上がりを見せヴォーカルはデスVoとクリーンVoのツインになるが
やはり基本はスロー/ミドルテンポで展開する淡々とした曲調だな。叙情的なハモリを見せる
ギターソロは起承転結あるドラマティックな構成で良いぞ!7曲目以降はこれまでの曲の
ヴォーカル無しカラオケヴァージョン。



これまでの北欧キラキラメロデスとは明らかに異なるメランコリックゴシック、ニューウェイヴ、
ポジパン
寄りのちょいモダン要素入りの淡々としたスローチューンが続き一応は慟哭系の
メロデス風リフ
が聴けIN FLAMESっぽい部分もあるが基本的に疾走チューンは無くシンセが
使われた曲も6曲目のみであとは妙にまったりとしたアレンジに仕上がっており
期待と違うというか、期待外れというか何というか・・・好みの方向性とはかなり
軸がずれてしまった感
があるのう!ヴォーカルもちょいと弱さが目立つしプロダクションも
これまでの派手さが失せた分妙にチープに感じられギターの音色がどうにも細く感じられるなぁ・・・!
これまでワンパターンと言えるかもしれないが高いクオリティーをキープし我々を
喜ばせてくれたKissing The Mirrorだが、本作は思い切り新機軸を取り入れたはいいが
それが成功しているとは言いがたく評価は厳しくなってしまうのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Dreaming Gear  Miss in the mist  射に流れ、夜溶く声







"The Addictive Verses"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる10thアルバム。


これまではたまに方向性を変えつつも頑なに初期CHILDREN OF BODOMスタイルを踏襲した
キラキラ系爆走メロディックデスを追求していたKissing The Mirrorだがここに来て
もうメロデスで東方アレンジをやるネタが尽きてきたのか音楽性がガラッと変わり
何とマジヤベェサグなライム満載のイルなヒップホップブチかました
ミクスチャー、ラウドロックスタイルにシフトしやがったメーン!
YO!YO!シャタファカ!かといってそのままマジにレペゼン東方
マザーファッキンなヒップホップ野郎にシフトしてストリートを
ブイブイ言わせる
Roughneck(筋金入りのハードコア・ヒップホッパーの意)なギャングスタ
なっちまったってぇワケではなくその音楽性はSlipknotのスタイルを色濃く受け継いだ、
メタルの畑でしかと語れるへヴィでエクストリームなサウンドを出しておるわい!

1曲目から早速ゴリゴリにへヴィなギターリフが顔を出し期待を煽るが絶叫系の
高音シャウト
ブラックメタル系でちょいと音楽性にはマッチしていない
ラップはサマになっており日本語ラップという事で山嵐とかロットングラフティー等を
彷彿とさせる雰囲気を出しているな。サビ(?)はバックでギターがメロディーを奏で
僅かにメタルコア、メロデスっぽさが残っているか!?2曲目もSlipknot丸出しの
ゴリゴリなへヴィサウンド
で絶叫は高音で邪悪なオーラ満載である!ラップが聴けるも
サビはメロディーをムリヤリ歌っておりやはり東方フレーズである。3曲目もゴリゴリの
モダンへヴィネス
ラップが乗るサグなムード満載ワルな楽曲じゃのう・・・!
サビはこれまたムリヤリラッパーがメロディーを歌おうと頑張っている感バリバリで
逆にワルいムードが出ているな(爆)。途中の絶叫シャウトも熱いぞ!4曲目も実に
アウトロー感満載のサグなラップノリの良いリズムで顔を出すミクスチャー、
ラウドロック
ギャング気取りの分別のねぇクソガキ共ゲットーにたむろしてそうな
ムード満点だがサビ(?)らしきパートメロデス寄りの疾走感があるぞ!そして
ベースが唸りギターが本作としては珍しくソロを弾きタッピングに泣きのプレイ、
速弾き
を披露しこの辺はメロデスだな。5曲目はこれまたノリの良い疾走感
感じさせるアップテンポ曲で畳み掛けるようなラップがこれまた偏差値の低そうな
オーラ・・・
いやアウラを出しておるのう!(爆)昔を思い出すわい!ギターソロだけは
例によってメロデス系の泣きである。6曲目はサグなムードにそぐわない東方フレーズ
幕を開けゴリゴリにへヴィになりやはりラップがワルだ。後半では早口も披露するぞ!
7曲目は魂音泉のカヴァーカオティックなギター、ピアノで始まりへヴィリフ、ラップが顔を出し
サビ(?)はラップのバックで東方メロが聴けるのう・・・!途中で久々にデスVoも顔を出すぞ。
後半のシンガロングでは女性の声も聴けギターソロで幕だ。


この手の音を出すには音質が良くないとガッカリする事甚だしい
彼らは元々プロダクションの良さに定評があるんでタイトなへヴィさがバッチリあり
その点で問題は無いぞ!ヴォーカルはラップと絶叫デスVoのツイン形式だが
デスVoはブラックメタル系の高音絶叫非常に邪悪なのだがこの手の音楽性には
咆哮系のほうがマッチしているだろうな・・・!とりあえずいつもの北欧メロデス
期待すると肩透かしどころか一本背負い、ストーンコールドスタナー、F5ってな塩梅だし
この手の東方系、同人リスナーにとってはこのナックルズ系アウトロー要素
下手なファンタジー以上にファンタジーだろうが(爆)、少なくともヤンキー高校出身
俺にとってはムカつくぐらいクソ身近だ(笑)。剣魔法ドラゴン萌え〜な世界観より
個人的に圧倒的に好みであるのは言うまでもなかろう(爆)。ラップがただリズムに合わせて
喋っているだけ
ではなく声が出来ており意外と日本語ラップに拒否感が出なかったのも
収穫だな。マジでヒップホップ精神を持っているならリリックももっとカネ儲け主義の東方アレンジを
徹底的にディスり倒しまくってもらいたかった
カネ儲けしまくってゲットーから抜け出し
ブリンブリンなアクセで成金と化す
のもまたヒップホッパーだからなぁ(爆)。次にこういうスタイルやるなら
今度はマキシマム ザ ホルモンの方向性も見せてもらいたいメーン!(笑)




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Moratorium







"Embody My Brave"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる11thアルバム。


初期CHILDREN OF BODOMスタイルを基本形としつつも時折横道に逸れ始めたりする
多作な実力派メロデスプロジェクト
による前作から一月を待たずにリリースされた
新譜
である!相変わらず呆れるほどに早いペースだが前作は何とヒップホップ要素
大胆に導入しSlipknotライクなミクスチャー・モダンへヴィネスというかラップメタル、
ラップコア
の方面に足を踏み入れ物議を醸し出した・・・!そして続く本作は再び
まっとうなメタル(?)に戻っているが今回は全曲インストギターがメインのアレンジに
なっておりデスメタル、エクストリームメタル要素も無ければキラキラした北欧系の
シンセ
も無く正統派メタル、メロパワに接近しておりその上インストでさらに東方
いう事もあって非常にIRON ATTACK!っぽい雰囲気がプンプン漂っているな・・・!

1曲目は早速勇壮なギターが聴け疾走!メロデス色は皆無で正統派のムードが漂っており
何というか実にLIGHTNING、IRON ATTACK!っぽさが強いのう・・・!(爆)2曲目もまた
ギターメインの正統派疾走パワーメタルだが後半付近でテンポダウンしミステリアスな
ムード
が醸し出されるぞ。ギターソロもメロディアスなプレイから速弾きまでやはり
IRON氏、KOUTA氏の影響が強そうだな・・・!3曲目は印象的なリードギターで幕を開けやはり
疾走しメロディー重視のギターが縦横無尽に駆け巡る曲で4曲目はスロー、ミドルで展開、
ギターが結構何本も重ねられている印象があるな。中盤付近でやはり疾走するぞ!
中間のメロディーは何ともLIGHTNING、IRON ATTACK!っぽいな(爆)。5曲目は3連の
アルペジオ
泣きのギターが乗りリズムにテクニカルさを感じさせその後はスローな
泣きのメロディー重視
になるぞ。6曲目は再びアップテンポで展開するも泣きのプレイ
しかと拝めメロディー重視のギターが光っておるのう・・・!7曲目はどこかストロングな
リフ
が顔を出し泣きのリードフレーズも登場、シリアスなムードを漂わせ途中から疾走、
さらにブラストも飛び出すぞ!8曲目はこれまたストロングなノリ重ねられた
メロディアスなリードギター
が聴け後半で疾走する!


ギターインストではあるがシュラプネルライクなテクニカルシュレッド系ではなく
あくまでギターをメインに据えた正統派パワーメタルをプレイしておりこれまでの
シンセ部分がギターに置き換わったってな感じのメロディー重視振りである!
曲間の繋ぎが極端に短く勢いはあって良いがいつの間にか曲が進んでいた
なんて事が多く
この辺は一長一短といった所だな・・・!どの曲もクオリティーは高く捨て曲は
無い
これと言ったキラーも無く全体的に平坦な感じなのも意見が分かれるだろう。
LIGHTNING、IRON ATTACK!にかなり近く例えるならDIR EN GREYに対する
サディ
ってなレベルの類似性を見せているのだがこっちのほうがギターを何本も重ねているのが
相違点
であろうか!?技巧派タイプではないのでギターキッズの参考になるか
どうかは判らん
がテクひけらかし過ぎて曲としてつまらんテクニカルギタリストの
自己満足オナニーインスト等とは比べるまでもなく「音楽」しており
ギター好きのリスナーならお腹一杯楽しめよう!





オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"UNDERMIND"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる12thアルバム。


上記した前作よりまたしても一月程度でリリースされた最新アルバムである!前作が
もろにLIGHTNING、IRON ATTACK!なギターインストだったのに対し本作は全曲
spetsnaz氏によるデスVo入り
基本のメロデスに再び立ち返っており、ギターがメインの
剛直なエクストリームサウンド
から初期CHILDREN OF BODOMライク透明感あるシンセ
使われたアグレッシヴかつメロディアスな曲と実にKissing The Mirrorらしい
スタイルに戻っておるぞ!
また今回はゲストミュージシャンも数多く参加しており、
さらにコンピレーションアルバムに収録した曲をリレコーディングしたテイクも含まれている。

1曲目は早速のモダンなへヴィリフで幕を開けアグレッシヴに疾走!ヴォーカルは
吐き捨てタイプの高音絶叫デスVoで喉を締め付けるようなしわがれたシャウトが
非常に熱く
途中でビートダウンっぽいスローパートも顔を出しつつ基本は爆走だ!
北欧キラキラシンセは無く終止ストロングな印象を放っておりギターソロは流麗さも
見せる速弾き
メロディアスなプレイも披露しておる!2曲目はハモリギターに始まり
オーケストラヒットを一発放ち勢い良く疾走!シンセも顔を出し北欧メロデスらしい
冷気
を見せつつもミックス的にギターがかなり前に出てきているな。中盤でSERPENTの
ギターフレーズ
を拝借しその後はブラストも登場、ラストもやはりSERPENTで
実にクサいのう・・・!
3曲目はパワフルなギターで幕を開けシンセも登場、アップテンポで
展開し
ヴォーカルはどこかハードコア的な咆哮を披露しているな。中盤のソロ後は
ガテラル寄りの低音咆哮も聴けるぞ。4曲目はベースに始まりチルボド臭満点の
オーケストラヒット、キラキラシンセ、ギャウギャウいうデスVoが登場!
何とも
“HATE ME!”っぽいムードが漂っておるな・・・!この曲はゲストでジェノサイド菊池氏が
デスVoで参加
しspetsnaz氏と掛け合いを見せているぞ!5曲目はブラストライクなドラム、
トレモロリフ
で幕を開けつつもどこかつまづく様なリズムを見せその後は疾走し王道の
メロデスとなる勢いある曲
でリード、リフ等この曲はギターメインで珍しくシンセは無い。
ラストの絶叫が熱いぞ!
6曲目はモダンなムードを醸し出すリフが顔を出し最近の
IN FLAMES辺りを思わせる曲調
になるのう・・・!サビ(?)はギターがバックで
リードメロを奏でており
この辺はやはりメロデスである!中盤はビートダウンで
ガテラル
に加えヒップホップ風の掛け声(?)も登場しそしてメロディアスな
ギターソロ
になるぞ。7曲目はパワフルでアグレッシヴなリフと共に疾走し
デジタルシンセも登場、
ヴォーカルが入ると風変わりな展開を見せるリズムになり
これまでとは一線を画するムードが醸し出されデスVoはどこかミクスチャー的な
ノリ
も見せるがギターソロはバリバリのシュレッドテクニックの向上が伺え
その後はメロディアスな泣きのプレイを披露するぞ!後半はブラストも登場だ!
8曲目はトランス系のデジタルサウンドがもろにエレクトロニカなムードを放つ
デジタル系のインストでこの曲はメロデスを好むメタラーには受けないだろう・・・!
っていうかこの曲インストだからフルヴォーカルアルバムちゃうやん(爆)。


ギターが叙情的かつパワフルでアグレッシヴなプレイを見せ疾走し噛み付くような
凶悪さを持つ吐き捨てデスVo
が聴けるストレートなメロディックデスメタル
キラキラシンセ入りのもろ初期CHILDREN OF BODOMな北欧メロデスからギターが
メインのパワフルな剛直さを持ったメロデス
の双方が顔を出しこれといった個性
ある訳ではないが東方云々を抜きにして普通に良質のメロディックデスとして
楽しめる1枚に仕上がっているぞ!
前作を聴いても判る通りWooming氏の
ギタースキルが向上
している分シンセに頼らないストロングな音作りが
出来るようになった
のが過去作との違いだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Undermind  Shanghai Eliminator  Bury You Alive
Wings of the Empty Mind  To my anxiety  Final (S)Core







"SCREAMING DEAD HEAT"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる13thアルバム。


ここ最近は同人メタルシーンの流れに乗ってかライヴも頻繁に行うようになった
北欧メロデススタイル
を基本とする東方カヴァー/アレンジプロジェクトによる
相変わらずの仕事の早さを見せる最新アルバムで、本作は再びフルヴォーカルアルバムと
なっており
方向性も軸をブレさせる事の無い従来通りの北欧ライクなシンセを盛り込んだ
ファストなメロディックデスメタル
だが今回はかなり多くのゲストミュージシャンを迎えて
レコーディング
されており複数のシンガー、ギタリストによるプレイが堪能出来る
豪華な印象のあるアルバムとなっているぞ!


1曲目はシンセモダンさを感じさせるリフで幕を開けストロングな絶叫シャウトと共に
疾走開始!メロディックデスと言うよりはモダンなムードがありシャウトは結構高めで
地声を残したパンク、ハードコア色濃いタイプ
だが喉の強さも十分に感じさせギターは
オブリをバンバン放り込んでおりギターソロもなかなかの流麗さを見せメロディアスな
プレイ
も披露しているな。2曲目はドラマティックさのあるギターが聴けスローテンポで
展開する
もその後はブラストで疾走!今度はしわがれた絶叫シャウトになりより凶悪さを
増している
辺り流石はspetsnaz氏だな・・・!ギターも印象的なメロディーを奏でており
よりメロデスに接近した感じでシンセではなくギターがメインを張る曲になっているぞ。
3曲目はシンセにブラストが聴けシャウトはやかましく喚き立てておりギターはモダンな
印象
を醸し出す疾走チューンでちょいカオティックな要素もあり唐突に放り込まれる
テンポダウンパート
ヴォーカルの声質もありハードコアに近いか!?ギターソロは
メロディアスなプレイだ。4曲目はメロデス的かつモダンな要素もあるギターリフ、かなり
パワフルな絶叫で疾走する勢いあるファストチューンで部分的に低音系の咆哮も披露、
サビはいかにも東方ってな感じの和風ギターメロディーが聴けNUMBER GIRL的な部分を出すぞ。
ギターソロはやはりメロディアスな印象があるな・・・!5曲目もまたギターに絶叫シャウト
幕を開けモダンかつメロデスライクな引っかかりのあるリフが聴けシンセも顔を出すが
これまたメインはギターとヴォーカルで疾走しブラストも登場!中盤ではメタルコア的な
ビートダウン
も顔を出しヴォーカルもガテラル寄りの低音になるがそこまで低いわけではない。
6曲目もまたメロデススタイルの疾走チューンだがすぐにビートダウン的なテンポダウンを
見せておりノイジーさのあるモダンなリフも聴けヴォーカルはかなりしわがれたタイプの
絶叫を披露、
リードギターはやはりいかにも東方なフレーズを弾くがリフはメロデスである!
7曲目はシンセにちょい明るめのギターが聴けギターメインの本作としては最も北欧ライクな
シンセ
が目立った感じになるアップテンポ曲。中盤でこれまたビートダウンも登場するぞ!
8曲目は引っかかりのあるモダンなリフがノリの良さを出しつつCHILDREN OF BODOMっぽくなり
複数のデスVoシンガーが参加し豪華なシャウトを繰り広げているぞ!
ワウをかましたギターソロも聴き所で泣きのメロディアスなプレイも良いのう・・・!


複数のシンガーやギタリストが参加した影響だろうかこれまでほど金太郎飴的な印象は無く
基本はメロデスながら各曲毎に多少はそれぞれの個性を感じさせる仕上がりになっており
北欧ライクなシンセもある事はあるがそれ以上にギターとヴォーカルが目立った
モダンなムードも感じさせるアレンジ
になっておる!基本的にヴォーカルスタイルが
絶叫タイプ
低音の咆哮やガテラルはかなり少なく部分的にハードコア的なムード
醸し出す仕上がりでビートダウンも結構顔を出しメタルコアに近い面もあるか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"LIGHT THROUGH THE NIGHT"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる14thアルバム。


初期CHILDREN OF BODOMを彷彿とさせる派手なキラキラシンセが自己主張する
メロデススタイルを基本形とする東方アレンジ系プロジェクトであるが
過去にはLIGHTNING、IRON ATTACK!を彷彿とさせるエモーショナルなギターを
主軸に据えたインストアルバム
クリーンVoによる初期SONATA ARCTICA直系の
北欧メロスピ、
さらには何故かSlipknot辺りに影響を受けたかのようなラップ入り
ミクスチャー、モダンヘヴィネス
を披露していた事もあった・・・!そして最新作である
本作
は何とメロデス要素を封印し再び北欧メロスピスタイルにシフト!ヴォーカルに
元KNIGHTS OF ROUNDのVocchang氏を迎えデス要素の無いストレートなメロスピを披露しておる!

1曲目は意外と正統派メタルに近い勇壮なリードギターに始まるもバックの
シンセは北欧らしさを放ちそして疾走するイントロで東方ではあるがそのメロディーは
どこかLIGHTNING、IRON ATTACK!に近い気がするのは気のせいか!?(爆)続く2曲目は
これまた勇壮なギター北欧らしいシンセ、ハイトーンVoが炸裂!歌詞は日本語
バックのギターが結構目立っておりギターソロがまたLIGHTNING、IRON ATTACK!に
近いムード
があるな・・・!3曲目は冷たさを放つ透明感あるシンセがキャッチーさを見せる
ミドル〜アップテンポ曲でサビは疾走、ソロ前は今時らしいエレクトロニカ系の
電子音シンセ
も顔を出しギターソロもメロディーを忘れず速弾きも見せているぞ。4曲目は
“San Sebastian”オマージュなアレンジの過去曲リメイクでやはりまんまじゃのう・・・!(爆)
ソロもギター、シンセ共に完コピである!5曲目も過去曲リメイクで聴き覚えありまくり
リードギターで疾走しキラキラシンセも登場、これまた北欧ムード満点のメロスピ
ギターがメロディアスさを出しハイトーンのコーラス高音が美しいのう・・・!
6曲目はメロスピスタイルの本作としては唯一のデス要素を内包した曲でイントロから
絶叫シャウトが炸裂しリフワークもメロデスだがヴォーカルはやはりクリーン
サビは再び高音絶叫が顔を出しクリーンVoと掛け合いを見せるぞ!
7曲目はヴォーカルメロにせわしなさを感じさせる疾走チューンでこの曲はリフがあまり
目立っておらず
良くも悪くも典型的メロスピ要素が強いのう・・・!まぁリードギターは良く
ツインリード
も聴き所でソロもメロディー、構築美を重視しているぞ!8曲目はボーナス扱い
過去曲のリレコーディングとなっておりギターが自己主張する
メロスピナンバー
だがハイトーンVoが実に凄まじいのう・・・!
ちなみにイベント会場で限定配布しているCD-Rもあり、そっちにはタイトルチューンの
2曲目
LA KIAのAKIRA嬢が歌っている音源が1曲収録されている。


透明感あるシンセハイトーンVoからは北欧メロスピ的な空気がプンプン漂ってくるが
ギタープレイはLIGHTNING、IRON ATTACK!にかなり近くIRON氏やKOUTA氏に相当影響を
受けていそう
なんだがそのおかげでこの手のメタルとしてはギターが疎かに
なっておらず
ソロのみならずバッキングのリフやオブリがしかとあり
そこらのリフ無しB級メロスピに陥っていないのは好印象じゃのう・・・!メロデスも良いが
こういう北欧メロスピもまたちょくちょくやって頂きたいモンじゃて・・・!
まぁミクスチャーはもういいけど(爆)。




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Light Through The Night  Spirit Of Silence  Ghost Breed
Over The Prominence  悠久の果てに  Crimson Haired Lady







"TOWARDS THE RISING"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによるヴォーカルベストアルバム。


以前はインストで東方アレンジのメロデスをプレイしていたがここ最近はデスVo入りの
スタイルにシフトした
感があるKissing The Mirror・・・!本作はそんな彼らのこれまでの
ヴォーカル曲
を纏めてリレコーディング、リアレンジしたヴォーカルベストとなっており
何気に彼らの周辺プロジェクトも同時期にこの手のベストアルバムをリリースしているが
そこの所は気にせず楽しもうではないか・・・!(爆)

音楽的には初期CHILDREN OF BODOMの流れを汲んだキラキラシンセが舞いまくる
北欧メロディックデスメタルスタイルが基本
なのだが本作は(と言うかここ最近は)シンセよりも
ギターサウンドが目立っており
リフやリードギター、ソロ等ギタープレイが縦横無尽に
活躍しており
もはやチルボドフォロワーとは言えないスタイルにシフトした感があるのう・・・!
ここ最近の傾向かLIGHTNING、IRON ATTACK!にかなり影響を受けたようなフレージングも
目立っているがこっちはメロデスなのでとりあえずただのフォロワーでは無いのがまた良いな。
spetsnaz氏のデスVo、シャウトも鋭さを増している感があるか!?ちなみに特典CDもありそっちは
本作の2曲目と8曲目のヴォーカル違いヴァージョンが収録されている。

同日リリースのTHOUSAND LEAVESのヴォーカルベスト同様リレコーディングのおかげで
演奏にキレが増しさらにタイトになりプロダクション面でもクオリティーアップ
感じられ流石の仕上がりを見せておるわい!まぁベストアルバムとしては曲数・・・
収録時間が短く
その辺で不満を覚えるリスナーもいるだろうが全曲疾走で捨て曲皆無なのが
最大の美点だな。ベスト盤(もしくはライヴ盤)リリースは活動の節目とされているがもしかしたら
東方アレンジはここいらで一区切りとして次以降はUnto Obsession名義でついに本格的に
オリジナルに着手する
のやも知れぬ・・・!龍5150を皮切りにSister's Spread-i
回路もついにオリジナルを出してきたしこれからのトレンドはオリジナル回帰か!?
だとしたら物凄く嬉しいのだが果たしてどうなるのやら・・・!?




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"FALSE ADMINISTRATOR"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる15thアルバム。


かつてはインスト北欧メロデススタイルのアレンジ/カヴァーをプレイしていた
Kissing The Mirrorだが、いつからか普通にヴォーカル・・・デスVo入りになり
今ではフルヴォーカルアルバム当たり前のようにリリースするようになってきた・・・!
さらに最近オリジナルのバンドUnto Obsessionも結成し、いよいよ脱東方し本格的な
メタルバンドとして動き始めた
ようで嬉しい限りだが本作は従来通りの東方メロデス
フルヴォーカルアレンジアルバム
で、参加ミュージシャン、シンガーもいつも通りの顔ぶれ
ある意味安定感抜群のブレないスタイルを見せてくれるぞ!

1曲目はのっけから絶叫シャウトと共に早速勢い良く爆走!だがかつてのような
キラキラ系メロデスとは異なりギターリフメインで大分ストロングでイカつい
無骨なムード
を放ちデスラッシュ然とした印象があるのう・・・!ヴォーカルは
しわがれた高音絶叫タイプである。中盤は近代デスメタルの必須スキル(?)である
ピッグスクィールも顔を出すぞ。2曲目もまたゴリゴリしたパワフルなリフが
無骨さを放ち疾走!
非常にストレートな曲調になっておりギターソロすら無い!(爆)
3曲目はメロデスらしい叙情性のあるリフが聴けやはり疾走、バックでは
叙情的なリードギターが舞いサビは共にシンガロング出来そうだな。中盤で
ようやくギターソロも顔を出すがシュレッドはせずメロディー重視のプレイである。
後半のリードギターが熱く叙情的で良いのう・・・!4曲目はイントロからブラストで爆走し絶叫に続き
ピッグスクィールも登場!
この曲は最近のチルボドに近いムードがあるか!?ギターソロも勢いある
プレイだな。
ラストは何故か怪しい笑い声だ(爆)。5曲目も勢いのある無骨なリフメインのメロデスだが
ヴォーカルがデスVoと言うよりもハードコア色濃い体育会系の熱い咆哮なのが印象的である。
中盤は絶叫と共にブラストで爆走メロディアスなギターも聴けるぞ。6曲目も爆走メロデスだが
ヴォーカルパートはリズムが結構細かく変わり途中でガテラル色濃い低音咆哮も登場!
ギターソロは勢いを出しつつも全体的にメロディアスさが強いな。7曲目もやはり王道のメロデス
行きつつもストロングさの強いリフで爆走しデスラッシュ要素も感じさせるファストチューン
途中キャッチーなギターフレーズも聴けるぞ。中盤はテンポが落ちるも決してビートダウンでは無く
その後はメロディー重視のギターソロになりさらに今度は正統派HM/HRライクなリフ、リズムが登場だ!
8曲目も無骨なリフで幕を開けやはり勢い良く疾走!ノリの良いリズム、シャウトのバックで
ギターがメロディアスさを放ちギターソロもやはりメロディー重視である。


かつてのような初期チルボドタイプの北欧キラキラメロデススタイルからかけ離れ
メロデスである事に変わりは無いが完全にギターリフメインとなり相当にストロングで
パワフルな無骨さ
を見せるようになっており、デスラッシュとも言えそうなスタイルに
シフトしておる!それでいて東方フレーズが出てくるのはほんの僅かでもはや9割が
オリジナルと言えそうなアレンジスタイル
は変わらぬままなんで普通にクオリティーの
高いメロデス、デスラッシュ
として楽しめるのが良いな!ただ相変わらずどの曲も
似たような金太郎飴状態
でこの辺は賛否分かれそうな印象があるな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"Misty Lake In Wonderland"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる16thアルバム。


元々カヴァー、アレンジで頭角を現しつつも最近ではオリジナルのメロデスバンドである
Unto Obsession
も立ち上げたWooming氏によるプロジェクトによる最新アルバムである!
何気に久々のリリースとなった印象があるが、音楽的にはかつてのチルボド系の
キラキラシンセが目立ったメロデス
の面影は無く、ギターがメインストロングで
硬派なムード
を見せつつも叙情的な慟哭メロデスとなっておる!

1曲目は早速の無骨でストロングなメロデスサウンドを展開、ヴォーカルはどこか
ハードコアライクなシャウトを披露しておりプロダクション面も含めちょいと
ニュースクールっぽいムードを醸し出しているだろうか!?中盤はビートダウンっぽい
スローテンポ
になりピッグスクィールも聴けるがその後は叙情的なギターソロになるぞ!
2曲目もまた叙情的なギターリフが聴ける疾走メロデスで、喚くようなシャウト
やはりハードコア寄りストロングな無骨さを感じさせてくれるのう・・・!
ギターソロがまたメロディアスで良く、絶叫シャウトもまたパワフルである!
3曲目もストロングさのあるファストなメロデスで、アグレッシヴな勢いも見せており
昔ながらの叙情メロデスっぽさが強い感じだな。4曲目は枯れたギター語りで幕を開け
一瞬ブラックメタルっぽさを放つもその後はやはりオーソドックスなメロデスになるぞ。
5曲目もまた叙情リフ、絶叫シャウトと共に疾走するストレートなメロデスサウンドとなり
ギターソロはなかなかに流麗なプレイを披露しておる!6曲目もまたメロデスらしい叙情性を醸し出す
ギターリフが聴け疾走するオーソドックスなファストチューンとなり、無骨な硬派さを醸し出す
デスVoシンガロングがまた男臭いのう・・・!7曲目は珍しく重苦しいへヴィさを放つ
重厚なミドルテンポ
で展開するかと思いきやその後は疾走メロデスとなり、サビ(?)のバックで聴けるリードギターが
叙情的で良いぞ!
中盤以降はまたテンポダウンへヴィな印象を見せているな。ギターソロは
エモーショナルさを感じさせてくれるのう・・・!8曲目はこれまた怪しげなムードを醸し出す出だしから
邪悪さを見せつつ疾走!壮大な印象もあるがその後は従来通りのメロデスサウンドとなるぞ。
デスVoはガテラル寄りの低音も披露しており禍々しさを演出しているな。
ギターソロ
メロディアスな構築美を感じさせ良いのう・・・!


音楽的にはここ最近のKissing The Mirrorらしい、シンセに頼らず慟哭ギター
主軸に据えたシンプルかつストロングで潔さを感じさせる硬派なメロデスで、
楽曲も同系列のタイプで纏められており複数のゲストシンガーによるパフォーマンスが
差別化を図っている
感じだな。今回結構プロダクションが生々しいと言うかラフな感じで、
良いとは言えないんだが
そこが昔ながらのオールドスクールなメロデス
ニュースクールっぽさを感じさせており味があると言えるかも知れんな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"Labyrinth of Selene"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる17thアルバム。


何気にここ最近活動が見られなかったKissing The Mirrorが久々にリリースした最新作
以前にも行われたLA KIAとのコラボレーションアルバムとなっており、普段のメロデスでは無く
女性Vo
をフロントに据えキラキラシンセオーケストレーション壮大さを放つ様式美寄りの
フィメールVoシンフォニックメタル
に仕上がっているが、よくあるこの手の同人ゴシックと異なり
下地がエクストリーム系なんでメロデスシンフォニックブラックに通じる要素も見せているのう・・・!

1曲目はフィメールコーラスシンセが聴けシンフォニックさを演出するイントロで、
続く2曲目はコーラス、シンセオーケストレーション勢いのあるバンドサウンドが登場、
ブラストビートも聴ける辺りがエクストリーム畑らしくヘヴィさも見せつつ疾走開始!
基本は女性Voシンフォニックメタルなんだが中盤のインストパートは若干シンフォニックブラックに
近い印象
もあり、ギターソロは構築美を感じさせるプレイだな。3曲目はピアノ、シンセ、鐘の音
怪しげなムードを醸し出しチェンバロオルガン系の音色も登場!様式美的な雰囲気を放っているが
リフワークはメロデス的だろうか!?サビはさらに疾走しヴォーカルもファルセット
若干ソプラノ気味な歌唱を披露しているぞ。4曲目も様式美ライクなシリアスさを放つ
疾走チューン
となっており、リフがやはりメロデス的な要素を見せギターソロも
勢い
がありつつメロディー重視だな。後半はシンフォブラック的なブラストも登場!
5曲目もまたブラックメタル的なブラストが聴け邪悪さを演出、リフワークはこれまた
メロデス系のスタイルでサビはドラマティックさを見せており、その後のオーケストレーション
シンフォニックブラック的なんだがギターソロはスウィープネオクラ風味があるだろうか!?
6曲目はストリングスシンセで幕を開け意外と正統派HM/HR的なリフ、リズムになり軽快な
アップテンポ
で展開するぞ。7曲目は再び疾走感を放つテンションの高い曲で、ギターと共に
キラキラシンセも目立っておりブラストも顔を出しつつ様式美的な面もあるのう・・・。
8曲目は北欧メタルライクな煌びやかなシンセが聴けるメロパワ寄りの疾走チューンで、
ヴォーカルは勢い良く歌っているもののそのせいかピッチが怪しくなっているなぁ・・・!


女性Voモノのシンフォニックメタルと言う事で同人メタル界隈に掃いて捨てるほど居る
ゴシック寄りのスタイル
を見せてはいるが、やはり基本がメロデス・・・エクストリームメタル畑の
プロジェクト
なんでドラムやギターにそういったヘヴィな要素があり、よくあるリフ無し
なんちゃって同人メタル、メタル風アニソン
と異なりリフがしっかりしているのが良いな!
それだけに女性Voの弱さがだんだんと気になり始めているというのも事実じゃのう・・・!
ジャパメタ界隈は昔からシンガー不足が指摘されているが、プロダクションや演奏が
タイトさを増している同人メタル界隈
でも同じ問題点がいよいよ表面化して来ただろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 セレネの呼ぶ声  Desire the end  森羅が見た夢の行方







"Judgement Falls"




日本のメロディックデスメタルプロジェクトによるシングル。


ライヴ等ではお目にかかる機会がありつつも音源のほうでは何気に久々な感のある
Kissing The Mirror
による2曲入りシングルで、どうやらアルバムに先駆けての
先行リリース
らしくイベント等でしか手に入れる機会は無さそうな感じである・・・!
方向性としては近年のKissing The Mirrorを踏襲した、THE BLACK DAHLIA MURDER
髣髴とさせる突進力に満ち溢れたストロングなメロディックデスメタルとなっておる!
ヴォーカルを務めるのは本作リリースと同時にIGNIS-FATUUSを立ち上げアルバムデビューを
飾ったエクストリームメタルシンガー、sawacy氏
だ。

1曲目はブラストと共にメロデス的リフで爆走するアグレッシヴな曲で、
細かいリフ、ソロが聴き所でスウィープがまた美味しいのう・・・!2曲目は過去曲リメイクの
爆走メロディックデス
となっており、ブラストも聴けつつ早速ピッグスクィール
お出迎えし今は亡きSERPENTを思わせるリードギター、ソロがまた熱いぞ!


Kissing The Mirrorとしては久々の音源だが、本作も過去作の流れを汲んだ
アグレッシヴ
かつドラマティックな爆走メロディックデスメタルとなっており
ツボを押さえた仕上がりとなっているぞ!新曲1曲は次のアルバムに収録される
予定
らしいんで、本作を手に入れ損ねたメタラーも安心だろうか・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"Words Left Untold"




日本の北欧メロデスカヴァープロジェクトによる18thアルバム。


デビュー当時は初期チルボドスタイルのキラキラメロデスをプレイしていたが、
次第にTHE BLACK DAHLIA MURDERからモロに影響を受け、シンセを完全に廃し
慟哭リフ
と共に突進力を見せるストロングなメロディックデスメタルにシフトした
実力派アレンジ/カヴァープロジェクト/バンドである!本作は何とラストアルバム
銘打っており、Kissing The Mirrorとしてのキャリアはこれで終止符が打たれる事に
なったようだ・・・!
ずっと東方カヴァーだっただけに、今後はオリジナルの
別バンドに本腰を入れてくれる事を期待したい
のう!

1曲目はKissing The Mirrorとしては珍しい、シンフォニックな出だしから勢いある
ブラスト
と共にメロデス的に疾走!ギターソロもドラマティックに構築されており
2曲目もブラストを交えた疾走メロデスとなり、叙情的なリードギター、ソロも聴け
3曲目は多少の禍々しさを伴ったリフが聴けやはり疾走!4曲目は意外とヘヴィさ
醸し出されるも、やはり疾走メロデスとなり珍しく幽玄なシンセもバックで微かに聴け、
さらにブレイクダウンも顔を出すぞ。5曲目はメロデス的リフと共にやはり勢い良く爆走しまくっており、
6曲目も安定の爆走メロデスチューンで、リフ等比較的ストレートな印象があるな。
7曲目は上記のシングル収録曲で、これまたメロデスらしいメロデスチューン
なっておりもろにSERPENTなギターが熱いぞ!8曲目も上記シングル曲で、IRON MAIDEN的な
ギター
で幕を開け勢い良く爆走するメロデスとなるのう・・・!


ラストアルバムだからと気負うような所は無く、潔いまでにいつも通りの
Kissing The Mirror
となっており、本作もまた金太郎飴的なれど爆走メロデスで
見事に統一
されており最後まで気持ち良く聴き通せるのう・・・!東方と言いつつ
それっぽさが微塵も無いのも従来通りで好印象だが、今の時勢東方と言うだけで
敬遠もされる
だろうし、やはり真に生き残れるのはオリジナルである!
Kissing The Mirrorとしてはこれでラスト
かも知れんが、だからこそあえて
今後に期待したい所である!





オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system