KILLSWITCH ENGAGE






"Killswitch Engage"




アメリカ出身のメタルコアバンドの1stアルバム。


次作以降で一気に知名度を挙げた、ニュースクールハードコア以降の
メタルコアスタイルのルーツ的存在
と言えるバンドの一つによる幻の
デビューアルバムである!
まぁ本作はリマスタリングされた再発盤で、
デモ曲が4曲追加収録されておりお得な1枚となっているな。音楽的には
この時点で既にタル〜いニューメタルとは一線を画す、北欧メロデスと
ハードコアの融合
とでも言うべきメタリックな音作りを完成させているが
やはりまだ本作の時点ではギターソロの類は無く、クリーンVoのメロディーにも
一切のフックが無いな・・・!(爆)


1曲目は淡々としたミドルテンポテンションの高い絶叫シャウトが乗り
クリーンVoも登場、この頃から既に今に通じるニューメタル以降の
メタルコアスタイルを見せているな・・・!
2曲目は出だしから早速疾走し
十分にメタリックなサウンドを見せつけておる!
3曲目はモダンなムードを
醸し出すギターサウンド
が聴け重苦しいビートダウンが炸裂!その後は一気に
疾走を開始
ツーバス連打熱いシンガロング系Voも聴けるぞ!中盤はまたしても
重々しいビートダウンだがアコギの音色が叙情性を演出するパートも顔を出すのう・・・!
4曲目はギターリフが印象的なミドル曲で、いかにもメタルコアらしい重苦しい
ビートダウンが目立っているな。
5曲目はインストとなっておりメロデスでは無く
正統派的なリフ
が聴けるもやはり重厚なミドル〜スロー曲で、珍しく叙情性を感じさせる
リードギター
も顔を出すが全体的には淡々としているな・・・!そのまま続く6曲目は
やはりミドル、スローテンポ重々しくも荒くれたハードコア的なムードを放つぞ。
7曲目もこれまた同じようなミドルテンポと見せかけてその後は疾走!これもやはり
メロデスと言うよりはハードコアがメタル化したような印象があるか!?8曲目は
メロデス寄りのメタルコアらしいリフが顔を出すアップテンポ曲。後半はいかにも
ハードコアメタル
やさぐれ感があるのう・・・!9曲目は退廃的かつ叙情性を放つ
クリーンギター
アコギが顔を出すダークなアウトロ。10曲目以降は本作収録曲のデモテイクだ。


この頃から既にニューメタルスタイルとは異なる、のちに通じるメタルコアサウンドを
披露しており興味深いが、
あくまでもアメリカンメタルなんで本場北欧のメロデスの
ような本格的な慟哭、叙情性
は無くあくまでもハードコア界隈出身のメタルとして
考えたほうがいいだろうな・・・!
リフなんかどちらかと言ったら正統派メタル寄りで
ギターソロの類は無く、
またヴォーカルも大半がシャウトクリーンVoの出番は
少ないが
クリーンVoもメロディーにフックは一切無いんで気にならんか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Vide Infra







"ALIVE OR JUST BREATHING"




アメリカ出身のメタルコアバンドの2ndアルバム。


ほんの少し前まではタル〜いクリーンヴォイスがスローで何の聴き所も無い
フック皆無のメロディー
を歌いさらにギターソロが存在しないニューメタル・・・
いやNU METALなるラウドロックサウンドが主流だったわけだがやがて決して
アメリカ人には理解出来ないだろうと思われていた
叙情性を持つ
北欧メロデス信じられない事に認知され、それらの影響を取り入れた
ハードコアコミュニティー出身のバンドがシーンに次々と参入、それはいつしかメタルの影響が濃い
ハードコアと言う事でメタルコア等と呼ばれるようになり今や慟哭のギターリフ、
泣きのギターソロがアメリカシーンの中核を担う
という、少し前では
夢にすら思えなかった事が現実に起こっている!
そしてそんなシーンを黎明期から形成してきたバンドの一つと言えるのがここに紹介する
彼ら、KILLSWITCH ENGAGEである!

本作は彼らのメジャーデビューアルバムで、本作以前にもインディーズで
アルバムを一枚リリースしており最近メジャーから再発されたようだが、
彼らの持ち味であるNU METAL的なサビのクリーンヴォイスに北欧メロデス的な
慟哭のギターは本作からすでに健在で、この頃からクオリティーは
高かった
といえるだろう。

次のアルバムで加入する黒人シンガー、ハワード・ジョーンズの実力の
高さが評価されているが本作で歌っている前任者もなかなかのもので
デス声、クリーンヴォイス共に聴かせてくれるぞ!


楽曲的にはどの曲もまぁ悪くは無いもののこれといったキラーが無いように
感じられたな。サビでのっぺりしたスローなクリーンヴォイスになるという
構成が個人的にいまいちピンと来ないというのも大きな理由かもしれんが。
個人的にサビ以外が良いという、普通では考えられん感想に
なってしまうのが複雑だ・・・!(笑)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 悪くは無いがこれと言った曲は無い。







"THE END OF HEARTACHE"




アメリカ出身のメタルコアバンドの3rdアルバム。


NU METALに北欧メロデスサウンドを導入しメタルコアなる新ジャンルの
中核を担うKILLSWITCH ENGAGEの3作目のアルバムだ!

今回メンバーチェンジが起こり、新たなシンガーとなったのは黒人ヴォーカリスト、
ハワード・ジョーンズ
でこれがまたかなりの実力者であり、クリーンヴォイス、デス声共に
黒人特有のねばりっこさが現れており彼らにしか成し得ない強烈な個性となっている!
クリーンヴォイスも普通のNU METAL的なのっぺりしたカンジではなくどこか朗々と歌い上げるような、
オペラティックとさえ言い切ってしまえそうな雰囲気が漂っているように感じられたな。
NU METAL的な歌い方は個人的に好きではないのだが彼のクリーンヴォイスは好きだ。
デス声も強烈なブルータリティにどこか絡みつくような粘着力があり
これまた独自性を打ち出している。

音楽的には前作と大きく変わる事は無く相変わらずの北欧メロデス的な
慟哭のギター、ツーバス連打の疾走パート、そしてサビでスローになる
お決まりの展開でやはり前作同様これといった曲が無い。
だがヴォーカルのおかげかクオリティーは上がっていると思えた。


個人的にはサビも全部デス声で爆走しまくるよりメロデス色が濃い
最近の後続部隊のほうが好みだがこのクリーンヴォイスは捨てがたい・・・!
まぁ彼らはこれでオリジナリティーを確立していると言えるのだがな・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 悪くは無いがこれと言った曲は無い。







"As Daylight Dies"




マサチューセッツ出身のメタルコアバンドの4thアルバム。


ハードコア、スクリーモメロデス要素をブチ込んだメタルコアなる
ジャンルを最初に生み出したバンドの一つとされている大御所的存在
他のバンドと大きく違う点はクリーンVoの上手さだろう!
あのDIOのホーリーダイヴァーをカヴァーするほどの歌唱力を持つ
黒人シンガー、ハワード・ジョーンズの実力は一級品
クリーンVoは独特の粘り気のある声質で朗々と歌い上げ、咆哮の
迫力もかなりのものである!

本作はそんな彼らの通算4作目のアルバムで、音楽的には
従来と変わらぬ時折疾走するもミドルテンポ主体でクリーンVoが
歌い上げるサビはスローになりリズム落ちモッシュパート
頻繁に飛び出すニューメタル寄りのメタルコアアレンジが施されているな。
ドラマティックな盛り上がりを見せサビの朗々としたクリーンVoが
魅力的なスローテンポの1曲目に始まりちょいとARCH ENEMYっぽい
イントロ
を持つ2曲目とミドル、スローテンポが続くが4曲目で
ようやく疾走するぞ!それでもヴォーカルが入るとテンポダウンし
サビでやはりスローになるのはメタルコアのお約束か!?
6曲目もアップテンポだが途中リズム落ちモッシュパートも登場する。
7曲目はトレモロリフも聴けるメロデス色濃い疾走チューンだ!
11曲目はブラストも飛び出すぞ!基本的にミドルテンポ曲が多い
KILLSWITCH ENGAGEとしては実に珍しい・・・というか初の試みか!?
まぁサビは勿論スローになるのだが・・・。


ヴォーカルは物凄く魅力的で技術もエモーションも文句無しなのだが
メタルコア系の宿命かメロディーに魅力が無くサビで決まって
テンポダウンするというアレンジが微妙に感じたのう・・・!
もちろん他のメタルコア勢もこういったアレンジが普通なのだが
彼らの場合は他のパートもニューメタルの流れを汲むミドルテンポ
主体なのでそこでダレを覚えてしまうなぁ・・・!他のバンドは
もっとメロデス要素が濃くアグレッシヴに疾走しているだけに
先駆者の彼らがまだニューメタルのタルさから抜け出せていない
言うのはどうかと思うぞ!?他のバンドはとっくにやってるギターソロ、
慟哭系ツインリードが一切無い
と言うのも大きなマイナス点である!
フォロワーである後続バンドのほうが(ヴォーカル以外の)クオリティーが
高い
と言うのが、まるでイングヴェイみたいで残念でならない・・・!(爆)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 73% お気に入り曲 Unbroken、
Still Beats Your Name、Reject Yourself







"Killswitch Engage"




マサチューセッツ出身のメタルコアバンドの5thアルバム。


メタルコアの開祖として知られる大物バンドの
バンド名を冠したセルフタイトルのアルバムである!
実はデビュー作もそうだったため同じ名を持つアルバムが
2枚ある
事になるな(笑)。音楽的にはメロデスに通じる叙情的な
慟哭リフ、リードギター
はそのままに従来はヴォーカルの声質、
実力こそ一級品だったものの肝心のメロディー自体が恐ろしく
つまらなかった
従来の楽曲に対し今回はそれが大幅に改善され
出来のいいエモ、スクリーモバンド並にキャッチーな
メロディーが聴けここに来てさらに進化しているのが伺えるぞ!

1曲目から従来とは違う雰囲気が感じられる曲となっており
スクリーモとメロパワの中間みたいなクリーンVoのパートが
登場!流麗なギターソロ、叙情的なリードギターも聴けるぞ!
2曲目はメタルコア要素を残しつつもより正統派メタル
接近した感がありこれまでのアルバムでは非常につまらなかった
サビのクリーンなメロディーがかなり良くなっている!
3曲目はブルージーでグルーヴィーなロックンロール的雰囲気が
感じられこれまた新機軸と言えそうだ。だが中盤からスラッシーな
疾走パート
になる。4曲目も勢いが凄まじい疾走チューンで
リフもメロデスの慟哭を聴かせまくるインパクトのあるものだ!
テンポダウンしスローになりクリーンVoが聴けるパートも
昔と違ってメロディーが良くバックのギターも印象的だ。
2度目の疾走ではブラストビートも登場する!5曲目はクリーンVoが
実力を発揮し浪々と歌い上げる叙情的なへヴィバラード。
コーラスがまた良いのう・・・!6曲目はこれまた慟哭の
叙情リードギター
が聴け疾走、ヴォーカルがクリーンになると
テンポが落ちるがそのバックのギターがまた叙情的でたまらんのう・・・!
7曲目もイントロのギターが印象的だがAメロはバラード風となり
メロウさ、メランコリックさが前面に押し出されたアレンジとなっている。
8曲目はアグレッシヴなドラムに始まりスローテンポでへヴィさ、
グルーヴィーさ
を強調したスタイルだがクリーンVoはやはり
メロウである。その後は疾走開始!胸を焦がすメロデスの
慟哭リフ
が強烈だ!9曲目はアメリカンロック的なノリを
感じさせるがヴォーカルがメタルコア系のシャウトのため
ただ明るいだけの曲になっていない所がポイントだ。
後半は叙情的なエモになるぞ。10曲目はさらにメロウな
雰囲気を放つスロー曲。11曲目はアップテンポで邪悪な
モダンリフ
が聴けるもクリーンVoパートでは脱デスメタルするぞ。
後半の暴れるドラム、叙情性満点のクリーンVoが聴き所だな。


バンドとして新機軸を取り入れつつも従来のツボはキチンと押さえ
弱点だったクリーンVoのメロディーを大幅に強化、これまでの
彼らのアルバムの中で最高傑作と呼んで差し支えなさそうである!
こいつは驚いたわい!さらにそんなクリーンVoのバックでこれまたギターが
北欧メロデス顔負けの慟哭叙情ギターを聴かせて
くれるのだから1粒で2度楽しめるお得感もあるわい!(笑)メロディー、
曲が良いからこそこの実力派ヴォーカルも際立つというわけである!
ラスト数曲で惜しくもちょいとダレるがメタルコア、メロデスが
好きなら避けては通れない1枚と言えるだろう!
もう一度LOUD PARKに来てくれッ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Never Again、Starting Over、
Reckoning、A Light In A Darkened World







"Disarm the Descent"




マサチューセッツ出身のメタルコアバンドの6thアルバム。


元祖メタルコアバンドの一つと数えられている大物による最新アルバムで、
これまでフロントに立ってきた看板シンガー、ハワード脱退してしまい
今後が危ぶまれるも、何とと言うか予想通りと言うか、初代シンガーだった
ジェシー・リーチが出戻りし
再びフロントマンの座に収まった!メタルコア界隈屈指の非凡な
歌唱力
を持ったハワードの後任ではあるが何気にジェシーも相当な実力者で、TIMES OF GRACEでは
メタルコアを超越したハードロック的歌唱
まで披露しておりそのスキルを遺憾無く
発揮していた・・・!
バンド側も過去作ではいかにもグランジ、オルタナ以降の
アメリカンバンド
らしいメロディーのつまらなさが目立っていたが、前作で急に
メロディーにフックが出始め
さらにギターソロも解禁!ある意味今が旬のバンドと
言えるかも知れんが
本作の出来栄えは果たして如何ほどであろうか!?

1曲目はイントロから早速シャウトと共にストロングに疾走!ジェシーの噛み付くような
シャウト
もカッコ良く、クリーンVoもこっちはこっちでまた良い声しておるわい!
後半ではクリーンギターによるエモーショナルなパートも顔を出すぞ。2曲目も
疾走感を見せるがヴォーカルと共にテンポダウンしヴォーカルはシャウトのみならず
マイルドさのあるクリーンに加えガテラル系の低音も披露するのう・・・!
3曲目はストロングさを感じさせるリフが聴けるがリズムは重々しいミドルテンポで力強く展開、
叙情的かつ勇壮なHM/HRらしいツインリードも顔を出すぞ!4曲目はいかにも
メタルコアらしい無骨かつ細かいリフワイルドなノリの良さを放ち、クリーンVoの
サビはなかなかにキャッチーだな。ギターソロも顔を出しタッピングを見せるぞ!5曲目もまた
ノリの良さを放つアップテンポで、これまたギターソロが聴けシュレッドに加え
メロディアスなハモリも披露しておる!6曲目はモダンさを感じさせるヘヴィリフで
重厚に迫るミドル〜スロー曲
だがアップテンポになるパートも目立ちクリーンVoは
キャッチーさがあるな。速弾きギターソロも登場するのう・・・!7曲目は頭から
モダンかつパワフルな疾走感
を見せるファストチューンで、ハードコア的なノリも強く
ゴリゴリした音作り
になっているもののクリーンVoはこれまたキャッチーだな。
8曲目はアップテンポながらも淡々としたリフが聴けマイルドな印象も強く、
中盤は穏やかさを見せるパートになるぞ。9曲目はパワフルさのあるアップテンポで
モダン
な要素もあり疾走もするぞ!さらにサビ付近では僅かだがブラストビートも登場!
10曲目はスローテンポながらもキャッチーなクリーンVoも顔を出し途中から
ブラストで疾走するパートも聴けるのう・・・!11曲目は淡々としたスローテンポで
クリーンVoが歌い上げる退廃的な曲。
12曲目は勢いある疾走感を見せるストロングな
ファストチューン
だがミドルテンポのパートも顔を出しサビは定番のクリーンVoに
スローテンポ
でマイルドなムードを醸し出すぞ。


前作の流れを汲んだギターソロ解禁&キャッチーさを持たせたクリーンVoが聴ける
ストレートなメタルコアに仕上がっているが、前作と比べるとやはりインパクトが
薄れた
と言うか、キャッチーさが減退した印象があるかも知れんなぁ・・・!
北欧メロデスライクな慟哭も減り、良くも悪くもハードコア出身のメタルらしい
マッチョイズム、体育会系ムードが強くなっているだろうか!?ジェシーの
ヴォーカルは悪くは無いがやはり前任者とは異なるタイプで、それもまた
ある意味ギャップを生んでいるかも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 The Hell In Me  Beyond The Flames  New Awakening
All That We Have  The Call







もどる


inserted by FC2 system