Kra







"dhar・ma"




日本のヴィジュアル系ミクスチャーバンドの1stアルバム。


メンバーのライトなルックスから最初軽めの音楽性をイメージしていたが
その音楽性は以外や以外、へヴィなリフラップや電子音、
スクラッチ音
などがバンバン使われたミクスチャー・ラウドロック
スタイル
である!サビなどはヴィジュアルバンドらしいメロウさ
あるもののそれ以外はなかなかに攻撃的な演奏を聴かせてくれるぞ!
だがただのミクスチャーバンドではなく所々でQUEENを思わせる
コーラス、ハーモニー
も登場、ヴィジュアル系としては非常に珍しい
アレンジ
も顔を覗かせるぞ!ただヴォーカルは鼻にかかった癖があり
かなり弱くデス声も無い。

1曲目は電子音に始まりへヴィリフが登場するミクスチャーロックである!
サビはメロディアスだがそれ以外はラップ風ではないものの
たたみかけるような英語詩でなかなかに気合入っているな!
後半一瞬クワイア、聖歌風のアカペラが入りその後ラップになるのも
面白いアレンジだな。2曲目はメロディアスなヴォーカルで始まるが
やはりラップの使われたミクスチャーである。だがサビはメロウで
これまたQUEENを思わせるヴォーカルハーモニーも登場しセンスを
見せ付けるかのようだ・・・!ベースの激しいスラップも登場し
ミクスチャーバンドらしいスキルもしかと確認できるな。
3曲目もイントロからファンク調のアレンジが聴けスラップも
飛び出しヴォーカルはラップ風に畳み掛ける!だがサビは
疾走しメロディアスなフレーズ、得意のコーラスも聴けるぞ。
4曲目もミクスチャー的スラップ、軽いカッテイングが聴けるが
メロディーはメリーを思わせる哀愁が漂ったものだ。ライトな疾走感に
哀愁クサメロはどこかWRECKingCReWに通じるものがあるな。
5曲目はメロハー調のキャッチーなヴォーカルで始まり
やはり哀愁漂ったメロディーが印象的ながらミクスチャー系
へヴィさ
も一瞬登場する。ベースはやはりソロでスラップを披露する!
6曲目はかなりポップス寄りな軟弱さがある曲でヴォーカルの稚拙さ
かなり浮き彫りになってくるな・・・!7曲目はハモンドが使われた
ファンクチューンだ。この手のヴォーカルはこういう曲には正直
合っていない
なぁ・・・!8曲目は久々にへヴィリフが登場し
インダストリアル的空気を纏い電子音もバンバン聴けるが
ヴォーカルはクリーンである。ブリッジではハモンドも登場し
サビはクサさも感じさせるV系哀メロである!9曲目は
どこかオシャレなラウンジ風ピアノジャジーなベース、
ドラム
が聴ける都会的な曲。10曲目は穏やかさが前面に
押し出されたメロウなバラード曲だ。


ルックスの軽さから音楽的にも軽いかと思っていたが意外とマトモな音楽性
驚きである!やはりロックはルックスではないのだな・・・!へヴィな部分はキッチリへヴィだが
メロディアスな部分はV系らしい耽美キャッチー哀愁メロが聴けるのが
強みだろう!まぁまだ捨て曲もありヴォーカルはかなり弱くこの手の
ジャンルらしくなくデス声が無いのが残念だがミクスチャー然とした
スラップ等ベースのスキルも聴き所である!やはりこの手の音楽性
やるならばベースが上手くないとな!フリーだ!!
チョッパーばっかもうええてー!!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 LOST NUMBER、artman、
イマチュア、I believe、ヱン







もどる


inserted by FC2 system