こくまろみるく







"こくまろみるく"




男女ツインVoユニットの6曲入りミニアルバム。


ゴシカルでダーク、プログレやヴィジュアル系の影響を感じさせつつも
どこか和の雰囲気を持つ日本人特有の病んだ世界観を演出するユニットの
1stミニアルバムである!音楽的には様々なタイプを持っておりダークなシンフォプログレ系
へヴィロック、タンゴ風、打ち込みテクノ風ポップス
などといった
楽曲が収められているがどの曲も狂気に満ちたダークさが支配しており
リストカット世代やコテヴィジュ好きかなりウケが良さそう
音作りをしているといえるだろう!アングラパンク的な要素も持っており関西のソレ系
好きな人にも受け入れられそうである。

1曲目はインストでピアノによる妖しいイントロに導かれ変拍子交じりの
へヴィロックサウンド
が入りその後ストリングスが主旋律を奏でる
クラシカルというよりやはりどこか妖しい雰囲気がある。そして再びピアノに。そのピアノが
続くまま2曲目に突入!メタルサウンドになりハモンドをバックに疾走!男ヴォーカルが
がなり声で歌い女ヴォーカルもアグレッシヴに導入され男女ツインVoになる!
その後女性Voによる語りが入りパンキッシュなコーラスに突入!パンクとプログレを
合わせてゴス風味を塗した国産アングラロックの系譜を踏襲しているといえる。後半ピアノが
クラシカルな調べを奏でストリングスが入り女性Voが狂気に満ちた語り
聴かせてくれるぞ!まさしくアングラ臭プンプンあふりらんぽぐしゃ人間、
夢中夢
などと同じ流れを汲むスタイルだと思う。クラシカル、ゴスな雰囲気は黒百合姉妹や
黒色すみれ等の要素がある
といえそうだ・・・!

3曲目はまるで昔のファミコンみたいなピコピコ音が導入されたハードロックだが
ヴォーカルが入るとテクノポップスみたいな雰囲気になる。
ギターソロはツインリードによる明るいクサフレーズを弾くぞ!
かつてmp3音源で話題になったMachinae Supremacyを思わせるな・・・。

4曲目はジャジーなイントロの後にオルゴールっぽい音色をバックに
タンゴ風に展開していく曲でまぁクサさはあるがクサメタラーが
喜ぶタイプの雰囲気ではないな。途中AV女優の如きあえぎ声
挿入されるのも面白い(爆)。だが個人的には日本人の掠れたあえぎ声よりも
洋ピン系の獣の如きあえぎ声の方が好みだ!(爆)

5曲目はピアノの音色にベースとドラムがジャズっぽい雰囲気で入り
その上をヴァイオリンがクラシカルに舞いつつもダークな雰囲気に満ちた
暗黒プログレ系の曲。アコーディオンも入り女性ヴォーカルの後ギターが登場、
メタリック・・・というよりはDir en greyとか蜉蝣みたいな曲調になる!
しかしヴァイオリンやヴォーカルメロディーが多少和の雰囲気が混じった
フックあるメロディー
を奏でるぞ!雰囲気的には蜉蝣の1stに近いな。
男の語りも入るがどこかSound HorizonのJimangに似た感じである。
まぁあそこまでクセは強くは無いが・・・!全体的に漂う狂気を湛えた
ダークなレトロ的雰囲気
はヴィジュアル系好きにもかなりウケが良さそうだな。
個人的にはデス声や蜉蝣みたいなシャウトが入ってたらもっと良かったと思うがどうだろうか!?
ラストの6曲目はヴァイオリンがクラシカルで物悲しいフレーズを弾くインスト曲だ。


もしライヴしたなら天井から死体(のレプリカ)吊るしたりステージ上で動物解体とか
やりそうな病んだダークなアングラ的雰囲気が最高である(爆)。初期Dir en greyや
蜉蝣の1st、ぐしゃ人間や夢中夢
とかが好きなら聴いてみてもいいだろう!
曲の質も高くゴシックメタラー暗黒プログレマニア、
そして普段はタワレコのインディーズコーナーを物色する
アングラ好きにもオススメだ!それと関係ないが
うちのサイトリンクしてくださりありがとうございます(爆)。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 本の蟲、眼







"少女娼婦"




男女ツインVo和風ダークゴシックメタルユニットの2ndアルバム。


日本のゲーム曲アニメタル的メドレーでメタルカヴァーする
“ゲーメタル”で有名な快楽音楽堂の中心人物による別プロジェクトで
こっちはカヴァーではなくオリジナル曲をプレイしている。音楽的には
メタルの要素もあるがそれ以上にダークでゴシカルかつ和の雰囲気が濃く
徹底的に病みまくったジャパニーズゴシックホラーの要素てんこ盛りと
なっているな。アルバム前半はヴァイオリンが目立つクラシカルさ
前面に押し出されておりクサメタラーに受けが良さそうな曲調だが
後半は殆ど語りの前衛的な曲ジャジーなアレンジの曲もある。

1曲目はジャパニーズホラー的出だしで始まりヴァイオリンと共に疾走!
ヴォーカルが入るとカオティックとも言えそうなリズムで展開し
ピアノをバックに語りも登場、女性ヴォーカルは気になるレベルでは
ないがちょっと弱い気もするな・・・!そして日本の童謡“かごめかごめ”
フレーズも登場!Aliesonも新譜でカヴァーしてたしこの界隈で流行っているのか!?
そして男Voも登場するぞ!そしてベースがスラップしまくりギターと共に
琴の音色も聴け凝ったアレンジで展開していく!そして祭り的なシンガロング
登場する。長い曲で8分近くあるのも実にコアで良いな。2曲目は試聴音源で
フルで聴く事が出来た曲でオペラSEに始まりヴァイオリン、キラキラ系
シンセ
が聴けるかなりクラシカルでクサい曲だ!六弦アリスの楽曲を
意識してつくられた曲
との事でブリッジでメロスピ的に疾走を開始!
サビはデス声と共にキャッチーなメロハードコアな残虐歌詞(?)
歌い上げる!ただのクサメタルではなくバックがかなりカオティック
対位法アレンジも使われまくりの聴き所満載のキラーチューンだ!
そして変拍子と共にチェンバロが登場しギターもクラシカルなメロ
奏でそしてSYMPHONY Xっぽいリフでフェードアウトしオルゴールと共に
ヴォーカルが聴け台詞で終了する。3曲目はピアノで始まりヴァイオリン、
クリーンギターが聴けるバラード系の曲。女性ヴォーカルが途中
シャウト気味に歌い海外だとスクリーモ扱いされそうだな(笑)。
メロディーはやはり良い。4曲目はサイレンの音で始まり叩きつける
ベース、不穏なバンドサウンド、行進のSE、女性Voによるサンホラ系語り、
ノイズサウンド
が聴ける非常に前衛的な曲だ。日本特有のアングラ
根暗パンク
的雰囲気が前面に出ているな(爆)。そして最後の最後で
加工されたヴォーカルがようやく登場しジャジーなピアノも聴ける。
こんな曲調だがこれまた長い曲で10分近くあるぞ!5曲目は
ホーン系の音色が聞けるジャジーなアレンジが施された曲。
女性ヴォーカルはやや加工された媚び系の声質で歌っており
賛否は分かれそうだがやはり根底は病んでいるのだろう(笑)。
間奏はピアノにホーン、ベースがプログレッシヴなプレイ
聴かせてくれるぞ!6曲目はさらにカオティックなピアノが聴け
クワイア系シンセも登場、笛の音も現れダークでメランコリックな
雰囲気
を演出しそしてヴァイオリンがクラシカルなフレーズを奏で
その後はアコギとヴォーカルになる。バンドサウンドも現れなかなかに
メロディアスでドラマティックなアレンジである!そして疾走を
開始
しアルバム前半のような、クサメタラーに受けそうな曲調となるぞ!
疾走するヴァイオリンソロも熱い!久しぶりに男Voも登場する。


和風ダークゴシックの前作よりもクラシカルなメロスピ、
クサメタル要素
が増しそういった音を好むクサメタラーに
受けがよくなったように感じるがそういうリスナーにとっては
4、5曲目はダメだろうな(笑)。やはり和の要素を持った
ダークな音、露骨なアングラ臭
を好むリスナーにこそ最も
喜ばれる音楽性だと言えよう!部屋を暗くして隅っこで
体育座りでリストカットしながら聴こうぜ!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 少女娼婦、灰被り姫、藻屑







"月蝕"




男女ツインVo和風ダークゴシックメタルユニットのシングル。


ゲームソングをメタルアレンジする、アニメタルの流れを汲んだ
“ゲーメタル”シリーズで根強いコアなファンを多く抱える実力派の
ベテラン、快楽音楽堂
が手がける狂気に満ちたダークな和の要素を持った
オリジナルチューンを演る別プロジェクトによる、9分ある
大作が1曲のみ収録
された実に潔いシングルである!

緊迫感を感じさせる不協和音系シンセストリングス、ピアノがさっそく
狂気を演出しノイジーな音も登場、ピアノがどこかあさき辺りを思わせる
和のフレイバーを放ちそしてその後カオティックに疾走開始!実にエロい、
日本のAVみたい
な女性Voのあえぎ声も登場し線の細いストリングスシンセが
主旋律を奏でピアノも舞いバンドサウンドは初期のDirみたいだ(爆)。
加工された絶叫、木琴も印象的である。ギターとストリングスがユニゾンする
メロディー
は非常に盛り上がりドラマティックだがバックはやはり狂っておるのう・・・!
そして静寂寄りのパートになり日本のとか雅楽とかを思わせる展開に突入!
男Voの歌い方もそんな感じで雅の世界観を演出するもやはりノイジーさが混じり
邪悪さプンプン
である!そして唐突にバンドサウンドが登場しプログレというよりは
やはりTHE DILLINGER ESCAPE PLANとかのようなカオティックコア要素があり
そしてピアノも聴けるぞ。その後は再び怪しい静寂パート狂った童謡風味
醸し出しSEも使われそしてラストにまたもやドラマティックに疾走を見せる!
ヴァイオリンは美しいフレーズをなぞりピアノは不協和音で狂いドラムも
ツーバス連打で爆走!ラストは歌謡サスペンス劇場が如きキメフレーズだ!(爆)


あさき等に近いダークな和の雰囲気を持っているがあっちよりもさらに
狂っており
THE DILLINGER ESCAPE PLANとかのようなカオティックコア、
マスメタル
要素も感じさせ展開もよく練られ、それでいて疾走感を
忘れる事は無くメロディーも良い!
ヴォーカルは殆ど台詞的な添え物感覚
それもまた曲調にマッチしているのう・・・!今度はXの“ART OF LIFE”みたいな
1曲30分くらいある超大作も期待してしまうのは俺だけか!?(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 月蝕







"海神-WADATUMI-"




男女ツインVo和風ダークゴシックメタルユニットの2ndシングル。


普段は快楽音楽堂ゲーム曲やら何やらのカヴァー、アレンジを披露し確かなセンスと
面白さ
で我々を楽しませてくれているがその一方で本名義、こくまろみるくとしてオリジナル曲をプレイし
気の触れた和の世界観狂気を思う様体現しこっちでも我々を存分に楽しませてくれている!
本作はそんなこくまろみるくのシングルとしては2作目に当る一枚で、全3曲と短いながら
今回も狂ったダークでエロティックな(?)世界観を堪能できよう・・・!

1曲目はオーケストレーションがダークでカオティックなムードを醸し出しそしてバンドサウンドも
かなりの変態カオティックプログレ的空気を放ちストリングスシンセも登場、和の
要素
もあるのであさきIWRESTLEDABEARONCEを混ぜ合わせたような雰囲気がありコーラスに
気が触れたような早口スキャットを聴かせる女性ヴォーカルも強烈だ!その後はクリーンギター、
ストリングスシンセが聴けるスローパートになりベースも唸り女性Voも淡々と歌いそしてまた
変態カオティックメタルサウンドに突入!ドラムも暴れ倒すソロを聴かせ今度はトランス系の
シンセにデジタルリズム、
さらに絶叫シャウトも顔を出しSE、お経も続き怪しいピアノ
出てくるのう・・・!その後はさらに変態要素を増したカオティックプログレパートになるが
続いてメロディアスなヴォーカル、ストリングス、ピアノが聴け男Voも僅かに
顔を見せピアノで幕を下ろすぞ。2曲目は電子音がもろトランスなムードを醸し出しダンサブルな
デジタルリズム
媚びた女性Voが出てきて方向性の変化に眩暈を覚えるもすぐにデスVo、へヴィな
バンドサウンド
が登場しモダンさを醸し出しそしてガテラルと共にビートダウンになる!
トランスとモダンへヴィネス、デスコアの融合
を変態さでもって展開、やはりIWRESTLEDABEARONCEに
通じるムード
を感じさせるのう・・・!呟くような男Voも聴けこれまた怪しさ満点である!
ラストはチープなファミコン系の音で締めだ!3曲目はサンプリングと思しきホーンの音、
ルーズなギター、加工された女性Vo、音の割れたピアノ
が遠くで鳴る全体的にSEのような
音作り
が施された怪しいトラックでラストはなぜか拍手のSEで終わるぞ。


たった3曲だがそれぞれが違う方向性を向きカオティックで変態的な狂気を発散させており
十分な聴き応えが得られる良質のシングルと言えるだろう!ただ以前は狂った和の暗黒要素の中に
歌謡曲ライクなクサメロが息づいていたが本作はどちらかと言えば変態カオティックコア系の
変拍子不協和音アレンジ
が多くその点で好みが分かれるかも知れんな・・・!俺はこういう
カオティックプログレも大好きだがクサメロを求めると物足りないかもな!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 海神







もどる


inserted by FC2 system