筋肉少女帯






"エリーゼのために"




日本の芸能人、大槻ケンヂ率いるバンドのアルバム。


大槻ケンヂのバンドと言う事で普段音楽に触れない人も名前くらいは知っているであろう。
俺は格闘技番組“SRS”でよく彼の姿を見る(笑)。このバンドに興味を持ったいきさつは
のちのセックスマシンガンズに通じるお笑い歌詞を持つメタルで
ギターが上手く、なおかつセンスがあり曲調は様式美の香りを携え
なおかつクイーンの影響を感じさせる展開、フレージング、
ギターオーケストレーションがあり、語りを乗せて
疾走する様はのちのサウンドホライズンに通ずる
ものがある
と聞いたのが理由だ!

そのため期待してこのアルバムを聴いたのだがそれは瞬時に打ち砕かれる結果となった!
確かにクイーンの影響は感じられる・・・。ギターは素晴らしい・・・しかし、しかしである!
曲がクソつまらんのじゃああ!!(笑)
音楽的にはメタルではなくハードロックかどうかも怪しい無意味にはっちゃけた
ドリフに通じるお笑いポップス。
最悪だ・・・!いや別に歌詞がお笑いなのは別にかまわん。
だがマシンガンズが曲自体は滅茶苦茶カッコよかったのに対しこっちは肝心の曲が
つまらん
と来てる・・・!大槻ケンヂのヴォーカルは思った以上に下手糞
さらにイラつかせる・・・!

ただ、クワイア入りのドラマティックなスラッシュメタルチューン7は
本アルバム中唯一のまともな曲。歌詞はお笑いだが・・・!それとラストの
11曲目はクイーンのボヘミアンラプソディーの影響がモロに出た
ドラマティックな曲。しかし下手なヴォーカルとくだらん歌詞のせいで今ひとつグッと来ないがな・・・!

しかし、ギターだけは素晴らしい。このバンドにはマジで勿体無い!
普通のメタルバンドでプレイしてもらいたいぞ!


こんな音でも意外と彼らのファンは多いらしい。いやもしかしたら本作が一番の駄作でほかはもっと
マトモなのかもしれんな・・・。噂では“イワンのばか”っていう曲がイングヴェイのエクリプスを
髣髴とさせる超ドラマティックネオクラチューン
らしいな!買う気は
全く無い
のでツタヤで試聴してみた。たしかにイントロやソロなど
超劇的ネオクラ様式美
で良かった。ツーバスドコドコで疾走してるし。
でもやっぱこの歌詞、特にヴォーカルはダメだぁ〜(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 9% お気に入り曲 スラッシュ禅問答







"筋少の大車輪"




日本の芸能人、大槻ケンヂ率いるバンドのベストアルバム。


QUEEN的なアレンジ、ギターオーケストレーションに様式美の要素を兼ね備え
のちにSound Horizonがそのスタイルを取り入れる文学のエッセンスさえも
感じさせる独特の語り
を持つバンドとしてイロモノ的ながら評価が高いのだが
俺は彼らのアルバム“エリーゼのために”まったく理解できずつまらんバンドと
一刀両断した・・・!だが最近YOU TUBEで彼らの代表曲といえる様式美メロスピ
“イワンのばか”
のライヴ映像を見る機会に恵まれ何度も見返しているうちに
そのあまりのネオクラぶりに卒倒し例え他が全部ダメでもこの曲だけは
是非とも聴きたい
と思いアルバムを入手してきたのだ!!

そんな本作は彼らの初のベストアルバムらしく、どうやら初期(?)の楽曲が
集められたようで曲調も“エリーゼのために”とは違い至極マトモな
ハードロックチューン
が多数収められておりこう言うのも何だが本作で彼らを
見直した
ぞ・・・!(爆)大槻ケンヂのヴォーカルもこういう勢いのあるHR/HM曲だと
味があって良いと感じられるな・・・!(笑)天才ギタリスト橘高文彦、
超絶ピアニスト三柴理
のプレイは勿論それ以外の楽器陣も素晴らしい
演奏
を聴かせてくれる。

“イワンのばか”以外にも典型的ハードロックながら中盤の語りが入るタンゴ調パート
まさしくのちのSound Horizon的な2曲目“これでいいのだ”、ヴォーカルパートは
大した事無いが間奏のピアノ、シンセ、オルガンがクラシカルで
凄まじい
3曲目“キノコパワー”、シンセがシンフォニックさを出しながら
劇的に疾走する11曲目“サンフランシスコ”が気に入った。
イングヴェイの“エクリプス”で聴けるスウィープをもとにオリジナル以上の
アレンジ
で超劇的に聴かせメロスピ的に疾走、歌メロも良くソロも凄まじい
“イワンのばか”についてはもう言う事は無いだろう・・・!
Xの“Silent Jealousy”、AIONの“愛音 〜AION〜”そして
筋少の“イワンのばか”は日本語メロスピの
3大名曲
だと堂々と言い切れる!!それほどの
キラーチューンなのだ!!


楽曲の節々で聴ける独特の文学テイストを感じさせる語りはSound Horizonと
ファン層が被るのも無理は無い
と思わせるほど徹底している・・・!
まぁあっちがヨーロッパ系ファンタジーなのに対しこっちは日本アングラ文学だが。
しかし8曲目“いくじなし”なんか9割が長ったらしい語りでこれはさすがに
やりすぎだろう(爆)。彼らの事を見直したなどと書いたがやはり捨て曲も多く個人的には
まだ愛せないバンドだな・・・!7曲目“サボテンとバントライン”
14曲目“元祖 高木ブー伝説”生のオーケストラが使われているが
正直勿体無い気がする・・・!特に14曲目は(笑)。


“エリーゼのために”は本作でいう9、10曲目みたいな曲ばっかだったので
駄盤に感じられたのだろう。ハードロック色濃い楽曲・・・特に上記した
キラーチューンみたいな曲ばっかだったら個人的に気に入ったのになぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 これでいいのだ、キノコパワー、
サンフランシスコ、イワンのばか







"ステーシーの美術"




日本の有名タレント、大槻ケンヂ率いるバンドのアルバム。


基本的にコミックバンド寄りでメタラー視点で見て音楽的には面白くは無い
1曲“イワンのばか”のみ様式美メロスピの超キラーチューンだという
何ともつかみ所の無いバンドである・・・!

本作には“イワンのばか”に並ぶ彼らを代表するネオクラメロスピ“再殺部隊”
収録されておりこの曲目当てで本作をゲットしてきた(爆)。
イントロはアコースティックサウンドだがそのパートが終わるや否や
一気に雰囲気が変わりギターがこれ以上ないほどに劇的なネオクラシカル
フレーズ
を紡ぎだし疾走!バックのシンセも盛り上がる!途中の語りは微妙だが
ソプラノVoがまるでSound Horizonの如き雰囲気を醸し出しているのは良い。
ヴォーカルメロディーもいい出来で漢達の掛け声も熱い!これは“イワンのばか”に
並ぶ名曲
だと言えるだろう!!

これ以外は語りがやはりクドいもののアコースティックギター、そしてバックの
生ストリングス、クイーン的なコーラスが良いバラード“リテイク”、
ハモンドが唸るレインボーのKILL THE KINGみたいな疾走ハードロックで
これまたクラシカルなギターソロが超劇的、そして“再殺部隊”同様ラストの語りの
バックで聴けるソプラノがもろSound Horizonな“鉄道少年の憩”、弦楽隊と
漢クワイア
がドラマティックさを演出するラストの“FIST OF FURY〜再生〜”が
キラーチューンだ!それ以外は捨て曲だが・・・!(爆)

しかし2曲目なんか特にそうだが語りが曲の大半を占めているのは
マジでどうかしてると思うぞ・・・!この手の手法はヴィジュアル系連中
ラプソ系シンフォメタル、そしてのちのSound Horizonが18番としているが
筋少の語りはどうもこれらと違って非常にクドいんだよなぁ・・・!
正直うっとおしく感じるわい・・・!


お笑いに走らずシリアスな曲調で統一してもらいたいものだが無理な相談か・・・!?
俺はお笑い、コメディ大好きだ!だが音楽だけはシリアスに聴きたいのである!!
歌詞がお笑いでも曲がカッコいいSEX MACHINEGUNS、ギャグ、ユーモアも
高度なセンスで曲のよさに昇華出来るマキシマムザホルモンみたいな
カンジならいいのだがねぇ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 69% お気に入り曲 再殺部隊、リテイク、
鉄道少年の憩、FIST OF FURY〜再生〜







"新人"




日本の有名タレント、大槻ケンヂ率いるバンドの再結成アルバム。


今巷では再結成が俄かにブームになっており数多くの名バンドたちが
再び志を一つにし終結しているが、ここに紹介する彼ら筋肉少女帯
そんな再結成ブームの波に乗ったのかどうかは知らんがかつての因縁を
乗り越え再結成
するに至ったのだ!!

大槻ケンヂによる相変わらずのシニカルなお笑い歌詞に乗せてハードロック、
様式美メタル
が炸裂するお馴染み筋少サウンドに名ピアニスト三柴理
あまりにも流麗なピアノが乗り、超絶ギタリスト橘高文彦の悶絶モノの
ギターワークがこれでもかと炸裂しまくる!2曲目“仲直りのテーマ”なんて
基本的にはLAメタル寄りのハードロックサウンドなのだがそこにこのギター、
ピアノはあまりにも勿体無さ過ぎないか!?(爆)ドラムもハンパないぞ!
他の曲もハードロックを貴重としつつもオーケストラが使われたポップな
ライトチューン、プログレスタイルを持った曲、クラシカルなピアノ曲
様々なスタイルがありのちのSound Horizon以降に影響を与えた独特の語りも含めて
往年の筋少スタイルは再結成した今も普遍である。6曲目なんてポップな曲だが
クイーン的なギター、コーラスが使われているぞ!7曲目は
ジャパニーズロカビリーと70年代プログレが融合した異様な曲である(爆)。
そして9曲目“ヘドバン発電所”は待ってましたの爆走メタルチューンである!
クラシカルなピアノを纏い疾走する様はまさにメロスピのそれ
“イワンのばか”、“再殺部隊”に続く新たなる筋少のキラーチューンだと
言えるだろう!Xのサイレントジェラシーが如き流れるようなピアノの直後
切り裂くように炸裂するギターソロも熱い!熱すぎる!!

そして新曲のみならずかつての名曲もリアレンジされ収録されており
3曲目はかの様式美メロスピキラーチューン“イワンのばか”だ!!
やはりこのネオクラギターはたまらん!大槻ケンヂも上手くなっているな。
がなりタイプの熱い歌唱を聴かせてくれるぞ!唸りを上げるハモンド
実に様式美だな!最後のコーラスがガキンチョ声ではなくフィメールVo
なっているのも個人的に良い!


キラーチューンは当然素晴らしいが他の曲も総じて出来が良く
再結成アルバムにして筋少のアルバムの中でも特に質の高い
一枚
であるように個人的に感じられたな!まぁ全部のアルバムを
聴いたわけではないが・・・。全体的にふざけた曲が少ないというのが
好印象を抱けた理由だろう。プロダクションは悪いがヴォーカルも
上手くなっており楽器陣は文句無し!始めて彼等を知るメタラーにも
オススメできる良質アルバムである!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 イワンのばか'07、ヘドバン発電所







"シーズン2"




日本の有名タレント、大槻ケンヂ率いるバンドの再結成後2作目のアルバム。


ベテランの再結成バンドとしては最も精力的に活動しちょこっと
慰み程度にツアーをやるバンドが多い中異例のと言える本気の
アルバムリリース
が頼もしい筋肉少女帯の再結成後
2作目のフルアルバムである!音楽的にはやはり様々な要素を持った
楽曲が収録されておりキャッチーなハードロックからプログレッシヴ
側面を感じさせる部分、クラシカルで劇的な様式美メタル、
さらに穏やかさを持ったバラード等など一筋縄ではいかない
アルバム構成になっているがどの曲もきちんとHR/HMしており
個人的トラウマアルバム“エリーゼのために”
のような事には
なっていないので安心して聴けるな。バックのメンバーが
実に豪華で三柴理のピアノ橘高文彦のギターは言わずもがなだが
ドラムの長谷川浩二も流石のタイトなパワフルさである!

1曲目はハードロック的なノリの良いタイトなリフに
プログレ色を感じさせる変拍子ピアノが乗り昔の
QUEENに通じる雰囲気を持ったドラマティックな
ロックンロール(?)
である!2曲目もライトさ
持ちつつも劇的なスタイルのHRで重ねられたリードギター、
短いながら疾走するパートが聴き所か!?ピアノと
ギターソロで爆走するのもまた熱い!3曲目はかねてより
有名だった超キラー“踊る赤ちゃん人間”だ!テクニカルな
バンドアンサンブルにダークさを持った曲調、クサさを
感じさせる
メロディーラインが強烈である!様式美ではあるが
やはりQUEENの流れを汲んだスタイルで独自の美意識を感じさせ
非疾走ながら超劇的なクラシカルプログレッシヴメタルだ!
橘高のギターソロがまた最高じゃのう・・・!5曲目は80年代の
ポンプロック、ネオプログレ系
のイントロを持った明るい雰囲気の
バラード。やはりQUEENの影響があるな。6曲目は大仰さ
感じさせ民謡っぽいフレーズも聴けるイントロ、サビとは裏腹に
ミクスチャー、ファンク系のパートも目立っているな。9曲目は
何と1stに収録されていた曲のリメイクでかなりプログレッシヴ
要素を感じさせる怪しい楽曲である!10曲目はいつになく
キャッチーで哀愁漂う叙情的なメロディーが聴けギターも泣きまくる
メロディアスな曲。12曲目は本作初となる語りが登場し演奏も
かなり激しくテクニカルになるプログレメタルだ!


やはり幅広いスタイルの曲が散漫に感じられる箇所もあるが
バンドの演奏がタイトで纏まりがあるので
そこまで方向性が違うようには感じられないのが強みか!?
まぁまだ微妙な曲もあるし前作と違いメロスピ的2ビートで
爆走する曲が極めて少ない
がまぁそれは仕方ない。個人的には
前作のほうが好みだがドラマティックなQUEEN的様式美要素は
こっちのほうが濃い
かも知れんな!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 踊る赤ちゃん人間、
ノーマンベイツ'09、1000 年の監視者







"蔦からまるQの惑星"




日本の有名タレント、大槻ケンヂ率いるバンドの再結成後3作目のアルバム。


再結成後に極めて精力的な活動を行う国産様式美プログレッシヴHRバンド
最新作、再結成後3枚目のフルアルバムである!QUEEN彷彿のドラマティックな
様式美メタル
をやりつつも時に異様にポップだったり非HR/HMだったりと
ある意味非常にとっつき辛いバンドでもあるが今回の方向性はというと
インストパートが妙な充実を見せており一貫してベースが目立ちドラムも
実にタイトで手数多く叩きまくりギターは常にワウがかかっており音楽的には
非常に古い、ヴィンテージ感満点のオールドスクールなロックが多めで
ホーンも多用されブルージーなフィーリングファンク要素が
濃くなっているな・・・!


1曲目から早速高いテンションのハードロックが展開されベースが
唸りまくり
シンセ、ハモンドにオーケストラヒット、ワウをかました
ギター、手数多すぎるドラムと楽器陣がこれでもかというほど暴れまくる!
2曲目もベースがやけに目立ちギターもワウをかましドラムも極めてタイトで
曲調はアングラ臭を放ちつつも妙に明るくノリの良い軽快さがあるのう・・・!
途中でピアノ、クリーンギターがメロウさを放つパートになりギターは
ワウ半開きでウリ・ジョン・ロートを思わせる泣きのソロを弾くぞ!
3曲目も妙に軽快なノリの曲でシンガロングにホーンも登場、ギターは
ジミヘン辺りを思わせるブルージーな要素があり現代のクリアな
プロダクション
昔風のヴィンテージなロックをプレイしているぞ。
4曲目はハードロック的なリフで始まりカオティックさを感じさせる
疾走パートに突入し変態的な緊迫感を見せヴォーカルの畳み掛けも
奇妙だがサビはピアノも聴けそのまま疾走しドラマティックな様式美メタル
化す!やはりこういう曲が好みじゃわい!クリーンギターのアルペジオに
不協和音系のピアノソロ、アグレッシヴで邪悪なリフにギターソロが乗る
インストパートも聴き所だ!5曲目はピアノ、クリーンギター、ヴォーカルが
叙情性を演出しバンドサウンドが様式美的な盛り上がりを見せるバラード系の
メロウな曲。メロディーラインが実に劇的で途中展開が変わりタンゴ、ワルツというか
ダニー・エルフマン的なクラシカル要素が顔を見せお城系プログレに
通じるクサさ
を放ちこの辺は彼等に影響を受けた後続群・・・Sound Horizon等を思わせる
スタイルだな。ギターソロがまたクラシカルでクサくたまらんわい!後半の展開は
クサメタラーならガッツポーズものである!6曲目はうってかわって
ホーンが聴ける軽快なブラスロックになり7曲目もこれまたホーン入りでファンク、
ブラックコンテンポラリー要素
を感じさせる陽気な曲。8曲目は穏やかでムーディー
ホーン入りのスロージャズ風だ。9曲目はハードロック的なリフ
80年代風のシンセ、語りが聴けVAN HALEN風の明るさがあるのう・・・!
10曲目は威勢のいいゴスペル風コーラスに始まりこれまた脱力系の明るい曲になるぞ。
ラストは女の語りも連発され最近のサンホラ風で実にうっとおしいのう・・・!(爆)
11曲目は勢いの良いハードロックでバンドサウンドはどこかXの“WEEK END”
思わせるが曲調はやはり妙に明るいポップ寄りのスタイルトランス系の
うねるシンセ
ホーンも登場するぞ。


オーケンのヴォーカルは相変わらずだがその他の楽器が凄まじくテクニカル
タイトさ満点、様式美キラーチューンもしかと完備しているがやはりポップ寄りの
明るい曲
も多くコミカルな歌詞、音楽性とは異なるパンク寄りのヴォーカル
本気で様式美クサメタルを期待するとやはり肩透かしになってしまうだろうなぁ・・・!
全体的にブラックミュージックの影響を受けた楽曲が目立ちブラスロックファンク、
ジャズ
の要素も多くミュージシャンシップは高いかも知れんがメタラーには
まず喜ばれないスタイル
だろう・・・!橘高のソロも少ないしなぁ・・・!QUEEN
悪名高き“HOT SPACE”みたいなモンか!?4、5曲目みたいな曲で
纏めたアルバム
が聴いてみたいんだが無理かね!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 家なき子と打点王、爆殺少女人形舞一号







もどる


inserted by FC2 system