KALMAH






"Swamplord"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの1stアルバム。


ETERNAL TEARS OF SORROWのメンバーも携わっているフィンランド産のメロデスバンドによる
デビューアルバムで、CHILDREN OF BODOMとよく比較されており音楽性にも近いタイプだが、
あっちがモダンな方向に向かったのに対しこっちは本作の頃から最新作に至るまで音楽性が
一切変わる事は無く、
北欧情緒溢れる民謡フレーズを導入した泣きのクサクサメロデス
これでもかと言う程に徹底追求しておる!1stの本作の時点でもそれは変わってはおらん!

1曲目はベースとドラムで軽快に走りその後メロデス的なリフシンセが登場!
デビュー作の一発目にしていきなり相当にドラマティックなムードを醸し出し
メランコリックなクサさもしかとあるのう・・・!ギターソロもまた劇的だな。
後半の北欧らしい大海原を想起させるメロディーも良いのう・・・!2曲目もまた北欧らしさ
存分に見せ付ける民謡ライクなメランコリックさを醸し出すフレーズが聴け疾走もするぞ!
3曲目もまたリフワークに北欧っぽさを感じさせキラキラしたチェンバロ系シンセに
ストリングス系のシンセも登場!
4曲目は怪しげなギターに始まり鋭いリフワークに
ブラストが炸裂!
その後も叙情リフを撒き散らし疾走するのう・・・!5曲目は神秘的なシンセで幕を開け
早速のギターソロが聴け、その後は怪しく淡々としたムードを放つミドル曲。他の曲と比べると地味だが
それでもギターフレーズはやはり印象的である!6曲目は初期CHILDREN OF BODOMっぽさを放つ
オーケストラヒットやチェンバロ
が顔を出すも、フレーズ自体は北欧民謡系でただのフォロワーとは明らかに
一線を画しておるな・・・!
基本はミドルテンポだがブラストで爆走するパートも顔を出し、ギターもやはり
哀愁漂うメランコリックなクサさを放っておるわい!中盤以降のクリーンギターもまた哀愁バリバリで
たまらんなぁ・・・!
7曲目はストリングス系のシンセが顔を出し劇的かつ暴虐な疾走感も見せる
アグレッシヴかつドラマティックな曲である!8曲目はどこか勇壮さを感じさせる
ギター、シンセ
が顔を出しエピック系のクサさを醸し出すミドル〜アップテンポ曲になるぞ!
9、10曲目は急に音質が劣化するボーナストラックで、前者は軽い音疾走感を放ち
叙情的なギターも聴けるファストチューンとなっており、後者はチェンバロの音色で幕を開け
メロウなギターも登場、淡々としつつもドラマティックなムードを放つミドルチューンである。
中盤や後半等部分的に疾走も見せるのう・・・!


デビュー作の時点でのちのアルバムと何ら変わらぬ北欧情緒に満ち溢れた民謡ライクな
泣きの叙情クサメロ
をこれでもかと言う程連発!クオリティー面でも今後のアルバムと
何ら引けをとらない高水準振り
を見せ付けており驚かされるわい!CHILDREN OF BODOMと
近いタイプの音作り
だが、初期のチルボドがネオクラ様式美系だったのに対しこっちは
北欧情緒溢れる民謡ライクなメロディーを見せているのが大きな違いである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 全部







"They Will Return"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの2ndアルバム。


ARCH ENEMYCHILDREN OF BODOMに続く存在として目されているバンドで
本作が2作目となる。音楽的にはやはりボドムの流れを汲むネオクラ寄りとも言える
高速ギターとキーボードがピロピロキラキラいいまくり疾走する
スタイルだが特筆すべき事はその圧倒的なクオリティーの高さだろう!!
俺は現時点で最新作の4thから聴き始めたのだが本作のクオリティーはそれを
遥かに上回るもので間違いなくメロデス界最高峰の1枚と呼べるだろう!
勿論4thのクオリティーも高く気に入っているのだが個人的には本作のほうが
だ!アグレッシヴな疾走感の上に乗る悲壮感さえ漂う強烈なクサメロ!
それでいてCHILDREN OF BODOMの持つそれとはまた異なる要素が詰め込まれているのが良い!
このクサい慟哭はKALMAH特有のものだと言えよう!

全9曲で40分程度と短めに感じるがまさに捨て曲、無駄の無い1枚である!
疾走曲は勿論ミドルテンポ曲もクサいメロディーが聴けダレることは無いぞ!
ギターも凄まじいが時にシンフォニックさを演出し時にリリカルさを
発揮
するキーボードがあまりにも神々しい!本作は間違いなく超名盤である!!


ラストに収録されたメガデスのカヴァー曲“Skin O' My Teeth”
良い出来だ!CHILDREN OF BODOMあたりのキラキラクサクサメロデス
聴きたい人に激しくオススメのアルバム!メロデス初心者にも
うってつけ
だと言えよう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 96% お気に入り曲 全部







"Swampsong"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの3rdアルバム。


CHILDREN OF BODOMタイプとも言える派手なシンセワークを武器とした北欧メロデスバンドだが、
初期のCHILDREN OF BODOMネオクラシカル様式美要素を前面に押し出していたのに対し、
彼らKALMAHはあくまでも北欧情緒溢れる土着の民謡的なクサメロを徹底して追及、こっちは
こっちでまた相当に凄まじいクサさを放っており、しかも脱ネオクラ、脱北欧してモダンと化した
CHILDREN OF BODOMとは異なり、
こっちは今もなお北欧民謡サウンドをしかと踏襲しておる!
本作はそんなKALMAHの3作目のフルアルバムで、初期から今日に至るまで音楽性がブレる事は
一切無く、
本作もまた北欧情緒溢れるクサメロを存分に取り入れた高品質メロデスとなっておる!

1曲目は早速の北欧ライクな民謡メロが顔を出しストロングなリフ、リズムも登場、
CHILDREN OF BODOMっぽさを放ちつつ疾走するが向こうよりダークな印象があるのう・・・!
2曲目は重厚なリフが聴け力強さを見せるも、その後は淡々としたムードも醸し出され
怪しげな印象もあるのう・・・!
シンセはスペイシーかつ北欧らしい冷たさも感じられるな。
中盤はブラストで爆走しその後はシンセソロも顔を出すぞ。3曲目は叙情的なギターフレーズ
顔を出しアップテンポで展開、シンセソロに続きギターソロも聴けるのう・・・!
4曲目はオルガンで幕を開けミドルテンポになり、中盤は重厚な低音グロウル怪しげな
コーラスワーク
も顔を出すぞ!5曲目は早速ブラストで爆走し劇的なギターフレーズも登場!
6曲目はCHILDREN OF BODOMに近いムードを醸し出すが疾走はせずミドル〜アップテンポで
展開
しており途中トレモロリフも登場、7曲目もまたCHILDREN OF BODOMっぽい曲
最初は淡々としたミドルテンポだが途中から軽快なリズムで疾走、その後は勢いを放ち始め
劇的さも見られるぞ!
中盤はベースが唸りストリングスシンセも聴けるのう・・・!
8曲目もパワフルな疾走感を放つアグレッシヴな曲だが、同時に北欧ライクなメロウさ
しかと内包しておりストリングス系のシンセも目立っているぞ!9曲目はピアノで幕を開け
パワフルかつ叙情的なバンドサウンド
も登場、まぁ疾走はせず淡々とした空気が強く放たれ
ヴォーカルはダミ声で荒々しく歌いどこかニューウェイヴ、ポジパンルーツのゴシックメタル的な
味わい
もあるか!?10曲目はどこかヴァイキング、ペイガンライクなフレーズが聴ける
無骨でストロングなミドル曲。


本作も過去作、今後のアルバム同様北欧らしい土着の民謡クサメロを前面に押し出した
メロウで哀愁漂う泣きのメロデスをプレイしており実に日本人好みのサウンドを
披露しておる!
まぁ本作はちょいと疾走感が減退し淡々とした側面が目立ち始め
勢いが薄れた印象もあるんだが
それでも北欧らしい叙情美旋律は健在だ!
モダン化のおかげでワールドワイドで知名度のあるCHILDREN OF BODOMと異なり
今もまだ土着の北欧民謡フレーズを徹底しているため、おそらく地元と日本でしか
売れていないバンド
だと思うが(爆)彼らにはこの方向性を徹底して頂きたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Heroes To Us  Bird Of Ill Omen  Tordah  Man With Mystery







"The Black Waltz"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの4thアルバム。


群雄割拠のフィニッシュメロデスシーンにおいて独特のクサメロで評価の高い彼らの4作目の
アルバムだ。実はこれを書いている時点で彼らの音に触れたのは初めてなのだが、
シンセがストリングス系の音をバンバン連発し結構シンフォニックな要素があると思ったな。
ヴォーカルは最近のメロデスによくあるシャウト系ではなく昔のブルデスのような
ゴボゴボいう低音下水道ヴォーカル
なのが一風変わってて面白い・・・!

多くのメタラーから高い評価を受けているだけあって曲のクオリティーは高く捨て曲は無い。
ただ個人的にはこれといって飛びぬけたキラーも無いように感じたがそれは些細な事だな・・・。
所謂チルドレン・オブ・ボドムの流れを汲むスタイルなのだろうが、
あっちがアメリカナイズドされてしまい新譜がイマイチだったためこういう北欧メロデス
本来のスタイル
を貫くバンドはどうしても無条件で応援したくなってしまう・・・(笑)。
まぁ個人的にはクオリティーが高ければ多少のスタイルチェンジは気にしないがな・・・!

日本盤ボーナスであのカーカスの名盤“ハートワーク”収録の
“This Mortal Coil”をプレイしている!
このアルバムは大好きで昔よく聴いていたからな・・・!
原曲には無いシンセがさらにドラマティックさを強調していて
思わずガッツポーズが出たぞ!


典型的北欧メロデス、昔のチルドレン・オブ・ボドムが好きな人にオススメだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







"For the Revolution"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの5thアルバム。


異様に高い輸入盤しか今のところリリースされてはいないが
近いうちに日本盤もリリースされるだろう。初期CHILDREN OF BODOM
流れを汲むクサクサなシンセ様式美的な雰囲気を醸し出す
高品質メロディックデスとして名を馳せた彼らKALMAH。
本作の方向性も従来のアルバムと同様我らが期待しかつての
CHILDREN OF BODOMに求めた北欧様式美
クサクサメロデス
がこれでもかと言うほど堪能できるぞ!

1曲目はわりかしラウド系のリフで幕を開けるもブラスト、
シンセも飛び出し初期から最近までのCHILDREN OF BODOMを
網羅したかのような楽曲だ!シンガロングも熱いな!
北欧のバンドらしい冷気を纏ったシンセにクサメロ、デスメタルらしい
攻撃性とクサメロデス好きを納得させる要素は本作でも普遍である。
ギターとシンセのソロバトルもお約束ながらやはり胸を
熱くさせてくれる
のう・・・!どこかヴァイキングメタル
通じる勇壮クサメロが聴けピアノ等シンセもいちいちクサすぎる2曲目、
さっそく疾走しシンセ、ギターがクサさを放つもろ初期BODOMな3曲目、
モダンさを感じさせるリフに始まりつつもすぐに期待通りの大仰
クサクサ爆走メロデス
と化しデス声も低音でゲロゲロとグロウル、
ギターソロもクサく熱い4曲目と今作も実にクオリティーの高い
楽曲
で占められておりかつてのBODOMを愛するクサメタラーには
たまらん仕上がりとなっているのではなかろうか!?アコギで始まる
5曲目は疾走感、アグレッシヴさを抑えたスローチューン
泣きの慟哭ギターも実に良いのう・・・!ヴォーカルは依然として
低音下水道Voだがデスバラードと呼んでいいだろう(爆)。
6曲目は再び疾走チューンだ!慟哭メロデスのリフにBODOM以降の
シンフォニックでキラキラしたシンセが乗っかったメロデスの
美味しいところを総取りした楽曲である!7曲目もどこかヴァイキング的な
勇壮さ
漢の哀愁を纏ったイントロに始まりピアノと共に疾走!
北欧のバンドらしいセンスでこの辺は肉ばっか食ってるアメリカ人には
なかなか出来ないアレンジだと言えるか!?8曲目はストリングス系の
シンセとギターリフがユニゾンしブラストで疾走するいつもどおりの
北欧メロデスだ!ワルツ的クサさを発揮するギターソロも良いな。
9曲目はこれまた大仰なリードギターで幕を開けるも疾走はせず
ヴァイキング的勇壮さを出しそしてその後待ってましたのクサクサ
キラキラ様式美疾走メロデス
となるぞ!シンガロングも熱く
本作中特にテンションが高い曲だろう!


最近ラウドなメタルコアやへヴィロックをよく聴いているためか
ギターやドラムの音圧にやや不満が残るが楽曲の出来は良いぞ!
CHILDREN OF BODOMの新譜が気に入らなかった人にオススメだと言えるか!?
まぁ個人的にはBODOMの新譜も悪くはないと思ったがやはり
本作ほどのクサさを持っていた初期の頃には及んでいないのが
事実だろう。初期から方向性を曲げない姿勢も良し!
ちなみに本作はタワーレコードが一番安いので興味があったら
下のリンクから見てってくれい(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 全部







"12 GAUGE"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの6thアルバム。


北欧らしい情緒ある民謡的とも言えるクサメロを武器にアグレッシヴさ
出しつつも初期の慟哭系に近い雰囲気も併せ持った北欧メロデス最高峰バンド
一つKALMAHの最新作である!音楽的にはキラキラシンセ、シンフォニックな
バッキング
を保ちつつギターフレーズも北欧土着のクッサイ民謡に通じる
メランコリックなメロディーを聴かせヴォーカルはこの手のメロデスには
珍しく低音寄りで吐き捨てるガテラル、下水道系の昔ながらのデスVoと
従来通りのスタイルを保ちつつも全体的にいい意味で荒々しく攻撃的に
なった印象があり
爆走パート一つとってもタイトさ以上にアグレッシヴさを
強調しており
非常に勢いがある音作りになっているぞ!

1曲目はアコギのメランコリックな調べホーンが大仰に登場しそのまま
シンフォさを出しつつもアグレッシヴでノリの良いバンドサウンドが登場!
ヴォーカルは従来どおり低音でグロウルしつつも吐き捨てるような
ガテラル寄りのデスVo
でギターソロは民謡風とも言えるクサいメロディー
奏でるも全体的に攻撃的で荒々しい音になっておる!2曲目はギターと
キラキラしたシンセで幕を開けブラスト、しわがれた絶叫で爆走!
リードギターは民謡系だがリフは叩きつけるようなアグレッシヴなもの
シンフォニックなシンセをバックにしつつも実に荒っぽい男前なへヴィサウンドを
聴かせてくれるぞ!
3曲目はこれまたクサい泣きのギターで始まり疾走、
ノリの良さを持ちつつ雰囲気は昔ながらの叙情メロデスに接近しギター、
シンセのメロディーも良いな!ギターソロも泣いておるわい!4曲目は
MEGADETHの“HANGAR 18”みたいなイントロで始まりその後強烈な泣きのギターが聴け
ミドル〜アップテンポで展開する曲。シンセのバッキングはどこかミステリアスで
シンガロングは熱く
ギターソロのパートもどこかMEGADETHっぽく泣きまくる
フレージング
マーティー・フリードマンを思わせるのう・・・!5曲目は
泣きのギターにシンセストリングス、ピアノも聴け慟哭の雰囲気を撒き散らし
北欧のバンドらしい哀愁の民謡的クサメロを放つスロー、ミドルテンポ曲。
6曲目はシンセをバックにしつつアグレッシヴな疾走感を放つ勢いとノリの良さを
感じさせブラストも登場!7曲目はのっけからブラスト、トレモロリフ
爆走しブラックメタル的禍々しい質感をも放つ邪悪な
ファストチューン
でシンセもシリアスな空気を放ちギターも実にKALMAHらしい
北欧情緒ある民謡的メロディーを奏でておる!ヴォーカルが低音吐き捨ての
ガテラル寄り
なのが面白く後半はスローになりギターとシンセがユニゾン
その後ソロバトルを開始、その後ホーンやら何やらがシンフォニックな空気を
放った後再び爆走する!8曲目はアコギ、泣きのギターエモーショナルで
叙情的なメランコリックさ
を放ちメロディーラインはやはり民謡風で、
その後バンドサウンドが大仰に盛り上がり初期チルボド風の雰囲気を出し
ノリの良いリフ、緊迫感ある冷たいシンセが登場!そしてギターは
ヴォーカルのバックでやはりクッサイ民謡フレーズを披露する。途中キラキラした
シンセ
ギターソロが重なりこれまた初期チルボドに通じる展開となるぞ!
9曲目はクワイア音のシンセからへヴィリフ、ガテラル系デスVoで重さを
出したかと思いきややはり疾走!リフは慟哭系でその後のリードギターは
民謡的となりこの辺はヴァイキングメタルに通じるものもあるな・・・!
テンポダウンし壮大さを放ちクサさが強調されピアノ、シンセも顔を出す
スローパートの出来がまた良い!中盤から後半にかけてのアコギ、
ストリングスシンセ
による叙情性がまたたまらんのう・・・!


BURRN!でもまさかの高評価だったが珍しくあの雑誌の評価がアテになった(爆)
充実の1枚
である!アグレッシヴな勢いやへヴィさを増しつつも決して
モダンにならず古き良き本来の北欧メロディックデスを見事に体現する
今となっては非常に貴重なバンドだ!方向性が変わることも無くこれまでの
アルバムの延長線上
に在りただクオリティーだけが向上していると言う、
(メタラーとしては)最も喜ばしい姿勢のバンドではないか・・・!疾走チューンのみ
ならずスロー、ミドル曲北欧らしい泣きの民謡クサメロが聴け相変わらず
捨て曲は皆無、特に今回マーティー・フリードマンの領域に足を突っ込んだ
慟哭するエモーショナル極まるギターがかなり強烈になっているぞ!
他ジャンルの人間にしてみれば保守的に感じられるやも知れぬが、
この安定感がメタラーには嬉しいのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"Seventh Swamphony"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドの7thアルバム。


低音吐き捨てタイプ昔ながらのデスVo北欧らしさ満点の民謡ライクな
クサメロ
を交えた高水準のメロディックデスメタルをプレイする実力派バンドによる
3年振りのフルアルバムである!音楽的には過去作からブレる事の無い、決して
モダンに擦り寄ったりしない王道の北欧メロデスを本作もしかと踏襲しており
新鮮味は無いが安定して楽しめるのう・・・!


1曲目は何と意外にもいきなりのブラストブルータルに爆走!だがシンセや
リードギター
はやはり彼ららしい北欧情緒溢れる民謡ライクなクッサイフレーズ
低音吐き捨てデスVoも健在、クサさを残しつつもいつになく獰猛である!中盤は
エモーショナルな泣きのギターアコギが顔を出し実にメランコリックじゃのう・・・!
2曲目はシンセのフレーズが相当にCHILDREN OF BODOMっぽさを放ち曲調自体も
実にチルボドライクなムード
を持ったアップテンポ曲。3曲目もまたチルボドに
通じるムードを持ったシンセ
が聴け疾走!怪しさ満点のデスシンガロング(?)
顔を出し妙なノリを見せつつもやはりクサさが漂っておるわい!4曲目はメロウな
クリーンギター
泣きまくりのリードギターが乗る淡々としたスローチューン。
デスメタル形式のバラード
と言えそうな曲調で、北欧民謡らしいメロディーがまた
胸を締め付けるのう・・・!ヴォーカルも基本はデスだが低音で呟くような
歌唱も披露しており、
中盤以降はムードが変わりミドルテンポで展開、分厚めのシンガロング、
コーラス
も顔を出すぞ!ラストもまたエモーショナルな事この上無い泣きまくりギターである!
5曲目はこれまたストレートなデスメタルに接近したリフワークが聴けるも北欧らしい
シンセも健在、
これまたCHILDREN OF BODOMっぽい雰囲気を放っているな・・・!曲展開も実に
ドラマティックである!6曲目はまた北欧らしさ満点の民謡風フレーズが顔を出すが
疾走はせずミドルテンポで展開、シンセやピアノの音色がまた北欧らしい冷たさを見せており
メランコリックじゃのう・・・!7曲目はリフを主軸に据えブラストで爆走!シンセはやはり
CHILDREN OF BODOM風な面もあるが、後半のシンセはちょいとイマドキらしい
トランス系のチャラい音色
か!?8曲目はメランコリックなフレーズが淡々と紡がれる
ミドルテンポだが慟哭ムード漂うトレモロ系のリフワークも顔を出すのう・・・!


本作も基本的なスタイルは昔から何一つ変わっていないが、いきなりブラストで
爆走しまくるブルータルな幕開け
を見せたり、暗くも穏やかなスローバラード風の
メロウな曲
があったりと、多少は変化を付けて来ている印象もあるだろうか!?
エモーショナルさ満点の泣きのギターも素晴らしいが、どうにも音質が軽くそこが
弱点と言えば弱点だろうな・・・!昔ながらのメロデスなんで軽い音作りもまた味だが、
ブルータルに爆走する箇所もあるしもうちょいストロングになってもバチは当らんじゃろうて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Seventh Swamphony  Pikemaster  Windlake Tale  Black Marten´s Trace







もどる


inserted by FC2 system