神風小町







"乱れ雪月花"




日本のインディーズ和風プロジェクトのミニアルバム。


煌びやかなシンセやバンドサウンドによるハードロック的アプローチ、
さらにはトランス、インダストリアル的なデジタルビートをも
取り込んでメロディアスな和風サウンドながらミクスチャー感覚
感じさせるインディーズプロジェクトのデビュー作となる
6曲入りのミニアルバムである!去年の冬のコミックマーケット
発見するもその時はソールドアウトしており今こうして通販で
2作目のシングルともどもゲット
したというわけだ!

1曲目はイントロにあたる繋ぎのインストだがアコギが
演歌に通じる和のオーラを放つプレイを披露しやけに
印象的である!それに続く2曲目はツインリードで疾走する
メタルチューンとなるぞ!Aメロのヴォーカルが入ると
ギターリフが消えるあたりはありがちなV系ライクだが
和の空気を感じさせキラキラしたシンセが聴け疾走する
サビ等はなかなかに聴かせてくれるのう・・・!
この煌びやかさはKagrraに通じるものがあるな!ワウを効かせた
ファンク系のカッティングが部分的に出てくるのも面白い。
途中スラップを駆使したベースソロも聴けその後の
ギターソロもタッピングを披露しつつ泣きのフィーリング
強いぞ!3曲目はベースに始まりギターリフ、キラキラした
シンセが登場し叙情的なヴォーカルパートに入るギターが
ラウドなスローテンポのパワーバラード。4曲目は北欧メタル風の
透明感あるシンセ
に始まりピアノ、ワウを効かせたカッティング、
アコギや琴っぽい音も聴ける和のクサさを持ったミドル曲だ。
5曲目はスカ的なカッティングでポップな明るさのある
アップテンポ曲。ギターソロはやはり泣きを感じさせ良いな。
6曲目はスパニッシュ的なフィーリングを持ったアコギが聴け
シンセも緊迫した和の雰囲気を放ち女性ヴォーカルも低音で歌い
ダークさを感じさせメロディーもなかなかクサいぞ!ギターソロは
後半で琴とユニゾンすると言う、メタル界ではまず見られる
ことの無いアプローチ
を敢行している!


スカスカなプロダクションにアレンジ、3人ほど参加している
女性ヴォーカル等まだまだ未熟さを感じさせるがギターの
泣きのフィーリングには光るものがあるのう!バッキングも
スカやファンクを取り入れただのHR/HM的リフのみではない
貪欲さがあるのも面白いな・・・!このままの方向性で
もっとメロディーにフックを持たせ曲展開もさらに
練りこんだら大幅なクオリティーアップが望めよう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 細雪に剣駆りし乙女、月下美人、
夢幻暗闇至上主義







"Valkyrie Javelin"




日本のインディーズ和風プロジェクトのシングル。


和の雰囲気を持たせつつもバンドサウンドはHRスタイルに
留まらないミクスチャー感覚を持った歌謡メロディアスサウンド
プレイするインディーズプロジェクトの2作目としてリリースされた
4曲入りシングルで1曲目はイントロなので実質3曲である。
シンセによる笛や琴、フレージング等に和の要素を取り入れつつも
そこにバンドサウンドやトランス系の打ち込みデジタルビート等を
混ぜ合わせプロダクション、アレンジ等はまだ軽く未熟さを
感じさせるも個性はありありきたりなカヴァーではなく
オリジナルでやっているという所に俺は好感を抱くのう(笑)。

和を感じさせる笛などのシンセに始まるイントロに
続く2曲目はバンドサウンドも登場するがメタリック
いうわけではなくテンポもスローで和の雰囲気を持った
歌謡メロハー的な要素が強いな。女性ヴォーカルは
弱めだが媚びた声質じゃないのは良い。ソプラノ系の
コーラス
も聴けるぞ。3曲目はうってかわってトランス系の
打ち込みデジタルサウンド
となりテンポも速くなる!
ギターも登場し完全にトランス化するわけではなくソプラノ
コーラスはフィメールクワイアの領域に到達しプロダクションの
軽さとは裏腹に説得力を感じさせるのう・・・!4曲目は
笛のシンセにキラキラしたサウンド、琴の音色が登場する
本作中特に和の要素が濃いインストだ!ギターソロも聴け
音は軽いがなかなかにタメの効いた泣きのプレイを披露している。


ヴォーカルのコーラスワーク等前作より良くなった箇所が
見受けられ軸はぶれずに質を上げようという姿勢が見えたわい!
楽曲もメロハー、トランス、和のインストとそれぞれ異なる
ベクトルを持ち個性があるのはいい事じゃ・・・!まだ改善点も
多いが猫も杓子もカヴァーばかりのこのシーンにおいて
完全オリジナルなのが個人的に嬉しいのう(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 ハイパーオーラジャベリン







"Last Imperial Princess"




日本のインディーズ和風プロジェクトの3rdミニアルバム。


プロダクション、演奏などまだまだ未熟な箇所はあるが独特の
煌びやかさ
を持った和の要素が濃い女性ヴォーカルロック
プレイするプロジェクトである!本作はM3にてリリースされた
新譜
6曲入りのミニアルバムとなっており
音楽的には過去作を踏襲した煌びやかな
和風スタイル
を持ったロックだが今回モダンな
へヴィさ
を感じさせるリフ、疾走感が目立った
メタリックな部分
もあり我々好みの方向性に
向かってくれた
感があるな!

ちょいMALICE MIZER風味でチャーチオルガン、
モダンなリフが聴けるイントロに続く2曲目は
シンセストリングス、HR/HM系のバンドサウンド
聴ける曲で女性ヴォーカルも登場、プロダクションはやはり軽め
いかにもシンセ、打ち込みな音がどうしても
気になるがギターは生でチャカチャカしたギターロック風
バッキングからメタルのリフまで披露しチェンバロ、ハープ等
様々な音色が聴けるシンセのアレンジ等はなかなかに悪くないな。
3曲目は和風の琴で始まり笛の音、ヴォーカルも
和っぽさを演出、
ギターはモダンさのあるメタルリフ
和楽器の使い方、メロディー等六三四を思わせる部分があるのう!
疾走するパートもありメタルのアグレッションもしかと感じさせてくれる!
4曲目は穏やかな曲調だがフレージング等やはり和の要素が濃く
この煌びやかさはKagrra.に通じるものがあるな。泣きの
メロディー
を奏でるギターもテクニック的にはまだまだだが
磨けば光る素養はあるやも知れん・・・!5曲目はさっそく
泣きのフレーズを聴かせるギターで始まるアップテンポの
キャッチーな和風メロハー曲。ギターソロはタッピング
駆使して展開するぞ。6曲目は叙情的なピアノで幕を開ける
メロウなバラードでヴォーカルも加工されソプラノ系統の
スタイル
で歌っている!


3曲目のような和楽器メタル等アレンジはかなり面白く
六三四ストロベリーソングオーケストラ
思わせる部分があり個性を感じさせ過去作よりもクオリティーは
向上している
がそれだけにやはりプロダクションで
かなり損している
のう・・・!せめて音質が並だったら
もっと評価も上がろうに・・・実に惜しい!和の要素を
取り入れたバンド、ミュージシャンは結構多いがシンセながら
様々な音色の楽器を使ったアレンジは面白く今後の成長が
期待できよう・・・!
まぁまずはプロダクションじゃのう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 Alice in BattleGround、舞々







"零式"




日本のインディーズ和風プロジェクトの4thミニアルバム。


和の要素を取り込みキラキラしたシンセ打ち込み系のサウンド
駆使した個性的なハードロックを聴かせるプロジェクトの4作目の
ミニアルバムである!これまではいかにも自主制作な手作り感プンプンだったが
今回はCDとして本格的な作りとなっておりCD-Rではなくちゃんとした
プレス盤
となっており本気度の高さが伺えよう・・・!さらに今回1曲だけだがヴォーカロイド
使用しておりその辺のファンをも貪欲に取り込もうと言う姿勢を見せているのか
どうかは判らんが(爆)、新たな試みを積極的に取り入れているものの音楽的に
方向性が変わると言うような事は無く
今回もシンセによる様々な
和楽器
を駆使した煌びやかなハードロックに仕上がっているぞ!

鐘の音とピアノ、シンセオーケストレーションによるシンフォニックな
イントロ
に続く2曲目は疾走かと思いきや泣きのギター、チェンバロ系の
キラキラ音、笛
エモーショナルに鳴り響きそしてストリングス、
ハモンドと共にアップテンポになりヴォーカルは何とヴォーカロイドである!ブリッジのメロディーは
叙情的でサビは切れのあるリフと共にメロスピ的な疾走感を出しシンセも
キラキラしておるのう!ギターソロも泣きつつ疾走し実にドラマティックだな。
3曲目はピアノ、ストリングスに始まりベースが唸りギターリフも顔を出すスロー、
ミドルテンポ
でリズムは打ち込みとなりヴォーカルはちゃんとした人間の女性Voである。
ギターソロもメロディー重視の泣きのプレイだ。リフ、ベースラインも何気に
よく出来ている
のう・・・!4曲目は琴の音色ギター、ベースが顔を出し
スローテンポ
でバンドサウンドだけだと昔ながらのハードロック風だが
そこに乗るシンセ、ヴォーカルメロディーが個性を放っているな。シタール風の
音色
も登場し中東ライクな要素もある。5曲目はトランス系の打ち込みリズム
冷たいピアノ、泣きのギターが聴けダンサブルな要素を見せるがこれまた
琴のリフも出てくる短い繋ぎのインストで続く6曲目はこれまたいかにも
和な雰囲気を持ったシンセフレーズが聴けヴォーカルメロディーもそんな感じで
フックあるしなやかな日本的叙情性を放ちKagrra.に通じる平安京
ハードロック要素
を持っているぞ!ギターソロ前でファンク調のクリーンギターのカッティングが
顔を出しHR/HM以外の素養も披露する!7曲目はベース、ドラムが唸りギターリフに
笛、シンセが乗り疾走、リフは一瞬スクリーモ的な雰囲気を出したりクリーンな
音色
になったりと様々な表情を見せギターが大きな聴き所となっているのう・・・!
ツインリードのソロも登場するぞ!


プロダクションは相変わらずスカスカではあるが過去作と比べると
クリアになった感があり聴き易さは増したかも知れんな。曲のクオリティーは
目に見えて向上しておりもし音質がもっと良ければクサメタラーの間で
話題になっていてもおかしくないクオリティー
を有しているのう・・・!
ギターの泣きがまた良いな!ミドル曲が大半で個人的には2曲目みたいな
疾走チューンをもっと聴きたいとも思うがアレンジやメロディーが面白く
スローチューンも楽しんで聴けるのは実に良い塩梅である!和風のアレンジや
シンセ
が目立っているが何気にギターリフやベースラインも自己主張しており
全体的によく練りこんだ形跡が見られ十分に質は高いと思うぞ!つくづく
プロダクションで損をしておるなぁ・・・!誰か彼に腕のあるエンジニアと
スタジオを提供してやってくれい!(爆)






オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 飛燕天使哀歌、月光輪舞曲 -Moon shine dance-、
極光に煌く双翼







"鬼斬disaster"




日本のインディーズ和風プロジェクトの5thミニアルバム。


プロダクションこそ決定的に弱いがキラキラした和の要素を取り入れた叙情的なHR/HM
プレイしており音の軽さに隠れた感はあるも何気に良質のクオリティーを持ったプロジェクトの
5作目のミニアルバムだがインスト1曲を除いて実質3曲と、どちらかといえばシングル
様相を醸し出しているな・・・。方向性は過去作と変わる事は無く煌びやかな和楽器シンセ
和音階をバンバン奏でオブリを放り込み、媚びない説得力ある女性Vo叙情的かつ
キャッチーなメロディーを歌うHR/HMスタイル
を踏襲しておりこれまでのアルバムが
気に入っているなら本作もまた文句無く楽しめよう・・・!

キラキラした琴のような音色、笛、唸るベースによるイントロに続く2曲目はこれまた
和の要素をプンプン放つ琴にダンサブルな打ち込みリズムが聴けそしてメタリックな
バンドサウンド
が登場!アップテンポで女性Voもキャッチーなメロディーを歌い和楽器の
キラキラしたオブリ
東洋的な旋律を奏でアレンジがよく練られているのう・・・!
ギターソロはメロディー重視のプレイでなかなかにエモーショナルだな。ラストの高音Vo
ちょいと無理している感がありつつも下手ではなくよく歌えておるのう・・・!3曲目は
うねるシンセ、笛、ちょいモダン風のギターリフが聴けインダストリアルな質感を醸し出し
ヴォーカルが入ると怪しい雰囲気が放たれ部分的に疾走、どこか陰陽座に通じる空気もあり
ワウをかましたギターソロはリフと相まって昔のハードロック風で面白いな・・・!
ラストは笛で締めだ。4曲目はピアノ、シンセが叙情性を演出しエコーがかかったヴォーカル
アトモスフェリックな浮遊感を演出するバラード曲。ギターもエコーが強く泣いておるのう・・・!


収録曲は少ないがどれも聴き所の多い良質な楽曲でアレンジもメロディーも良く
プロダクションもまだスカスカ感を残しつつも過去作と比べて徐々にではあるが厚みを
増してきており
クオリティーの向上が伺えよう・・・!音の軽さで過小評価されている
可能性
もあるが楽曲は非常に良質である!こういうオリジナルを聴かせてくれる
ミュージシャン
シーンをガッツリと支えているのだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 鬼斬追ひ唄







"ORIENTAL RHAPSODY"




日本のインディーズ和風プロジェクトのフルアルバム。


これまではミニアルバムを何枚かリリースしてきた和風ハードロック/メロハープロジェクト
通算6作目にして初となるフルレンスアルバムである!本作の音楽性もまた煌びやかな和の
情緒
を主軸に添え和楽器シンフォニックなオーケストレーション、打ち込みの
デジタルサウンド
を盛り込んだメロディアスなハードロックとなっており弱点だった
プロダクション
はまだチープさが残っているがそれでも以前と比べると少しずつでは
あるが良くなってきているか!?
ヴォーカルは女性で未熟さはあるがしなやかな歌唱を見せており
よくある媚びが無いのが好印象である!

1曲目は打ち込みっぽさの未だ残るピアノ、ストリングスシンセによるイントロで
続く2曲目はホーン、ティンパニ、ハープシンフォニックな大仰さを醸し出し
琴の音色バンドサウンドが登場、女性Voも顔を出しアップテンポで展開し
メロはキャッチーさがあるな・・・!相変わらず音質にはチープさが残っているが
それでも過去作よりはダイナミックさが増した印象があるぞ!ギターソロは
メロディー重視のプレイだな。
3曲目は流麗なピアノで幕を開け三味線の音色に
オシャレなカッティングギター、打ち込みリズム
が登場し穏やかなムードを演出、
ヴォーカルパートはメロウさがありギター以外は非HRながらエモーショナルさが
目立っているな・・・!
ギターソロも泣きのプレイである!ちょいと長めで少し
ダレはある
だろうか・・・!?4曲目は篭ったプロダクションだがハードさのある
バンドサウンド、シンセ
で幕を開け基本はスローだが煌びやかさの中に重厚さがあるのう・・・。
中盤はエキゾチックなシタール中東ムードを醸し出しギターソロも
そんなフレーズを弾くぞ。5曲目はどこかミステリアスで怪しげなイントロから穏やかかつ
神秘的なムード
を放つスローなバラード系の曲。こういう曲だとヴォーカルの弱さが
目立ってしまう
アコギソロ哀愁を放っており良いな・・・!中盤付近から
バンドサウンドも顔を出し展開が変わるがその後また元の曲調に戻るぞ。6曲目はアップテンポで
ハードな印象
があるもメタルと言うよりはプロダクション、演奏的に一昔前の
ヴィジュアル系に通じるムード
が漂っているな・・・!シンセが結構目立っている
ヴォーカルは埋もれ気味楽器のバランスは良くないのう・・・!
ギターソロは怪しげなメロディーを弾いているぞ。7曲目はトランス的な
デジタルサウンド
尺八が乗りギターは軽快なカッティングを披露しているが
アレンジ面は隙間が多く淡々とした印象があるのう・・・!8曲目はノリの良いアップテンポ
琴、リードギター、煌びやかなシンセが顔を出すもヴォーカルが入るとまたスローに
なってしまうなぁ・・・!
まぁその後すぐにテンポが戻りサビはキャッチーさがある
抑揚の無いヴォーカル、控えめなアレンジのせいかやはり淡々とした印象が強いな。
メロディー重視のギターソロ派手さはないがなかなかに良いのう・・・!
9曲目は泣きのギター、尺八、ピアノが聴けるこれまた淡々としたアウトロ曲。


未だにプロダクションは劣悪で楽曲毎にバラつきがあるも楽曲的にはオリジナル
なかなかに面白い事をやっているプロジェクトである!本作は初の
フルアルバム
という事だが楽曲的にはミドル、スローテンポの曲が多めでまだ少々
練り切れていない、こなれていない
印象も強くそのため悪い意味で曲が長くなっており
アップテンポ曲が少ない
事も相まってダレを生む原因になってしまっておるのう・・・!
メロディーももっとフック、キャッチーさが欲しい所だな。やろうとしている事は面白いだけに
今後のさらなる成長を期待したい所じゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 天空楼閣  Angelic Shooting Star







"GRAND CROSS"




日本のインディーズ和風プロジェクトの6thミニアルバム。


和の煌びやかさバンドサウンドに導入しそこまでハードでは無い
シンセ主体
雅ライクなロックをプレイするプロジェクトの最新アルバムで、
ミニアルバムとしては6枚目だが前作のフルアルバムを入れれば通算7作目に
あたる1枚である!
本作も方向性としては過去作の延長線上にある和の要素を
大胆に見せつけるシンセワーク
を主体としたメタリック過ぎないライトな
女性Voモノのロックサウンド
となっておる!

1曲目は笛等のシンセファンタジックなムードを放ち途中から
ギターリフも登場するイントロ
で2曲目はライトなシンセ、
打ち込みっぽさの残るドラム
が聴けバンドサウンドも顔を出し
煌びやかさのある音作りになるアップテンポ曲。女性ヴォーカルは
まだ線の細さを感じさせるもソプラノ系の声質で歌い尺八系の笛の
音色
が舞う中ギターソロも聴けるぞ。3曲目はこれまたモロに和の
雰囲気を醸し出す尺八等
に続き珍しくどこかモダンな印象のあるリフが登場!
まぁ音質的にそこまでヘヴィでは無くその後軽めのカッティングも聴けるが
ダークで怪しいムードもありベースラインが印象的だな。中盤はデジタル系の
エレクトロニカサウンド
も顔を出しつつライトなギターソロも聴けるぞ。
ラストのギター、ハモンドの絡みプログレ的じゃのう・・・!4曲目は
ストリングス系のシンセベースが唸りギターや琴の音色も顔を出すが
エレクトロニカ要素が相当に強いダンサブルな曲に仕上がっているな。
ヴォーカルはソプラノで歌っているが相当に弱く厳しい部分があるのう・・・!
5曲目は民謡ライクなシンセサウンド、アコギのストロークが聴ける穏やかかつ
叙情的なスロー曲。
ヴォーカルはエコーが強くプロダクション的にこういうタイプの
曲調にはマッチしておらず
そこが惜しいな・・・!軽めの音作りによるギターソロ
メタルに慣れた耳には逆に新鮮か!?6曲目はジャズ的な
ベースライン
オシャレ感を放ちホーンにピアノ、クリーントーンのギターも聴け
ジャズ要素の強い曲となりメタラー的に好みではない思わぬ素養、
懐の深さを見せつけるぞ!
ギターソロがまたモロにそれっぽくテクニカルさもあるか!?


和の情緒に満ちた煌びやかさを主体としロック要素のみならずダンサブルな
エレクトロニカ要素
も導入し個性的なスタイルを見せているがやはりまだ
プロダクションは軽い
のう・・・!ヴォーカルもまだ弱く課題点は多いが
ロックチューンのみならずエレクトロニカチューンに加え何とジャズ要素を
内包したオシャレ曲
まで顔を出し何気に広い素養を感じさせる辺りは流石だな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 影への誘い







もどる


inserted by FC2 system