喜多村英梨







"RE;STORY"




日本の女性メタルシンガーによるアルバム。


何だかよく判らんが最近ごく一部のクサメタラーの間で話題になっているらしい
女性シンガー
らしく、GALNERYUSのSYU1曲のみではあるがゲスト参加でギターを
弾いており
正直全曲SYUに弾いてもらいたかったと言うのは全メタラーの総意だろう(爆)。
気になる音楽性だがメタラーの間で話題になるだけあってそれなりにハードさを持った
ギターサウンド
が聴けリードトラックはシンフォニックさもあるモダンなHM/HRだが
実際の所はメタルと言うよりもアニソンに近く非メタルなナンバーも目立ちその辺が
肩透かしと言えるだろうな・・・!ちなみに全曲日本語詩クリーンVoオンリー
なっておりデスVoは無い。

1曲目はピアノストリングスで幕を開けバンドサウンドも登場、リードギター
正統派メタル然としたムードを醸し出しヴォーカルは細めのアニソン風だが
とりあえずはHM/HR的に歌おうとしているか!?まぁ曲調はメタルではあるが
凡庸なアニソンに近く物足りなさもあるがギターはSYUでソロはやはり
流麗なテクニカルさと泣きを見せておるのう・・・!2曲目は軽めのギター、
ドラム
で幕を開けるもちょいモダンなムードを見せるヘヴィ寄りのリフが登場、
気だるさのあるノリを見せるがサビはアニソン的だな。結構ベースも目立っているぞ!
3曲目は和のムードを醸し出す音色が聴けHM/HR要素が何故か消滅、
サビなんかデジタルリズムである!(爆)ギターソロはワウを効かせた速弾き
ここだけはとりあえずHM/HRか!?4曲目はエモ的な軽めのギターが聴け疾走こそ
する
ものの音は非常に軽くポップス色濃いスタイルを見せておりメタルどころか
パンクと呼ぶのもはばかられるスタイル
になっておるのう・・・!これまたベースが目立っており
テクニカルなプレイを披露しているぞ!5曲目は穏やかなピアノ、ストリングス
マイルドさを出した後多少ハードさを見せるギターリフが聴けるもやはりガチの
メタル
では無くポップスやアニソンに近い曲調じゃのう・・・!どうもヴォーカルが
弱く声量不足だな・・・!
6曲目は何故かジャジーなムードを醸し出す売れ線タイプの
V系やオルタナバンド
がアルバム1曲に必ず1曲収録する歌謡インチキジャズ系の曲。
7曲目はデジタル音に始まりようやくモダンなヘヴィリフが聴けるが
インダストリアルな要素も強くヴォーカルはアニソンじゃわい!
8曲目はストリングス、ピアノモダンなメタリックさを持ったバンドサウンドが登場!
ゴリゴリしたヘヴィリフと共に疾走するがこういう曲だとどうしてもヴォーカルが
弱々しく
実に惜しいのう・・・!ストリングスもバックで目立ちシンフォニックな
質感
もあるが疾走しているのでゴシックメタルでは無くヴォーカルメロはやはり
アニソン色が濃いな。
9曲目はうって変わって媚び売りまくりの軟弱アニソンVo
披露し曲調もチャラい売れ線アニソンポップスになってしまう捨て曲じゃ!(爆)
10曲目はメロコアと言うよりもポップパンクに近いバンドサウンドでチャラい
売れ線アニソンポップス
をプレイするミドル曲。ベースはやけにゴリゴリと
自己主張しておるわい!
11曲目もまた打ち込みメインチャラい軟弱アニソンポップス。
12曲目は気だるいムードを醸し出す加工ドラム、アコギマイルドさを見せる
ユルめのバラード系
で13曲目もホーン入りチャラい売れ線アニソンJ-POP。


メタラーの間で話題の女性シンガーだが実際の所はバンドサウンドこそHM/HRなれど
曲調自体は意外と凡庸なアニソンに近く、ヴォーカルもあまり声量やパワーが無く
同系統と思しき水樹奈々と比べると流石に劣っているのう・・・!まぁあっちは
ホンマモンのメタルシンガーだし比較するのが間違いか!?楽曲も全曲ガチの
モダンなクサメタル
かと思ったが実際は非HM/HRなポップ曲、打ち込みリズムの
曲が殆どで
こういう部分だけ水樹奈々と共通しておるわい!(爆)全曲メロスピや
メタルコアを期待した俺が間違っていたのか・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 re;story  brand-new blood







もどる


inserted by FC2 system