己龍







"明鏡止水"




日本の和風ヴィジュアル系バンドによる1stアルバム。


シングル、ミニアルバム数枚で消えるバンドが多い中ここ最近実力を付けて台頭してきた
若手バンド
である!和とV系サウンドの融合を主軸にしており、音は軽くヴォーカルもいかにも
V系な怪しさ
を見せており、バンドサウンドは初期V系ライクなスカスカさが目立っているも
和音階や和楽器を導入しており怪しげなムードあさきに通じる部分もあり、没個性バンドが
多いこの手のジャンル
にあってなかなかに面白い独自性を見せているぞ!

1曲目はかなりスカスカな音作りだが怪しげなムードを醸し出しV系っぽさのある
リードギターも登場、
最近増えたV系メタルでは無く昔ながらの90年代っぽい
軽く怪しいV系に近く、
ヴォーカルも弱弱しく癖も強いシャウト系気合の入った
デスVo
では無くいかにも昔ながらのヘナチョコな呻き声なんだがヴォーカルメロは
クサさ
もあり、ギターソロではキック・アス/ジャスティス・フォーエバー
マザー・ロシアがパトカー駆逐する時のBGMのフレーズ
(テトリスの曲)
が登場し、さらにドラムソロまで炸裂するぞ!2曲目は和なイントロに続き
スカスカなバンドサウンドと共に疾走開始!チープながら怪しさを放っており
ヴォーカルも下手糞だが、ヴァイオリンまで顔を出しシアトリカルさもあるか!?
3曲目は尺八ストリングスシンセが盛り上がりを見せ、ダークで怪しく
性急な印象
があるのう・・・!胡散臭いB級ホラーなサビも印象的だな。
4曲目はうって変わってエキゾチックなムードを放つインド風の出だしから怪しく疾走!
エレクトロニカ系のデジタル音
も一部で聴けるぞ。5曲目は琴の音色と共に怪しげな
シアトリカルさ
を醸し出すスローチューンで、ヴォーカルが稚拙なのが惜しい所だな。
6曲目は怪しげながら穏やかな印象のあるマイルドな出だしに続いてヴァイオリン、
アコギ
と共に軽快さを演出、昔のV系に近いライトなポップ寄りの曲怪しさ、
ダークさが無く売れ線寄り
なのが気に食わんなぁ(爆)。7曲目はスカスカながらも
怪しさが戻っており、ドラムがやけに手数の多さを放ち淡々としつつも軽快なノリを見せるぞ。
中盤以降の喚きシャウトが相当に弱弱しくヘナチョコじゃのう・・・!8曲目は琴、尺八による和なムードが漂う
スカスカな疾走チューンで、基本的にチープだがサビはキャッチーさも見られるぞ。
9曲目はダークなB級ホラー的ムードが帰ってきた怪しげな和風チューンで、サビはキャッチーさがあり
ドラムソロも聴けるぞ。10曲目は昔ながらの軽い音性急さを放ちつつ和な印象
見られる疾走チューンで、サビの入り等かなり強引で無理矢理感があるも一瞬ブラストが顔を出し
チャーチオルガンの音色
も登場するぞ!11曲目は演歌のようなギターに始まり和音階を放つ
ストリングスと共に疾走!
かなりチープながらも怪しげな和風フレーズが目立っておりクサさもあるな。
12曲目はエモ寄りのライトなギターが目立ったソフトな軽快さのあるアップテンポ曲。


スカスカ過ぎるチープな音作り、下手糞でヘナチョコなヴォーカル、中盤以降でダレを覚える等欠点もまだ多いが、
曲はダークでシアトリカルな和の要素を取り入れた90年代V系ってな感じで、メロディーは
クサさ
も目立っており将来性を感じさせるバンドだと言えそうだな・・・!演奏面も意外と
頑張っており、
特にドラムがなかなかに良くこのままの方向性で本格的なヘヴィさ、
メタリックさ
を身に付ける事が出来ればクサメタラーでも楽しめるであろう
ヴィジュアルメタルバンド
へと進化するだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 アナザーサイド  蟲  鬼遊戯  私。







"夢幻鳳影"




日本の和風ヴィジュアル系バンドによる2ndアルバム。


2010年以降になって演奏技術が急激に向上して来た感のあるヴィジュアル系シーンにおいて
よくあるDIRフォロワー、その進化系であるイマドキ系メタルコア風が多い中、まだまだ未熟で
アラ
もあるが没個性化せず個性を見せてくれる若手バンドによる2作目のフルアルバムである!
和風ホラーな疾走感あるクサさを見せつつも全体的に音が軽く、スカスカでB級なチープさの目立った
前作と比べるとまだ軽いながらもタイトさ、ハードさを増しており、曲によってはハードロック、
メタリックな面
も見られよりV系HM/HR然としたサウンドに接近しただろうか!?

1曲目はのっけからいきなりメタリックなバンドサウンド和の笛が融合し疾走!
ツーバスも連打されギターリフはモダン寄りで、ヴォーカルも和音階メロディーを
怪しげに歌うぞ!
ギターソロもメロディー重視ながらメタリックなプレイも披露しており、
最近かなり増えているガチのメタルをプレイするV系バンドの流れを汲んでいるのう・・・!
2曲目もモダンヘヴィネス色濃いリフが聴けいかにもV系だがデスVo・・・というか
シャウトも登場、Aメロはマイルドな怪しさを見せバッキングもライトになり、初期の頃の
DIR EN GREYっぽさ
をプンプン放つもその後は童謡メロを歌い疾走する!どこか初期DIRと
あさきを融合させたかのようなムード
があるな・・・!3曲目はメタリックでありつつも
90年代V系っぽい軽い疾走感を見せる怪しげなファストチューンだ!ブラスト
登場し音を詰め込みまくっている印象がありヴォーカルもかなり忙しそうじゃのう・・・!
ラストはピアノも登場だ!4曲目は軽いドラムに始まりシンセが煌びやかさを演出、
盛り上がりつつ
も実に怪しいムードが漂っているな・・・!ヴォーカルの歌い回しも
いちいち大仰である!5曲目は早速のリードギターで幕を開けカオティックとすら
言えそうなアレンジ
で、ギターやシンセ、ピアノが絡み怪しさを演出、デスVoはありきたりな
加工頼りのV系スタイル
で面白味に欠けるがサビや和メロを奏でるギターソロは良いな。
6曲目は軽い音で刻まれるリフ和のムードを強烈に放つシンセが聴け軽快に疾走!
サビは軽薄さがありつつも和のクサさがあり、バンギャが咲いている光景が脳裏に
浮かぶのう・・・!7曲目はミドルテンポ怪しげなムードを放ちヴォーカルは和メロ
歌っているがどうにもダレを覚える捨て曲。8曲目は軽快な疾走感のあるライトでスカスカな
いかにもV系
な音作りのキャッチーな曲だが、シンセは多少はシリアスでヴォーカルも怪しげな
和メロを披露、
ギターソロも音は軽いがメロディー重視で良いな。9曲目は尺八、琴に始まり
バンドサウンドと融合
するも、ギターなんかは相当にスカスカオールドスクールな
V系ムードプンプン
だしサビはいかにも売れ線のポップ要素が強いなぁ・・・!10曲目は
アコギに笛怪しげなムードを放ち初期DIRライクなバンドサウンドが登場、
雰囲気的にはあさきに近いか!?途中からシンセと共に勢い良く疾走するもデスVoは
いかにもV系なヘナチョコさがあり軟弱じゃのう・・・!(爆)後半はありがちな半端歌謡ジャズ要素
導入されるぞ。11曲目は琴にシンセストリングス、打ち込みリズム、ピアノが聴け、和の
煌びやかなメロウさ
を感じさせるなかなかにセンスある美麗バラード。12曲目はボーナストラックで
シンセが目立ちつつライトな疾走感のあるキャッチーな王道のV系ファストチューンだ。


メタリックな部分が多少はありつつもゴリゴリのモダンヘヴィネス、メタルコアには届かず、
初期V系のようなライトな疾走感、忙しさがあるがアレンジ面はスカスカではなく、結構音を
詰め込みまくっている
印象があるな・・・!ヴォーカルは非常に怪しげな、いかにもV系な
ムードを強調
しまくって歌っており相当にクセが強く、受け付けない人も多そうだが良く言えば
シアトリカル
といった所か!?音作りは軽めだが和音階やシンセを駆使して隙間無く埋めており、
あさきに比べるとまだ弱くアルバム中盤以降でポップ要素が目立ってしまうものの、
クサメタラーでも聴けるV系と言い切ってしまってもいいかも知れんのう・・・!?勿論本作もV系商法
初回盤と通常盤の2パターンがあり、普通にオススメなのはボートラ入りの通常盤である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 夢幻鳳影  紫蝕  雨夜ニ笑ヱバ  丑刻参







"朱花艶閃"




日本の和風ヴィジュアル系バンドによる3rdアルバム。


本格HM/HRバンド並の演奏スキルをついに習得した感のある近代ヴィジュアル系シーンにおいて、
音作りこそそこまでヘヴィでは無いもののハードロック的なサウンド和楽器、和音階を導入し
ダークで怪しくもクサい和風スタイルを見せてくれるバンドによる通産3作目のアルバムである!
音楽的には過去作同様ホラー要素入りの和音階、和楽器を導入したヴィジュアル系で、音作りは
やはりそこまでヘヴィでは無くハードロック止まりなれど過去作と比べると次第に向上しており
洗練されて来てはいる
んだが、まだまだ音作りは軽くドラムがスカスカなのが惜しいのう・・・!

1曲目は短いながらも珍しくのっけからスローテンポで、なかなかにハードな音作りの上に
和楽器を乗せ、ヴォーカルも和なフレーズを歌っておりダークな怪しさを演出、2曲目は
ハードロックと言うよりもやはり昔ながらのV系っぽさを残したバンドサウンドハモンドや
ストリングス系のシンセ
が登場、シャウトも昔ながらのV系ライクなエフェクト頼りの弱さ
目立っているが、途中から疾走しており勢いもあるな。3曲目は尺八、琴の音色にナヨナヨVo、
そこそこハードなギター
が聴けサビはいかにもV系なキャッチーさがあり、4曲目は和太鼓っぽい
ドラムに琴、尺八
が聴けるも、全体的に明るく華やかなチャラさが目立っておりV系らしい
短小軽薄さ
が強く鼻に付くのう・・・!(爆)5曲目はどこかスカ寄りな軽めのギター
ヴィジュアル系と言うかオルタナ的な胡散臭い怪しさが目立った軽いミドル曲。
6曲目はハードな音作りで勢い良く疾走し、ギターが細かいオブリを放り込んでおり
HM/HR者にアピール出来そうだがやはりヴォーカルが弱く癖も強く、シャウトもいかにも
昔のV系ってな感じでヘナチョコなのが惜しいのう・・・!イントロやサビではヴァイオリンの
音色
も顔を出しクサさもそれなりにあるだろうか!?7曲目は煌びやかな和楽器が聴けるも
淡々としたスローテンポ怪しさを放っているぞ。サビは雰囲気が変わり歌謡曲的な
クサさ
を醸し出しておるわい!8曲目は勢いあるファストチューンで、ギターこそそれなりには
メタリック
なんだがヴォーカル、シャウトが昔のV系止まりなんで黒夢の“親愛なるデスマスク”
思い出させるような所があるか!?ただサビはクサさを放っており好印象だな。9曲目はシンセ、ギターが
なかなかに壮大な和の空気を醸し出しオーソドックスな部分陰陽座を思わせる印象があるのう・・・!
一部で聴けるデジタルリズムは不要だな。10曲目は軽めのギターオルタナ風の空気を醸し出し
リズムもそんな感じのチャラさが目立った売れ線寄りのミドル曲。メロディーは和風だが
あざとさが強く個人的に好みじゃないなぁ・・・!(爆)11曲目もライトさの残るギター売れ線の
オルタナ
に近い印象を見せるポップ寄りの軽快な曲だ。サビもまんま売れ線J-POPセルアウトしている。
12曲目はV系らしい怪しい雰囲気を放ち軽い音作りで疾走!シンセも目立っておりAメロは
淡々としているが
その後は和の要素も顔を出しテンポアップするぞ。13曲目はピアノに
ナヨナヨVoが乗るバラード。
サビでバンドサウンド、シンセが盛り上がり
王道なスタイル
となっているのう・・・!


まだまだプロダクションが悪くドラムが軽かったり、ヴォーカルが弱弱しくナヨナヨしており
癖も強くデスVoも加工頼り
で、楽曲も少しずつ洗練されては来ているんだがそのためか過去作に
あったようなガムシャラな疾走感が減退しており、メロディーラインも和なクサさのあった
前2作
と比べてよくあるV系らしい売れ線のキャッチーさが目立つようになってしまっており
この辺で評価が分かれるだろうな・・・!アルバム後半で特に売れ線に走っており、これなら
未熟さが目立っていた1stのほうが良かったわい!(爆)その他大勢のV系バンドのように
セルアウトしてクソつまらん軟弱ポップスに成り下がってしまうつもりなのだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 鬼祭  朱花艶閃  化猫







"暁歌水月"




日本の和風ヴィジュアル系バンドによる4thアルバム。


ヘヴィ過ぎない勢いあるハードロック的バンドサウンド和楽器、和音階を放り込み
ホラー色濃いダークで怪しい和風ヴィジュアル系サウンドを持ち味とする若手バンドで、
初期作は荒さ、未熟さこそあれど薄暗さとクサさが目立ち疾走感もあって好印象だった・・・!
3作目に当たる前作で疾走感が減退しちょいとばかし売れ線に走った感があり不安になったが、
続く4作目の本作も曲によってはダークで怪しい和風のクサさがあるも、その一方で今風のチャラい
売れ線V系な曲
があり全体的に散漫な印象があるだろうか!?

1曲目はピアノに始まりストリングスシンセと共に勢い良く疾走!ヴォーカルも
怪しげな歌い回しを披露しておりダークな和風ホラー要素が強くサビはキャッチーさもあるな。
2曲目もシンセが目立ち軽快な疾走感を放っており、音作りは昔ながらのライトかつ
ダークな初期V系っぽい所
があるな。ギターソロがカントリー風なのが風変わりで面白いか!?
3曲目は琴などの音色軽快な和の印象を放つも、かなり穏やかでマイルドな面もあり
サビにはいかにも売れ線なチャラさがあるのう・・・!4曲目はこれまた90年代V系風の軽い
バンドサウンド
和の要素が乗り暗く淡々とした印象もあるな。5曲目はメロパワ、
メロスピ風の疾走感
を見せるもメタリックさは薄く、和楽器が目立ちメロディーラインは
どちらかと言ったらアニソン風だろうか!?6曲目はスカ風の軽快なリズム琴の音色が乗り
チャラめのノリの良さを放つアップテンポ曲。7曲目も軽い音作りでスタスタと疾走、
蚊の鳴くようなヘナチョコながらにホイッスルVoも交え、シャウト等全体的に
まんま90年代V系である!(爆)
8曲目も怪しさのある疾走感を放っており、
ストリングス系のシンセが聴けつつギターが実に胡散臭いのう・・・!
9曲目は祭りっぽい和楽器華やかさを放ちつつもチャラい軽薄さが目立った疾走曲。
途中でスローダウンし結婚式のような雰囲気が放たれるぞ。10曲目はノイジーさのあるギターが聴ける
疾走チューンで、デスVoはやはり昔ながらのV系って感じだな。11曲目もまたギターが怪しげな
ノイジーさ
を放つ昔ながらのV系だが、サビは和風のチャラさが目立っており実に軽薄である!(爆)
12曲目はアコギ呟くようなヴォーカルが聴けるバラード。中盤からバンドサウンドや
琴などの音色
怪しげな空気を醸し出すのう・・・!13曲目は軽快で軽薄な和の空気を放つ
ライトでチャラい曲で、14曲目はストリングスシンセや琴が暴れ疾走、リフもモダンな
ヘヴィさ
があり俺ら好みの楽曲となるぞ!


従来のダークな和風に加えチャラい売れ線のポップチューンが混ざり始めた前作と
まったく同じ方向性を見せている1枚で、和風ホラー要素のある曲も残ってはいるが
同時に売れ線寄りのチャラいライトな曲も目立っており、90年代V系っぽい軽さ
そこかしこで見られ普通にメタルコアしてる近代V系メタルからは一線を置いた立ち位置に
属している1枚
と言えなくも無いだろうか!?デスVo、シャウトもかなり出番が減っており
クリーンVoがメイン
となっているが、疾走チューンが戻って来ているのは好印象だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 アカイミハジケタ  灯  愛怨忌焔  イナイイナイ







もどる


inserted by FC2 system