Kresh end







"Phalaenopsis"




日本のヴィジュアル系バンドのシングル。


本作1枚を残して速攻で解散したらしく他の音源は無い・・・!
まぁこの手のバンドらしいと言えるが(笑)、音楽的には疾走する軽めのロック
耽美な雰囲気、若干のメタル要素を孕んだギター典型的V系スタイル
踏襲しておりヴォーカルは部分部分でシャウト、デス声交じりになるがクリーンヴォイスは
全体的にはずし気味である・・・!語尾をシャウトでぼかす(ごまかす)という
世間一般がヴィジュアル系の歌唱に持つイメージそのままな事を
やっているのが笑える・・・(爆)。プロダクションは当然悪い。

ピアノとソプラノ系シンセによるイントロの後に変拍子入りのリズムで
ギターがリードプレイを魅せヴォーカルがシャウトを混じえた
歌唱
を聴かせる。へヴィさは無いがスカスカというわけでもなくハードロック寄り
演奏をしておりギターソロもなかなかの泣きフレーズを聴かせてくれる。
2曲目はいきなり疾走しギターがどこかネオクラ風と言えなくも無いフレーズを弾き
インディーズ時代のJanne Da Arcみたいな軽めのメロスピ寄り
疾走チューン
になる!ギターのバッキングはクリーントーンのアルペジオ
まんまV系だがヴォーカルメロディーはなかなか良い。後半ツインリード
絡み合うギターソロもいいぞ!その後のシャウトパートバカっぽくて笑える(爆)。
ラストのサビでバックがなぜかヴァイオリンになるところも聴き所だろう。
3曲目は本作中最もハードロック寄りワウを利かせたギターが唸り
アップテンポになる。それ以降はやはり軽めのV系ロックになるが
間奏で再びハードロック調になりワウをかませたギターが聴けその後
デス声が唸るへヴィなパートになるぞ!


個人的にはもっとへヴィさが欲しいがまぁ仕方ない。ヴォーカルはクリーンVoだと
正直下手なのでデス声中心になればクオリティーは上がるだろう・・・まぁ
もう解散したバンドなので色々言ってももう無駄だが・・・!(爆)






満足度 60% お気に入り曲 ルヴィアの儀式-Intriguante-







もどる


inserted by FC2 system