"未知標"




日本の歌謡哀愁へヴィロックバンドの1stアルバム。


激情の絶叫が武器のスリーピースラウドロックとの触れ込みで活動する若手バンド
てっきりenvyタイプの激情ポストハードコアをもっとエモくした感じかと思っておったが
音楽的には何とTHE BACK HORNタイプ歌謡曲的なクサさを持った哀愁メロディーをたまに
シャウトを交じえるが実際はクリーンでエモーショナルなヴォーカルが熱く歌い
バンドサウンドはへヴィ、ラウドと言うほどではないがなかなかに荒々しいハードさ
携えており初期ムック、メリー、THE BACK HORN辺りが好きなクサメタラーにかなり
強烈にアプローチするバンド
だと言えよう!

1曲目はなかなかにハードなバンドサウンドと共に時折シャウトを交えたエモいヴォーカル
歌謡曲的な哀愁を持ったメロディーを歌うストレートなミドル〜アップテンポ曲でメロディーの
良さが光っており
2曲目もまた日本人好みのヴォーカルメロディーが聴けバッキングのギターが
なかなかに細かいフレーズを聴かせてくれるな。サビがまたクサいのう・・・!ラストは
変拍子交じりのリズムも聴けるぞ!3曲目は昭和歌謡ジャズライクなノリを見せいかにも
メリー辺りがやりそうな曲調だな。絶叫をバックにギターソロも聴けメタル的なプレイではないが
演奏スキルはなかなかにありそうだな。後半はピアノソロも顔を出すぞ!4曲目は淡々とした
ムード漂うスロー曲
だがやはりメロディーはモロに歌謡曲である。5曲目はちょいと明るめかつ
変拍子を交えた変態要素もあるリフ
に始まり軽快さを放ちヴォーカルもポジティヴなムード
あるもやはり歌謡曲的な和のクサさが目立つのう・・・!6曲目はクリーンギター、ウィスパーVoが
メロウな静けさ、叙情性を放ちサビでバンドサウンドも入り大人しいながらも盛り上がる
バラード寄りの曲。
ギターソロもブルージーな泣きを見せており後半は手数多い細かめの
ギターソロも顔を出すぞ!
意外とメタルの影響は濃いかも知れんな。7曲目はドラムが軽快に
疾走
しギターも荒々しいバッキングガムシャラ感を演出、ヴォーカルは当然のように
歌謡曲ライクなクサさを放ちエモーショナルなシャウトも交えを感じさせるな・・・!
8曲目はアップテンポでこれまた明るいポップ寄りの曲調だが中盤で急にモダンなへヴィさを放つ
ビートダウン、加工シャウト
が顔を出すぞ!9曲目は穏やかなクリーンギター、ピアノが聴けるバラード。
ハモンドも途中で顔を出し後半で盛り上がりを見せるのう・・・!ギターソロも泣きのプレイだ。
10曲目は早速キャッチーなヴォーカルに始まり細かいバッキングが聴けつつアップテンポ
メロウさを出しつつも軽快に展開ベースラインも印象的だ。11曲目は
これまたジャジーなムードを放つノリでヴォーカルはやはり歌謡曲要素満点憂いを帯びているな・・・!
ファルセット交じりのヴォーカルがなかなかに上手くサビがまたクサいのう!
12曲目はピアノ、アコギが聴けるソフトで穏やかなバラード系の曲。13曲目は
淡々とした中に勢いを内包したムードがありサビは実にキャッチーじゃのう・・・!
どこかBUMP OF CHICKENの疾走曲に通じる要素があるな。14曲目は盛り上がりもある淡々とした
穏やかな曲調
でギターソロが一瞬シュレッドも見せるぞ!


初期ムック、メリー、THE BACK HORN直系歌謡曲的な哀愁漂いまくりのエモいクサさに
満ち溢れたヴォーカルメロディー
が実に強烈なバンドである!バンドサウンドもメタルではないが
スカスカさは無くハードロック的な詰め込み具合
で演奏もなかなかにタイトさがあり細かい
バッキングの手数の多さ
メタラーにも十分にアピール出来よう・・・!ヴォーカルも
シャウト交じりのエモい歌唱がいかにもTHE BACK HORNでこれまたなかなかに歌えており
声質も良いな。
これは将来有望なバンドだと言えよう!このままアルバムを重ねていく毎に
セルアウトし丸くなってしまわない事を祈るばかりじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 半身創痍  夢  巣立ち  今日モ旅路ハ雨模様  風のメロディ
黒髪ストレンジャー







"感傷形成気分はいかが"




日本の歌謡哀愁へヴィロックバンドのミニアルバム。


激情絶叫へヴィロックとの触れ込みだが実際はTHE BACK HORNタイプ哀愁歌謡クサメロ
エモーショナルなクリーンVoが歌いバンドサウンドはへヴィではないがそれなりにハードで
手数多い細かいアンサンブル
が楽しめる新人ながらなかなかにデカいスケールを持った
バンドの6曲入りミニアルバムである!ドラマタイアップ等を積極的に行いさらにシングル
バンバン出しておりポップ化が懸念されるがその心配は当ってしまうのだろうか!?

1曲目はクリーンギター、ウィスパーVoで幕を開けラウドさは無い細かいリズムが聴ける
バンドサウンド
が顔を出す淡々としたムードの曲。ギターは細かいがクリーンサウンドが
メインなのが物足りんな・・・!
2曲目はこれまた軽いクリーンギターが聴けるがヴォーカルの
歌謡曲クサさは健在でギターソロも登場するぞ!3曲目は明るいポップでキャッチー
ムード漂うヴォーカルメロディー、バンドサウンドがメインで個性が薄れた感があるのう・・・!中盤では一応
モダン風のビートダウンも顔を出し絶叫も聴けるぞ。4曲目は押さえたような哀愁を放ち
軽い音ながらパンキッシュに疾走しGENERAL HEAD MOUNTAINを彷彿とさせるがサビ(?)で
スローになり勢いが消滅、
なぜこんなアレンジにしたのか意味不明じゃ!(爆)5曲目はクリーンギター、
ソフトなヴォーカル、ピアノ
が聴ける哀愁漂うバラード。サビのバックでヴァイオリンも顔を出すぞ。
結構下手なんだが・・・!(爆)6曲目はポップでキャッチーなヴォーカルに始まり淡々とした
ムード
を放ちメロディーこそ歌謡曲要素が残っているがやはりギターがスカスカなクリーンで実に物足りんわい!


1stフルアルバムがそれなりにハードさも持ち合わせへヴィではないがなかなかにラウド
一面もありクサメロのみならず荒々しくもタイトな勢いを感じさせパンキッシュな所もあり
好印象だったんだが本作はギターの音がほぼクリーンになってしまいまるでBUMP OF CHICKENとかの
ような骨抜きヘナチョコスカスカ軟弱オルタナに成り下がっちまった印象があるなぁ・・・!
やはりタイアップやら何やらでメジャーの毒に汚染されちまったのだろうか!?折角いいバンドだと
思ったのに早くもくだらないバンドに堕ちたようでただただ残念じゃ・・・!セルアウトFUCK OFF!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 居場所  ココニアル  







"天使と悪魔"




日本の歌謡哀愁へヴィロックバンドの2ndアルバム。


歌謡クサクサパンク/ラウドロック最後の砦(?)と言うべき国産バンドである!
かつてのTHE BACK HORN、最高だった頃のムック、今も安心のメリー等を彷彿とさせる
コッテコテの歌謡曲クサさに満ち溢れた芳醇メロディーデスVoとは呼べんものの
スクリーモタイプと言えなくも無い絶叫シャウトを武器にバンドサウンドもメタリックでは
無いがそれなりにハードさを持ったアンサンブルでクサメタラーをも唸らせた・・・!
だが上記のミニアルバムではメロディーこそまだ歌謡曲クサさを保っていたものの
バンドサウンドのハードさが薄れよくあるペラいスカスカオルタナに接近してしまい
一抹の不安を残していった・・・!そして待望の2ndフルアルバムとなった本作、
奇しくもトム・ハンクス、ユアン・マクレガー主演あの映画と同じタイトルに
なったわけだが別にダ・ヴィンチ・コードの続編がコンセプトという訳でも無ければ
カメルレンゴコンクラーベ根比べしてイルミナティでっちあげて教会は全部CG
のちのアナキン・スカイウォーカーであるとかそういった事は一切無い(爆)。
数多くの名バンド、良バンドが次々とセルアウトの毒牙にかかる中果たして
彼らはどうなったのであろうかッ!?

1曲目はスキャットVoで幕を開け早速ユルさを感じさせバンドサウンドは
昭和歌謡ジャズ風古臭いオシャレ感を放つこの手のバンドがアルバム1枚で
1曲は必ずやる
であろうタイプの曲で早速微妙だが(爆)サビはクサく疾走するぞ。
2曲目は怪しくもスカスカなバンドサウンドが聴けペラいながらもどこか軽快さを
放っており
サビはクサさがあるもどうにもメジャー感を意識しすぎで歌い回しも
かつてのような激情が無く線の細いヘナチョコVoになっちまっておるなぁ・・・!
3曲目も相当にユルくタル〜い穏やかな曲で4曲目はアップテンポでは
あるがやはり相当にスカスカなオルタナムードが強くヴォーカルも実に
ヘナチョコ
シャウトも無ければ張りも無い!サビも典型的売れ線J-POPで
最低だ!
5曲目はここに来てようやく彼ららしい哀愁漂う歌謡クサメロが聴ける
アップテンポ曲
になるが悪い意味で垢抜けないダサさも強く1stの頃のセンスは
無くなってしまっておるな・・・!サビもあざとさが強いか!?6曲目は再びユルめの
スカスカな穏やかポップス
になるが7曲目は珍しく多少はハードロック寄りの
ギターリフ
が聴けるも曲調自体は大して面白みが無くユルいスカスカさも強いのう・・・!
まぁサビは歌謡曲クサさがあるのだが・・・。8曲目は穏やかなアコギが聴けるバラード。
9曲目は非常にユルいパートとそこそこハードなパートが聴けるもやはり穏やかで
明るいムード
が強くクサさも皆無ヴォーカルも薄っぺらすぎるわい!
サビだけは歌謡曲的だがやはりどうにもあざといなぁ・・・!何でこんなに曲作りが
下手になっちまった
んだ!?1stはマグレか!?10曲目はここに来てようやく多少は
期待出来そうなクサメロ
で幕を開け音作りは軽いがギターもオブリを放り込み
1stの頃を彷彿とさせる
がやはり勢いは無くかつての激情、エモーション、コアさは
まったく感じられない
なぁ・・・!サビはヴォーカルメロだけは良くその後本作初の
絶叫シャウト
も一瞬だけ登場だ!11曲目はどこかクラシカルなムードを醸し出す
ギターフレーズ
が聴けオルタナ化したメリーと言えそうな雰囲気を醸し出すも
ヴォーカルが入るとやはり淡々としたお決まりのアレンジになっちまうなぁ・・・!
サビはクサく悪くは無いがやはりあざとく感じてしまうのう・・・!12曲目は和のムード
醸し出しサビは定番な感じのキャッチーさを見せるが基本的に真新しさは無く無難だ。
13曲目は大して面白くも無い穏やかなバラードで14曲目は実に珍しいツーバスも聴ける
本格的な疾走チューンだがメロスピではなくメロコアの要素が強く、テンポダウンし
ユルくなるパートも聴けサビも歌謡曲クサさは皆無でよくあるただのメロコア、
青春パンク化
してしまっており見事なまでに持ち味を捨てておる!
一体どうしちまったんだ鴉よ!?


彼らもか!彼らもメジャーの毒牙にかかりセルアウト化してしまったというのか!
1syアルバムにあったシリアスな激情、ハードさ、絶叫シャウト、ほの暗い哀愁漂う
歌謡クサメロ
がものの見事に消滅してしまいサビこそまだ多少のクサさが残っては
いるもののメジャーキーが目立ち何の面白味も無いただの明るめのJ-POP化してしまっておる!
ふざけるなFUCK!俺達はこんな骨抜きJ-POPバンドに用は無ぇんだよ!何でだよ!
なんでお前ら揃いも揃ってつまらなくなっちまうんだ!
俺達を非HM/HR不信にしたいってのか!?OKいいぜ、そんなに俺達を
ハメたいってんなら次はケツに塗る潤滑油でも特典につけるんだな!
せいぜいハメやすくなるだろうからよ!!
タマ舐めやがれ!!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 6% お気に入り曲 手紙







もどる


inserted by FC2 system