回路-kairo-







"Way of wonderful suicide"




日本の叙情派ポストハードコア/エモ/スクリーモバンドのオリジナルアルバム。


群雄割拠の体を成す同人HM/HRシーン最後の大物と呼びたくなる実力派ビッグネームである!
自らを“世界系”と称し過去にオリジナルのミニアルバムを1枚リリースするもその後は
東方アレンジが続き個人的に中々手が伸びなかったんだが此度ついにオリジナルの
フルアルバムをリリース!
ここぞとばかりに喜び勇んでゲットしたというわけだが
俺と同じような考えのリスナーもさぞ多かろう・・・!そんな彼らの音楽性は
一言で言うと女性Voをフロントに配したポストロック寄りのオルタナエモ
ガチのメタルでは無く気だるい退廃的な雰囲気モノの要素が強いがメロディーラインは
日本人バンドらしいフックあるキャッチーさがありバンドサウンドはドラムも含めて
全て生、
演奏技術が高いバンドではないが女性Voは確かなスキル、表現力があるな・・・!

1曲目はピアノギターのボリューム奏法叙情的なムードを放つイントロで
続く2曲目は女性Voエモ色濃い雰囲気系チャカチャカギターが聴け穏やかな
雰囲気に包まれた気だるいポストロック系エモになるがメロディーは日本人らしい
キャッチーなフック
がありノイジーなギターも顔を出し盛り上がるぞ。メロディー重視の
泣きのギターソロ
も印象的だな。3曲目は気だるいムードを漂わせるルーズなギター、
ドラム
が聴けこれまたスローテンポで淡々と展開するもバンドサウンドはハードさがあり
メロディアスなギターソロ
も聴けるぞ。4曲目はギターがそれなりに自己主張を始める
やはり気だるいルーズさが漂っておりオルタナ系に通じる部分もあるがバンドサウンドは
スカスカではなくHM/HR要素があるのが良いな・・・!5曲目はピアノ、ストリングス系の
シンセ
に加工された語りが聴けるメランコリックな繋ぎのインストで6曲目はピアノで
幕を開けアップテンポ寄りになりノイジーな気だるさを残しつつプログレ的なムード
醸し出し女性Voはハキハキした声質説得力ある確かな歌唱力を見せこのヴォーカルも
プログレ的な空気の演出に一役買っているな・・・!お城系ライクである!7曲目は
メロウなピアノに女性Voが乗るバラード曲。メロディーが良くヴォーカルの表現力も確かで
レベルの高さを伺わせるのう・・・!途中からストリングスも顔を出し実に美麗だな・・・!
8曲目はメロウなアコギで幕を開け穏やかで淡々としたバンドサウンドも登場、
サビはハードさを見せ盛り上がりHM/HRバラードのフォーマットを踏襲した部分があり
途中ストリングス男Voコーラスも顔を出すぞ。後半でまた雰囲気が変わり
ストリングス女性Voスキャットが開けたようなムードを演出するぞ。
9曲目はアコギ、クリーンギターが聴けこれまた淡々とした空気を出すもその後は
ハードなバンドサウンドとなりギターはプログレ的なテクニカルさを持ったフレーズを
紡ぎヴォーカルが入るとまた大人しくなるもその後は盛り上がりを見せギターに限らず
ドラムも何げに手数多いプレイを披露、ドラマティックさを演出するぞ!


叙情派ハードコア、エモ系の音作りでハードさはあれどモダンと言うほどではなく
疾走感も皆無、基本はスローで雰囲気モノの音作りを見せており判り易く言うなら
ダークさ、重苦しさの無いHEAD PHONES PRESIDENTと言った所だがあっちほど
邪悪じゃない分キャッチーさがあり聴き易いのはこっちだろうな・・・!
エモ、スクリーモと言うよりはオルタナ系に通じる部分もあり音質は軽く決して
良い訳ではないがこういう音楽性にはマッチしていると言えるか!?評価の高い
バンドだが個人的にはもうちょい激しさを出してメリハリを付けたほうが好みだな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Love song  Answer  Way of wonderful suicide







もどる


inserted by FC2 system