黒蝪蝶






"遺書剥奪"




日本のヴィジュアル系メタルバンドのミニアルバム。


ルックスこそ一昔前のヴィジュアル系なれど音楽性は正統派寄りの
スラッシュメタル
と、AIONやGARGOYLE直系のジャパメタを聴かせてくれる
黒蝪蝶のミニアルバムである!

1曲目からさっそくスラッシーに疾走!ヴォーカルもがなるタイプの歌い方をし
文句無くメタルである!AIONを思わせるスラッシーな正統派ジャパメタで
X的なツインリードもカッコいい!途中のシンガロングも良い!唸るベースソロ後に
ギターソロが聴けるのも面白い!ツインリードはやはりたまらんな!その後のアコギを
バックに聴かせる泣きのギター
も素晴らしい!クサいぞ!!ピアノもバックで舞う!
ラストの激泣きギターも強烈だ!速弾きはそれなりだが
泣きのトーンは凄いぞ!

2曲目はヴィジュアル系スタイルに接近したスタイルの曲だがイントロの
泣きギターはやはりたまらん!チャカチャカいうバッキングのギターはメタルに
慣れた耳には新鮮だろう。歪みの少ない軽めのギタートーンがいい味を出しているな。

3曲目もメタルリフに導かれてヴォーカルがメタリックなハイトーンを出し
スラッシーに疾走するメタルチューン!普通声は下手なヴォーカルだががなり声は
まぁ悪くない。
V系曲はやめてこういう方向性に絞ればいいのになぁ・・・!
シンガロングもこれまた熱い!

4曲目は物悲しいアコギに導かれるメランコリックな小曲。重ね録りされた泣きの
ギターフレーズがたまらんなぁ・・・!

5曲目もスラッシーに爆走するメタルチューン!ヴォーカルも低い声でがなり
GARGOYLEや歌唱力は圧倒的に劣るが聖飢魔IIの“ギロチン男爵の謎の愛人”
みたい
だ(笑)。この曲もライヴで盛り上がりそうなシンガロングが聴ける!メタリックな
シャウトやツーバス連打
メタル者の魂を熱くさせるぞ!


ヴィジュアル系というと軟弱そうなイメージがあるが彼らはそんな定説を覆す
漢らしさに満ちたバンドだと言えそうだな!日本語詩が聴ける正統派メタラー、
スラッシャーにオススメのミニアルバムである!






満足度 80% お気に入り曲 遺書剥奪〜震える拳を突き上げろ、
かれん、BLACK ARTS







"[綺想曲] CAPRICCIO"




日本のヴィジュアル系バンドの2ndアルバム。


ヴィジュアル系というとかつてはX、AION、GARGOYLE等のような見た目は派手だが
音楽的にはスラッシュ寄りの日本語メタル
だったがいつしかルナシーのような
ポジパンにややメタル寄りのギター、そして喉で歌う
ナヨナヨヴォーカル
に変わっていき、その後黒夢の“親愛なるデスマスク”、Dir en greyの
影響を受けたラウドロック風のへヴィサウンドばかりになった印象がある。
しかしここに紹介する黒蝪蝶はそういった最近のヴィジュバンドスタイルではなくかつてのAIONや
GARGOYLEのようなスラッシュ寄りの正統派メタルサウンドを
聴かせてくれる貴重なバンドである!


ヴォーカルこそたしかに典型的V系スタイルだ。しかも下手である(爆)。しかしそれ以外・・・。
バックの演奏陣は完全にメタルと呼んで差し支えない音を出している!
ギターは1人だがどこかメロスピに通じるクサいツインリードを聴かせてくれる!リフ、ソロ等
完全にメタルだ!ドラムもメタル的な疾走感を出している!全体的にスラッシュメタル風だぞ!
他にこういう音を出すヴィジュバンドといえばDが思い浮かぶがこっちのほうが疾走している!

親愛なるデスマスク風にやろうとしている曲もいくつか見受けられるがヴォーカルの
シャウトのキーが高く、ギターがスラッシュ系のためますますAIONっぽく
聴こえる
のが良い(笑)。


限りなくメタルに近いV系バンドだと言える。AIONのファンにおすすめだ!
日本語詩、ヘナチョコヴォーカルに耐えられるスラッシャーも聴いてみてもいいかも。



満足度 75% お気に入り曲 What's right or wrong、Crap(莫迦奴)、Sad song







もどる


inserted by FC2 system