蜉蝣







"蜉蝣"




日本のヴィジュアル系バンドの1stアルバム。


猫も杓子も黒夢、Dir en greyスタイルを踏襲するヴィジュアル系シーンにおいて
それらの影響を受けつつも自分達なりに昇華し独自の発展を遂げたバンドも
確かに存在している・・・ここに紹介する蜉蝣もそういった先人の影響を
そのまま鵜呑みにせず独特の世界観、楽曲を打ち出すことに成功したバンドの1つである!

音楽的には非常に暗くおどろおどろしくへヴィではあるがそれ以上に
狂気、グロさを感じさせるものでメンバーの演奏技術もアルバム聴く限りじゃ
高そうである・・・そして何より特筆すべきがヴォーカルのデス声・・・シャウトだ!
低音で唸るタイプではなくブラックメタル系の絶叫タイプなのだが・・・これがまた
物凄いエモーションと狂気に満ちているのである!本場のプリミティヴブラック勢、
そしてDir en greyの京決して引けをとらない極悪シャウトは凄まじいの一言で
いままで彼らの音源を聴いてこなかった自分の見識の甘さを恥じるばかりである!
世の中凄いミュージシャンはまだまだいるもんだなぁ・・・!

いきなりテクノ、トランス系のダンスビートで幕を開け、
2曲目はイントロのノイジーな音に続き絶叫が飛び出しスローなインダストリアル系
へヴィサウンド
になる!ヴォーカルはクセのある爬虫類系の声質だが
シャウトが凄い!そしてサビは一気に開放感あるメロディアスサウンド
変わるぞ!途中シャウトしまくり疾走するパートがあるがそこで聴ける狂気はかなり凄まじい!
真性ブラック連中に決して引けをとらない過激さ、凶暴さ
満ちている!ムックとは一味違うエモーションがあるぞ!

なぜか三三七拍子のリフがイントロで聴ける3曲目はノリのいい曲で
ブラストばりに疾走するドラムが聴けるぞ!この曲もシャウトがヤバイ!
こんなに凄いバンドだったとは・・・!

4曲目も凶暴なシャウトが聴けるがサビがこれまたメロディアスで良い!
バックでストリングスが鳴っているのもポイント高し!最後はシャウトで締め直後に
カオティックさすら漂わせる間奏、そしてメタルばりの速弾きギターソロ
炸裂!演奏テクニックもあるな・・・!

5曲目は一風変わってベースがスラップするファンク調のリズミカルな曲。

6曲目は狂気を放つダークな雰囲気に満ちており淡々とした展開から
途中へヴィになる!やはりシャウトが凶暴かつ狂っておりたまらんわい・・・!

7曲目はへヴィなイントロに続きヴォーカルのバックでベースがスラップしまくる
ノリのいい曲でサビで一気に疾走を開始!メロディーもキャッチーで狂気に満ちた
本作の中でも最もとっつきやすい1曲だろう。後半でツインリードになる
ギターソロ
も良いな!

8曲目は70年代ロック的な雰囲気とロカビリーっぽさが混ざり合った
変態的な曲でイントロからギターがピロピロ弾きまくりヴォーカルもシャウトしまくる!

9曲目はメタル色濃いリフに導かれてシャウトしへヴィに展開する
本作の中でも特に激しい部類に属する曲だ!しかしただアグレッシヴな
だけではなく静寂パートもあり一筋縄ではいかない曲に仕上がっている。
ラストのシャウトを乗せてへヴィに爆走するパートは凄まじく強烈だぞ!

10曲目はミドルテンポのメロディアスな曲でギターこそやや変態チック
バッキングを弾くがサビメロは非常にキャッチーでメロディアスだ!
狂気を演出するのみならずいいメロディーを書く才能もあるバンドだと
言えよう・・・!ギターソロも泣いているぞ!

ラストの11曲目はクリーントーンのアルペジオに導かれる暗くもの悲しいバラード。
淡々と展開していきサビでバンドサウンドが入り一気に壮大になる!
シンセの入れ方も良いな。特にギターソロのバックでシンフォニックに盛り上げる所など
非常にツボを突いた使い方をしているぞ!

多くのヴィジュアル系バンドが黒夢の“親愛なるデスマスク”の劣化コピー
陥ってしまっているのだが彼らは“親愛なるデスマスク”を見事に昇華
独自のダークさ、狂気を生み出しているのが凄いな!たしかに黒夢っぽさはあるが
彼らはただの物真似バンドではない!


Dir en greyタイプ
とされるバンドの中では頭一つ飛びぬけていると言える
高品質バンドだ!どうやらすでに解散してしまったようで残念でならない・・・!
へヴィさ、狂気、エモーションに満ちた質の高いヴィジュアル系が聴きたい人に
激しくオススメである!日本語詩、V系ヴォーカルが聴ける真性ブラックメタラーも
聴いて損はないかもしれん!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 迷走本能、根暗高速子守唄、
冷え性の女、マーヴェラスな首飾り、雨の湾岸通り、
ピチ崇拝、過去形真実、渦







もどる


inserted by FC2 system