Jeniva






"想浮、明くる緋ノ月"




日本のヴィジュアル系バンドの2ndミニアルバム。


ヴィジュアル系と一口に言ってもそのスタイルは様々ではあるが、多くのバンドが
ディルアングレイに影響されたスタイルを持っていると思う。
しかしここに紹介する彼らはそうではなく、クラシカル、シンフォニックな
サウンドを纏いクサメロを撒き散らし疾走
する、
こっち側のスタイル
を持ったバンドなのだ!

メンバーは今のところ3人で、ギターとドラムはヘルプを雇っている。しかしそのヘルプミュージシャンが
こちら側の人選。ライヴでのギターはANCIENT MYTH、ドラムはMASTERPIECEだ!
どうやらルックス、ヴォーカルスタイルはV系なれど、彼らを取り囲む回りは
みんなメタル畑
らしい・・・。彼らのオフィシャルサイトのバンド関係のリンク先は
メタルバンドばっかりだった
し・・・(笑)。

そんなわけで、音楽的にもヴォーカル以外はメロスピと言い切ってしまえるタイプで、
クサいもの好きのメタラーの琴線にバリバリ触れる悶絶疾走チューンを聴かせてくれるぞ!
1曲目のインストに続く2曲目“月下氷人”は北欧メタルに通じる透明感を持ったメロスピ。
途中で聴ける間奏のピアノがたまらない!そして3曲目“暗庭の使徒”はチャーチオルガンが
鳴り響き時にブラストやデス声
(というより、ヴィジュアル系の世界で言うシャウト)を
聴かせるキラーチューン!雰囲気、曲調ともにMoi dix Moisの影響が
かなり強そう
だがあっちに負けていないと思う。名曲だ!!
4曲目“下弦の月”はメランコリックなピアノとシンセのストリングス
物悲しさを演出するバラード。これもいいな。やや短いのが気になるが・・・。

そんなわけで個人的には大いに気に入ったわけだが、やはりこのヴォーカルは多くのメタラーが
拒否反応を示すと思う。GacktやJukaのように深く歌いこむスタイルではなく、終始ナヨナヨした
スタイルはKagrraやRAPHAELを思わせる
な・・・。日本語だし敷居は高いと思う。

しかしこのアルバム・・・普通にディスクユニオンのメタル館で売っていたが、国産モノ、
ヴィジュアル系を嫌うメタラーはどう思っただろうなぁ・・・!?


色々書いたが、日本語詩、V系ヴォーカルを除けばクオリティーは高いと思う!
Moi dix Mois、RAPHAEL、あさきのファンにおすすめだ!はやくフルアルバムが聴きたいぜ!!



満足度 78% お気に入り曲 月下氷人、暗庭の使徒







もどる


inserted by FC2 system