犬神サーカス団






"スケ番ロック"




日本の女性シンガーを擁するハードロックバンドのアルバム。


オバQみたいなメイクで強烈なインパクトを見る者に与える
女性シンガー、犬神凶子率いる日本のバンドだ!
彼らの事は深夜に流れる国産バンドのPVを流す試験放送で何度か
チラッと見てきてはいるがアルバムをマトモに聴くのは本作が初めてであり、
またその音楽性もどういったスタイルを持っているのか
聴くまでは皆目検討が付かなかったのだが・・・!

音楽性はそのパンチの聴いたルックスとは裏腹に至極普通のハードロックで、
女性ヴォーカルが日本語で歌うと言う事を除けばまんま70年代の
ハードロックサウンド
を踏襲していると言えよう。様式美色はほとんど無く、
曲によってはブルージーな味わいもある。どこかスコーピオンズを思わせる
切れを持ったリフ
も見受けられなかなか好印象だ。
犬神凶子のヴォーカルもキンバリー・ゴスがKISSや聖飢魔Uのような
メイクをしたかのような凶悪なルックス
からは想像も付かない
普通の声
である。当然デス声など無い(笑)。

曲的には古き良きブリティッシュハードロックスタイルでこの時代の音を
知る物ならノスタルジーに浸れそうな感じである(笑)。特に5曲目“太陽を待ってる”の
中盤の間奏はライヴでもないのになぜか長いインタープレイになり、ギターが
フレーズを弾きそれをヴォーカルがスキャットでなぞると言う、往年のディープパープルが・・・
リッチー・ブラックモアとイアン・ギランがライヴでよくやってた
アレを再現している(爆)。
個人的になんかめっちゃ懐かしい気分になったんだけど(笑)。

特に気に入ったのはサビでツーバスが入る3曲目“堕ちた英雄”と間奏のツインリード
劇的さを醸し出すメロパワ寄りと言えそうな12曲目“欲望の牙〜吸血少女・魔子〜”だ。


その特異なメイクのせいかヴィジュアル系専門店でもアルバムが置かれていたりするが
実際の所は日本のKISSと言えそうなバンドであろう。強烈な見た目に反して音楽的には
いたって普通と言うのもKISSとの共通項だと個人的に思うがどうだろうか!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 堕ちた英雄、
欲望の牙〜吸血少女・魔子〜







もどる


inserted by FC2 system