ILLNATH






"CAST INTO FIELDS OF EVIL PLEASURE"




デンマーク出身のシンフォニックブラックメタルバンドの1st。


スタイル的にはクレイドル・オヴ・フィルスタイプのシンフォブラだと言えるだろう。
ヴォーカルスタイル、ド派手なキーボード等随所でそれっぽい音が聴ける。しかしこのバンドは
ブラック系でありながらメロディアスかつファストな
ギターソロが多く入っている
ことが特徴として挙げられる。これにより
ブラックというよりはメロデスに近い雰囲気も内包することに成功、
一種独特ともいえるムードが感じられる。
演奏、音質ともに良好で新人のデビューアルバムとは思えない
クオリティーの高さ
だ!

捨て曲は無くどの曲でも劇的展開、アグレッション、荘厳さが十二分に感じられるぞ!
所々で効果的に使われるフィメールVoも実にいいアクセントになっている。

俺が買ったのは初回盤でデモがついてくる2枚組のもの。デモの頃から
すでに完成度は高く、十分満足させてくれる。デモなのに音質もいいほうだし。


非常にハイクオリティーなシンフォブラの登場だ!クレイドル、ディム・ボガーのファンなら
買って損は無いぞ!



満足度 87% お気に入り曲 全部







"SECOND SKIN OF HARLEQUIN"




デンマーク出身のシンフォニックメロディックデスメタルバンドの2nd。


デビュー作でいきなり高いクオリティーを見せ付けたデンマークの
デス(ブラック?)メタルバンドによる2作目のアルバムである。本作の方向性も前作同様
シンフォニックなシンセを多用しキレのいいギターソロが聴ける
シンフォデス、ブラックスタイルだ。

だが今回クオリティーは高いものの前作に比べると若干地味になったというか、
どこか大人しくなったような印象を受けたな・・・!
1曲目がいきなりつまらん捨て曲だというのも大きなマイナスポイントだと
言えるだろう。2曲目の中盤からよくなっていきそれ以降はいい感じになっていくが
それでもやや大人しめだ。クオリティー的には3曲目以降どの曲も高いが
ずば抜けた感じが無くなっているな・・・!

だがイントロから超大仰な音が聴ける7曲目だけはアルバム中でも頭一つ
抜きん出たキラーチューン
に仕上がっているぞ!


全体的に疾走感が少なめというのも小粒感に拍車をかけていると思う。
だがそこいらのB級シンフォブラックと比べると質は高いので
この手の音が好きなメタラーなら聴いて損はないだろうな!






満足度 84% お気に入り曲 clockwork of time







もどる


inserted by FC2 system