インビシブルマンズデスベッド







"追憶の情慾たちへ"




日本の歌謡グランジ、ラウドロックバンドのアルバム。


ヴォーカル(?)がヴィジュアル系っぽいメイクを施した
国産グランジ、ラウドロックバンドである!音楽的には
初期のTHE BACK HORN、COCK ROACHを髣髴とさせる日本人らしい
暗さ、歌謡曲的叙情メロディー
を携えたグランジ、ラウドロックだが
THE BACK HORNよりも疾走感があり曲によってはパンク的な
荒々しい2ビート
で爆走するぞ!

1曲目からさっそく疾走しヴォーカルはパンクと言うよりは
ヴィジュアル系っぽい歌い方をするな。ダークで妖しい
雰囲気
がありTHE BACK HORNに通じる歌謡グランジっぽさがあるぞ!
絶叫シャウトも飛び出す!2曲目も妖しく疾走する曲
ギターリフ、メロディーなど日本人らしい要素があるな。
3曲目はテンポダウンするもまだアップテンポで展開する
叙情的な曲だ。4曲目はドラム、ベースが暴れ疾走しつつも
ギターがもろ歌謡曲ライクな日本人らしいクサメロを聴かせ
荒々しいリフも放つ、まさに爆走するTHE BACK HORNである!
初期ムックからメタリックさを除いた感じもするな。
5曲目はデリデリしたギターとベースが目立つインスト。
6曲目は初っ端からバンドサウンドが盛り上がるがヴォーカルが
入るとクールダウン、だがその後再び盛り上がり展開していく
どこかポストロック的穏やかさと轟音のコラボレーション
繰り出される曲。7曲目は叙情的なクリーンギターで始まり
6曲目同様淡々とした部分とラウドなパートが交錯する
国産オルタナらしい叙情性を見せてくれるな。8曲目は
どこかジャジーな雰囲気を感じさせるルーズさのあるインスト曲。
9曲目は再び疾走感に満ちた妖しい雰囲気放ちまくりの
歌謡叙情グランジ、ラウドロックだ!間奏の唸りまくるギター、
ヴォーカルの絶叫も熱い!


こいつは驚いたな・・・宣伝文句につられて手を伸ばしたんだが
こんな所にまた一つ良質の国産バンドが隠れていたぞ!
メンバーのルックスやバンド名からはイロモノ臭さが漂って来るも
実際の音楽性は初期のTHE BACK HORNが引き合いに出させるほどに
日本人らしい情念に満ちたメランコリックさ、歌謡曲スタイルの
叙情ラウドロックである!まぁTHE BACK HORNほどメロディーにフックが
あるわけではないのだがその分爆走しているので疾走好きにオススメできる
ナイスバンドだ!だが本作はどうやら廃盤なのかどうかは知らんが
非常に値が張るのう・・・!まぁ他の、のちのアルバムは普通に
手に入る
のでそっちから攻めてみるのも一興か!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 歪め表情、熱い戯れ、
摩擦、君を隠して







もどる


inserted by FC2 system