heidi.







"イノセンス"




日本のヴィジュアル系バンドによる2ndアルバム。


ここ最近頭角を現した若手ヴィジュアル系バンドで、音楽的には今流行りの
本格的メタリックさ、モダンさは皆無でどちらかと言ったらグランジと言うか
オルタナ的な質感
を醸し出すライトな音作りのバンドサウンドを見せているが、
大きな特徴としてメロディーに歌謡曲的な哀愁漂うキャッチーさがあり、
まぁそれでも初期のムックメリーのようなコッテコテな、クサさすら
漂わせる濃厚な哀愁歌謡メロ
と言う程では無く基本はJ-POP的なキャッチーさが
メイン
なのだが、どこかエモい湿り気も感じさせるのう・・・!

1曲目は淡々としたムードで幕を開けメタリックさは皆無ながらも盛り上がり
ヴォーカルはまだ弱め
だが歌謡曲的なキャッチーさのあるメロディーを歌い
スローテンポでなかなかに退廃的な雰囲気を醸し出しておるのう・・・!
2曲目はオルタナ的な質感を持ったバンドサウンドが聴けるもギターフレーズは
歌謡曲的な部分があり、
ヴォーカルも歌謡曲ライクなキャッチーさを見せており
エモい湿り気も感じさせるのう・・・!メロディアスなギターソロも顔を出すぞ。
3曲目はベースで幕を開けどこか不穏な空気を見せるもやはりキャッチーな
ムード
を醸し出し明るめになるぞ。4曲目はチャカチャカしたオルタナらしい
軽いアンサンブル
ながらも意外とプログレ的なキメを見せ歌謡ジャズ的な
半端オシャレ感
を醸し出すが、サビはキャッチーさが強くなるな。5曲目は
彼らとしては意外とハードなノリを見せ垢抜けないダサさのある(爆)歌謡メロを
ギターが奏で疾走するぞ!
6曲目は胡散臭い出だしから淡々とした曲調になり
ヴォーカルがナヨナヨと女々しく歌い上げるぞ。サビはなかなかに歌謡曲ライクだな。
後半ではオーオー言うコーラスも顔を出すのう・・・!7曲目も軽快なノリを見せ
垢抜けない感満点の歌謡曲ムードを醸し出すアップテンポ曲。サビはやはり
相当にキャッチーだな・・・!8曲目はこれまた彼らとしては多少はハードな音作り
見せるも淡々とした部分も目立ち、ヴォーカルメロは相当に歌謡曲クサさがあるぞ!
9曲目はバンドサウンドの時点で相当に垢抜けないダサさ満点の歌謡曲ムードを
強烈に見せつけるミドル曲。
ヴォーカルもまんま歌謡メロクサくも実にイケてない!(笑)
ギターソロもそんな垢抜け無くもクサさのある歌謡メロを奏でておるのう・・・!10曲目は淡々とした
哀愁を醸し出すスローチューン
で、7分ある長めの曲となっておりやはりダレはあるなぁ・・・!
ボートラ扱いの11曲目はこれまた垢抜けない歌謡曲ムード漂うメロディーが聴ける
軽快なアップテンポ曲。


メタリックさ、ヘヴィさは一切無くライトでルーズな音作りを見せており
アグレッションの類は皆無だが、エモい湿り気を持った歌謡曲風J-ROCKと
言えそうな音作り
を見せておりPlastic Tree辺りに近い感じだろうな・・・!
演奏テクニックでは遠く及ばないものの、ダサさすら感じさせる垢抜けないクサさ
9mm Parabellum Bullet的とも言えるやも知れぬ・・・!まぁ勢いもクサさもメリーには
遠く及ばず
中途半端さがあり、アルバム重ねる内にセルアウトしそうな
危うさがある
と言えるかも知れんのう・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 ひゅるり  蜃気楼  夏一途







"パノラマ"




日本のヴィジュアル系バンドによる3rdアルバム。


ヘヴィさ、メタリックさ皆無グランジ、オルタナ寄りサウンドで歌謡曲的な
湿った叙情性
を見せるライト寄りV系バンド通算3作目のアルバムで、音楽的には
前作の流れを汲んだ非メタルな軽さを持ったバンドサウンドに歌謡曲的なキャッチーさを
持ったメロディー
を乗せたスタイルを見せているが、前作と比べて気持ちシンプルに
なったような印象があるかも知れん
のう・・・!

1曲目は軽快なドラムで幕を開けこの手のバンドがアルバム1枚中1曲必ず(?)
やりたがる歌謡ジャズ風の曲
がいきなり登場!まぁ短いイントロで、続く2曲目は
デリデリしたオルタナ的ライトさを見せるギターが聴け軽快ながらも淡々とした
シンプルさ
を放っているな・・・。3曲目もソフト感漂うキャッチーな曲調だが
サビは和のフィーリングを醸し出すクサメロを聴かせてくれるぞ!4曲目はスカ的な
カッティング
昭和歌謡ムード丸出しの、良くも悪くもダサさ満点な空気を醸し出す
怪しげな曲だ!ギターソロのメロディーもまた相当にダサくクサいぞ!5曲目は意外とパワフルな
サウンド
が聴けるもやはり基本はライトな歌謡曲系サビはキャッチーだな。
6曲目はストリングスが顔を出す壮麗かつ穏やかなバラード。サビが間延びしており惜しいのう・・・!
7曲目は軽快なリズムが聴けるアップテンポで、ヴォーカルメロディーが実に歌謡曲的
まぁダサさも強いんだがクサさもあるな。8曲目はポップ寄りの明るさを放つ
アップテンポチューン
で、ドラム等相当に音が軽くスカスカなのが気になるわい!(爆)
サビは売れ線青春パンク風なれど疾走するぞ!まぁこの疾走感が余計青春パンクっぽいのだが・・・!(笑)
9曲目はチャラさ満点の雰囲気漂う売れ線寄りのライトなミドル曲。10曲目は淡々とした
気だるいムード
漂うタルめのスローチューンで、11曲目は明るいポップさを漂わせた
軽快な曲
売れ線ムードが強いのが気になるのう・・・!


前作と比べて特に方向性が変わるような事は無く、クオリティーが上がった訳では無いが
下がるような事も無くある意味安定した仕上がりになっていると言えるだろうか!?
相当に単純でメロディーも歌謡曲的な哀愁こそあれどそこまでコッテコテな濃厚さ、
クサさ
がある訳では無く、飽きが来るのも早そうなのが気になるな・・・!
微妙な捨て曲も目立ちダレを覚えるのもアカンのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 66% お気に入り曲 オレンジドラマ   恍惚







"閃光メロウ"




日本のヴィジュアル系バンドによる4thアルバム。


ユルめのバンドサウンドながら垢抜けないレベルの歌謡曲クサさを放つV系バンドによる
通算4作目にしてメジャーデビューアルバムである!メジャー行きという事で普通に
考えればセルアウトし売れ線ポップス化してしまうだろうが、彼らは元からユルめの
ライトでキャッチーな音楽性
をメインとしていたため実際の所は大して変わらんだろうか!?(爆)

1曲目は意外にもブルージーなムードを醸し出す枯れたギターが聴けるイントロで、
続く2曲目は基本的には過去作と変わらない曲調なれどリズムセクションにダンサブルな
デジタル系の打ち込みサウンド
が使われており早速セルアウトアピールをしておる!(爆)
サビはチャラいながらも垢抜けない歌謡曲要素を内包しているか!?3曲目はいかにも
J-POPな売れ線キャッチーさ
を見せるアップテンポ曲。4曲目は得意のダサ系歌謡曲ムード
強烈に醸し出す怪しげな曲で、垢抜けなさ満点な部分は9mm Parabellum Bullet的じゃのう・・・!
ギターソロもクサメロである!5曲目は軽快なドラム幕を開けこの手のバンドが
アルバム1枚中必ず1曲はやりがたる昭和歌謡ジャズ風のシャッフル曲。

6曲目はアコギのストロークナヨナヨしたヴォーカルが乗る穏やかでソフトな
バラード。
バンドサウンドも顔を出すが基本は軽い音作りなのでそこまで盛り上がる
感じでは無いな。
7曲目は淡々とした退廃的なムードを醸し出すダークな出だしだが
その後はライトなギターが顔を出すのう・・・!サビはなかなかにエモーショナルで良いな。
8曲目は淡々としつつもポップな明るさを放ちサビは軽快なギターも聴けるぞ。
9曲目は彼らにしては相当にハードな音作りで勢い良く疾走、ヴォーカルも歌謡曲的な
メロ
を歌う実に珍しいキラーチューンである!もっとこういう曲
やらんかい!(爆)
10曲目は明るくも淡々としているがギターフレーズやサビ
歌謡曲ライクなクサさがあるか!?11曲目は売れ線的とも言えるキャッチーなサビが聴ける
明るく軽快なアップテンポ曲で、12曲目は淡々とした気だるさを醸し出す、夕日が脳裏に
思い浮かぶバラード寄りのスロー曲。
通常盤限定の13曲目はこれまた彼ららしからぬハードさのある出だしから
垢抜けなさ満点の歌謡クサメロを披露する、演歌手前のダサさに満ちたアップテンポ曲。


メジャーデビュー作ではあるが過去作と比べて大きく変わるような事は無く、まぁ明るい
ポップさを持った売れ線色濃い曲
もあるのだが基本は垢抜けない昭和歌謡風のライトな
オルタナ系の楽曲
がメインを張っており本作の段階ではまだ大丈夫だろう・・・。とは言え
元からそんなにクオリティーの高いバンドでは無かったのだが(爆)。今後はどんどん
持ち味の歌謡曲クサさが消えていくんだろうなぁ・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 66% お気に入り曲 ミス・レター  骸







もどる


inserted by FC2 system