葉月ゆら







"The World Beautiful"




日本のゴシック系女性シンガーによるアルバム。


他にも様々なプロジェクトやら何やらで活動する女性シンガーによる
ソロ名義のアルバムで、キャリアも長ければリリースしたアルバムの枚数も
相当に多く、
さらにメジャーシーンでも活動しているようだ・・・!本作は相当に古い
初期のアルバム
でもう廃盤になっているようだが、音楽的には今現在同人シーンに
掃いて捨てる程
存在している女性Vo様式美クサゴシックの流れを見事に踏襲しており
メタルどころかロックですら無く、穏やかな曲もあるんだがクサメタラーには
嬉しい1枚
に仕上がっているのう・・・!

1曲目はストリングスシンセ淡々とした女性Voが顔を出しいかにもクサメロ系
様式美ゴシック
なムードを演出、バンドサウンドは無いが何気にウッドベース
目立っておりストリングスのみならず笛やホーンも登場、サビはクサく盛り上がるぞ!
2曲目はうって変わって穏やかなムードを醸し出すシンセ、アコギ気だるさを演出する
ラウンジ系の曲
で、3曲目はダンス系のデジタルリズムチェンバロ、笛相当な
クサさ
を演出、ヴォーカルは弱いストリングスも顔を出すクラシカルさ満点の曲だ!
中盤では恥ずかしい語りも顔を出すぞ。4曲目は軽快なリズム、シンセサウンドがまるで
80年代ポップスのようなムードを醸し出すキャッチー寄りの曲だ。5曲目はチェロの音色に
デジタルリズム
が聴け、これまた80年代っぽいベタさを見せつつもクラシカルゴシック色濃い
クサメロを披露するキラーチューン
だ!6、7曲目は3、5曲目のヴォーカル無しヴァージョンである。


意外と完全ガチのクサメロゴシックでは無く方向性の異なる曲も目立っており
この辺は肩透かしなんだが、ゴシックチューンはチェンバロストリングス、笛等が
クラシカルなクサさをこれでもかと言う程に放ちまくっておりクサメタラーには
たまらん仕上がり
になっていると言えよう・・・!まぁALI PROJECTフォロワーだと言えなくも無いが
こういった様式美系のクラシカルなクサさが俺の好みなのだ!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Nadia  The Beautiful World  Amadeus -God Blees ver-







"Gothika 〜赤羊音戯箱〜"




日本のゴシック系女性シンガーによるコンセプトアルバム。


フィメール様式美クサゴシックにおけるビッグネーム的女性シンガーによる
企画モノのアルバムで、本作は複数のゲストミュージシャンを招いてレコーディングされた
コンセプトアルバムとなっており、クサゴシックとホラー的な要素を混ぜ合わせ
ダークなサントラ的シンフォニックさを見せているぞ!

1曲目はメルヘンムード漂う曲調怪しげな男の語りが登場するイントロで、
続く2曲目はストリングスがまるで映画のサントラ的なムードを演出するが
その後は木琴っぽい音色が顔を出しシンフォニックかつプログレッシヴな
ムードを醸し出すのう・・・!
それだけにヴォーカルはアニソン系の媚びタイプで
曲調にマッチしていない
印象もあるがこれがジャパニーズスタイル(?)なのだろう・・・!
3曲目はDARK MOORもプレイした“白鳥の湖”のフレーズに始まるもその後は妙に
ダンサブルなデジタルサウンド
が顔を出しゴス要素を微塵も感じさせないオシャレ感を演出、
これは何だ、ホラー映画真っ先にブチ殺されるイケてるカップル共を
表現しているのか!?(爆)
4曲目はベースラインこそダンサブルだがそれ以外は
ストリングスやチェンバロが顔を出す様式美クサゴシックとなるぞ!5曲目はシンセ、ピアノで幕を開け
キラキラしたチェンバロ、クワイアと共に疾走開始!さらにモロにヴィジュアル系な
キーの低い男Vo
も顔を出し男女ツインVoで展開、実に怪しく胡散臭いのう・・・!
6曲目は淡々としつつもダンサブルなリズムになり、5曲目とは別人のやけにナヨナヨした
ヴィジュアル系男Vo
も登場、これまたツインVoとなるぞ。中盤では何とも微妙な男の語りも聞けるのう・・・!
7曲目はホラー的なムードを醸し出すイントロが期待を煽るも、その後は雰囲気が変わり
怪しくも穏やかさのある淡々としたポップス
になってしまうのう・・・!8曲目はチェンバロ、ストリングスが
クサさを放つ
待望のクサメロゴシックチューンで、アレンジは淡々としているが
メロディーが相当にクサく
たまらんのう・・・!9曲目は物静かなピアノ、チェロウィスパー女性Voが乗る
メランコリックなバラード。ヴォーカルは声質的に微妙なんだが途中からオーケストレーション
壮大さを放ち始めるぞ。10曲目は1曲目と対を成す語りが聴けるアウトロ。


ゴシックホラー的なコンセプトアルバムだがそこは同人フィメールゴシックだけに、
俺等が大好きなハリウッド映画でよくあるB級おバカホラースティーヴン・キングの
ようなムードは無く
あくまでもメルヘンクサゴシックが根底に敷かれておる!
そんなわけでみんな大好きなゾンビエイリアンプレデターグラボイズも、
ジェイソンフレディレザーフェイスブギーマン半魚人トマト(!?)も
出てこないが代わりにクサメロが出て来てくれるんで満足じゃわい!(爆)
とは言え捨て曲もチラホラあるんで手放しで賞賛は出来ないのだが・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 狼の血族  Carmilla  最果ての月  DARK LUNACY







"ヴァルプルギスの夜の夢"




日本のゴシック系女性シンガーによる最新アルバム。


同人クサメロ系ゴシックシーンにおいて数多くの仕事をこなし確固たる地位を築いた
ベテラン女性シンガーによる最新アルバムである!本作も彼女の最も得意とする
様式美クラシカルクサゴシック
だが、これまではメタルどころかロックですら無かった
アレンジ
が基本だったが本作ではHM/HR色濃い生のギターも導入しておる!

1曲目はメロウなピアノ、ストリングスで幕を開け児童ライクな声質ながらも
クサさ満点のフィメールコーラスが登場するイントロで、続く2曲目はこれまた
クラシカルで優雅なムードを放つピアノ、シンセ
が聴けデジタルサウンドながらも
様式美的なクサさを見せつけるアレンジが炸裂!さらにHM/HRライクなギター
顔を出し同人クサゴシックにおける極めて現代的な音作りになるのう・・・!
クラシカルなピアノ後
ギターソロも登場、ラフさはあるがメタル的なシュレッドを
披露しているぞ!
3曲目もまた様式美的なムードを醸し出すチェンバロ、ストリングスに
メタリックなギターリフ
も登場、リズムはデジタル系なれどクサさはしかとあるのう・・・!
ラストでは大仰なチャーチオルガンも聴けるぞ!4曲目もまたイントロからクサさ満点の
シンセサウンド
が顔を出し様式美ムード満点のチェンバロも登場、ヴォーカルメロはまるで
一昔前のJ-POP的歌謡曲クサさを放っており派手さは無いが面白いな・・・!
5曲目はうって変わって派手で大仰なシンフォニックさを放つイントロが印象的な
クサメロ様式着ゴシックナンバーとなり、サビもまたクサさ満点ALI PROJECTの
キラーチューン
を彷彿とさせるぞ!6曲目は穏やかで神秘的なシンセが聴け、コーラスはどこか
民謡ライクな部分もあるが同時に北欧ライクな冷たさも感じさせるのう・・・!
メロディーも相当にクサくアレンジもシンフォニックでたまらんわい!
後半では泣きのギターソロも聴けるぞ!7曲目はそのままクサメロを引き継ぐ
北欧ライクな神秘性を感じさせるアウトロ
だ。


フルアルバムと言うよりはミニアルバム的なボリュームなんだが、その分過去作にあった
非クサメロゴシックな捨て曲
が無くなり様式美シンフォニックゴシック一本で攻めておる!
さらに生のメタルギターを取り入れており、まぁガチのHM/HRとは呼べないものの
より我々側の音楽性に接近してくれた印象がありクサメタラー的に喜ばしい姿勢
見せているな・・・!今後もこういう方向性でアルバムをリリースして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system