HAGGARD






"EPPUR SI MUOVE"




ドイツ出身のシンフォニックゴシックバンドの3rdアルバム。


生のオーケストレーションやクワイアを大々的に取り入れたバンドだ!
それもただ他のオーケストラを雇ってレコーディングしたものではない!何とオーケストラの楽団が
そのままパーマネントなメンバーなのだ!
コーラス隊も入れて総勢15人くらいの大所帯バンドだと言える!スリップノットより多いな(笑)。
そんな彼らが織り成す音世界はまさに荘厳そのもの!ゴシックメタルというより
オーケストラをメタルでやってみたって感じだ。かなり本格的だぞ!

個人的にはこれだというキラーは見当たらなかったがどの曲も水準が高く捨て曲は無いと思う。
曲の部分部分で挿入される本格的な弦楽アンサンブルにはマジで身震いさせられる!
クオリティーは高い!大仰かつクサめのゴシックが聴きたい人におすすめできるな。


俺が買ったのはDVDつきのもの。ヨーロッパ最大のメタルフェス、ヴァッケンでプレイされた
もので見ごたえがある。フロントに立つメタル野郎の後ろで弦楽隊が
壮麗な音を奏でるギャップがいいな(笑)。
ボーナスでビデオクリップもついてるぞ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 全部







"Tales of Ithiria"




ドイツ出身のシンフォニックゴシックメタルバンドの4thアルバム。


生のオーケストラやクワイアをデビュー当時から大々的に取り入れ、
オーケストラがパーマネントなメンバー扱いされている超大所帯
シンフォニックゴシックメタル軍団の4作目のアルバムである!
音楽的には同時期にリリースされたSound Horizonの新譜“Moira”かなり
近いタイプ
だと言えるだろう。一応メタルサウンド、デスVoもあることはあるが
それよりもクラシック・・・壮大なオーケストラではなく室内楽的
大人しさ、メランコリックさが終始漂っており暗くクサく悲しいメロディー
淡々と垂れ流される様は地味ではあるが非常に琴線に触れるものである!

壮大ではないが厳かなオーケストレーションに渋い語りが乗る1曲目から
かなりサンホラに近いものがあり2曲目は朗々とした男Voと女性ソプラノ、
そしてチェンバー系の大人しめなクラシック楽器、アコギ、笛が聴ける
とてもメタルとは思えない出だしだ!男Voはサンホラよりこっちのほうが
いいな。
だが途中でようやくバンドサウンドとデス声が登場する。一応はメタルだが
プロダクション的にはチープでアグレッションは余り感じないな・・・。
どこかヴァイキングメタルに通じる雰囲気もある。ソプラノや淡々とした
ピアノ、ストリングス、メタルではない展開などやはりサンホラのMoira色が濃い(笑)。
3曲目は語りのみでそれに続く4曲目は笛がかなりクサいメロを奏でソプラノと
オペラ男Voがスキャットしそしてメタルサウンド、デス声が聴けるシンフォゴシック。
中盤ではクワイアも登場!チャーチオルガンも聴けるぞ。5曲目はストリングスと
笛、ホーンが実にもの悲しいメランコリックな旋律を聴かせる繋ぎのインスト。
この笛の音は病院の待合室でよく聴けるタイプだな(笑)。6曲目はハープとチェンバロが
聴け低音男Voが聴けクワイアも挿入されるクラシカルな曲。ストリングスと語りによる繋ぎの
7曲目に続く8曲目は弦楽四重奏に始まりメタルサウンドが登場しちょいと疾走!本作中
特にメタル寄りの曲だろう。音質の悪さにはガッカリでMoiraのラストにある
疾走キラーチューンと比べてあきらかにチープなのだが重厚なクワイア
登場しメロディーは良いな。そして途中ネオクラシカルなギターソロもある!
9曲目はリリカルなシンセと乾いた音質のピアノ、女性Voが聴けるバラード系の曲。
なぜかストリングスが打ち込みなのだが途中からバンドサウンドが入りフィメールゴシックとなるぞ。
10曲目は語りのみで11曲目はストリングス、パーカッションが民謡クサいフレーズを聴かせ
バンドサウンドとストリングスが淡々とした絡みを見せデス声未満の低音男Voが登場する。
クワイアも聴けるゴシックメタル的展開となるぞ!


サンホラのMoiraにかなり似てはいるが壮大なオーケストレーションや
クワイアがバンバン登場するあっちと違いどちらかといえば
チェンバーミュージック・・・室内楽系の大人しいアレンジとなっており
民謡的なクサメロも聴けるがやはりゴシックメタル的暗さが全体を
支配しておりどちらを気に入るかは聴き手しだいだろう。個人的には
やや地味に感じられるやかましいSEが無いのは良いな(笑)。
バンドサウンドがショボいというのも共通点だ(爆)。シンフォクサゴシック
メタラーなら俺みたいに両方買って聴き比べするのも乙なもんだな。
これまた同時期に出た少女病の新譜よりも今のサンホラに近いのはこっちだろう!
殆どメタルサウンドが無いと言うのは攻撃性を求めるメタラーには
喜ばれないだろうし向こうと比べてあきらかにチープなのも気になるが
デス声、一貫してダークな雰囲気に満ちているなどこっちにしかない
持ち味、美点もちゃんとあるぞ!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 Tales Of Ithiria、
Upon Fallen Autumn Leaves、The Sleeping Child、The Hidden Sign







もどる


inserted by FC2 system