平野 綾







"RIOT GIRL"




日本の女性シンガーによるアルバム。


水樹奈々同様普段はジャパニメーションの声優としてメシを
食っている女性シンガーによるフルレンスアルバム
以前うちのサイトにもタレコミが来たことがある。音楽的には
ガールズパンクの流れを汲みつつもなかなかにハードロックというか
モダンな、インダストリアル的な要素もあり水樹奈々のような
メタリックさ、茅原 実里のようなシンフォさ、栗林みな実のような
ネオクラ様式美要素は薄くあくまでガールズパンク、
ロックンロール
の流れを汲むスタイルだと言えるだろう。ヴォーカルは媚び声ではなく
BERRY ROLL的ビッチ臭さもありつつなかなかにパンチの効いた
ロック歌唱
で悪くない。

1曲目はインダストリアル系の出だしと思いきやその後メロスピ的とも
言えるキラキラした音で疾走!しかしヴォーカルが入るとガールズパンク風に
なりBERRY ROLLを思わせる曲調となるな・・・!このシンセの
リフはRAINBOWの“KILL THE KING”みたいだ(笑)。サビは結構
クサめ
と言えなくも無い。2曲目はポップさが前面に押し出された
典型的ガールズバンド風だ。4曲目はインダストリアル系のイントロに
始まりHR的なリードギターが聴けるライトなガールズポップパンク。
サビはなぜかTHE BACK HORNKagrra、陰陽座を思わせる和風の
クサメロ
である(爆)。5曲目はホーンが使われたスカ。6曲目は
ポップだがストリングスがバックで使われたり叙情性を感じさせる曲。
10曲目はHR/HM色が濃い曲でポップだがツインリードによる
メタリックなギターソロ
も登場しメタラーを喜ばせてくれるぞ!
11曲目はラウドなギターが聴けグランジ、インダストリアル、
モダンへヴィネス系
の雰囲気が漂うもピアノによるメランコリックな
バックも特徴的でゴシック的要素も感じられるな。13曲目は
メロウなバラード。ピアノやストリングスも使われ実に叙情的である!
ラストの泣きのギターソロも聴き所だ!


ガールズメロコアありスカありポップスあり
ハードロックありインダストリアルありとなかなかに
幅広い音楽性を持っており明るいポップチューンもあるが
ダークでシリアスな曲もありメタラー、パンクス双方をターゲットに
しているかのようだ・・・!ジャケでガールズバンドと敬遠するのは
勿体無いと言えるだろう!ヴォーカルもなかなか上手いしな。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 LOVE★GUN、明日のプリズム、
NEOPHILIA、Harmonia Vita、星のかけら







もどる


inserted by FC2 system