GRANRODEO







"RIDE ON THE EDGE"




日本の男性シンガーによるメタルバンドのアルバム。


うちのサイト開設してからたま〜にメールでオススメバンド、音源の
タレコミが届いたりして非常にありがたく参考にしていたりするのだが
このバンドはあろうことか俺の妹からのタレコミである!!(爆)
我がシスターもメタラーではないがそのDNAを受け継いでおるのか
クサい音楽大好きALI PROJECT、志方あきこをリスペクトし
Sound Horizonも愛聴、他にもJanne Da ArcやDir en grey、ガゼット等を
好んでいる
ほどで最近はDragon Guardianも良いと言っていたな(笑)。
そんなクサDNAを色濃く受け継ぐ我がシスターが推薦する彼らGRANRODEO
谷山紀章なる男性シンガーが中心となって結成されたバンドで音楽的には
一言で言えばヴィジュアル系の要素が濃い日本語ハードロックだろう!
Janne Da ArcやJAM PROJECTに近いタイプでシンセがバックで結構目立ち
アニソン臭いキャッチーさのあるサビが特徴だろう。ヴォーカルスタイルは
ヴィジュアル系スタイルとメタリックスタイルの合いの子といった所で
中音域ではV系歌唱だがメタリックにがなったりシャウトしたりする事もあるぞ!
なかなかに上手いといえるだろう。ギター、ベースは六三四のメンバーで
ドラムはベースと共にArk Storm等で手腕を発揮するテクニカルプレイヤーである。
ちなみにシンガー谷山紀章は水樹奈々同様声優としても活動しているらしい・・・!

SEのみのイントロに続く2曲目から早速メタルの登場だ!シンセも使われ
どこかJanne Da Arcっぽい雰囲気がありヴォーカルもヴィジュアル系と
ジャパメタの中間
ってな声質ではあるが確かにメタルである!
ギターもピロピロ速弾きしておるぞ!3曲目はうってかわって
シンセが目立ったポップなヴィジュアル系ロック。4曲目も
どちらかといえばヴィジュアル系っぽい雰囲気だがメタル要素も
しかとあるぞ。ちょいとダークな曲調だな。サビなどはかなり
JAM PROJECTに近いと言えよう!ギターソロはテクニカルにピロピロやっている!
6曲目はどこかインダストリアル系と言えそうな加工された音が聴けるも曲調は正統派
ハードロック
だ。途中ブルージーなリフも登場しギターソロも弾きまくるぞ!
7曲目はハーモニカも飛び出す超ブルージーなスローテンポのへヴィチューン。
70年代の空気バリバリだが現代のプロダクションでプレイするとそれなりに
へヴィだな。個人的にはモダンへヴィネス寄りになってほしいとか思っちまう(笑)。
12曲目はモダンなへヴィリフが聴けるミドルテンポのV系メタル。
途中ラップみたいなヴォーカルスタイルになりつつもサビはキャッチーだな。
14曲目もJanne Da Arc風のキャッチーなメロディーが聴ける
ヴィジュアルハードロックだ。タッピングを交えた速弾きを聴かせる
ギターソロはやはり良いな。もっと長く、それこそ1分半くらいソロを
聴きたい
とか思うのはやはりメタラーの性か・・・!?
15曲目はなぜかトランス風のシンセによるイントロに始まるが
すぐにメロディアスに泣くリードギターが登場!サビもアニソン要素が濃い
クサクサキャッチーさに満ちているな!ツインリードもメタラーの魂を
熱くさせてくれる
ぞ!16曲目はギターとベースがタッピングでユニゾン
ヴォーカルもメタリックなハイトーンシャウトを披露!ちょいV系入りつつも
かなりテクニカルなプレイがバシバシ入る疾走正統派パワーメタルだぞ!
ここにきて最もメタラーを喜ばせる楽曲の登場だ!このテクニカル
シュレッドプレイはRACER Xを思い出すな!RACER XとJanne Da Arcを
融合させたかのような曲調である!ギターソロもヤングギター愛読者が
コピーしたがりそう
な超カッコいいテクニカルプレイだぞ!実に熱い!!


メロディックなメタル、ハードロックのみならずブルージーな
へヴィチューン
バラード、V系スタイルのポップな曲など多種多様な
楽曲が聴けるが捨て曲もそれなりにあり絶賛できる内容ではないな・・・!だが決して質は
低くはないぞ!あと13トラック目はなぜかcall≠gariみたいなセリフのみの寸劇パート
まったくもって意味不明だ(爆)。まぁ最近のJanne Da Arcにかなり近いので
そっちが好きなら本作でも満足できるであろう!V系っぽいハードロック、
メタル
が聴きたい人にもオススメ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 慟哭ノ雨、
未完成のGUILITY“style GR”、Go For It!“style EDGE”、
Once & Forever、ケンゼンな本能







もどる


inserted by FC2 system