グッドモーニングアメリカ







"未来へのスパイラル"




日本のオルタナ/J-ROCKバンドによる1stアルバム。


メロコア、エモと言うよりはオルタナティヴ畑で語られるバンドで、売れ線要素が強く
我々には無縁そうな存在
ではあるがメロディーに叙情性があるみたいな評判を聞き、
「最近こういうバンドご無沙汰だなぁ〜」みたいなノリで地雷覚悟で手を伸ばしたバンドである!(爆)
本作は彼等のデビューアルバムで、本作以前にもインディーズミニアルバムを数枚出しており
本作はメジャーなんでやはりそっちのほうが良いのだろう(爆)。音楽的にはオルタナではあるが、
意外とクリーンギターオンリーでスカスカな感じにはなっておらず、曲によってはメロコア、
青春パンクライクな疾走感
も放っておりそれなりには聴けるサウンドに仕上がっているだろうか!?
ヴォーカルの声質等も含めDirty Old Menにかなり近いタイプではあるが、あっちと比べると
そこまで浮世離れしている訳では無く良くも悪くも青春パンクっぽい青臭さがあるな・・・!

1曲目は頭から早速明るめのバンドサウンドが顔を出し、ヴォーカルはヴィジュアル系とは
また違ったタイプのナヨナヨ感
を放っておりもあるが、キャッチーさを感じさせ明るくも
僅かにエモっぽい部分
が見られるだろうか!?一応はギターソロも聴けるぞ。2曲目はどこか
淡々とした中に間の抜けた印象があり、サビはどうにもチャラくイラッとさせられるな・・・(爆)。
3曲目は青臭くもメロコア然とした疾走感を放つファストチューンである!まぁ正直
青春パンク要素が強く実にイケてないのだが・・・!(爆)4曲目はオルタナ臭プンプンの
ギターフレーズ
が聴ける淡々としたミドル曲。サビはこれまたチャラいダンサブルさを
放ち始めるのう・・・!
5曲目はタルいムードが強い淡々としたスロー曲。ギターが結構
印象に残りソロもプレイするぞ。6曲目は意外とハードな勢いのあるギター、ベースが顔を出し
しかとしたロック要素を感じさせてくれるアップテンポ曲である!まぁサビはいかにも売れ線で
非常にチャラい
のだが、バンドサウンドはガレージロック寄りだな。7曲目はいかにも売れ線なギター
幕を開け軽快さを放っており、淡々としたパートもあるがサビは疾走メロコアと化すぞ!
8曲目はこれまたポップ寄りのチャラさを見せるオネェみてぇな軟弱な曲だな・・・!(爆)
9曲目はクリーンギターナヨナヨVoが乗るバラード系。サビで意外と盛り上がるぞ。
10曲目は打ち込み風リズムで幕を開け国産オルタナらしさ漂うギターが登場、軽快なリズムの
アップテンポ
で展開しサビがまた相当にチャラく軽薄じゃのう・・・!11曲目はオルタナ系のギター
メロコア系の疾走リズムを見せるも、その後はテンポダウンし淡々とした曲調になり
サビは軽快なアップテンポで、12曲目はノイジーなギターナヨナヨVoが乗るバラードだが、
ギターの質感はどこかポストロック、シューゲイザーに通じるものがあるだろうか!?


オルタナバンドではあるが、プロダクションはともかくギター等はそこまでスカスカでは無く
それなりにはロックしており、
クリーンギターばかりで大半がつまらんバラードもどきのような
惨状
にはなっておらず、チャラさもあるが曲によってはエモい面も見せておりそこまで印象が
悪い訳では無い
だろうか!?意外と演奏等マトモで楽曲アレンジも悪くは無く、個人的な好みとは
遠いもののクオリティー自体が低い訳では無いので、こういう音を好むロキノン小僧であれば
チャラチャラと楽しめるであろうアルバムだな・・・!どうやら前身バンドで英語詩のメロコア
プレイしていたらしいが、どう考えてもそっちのほうが良かったじゃろうて・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 64% お気に入り曲 ファイティングポーズ







もどる


inserted by FC2 system