GALNERYUS






"The Flag of Punishment"




日本産本格的メロディックスピードメタルバンドのデビューアルバム。


かつて俺は日本のバンドを認めない典型的洋楽至上主義のメタラーだった。しかし、
誰もが変わるときは来る!!日本人の反り起ったイチモツ並に
硬化していた俺の頭をカチ割ってくれた感謝すべきバンド、

それが彼ら、ガルネリウスだ!!

彼らの奏でる音は究極レベルの演奏テクニックで紡ぎ出す究極の
メロスピ!!
極限まで研ぎ澄まされた彼らの楽曲は一部の隙も無く、青臭かった
若き日の俺を完膚なきまでにボコボコに打ちのめす!!
ああ・・・たまんないぜ・・・!!(マゾ!?)


当然のように捨て曲は無く、全曲で悶絶できる!!特に2曲目と11曲目は
メタル史に残る超名曲!!
これほどまでのバンドが日本から出てくるとは
まさに衝撃といえるだろう!

あと驚いたのはその高度な演奏技術!!全員異常なまでにタイトなのだが特にギターが凄い!!
速さと泣きを兼ね備えた縦横無尽なギターワークは世界に誇れる新たなギターヒーローが現れたって
感じだぞ!!いずれラウドネスの高崎のように世界に羽ばたいて欲しいものだ!!

ヴォーカルは英語だ!これは個人的に良かった。もし日本語だったら当時の俺は受け付けなかっただろう。
今は全く問題ないがな!


とにかく彼らには感謝している。彼らがいなかったら今でも頭の固い洋楽主義者だったかもな・・・
まさに灯台下暗し!これを読んでいる洋楽主義メタラーの人!
このバンドだけでも聴いとくれ!!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 94% お気に入り曲 全部。特にStruggle For the Freedom Flag、United Flag







"Advance to the Fall"




日本産本格的メロディックメタルバンドの2ndアルバム。


前作、あまりにもハイクオリティーなサウンドで俺の目を国内に向けさせたガルネリウスが帰ってきた!

今回楽曲は前作で聴けたメロスピ寄りのサウンドからやや脱却し、どこかドリームシアター風の
プログレメタル寄りの音になった!
しかし、ただテクニックを無意味にひけらかす
ダメバンドとは違い、あくまで曲にアクセントをつけるためのものであるという点が良いな!
それまでメロディアスに疾走してたかと思うと一瞬変拍子が炸裂し、そしてテンポを微妙に変え
再び疾走しソロパートに突入・・・などセンスの良さが感じられる!

そして今回さらにギターが凄くなっている!前作聴けたテクニックは
ますます冴え渡り、そして何より驚いたのは泣きのプレイ!!一音一音のタメ、
ヴィブラート等が実にここち良く、もっと聴かせろ、もっと聴かせてくれ!って気持ちに
させてくれる!こんなにいいギタリストがいたとは・・・驚きというほか無いな!!

だが気になったのはヴォーカルメロディーが弱くなった事だ。プログレよりに
なった分キャッチーさが自然と薄れてしまったのか!?それともギターのメロディーを中心に
曲を書いたからなのだろうか?歌メロ好きにはキツイかもな。


前作ほどではないがクオリティーは高いぞ!!ギターキッズは必聴!!彼のテクを学んで
将来いいギタリストになって俺を感動させてくれい!!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 Silent Revelation







"Beyond the end of despair..."




日本が誇る超高品質メロパワバンドの3rdアルバム。


超絶技巧、曲のよさで多くのメタラーにアピールする事に成功、今や世界に通じる
ハイクオリティーバンド
と認知されるに至った彼らの新譜だ!
ジャケが一気にカッコよくなりいやがおうにも期待が高まる1枚である!

今回マスタリングをノクターナルライツ等のプロダクションを担当するチームに依頼したようで
その成果ははっきりと音に現れている。迫力が以前とは段違いなのだ!
全体的にぶ厚く、緩急のついた勢いのよさは聴いているとまるでジェットコースターに
乗っているかのような感覚が味わえる!
サビなどで疾走する瞬間にバックで
爆音みたいな音が入っておりそれがさらに勢いと
迫力を増す要因になっているのだ。
かなりカッコいいぞ!

そして肝心の曲のほうだがこれがまた最高だと大声で叫びたくなるような究極のクオリティーを
誇っているといえる改心の出来だ!1stのメロディーの良さ、そして2ndの構築美、センスの良さを
高次元で融合させたキラーチューンの連発に俺の股間は空気入れ過ぎの
風船
のように膨張目から涙、股間から白い汁
同時に大量噴射しまくるという大惨事が起こってしまっている!(爆)
ハンカチとティッシュが足りん(笑)。

イントロの1曲目から泣きのフレーズが聴け、ドラマティックな雰囲気に期待が高まり
続く2曲目のイントロで勝負ありだ!ギターが泣きまくり劇的に疾走する!
全体的にワウがかかった様なエモーショナルなギターワーク
かのマイケルシェンカーや橘高文彦を思わせる。たまらん!速さ、技巧と泣き、エモーションを
高次元で融合させたまさに神がかり的なギターである!
他にも途中の勇壮な掛け声が魂を熱くさせる疾走チューン3、ミドルながらやはりメロの良い4、
ネオクラシカルに疾走しまくるギターとキーボードのユニゾンがたまらない5、ハイセンスな
キャッチーさを持つ6、へヴィに迫りつつもやはりドラマティックな7、変拍子多用で途中中近東風に
展開しつつもサビは熱いメロパワの8、激泣きバラードの名曲9、
X JAPANの名曲ラスティー・ネイルを思わせるアップテンポかつ
これまたキャッチーな10、そして待ってましたの悶絶号泣ツインリードが
琴線に触れまくる涙のメロパワ
11、ピアノで占める
アウトロの12と捨て曲皆無!久々にメロパワで悶絶を味わえたぞ!

またヴォーカルの音域がこれまでのようなハイトーン多用ではなく中音域主体の
スタイル
になっているのも見逃せないポイントだ!オペラティックに
歌い上げる
ヴォーカルは説得力十分で何度も聴きたい、
共に歌いたいという衝動に駆られるな!今回メロディー重視、テクニカルなプレイは抑えたというのが
吉と出たようだ。やはり音楽、メタルに最も重要なものはメロディー、
曲のよさなのだ!


ただ少しムカついたことがある。それはライナーノーツの文章だ。ヴィジュアル系を
中心としたジャパニーズロック、メタル誌フールズメイト
の人間が
これ以前のアルバムも含めて書いているのだがいちいちガルネリを褒める際に
「そこらのB級メロパワと違って云々・・・」「そこいらのお約束
様式美と違って云々・・・」
みたいな事書いて他のバンドを
けなしてんじゃねぇ!(怒)
俺はB級メロパワ
お約束様式美大好きなんだよ!!(笑)
第一Dir en greyの劣化コピーばっかのヴィジュバンドを扱う
雑誌の人間にそういう理由でメタルをけなす資格はないはずだ!



話が少々ズレたがこれ以前のアルバムを世界水準だとするなら本作は間違いなく
世界のトップを取れるクオリティーに仕上がっている
といえる!
メロパワで悶絶したのはスゲー久しぶりだ!最近この手のバンドでいいのホント無かったから
感動もひとしおだぜ・・・!思えば去年からずっとメロパワ冬の時期で今年に入って
すでに半年、このままじゃ年間ベストアルバムが無い!と慌てていたのだがここにきて
ついにベスト候補といえる神盤が現れた!!
いやぁよかったよかった。ロックニンニン、イイ仕事したね(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 98% お気に入り曲 全部







"LIVE FOR REBIRTH"




日本が誇る超高品質メロパワバンドのライヴDVD。


3rdアルバム“Beyond the end of despair...”において過去最高の
クオリティー
を示し俺を激しく悶絶させた最強バンド、ガルネリウスの
ライヴを収めたDVDである!俺も参戦した8月19日のShibuya O-WESTにおける
ライヴを収めており、俺を含めこのライヴに参加した者にとってはあの日の
興奮が蘇る記念の1枚
となるであろう・・・!

そんなわけでライヴのおおまかな流れは
ライヴ感想のコーナーに書いたので
詳しくはそっちを見ればいいが(笑)、本DVDではキーボードやベースのソロ、
アンコール時のYAMA-BのおもしろMC、そして3曲がカットされてしまっており
その点が不満だな・・・!例によってベーシストは一番映っている箇所が少ないので
ソロぐらい入れてやってくれ・・・!YAMA-Bのアンコール最後の「草かんむりに
明るいと書いて
萌え」発言も無いのは非常に残念である・・・!(笑)
ドラムソロは収録されているが実は後半だけスティックを器用に
ジャグリングしながら叩く
前半部分はカットされている・・・!

だが当然演奏は異様に上手く、また俺が直接見た時も一糸乱れることの無い
完璧なプレイを披露していたのでオーバーダブも無いものと思われる。
Syuの映る割合が多めでソロでは手元が頻繁にアップで映されるので
ギターキッズの教材としても十分以上のDVDと言えそうだな。
ヴォーカルも最後まできっちり歌いきりポテンシャルの高さに感服だ!
曲も当然素晴らしいのであの日を思い出し観ながら思わずヘドバンし
共に歌ってしまう・・・!(笑)


あと関係ないが俺の手や後頭部がけっこう映っていたのにビビッた(笑)。
一瞬映るか映らないか程度にしか考えていなかったのでな・・・!
これで俺も全国デビューか(違う)。

特典映像で大阪公演の映像も見れる。本編でカットされた曲が見れるのは
良いな。東京よりもかなり狭いハコのようだが逆にかなり目の前で観れるようで
これはこれで羨ましいぜ・・・!
あと1st、2nd、3rdの曲のPVが観れるが1stのころはホントなんというか、
失笑モノである・・・!なんだあのチープなビニール・・・エナメル素材は(爆)。
曲は物凄く洗練されているのに映像は洗練とは無縁である・・・!
2ndはまともになったもののまだエナメルで、3rdでようやくダメさに
気付いたのか
まともな格好になったな(笑)。

あとDVDのほかにCDがもう一枚付属しており、彼らが新たにレコーディングした
新曲“serenade”が収録されている。彼ら初の日本語詩チューンで、
疾走メロスピではなくメロディアスかつポップな曲調だ。後半漢コーラスが
ウォーウォー唸る
パートがあったりとなかなか展開も凝っておりメロディーもライヴで
盛り上がりそうなキャッチーなもの
でいい感じだ。まぁ硬派な
メタラーには受けが悪そう
だが(笑)。


ライヴに行った者は生涯の記念に、そうでない者にも楽しめる
高品質ライヴDVDだといえよう!メタルのライヴかくあるべし!!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 98% お気に入り曲 全部







"EVERLASTING"




日本が誇る超高品質メロパワバンドのシングル。


デビュー当時から非常にクオリティーの高いメロパワを聴かせてくれた
国産バンドの新譜に伴うシングルである!3rdが最高傑作だったのでいやがおうにも
期待は高まるが本作はその前哨戦ということで新譜の出来を計る物差し的な
1枚となりそうだ。また本作からベースが新しくチェンジしている。

1曲目はワウを効かせたギターがアグレッシヴかつ泣きのメロディーを奏でアップテンポで
メロディアスなメタルになる!ヴォーカルは日本語詩でこれでもかというほど哀愁を
放ちまくるぞ!
日本語詩がアニソン臭さを出しつつもやはり良い!サビは
ツーバス連打で琴線に触れる熱くも泣ける漢泣きメロディーが堪能できるぞ!ギターと
キーボードが激しくバトルしその後ギターが泣くソロもたまらん!ただ音質が妙に悪くないか!?
2曲目はチェンバロ系の音色を放つシンセが聴けるミドル〜アップテンポの
ハードロックで彼らにしてはシンプルな曲調だが悪くは無い。ギターソロは例によって
泣きまくっている!前作の泣きもハンパじゃなかったが今回さらに進化してそうだな!
3曲目は80年代メタル的な大仰さを出すイントロに始まりギターが慟哭しまくる
やはり80年代メタルの雰囲気が感じられる曲。哀愁漂うメロディーはやはり素晴らしく
国産メタルの良いところが詰まっているぞ!

ちなみに初回盤は例によってDVD付きではあるがよくあるタイトル曲のPVではなく
以前リリースされたライヴDVD“LIVE FOR REBIRTH”に収録されなかった3曲が
観れる!Syuのワウ半開きギターに悶絶だ!(笑)


ツーバスドコドコスネア裏打ちのメロスピこそ無いもののどれも哀愁漂いまくり
良い出来だ!ただ最大の難点は音質の悪さだろう!ギターがかなりワウを
使うようになった
のだがそれも音質の濁りに繋がっていそうだ。前作のような
荒々しくも勢いのあるプロダクションにしてもらいたかったわい・・・!
新譜もこの音質だったらちょいとへこむが曲は良い!とりあえずは新作が楽しみじゃのう!!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 全部







"ONE FOR ALL-ALL FOR ONE"




日本のメロパワバンドの4thアルバム。


前作に当たる3rdの出来が凄まじく間違いなく日本を代表するバンド
のし上がった彼等だが冬にベーシストが脱退という憂き目にあってしまう・・・!
その影響ではないだろうがDVD付属のおまけCD、そしてシングルにおいて
方向性が変わり何と日本語詩に挑戦!熱きメタラーの間で賛否両論出たであろう
この試みは本作4thにも引き継がれている!果たしてその試みは吉と出るか凶と出るか!?

いきなりXの紅みたいなイントロのアコギに始まりシンセのメロも紅っぽく
やがて西部劇っぽい壮大さを出し哀愁を感じさせるイントロに続く2曲目は
彼らお得意のメロパワチューンでギターがいつも以上にワウを
効かせまくっている!
ヴォーカルも中音域で朗々と歌い上げる前作までの流れを
踏襲したキラーチューン
なのだがギターの音色がこれまでとは大分
変わったな・・・!
コーラスが熱くそして激クサなサビが超カッコいい!デス声も
使われているぞ!サビ後のベースソロも新人のスキルの高さを窺わせる。
ギターはワウ多用の激泣き慟哭フレーズを奏でまくる!
これまでよりもワウが強いがやはり素晴らしい!ラストの泣きっぷりは
マジで凄まじいぞ!!
これぞ新たなるガルネリ悶絶キラーチューン!!
3曲目はシンセが目立ったアップテンポの日本語詩ハードロック。いつに無くポップな
スタイル
だがこういう曲調も初期の頃からこなしてきたわけだがやはり日本語詩は
悪い意味でかなりクサいのう・・・!俺は今でこそ日本語詩も聴けるから問題ないが
これまで英語詩だからという理由で聴いてきた洋楽主義メタラー
離れていってしまうだろうなぁ・・・。俺も彼等には大衆に媚びを売らず
英語詩で硬派さを貫いてもらいたかった・・・!ただ曲の出来は良く間奏の
クワイアも使われた壮大さは流石である!メロディーもキャッチーだ!
4曲目はへヴィさとプログレ感が融合したドリームシアター的な曲。
シンセソロ前がちょいとメガデスっぽいと感じたのは俺だけだろうか!?
5曲目はシングルで聴けた日本語詩の曲。ハモンドソロが古き良き
70年代ハードロックの息吹を感じさせるのう・・・!
6曲目はアグレッシヴなリフに始まる疾走メロパワだ!
2曲目ほどの異様な熱さ、クサさは無いが悪くは無い。
ギターソロの泣きっぷり、鮮烈さは相変わらずである!7曲目はへヴィなリフが聴ける
スローチューン。8曲目はギターが目立つアップテンポなイントロに始まり3曲目の流れを汲む
ポップな雰囲気を持った曲だが歌詞は英語だ。
9曲目は泣きのギターが強烈なバラードよりのようなそうでもないような曲。
メタルバンドとしては異例なワウのカッティングが新鮮である・・・!
ラストのギターソロも良いのう・・・!10曲目はキラキラ舞うシンセとタッピング
しまくりのギター
で始まりメロパワっぽさを出しつつもミドル〜アップテンポで展開していく曲。
ギターソロ前の盛り上がりは超熱い!そしてソロも相変わらず泣きまくりで
たまらんわい!!11曲目はアップテンポで正統派メタル寄りの熱いリフが聴け
日本語詩でアグレッシヴに歌い上げるというものでデス声も使われサビは
キャッチーと、ジャパメタ的な雰囲気もあるがダークなAメロやクサめの
サビ
ヴィジュアル系っぽさも感じさせるな。間奏のノイジーというか
インダストリアル的シンセみたいなギターもかなり新鮮である。
ラストの12曲目はかなりムーディーな雰囲気に満ちたフュージョンっぽい
アウトロ。もはやメタルではない雰囲気がこれまた新鮮だな・・・!


今回日本語詩が使われだしたということとギターがワウ掛けすぎだというのが
賛否両論分かれそうだな・・・ギターはソロこそ泣き、慟哭の度合いがさらに
向上し唯一無二の境地に到達し始めている
のに対しリフがどうもフレーズはいいのに
キレが無くなったと言うか、メタル特有のドンシャリ・・・ザクザク感が
薄れて音が汚くなった
ように感じられるのでな・・・!全体的に音質が悪いわけでは
無いと思うがギターのせいで損をしているのだ!
アルバム全体の方向性もこれまで以上に多様になり散漫に感じられる
言えなくも無い。強烈なメロスピチューンはもはや数えるほど(2曲)しかないしな。
並みのバンドなら高クオリティーだが彼等はガルネリなので評価は落ちるな・・・!
もっと2曲目みたいな曲聴きたかったわい・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 71% お気に入り曲 NEW LEGEND







"ALSATIA/CAUSE DISARRAY"




日本のメロパワバンドのシングル。


国産バンドながら完全英語詩で演奏スキル、楽曲センス共に
完全に世界レベルのバンドとしてシーンに姿を現した彼ら
GALNERYUS。2ndで技巧を極めそして3rdにて究極レベルのメロパワ
提示し世界のGALNERYUSとなるのかと思われていたがその後のシングル、
そして4thにて急に日本語詩を導入し方向性も雑多な要素を取り入れるようになり
脱メロパワ、結果として世界のメロパワGALNERYUSではなくジャパニーズ
ハードロックGALNERYUS
へとなぜかランクダウンし(爆)見事に賛否両論
巻き起こったわけだがそれに続く本シングルも前作の方向性を踏襲した
ジャパニーズロックGALNERYUSスタイルである。ちなみに彼らの
所属レーベルはマキシマムザホルモン、ナイトメアと同じ
アニソンレーベル(爆)、vapなだけに今更ながらなんかのジャパニメーション
楽曲が提供されるようだ。デスノートではないのか!?(爆)

1曲目はのっけから彼ららしからぬモダンなへヴィリフに始まり
加工されたインダストリアルなVoも登場しかつての面影が一切無いな・・・!
だがサビは彼ららしいクサい大仰なメロディーが登場するも楽曲全体の
手法としてはまさに今流行のメタルコア、スクリーモスタイルである(爆)。
まぁ個人的には全然嫌いじゃない・・・どころか最近主食になりつつある
音楽性なのだがGALNERYUSに求めている音ではないなぁ・・・!
しかしギターソロはツインリードでドラマティックな泣きのプレイを
聴かせてくれるぞ!2曲目は妙にポップでキャッチーなメロハー風。
こういう曲は何気に昔からプレイしていただけに違和感は無いな。
キーボーディスとのYUHKI作曲なだけにキーボードが目立っているな。
3曲目はピアノがメランコリックさを放つイントロに始まり昔の彼ららしい
超ドラマティックメロパワへ変貌を遂げるサイレントジェラシー的な
アレンジの曲だ!歌詞は日本語詩実にクサい!(爆)疾走しまくりではないが
サビなんかヤバいくらいクサ過ぎる!!間違いなく超キラーなのだが
やはり歌詞が日本語詩なので垢抜けないアニソンクサさがあり受け付けない人も
多かろう・・・!ギターソロ後はプログレッシヴな変拍子リズムだ!
その後は飛翔系の明るい王道メロパワ風メロディーになるぞ!
4曲目は叩きつけるようなへヴィリフに始まるがその後はクリーンギター、
ピアノが聴けるメロウなアレンジになりサビはやはり物凄くキャッチー
クサいメロディーが聴けるぞ!そして歪んだハモンドが現れシンセが
プログレメタル的展開を見せる!この曲も歌詞は日本語だ。
ラストのツインリードも熱い!熱すぎる!!


3曲目なんかどう考えても超名曲なのだが日本語詩になると
途端にアニソン風になるのう・・・!それを考えると日本語詩の
超劇的なメロスピ
なのにクサくなりすぎずアニソン臭がしない
Xがいかに凄かったかが改めてよく分かるな・・・!
今の俺は日本語詩もモダンへヴィネス、スクリーモ、メタルコアも
全然好きなのだが、それでもGALNERYUSには・・・彼らには完全英語詩で
流行に乗らず媚びず、セルアウトせず世界に羽ばたく
GALNERYUS
でいてほしかった・・・!我々の手のとどかない存在にまで
上り詰めて欲しかったわい・・・!まぁメロディーは相変わらず物凄く良いので
日本語の歌詞が聴けてメロスピに拘らないメタラーにオススメだと言えよう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 THE AWAKENING







"REINCARNATION"




日本のテクニカルメロパワバンドの5thアルバム。


デビュー当時は超高品質な一流様式美メロスピ、クサメタルスタイル
貫き通しそれこそ初期SONATA ARCTICA等と対等に闘えるクオリティーを有し
これまで日本のバンドに見向きもしなかった俺みたいなリスナーをも振り返らせ
ある意味俺のメタル人生を変えたほどのバンドだったのだが
2ndでプログレ路線に偏りそして3rdで完璧とも言える究極のクオリティー
持った世界最高峰のメロスピを産み出す事に成功!だが続く4th前に
リリースされたライヴDVDについてきたCD、そしてシングルで何と日本語詩
取り入れ賛否両論真っ二つに分かれ、そして満を持してリリースされた
4thは日本語詩、英語詩両方あり音楽的にも散漫になり質自体は高いものの
ちょいと・・・いやかなり軸のぶれたアルバムとなってしまったわけだが
それに続く本作5thはというと・・・先行シングルでも感じられた事だが
やけにモダンなリフが取り入れられ曲によっては今流行りのメタルコアや
モダンへヴィネス、インダストリアル的な雰囲気
を感じさせるものすらあり
かつての様式美クサメタル要素はかなり減退!
間違いなく再び賛否両論分かれるアルバムとなるだろうな・・・!

1曲目はノイジーな音とシンフォニックなシンセ、泣きのギターが
登場しモダンなメタルコア的リフで疾走開始!相変わらずギターは
ワウを効かせ過ぎている感はある。ヴォーカルが登場するとテンポが
落ちるぞ。日本語の歌詞でサビは壮大なクワイア調のコーラス
哀愁溢れる良きメロディーである!間奏はプログレ的だ。変拍子バリバリ
なのだがどこかノイジーさがありインダストリアル系の雰囲気もあるな。
2曲目もモダンなへヴィリフで爆走!直後クワイア系の分厚いコーラスが
切り込みストリングス音も登場しヴォーカルも太めの声で歌う
メタルコアというかモダンな雰囲気の曲である!サビはスローになり
その後はシャウトも聴けいかにも今風のモダンさがあるのう・・・!
曲としては良いのだがGALNERYUSにあっているかどうかは判らんな。
3曲目はミドル〜アップテンポのわりかし判りやすいメロディアスな曲だ。
サビのキャッチーさはやはり良い!お得意のプログレ変拍子を交えた
間奏がなんかCHILDREN OF BODOMっぽいな。4曲目は日本語詩による
キャッチーな曲。そして5曲目はこれまたキャッチーなイントロで始まるが
その後は初期の頃のような王道のメロスピスタイルとなる!こういう曲を
待っていたッ!ラストの泣きのツインリードも非常にドラマティックである!
6曲目はプログレ的なシンセ、変拍子が聴けるテクニカルな曲。
インストと見せかけてヴォーカルが入りテクニカルなだけではない、
泣きのギターソロも聴けるぞ!7曲目はこれまたクサめなリフが聴け
ドラムが暴れるアップテンポのどこか中東風の妖しいメタル。
サビもクサめで良いな。8曲目は再びヘヴィなリフで始まりハモンドも
バックで聴けるがあくまでもモダンなアレンジだ。しかしその後
ネオクラ系のギターが聴けそしてヴォーカルが入りノーマルな
ミドルテンポメタルとなりサビは日本語で歌謡曲、ヴィジュアル系ライクな
哀愁クサメロ
を歌い上げるぞ!ソロパートではキラキラしたシンセ
久々に登場しその後のピアノ、壮大なクワイアも盛り上げてくれる。
9曲目はパーカッションと打ち込みっぽいリズムで始まりダークな
雰囲気が演出されそして疾走する!プログレ的な味わいを醸し出しつつも
やはりメロディーはクサいぞ!間奏はシンフォニックでクラシカルな
アレンジ
が聴け失われたと思われていた様式美魂が感じられる!
その後のソロはプログレ的で実にテクニカルだ!10曲目は
どちらかといえば80年代メタルのようなリフで始まる日本語詩の
ミドル曲。バラード系と言えなくもないな。11曲目はピアノと
泣きのギターが聴ける本格的なバラード。ソロパートでは
シンフォニックな様式美的アレンジが登場し彼等にこういうスタイルを
求めている俺としては嬉しくなってしまうのう(笑)。12曲目は
変拍子を交えつつも王道のリフで始まり疾走するメロパワチューンだ。
サビの壮大なコーラスが聴き所だ!初期の彼等を持ち上げるメロスパーも
俺を含めて多いだろうが初期にはない最近の彼等の良さがこの分厚い
クワイア的コーラス
である!

まだまだクサいメロスピチューンも残ってはいるが前半など
やけにモダンになっておりかつての様式美メロスピ、クサメタル的
雰囲気は薄れ過去のファンは受け付けないかもしれんな・・・!
かといって完璧にモダンなメタルコアかといえばそうはなりきれておらず
メロディアスなメタルにもメタルコアでもないどっちつかずの中途半端さ
感じられる・・・!このままモダンになるならもっと本格的なデスヴォイス
入れるとかしてそういったシーンの人間を黙らせるくらいの事・・・
かつてのファンを完全に突き放すくらいのことやらないとダメだろうし
かといってもうあの頃の王道様式美クサクサメロスピ中心の路線に戻る事も
難しいだろうなぁ・・・!まぁそれでもまだ5曲目のようなメロスピチューンが
残っているのは救いだが逆にいえばこの未練がましさがどっちつかずに
なっている要因かも知れん・・・!?元々メロスピのみならずキャッチーな曲や
テクニカルなプログレメタルなど素養の広さを持っていたバンドなのだが
最近はそれが散漫になってしまっているとしか言えないなぁ・・・!
またかつてのような様式美メロスピ主体のアルバムを求む!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 BLAST OF HELL、
AGAINST THE DOMINATION、NO EXIT、STARDUST、
FACE TO THE REAL、THE FLAG OF REINCARNATION







"RESURRECTION"




日本のテクニカルメロパワバンドの6thアルバム。


看板シンガーだったYAMA-B氏が去り、ベーシストのYU-TO氏も本職のDELUHIに専念するため脱退、
後任に超絶ハイトーンシンガー小野正利氏を新たに迎えベーシストも代わり久々にリリースされた
通産6作目のフルアルバムである!去年(2009年)のLOUD PARKにも
参戦していたが俺はそれより前のPURE ROCK JAPAN LIVE 2009にてまだ正式加入ではないものの
彼がフロントに立つ姿をいち早く見届けていたが超実力派の看板に偽り無しの
見事すぎるパフォーマンスに度肝を抜かれたわい・・・!そして月日が流れ正式に
加入
しここに届けられるは待ってましたの最新アルバムである!実はネット配信限定
3曲がシングルとしてリリースされていたようだが多くのメタラーが初めて
耳にするのは本作
であろう・・・!音楽的には名盤の3rd以降幅広くなり始め
ちょいと低迷し始めたわけだが果たして楽曲面でも再びかつての盛り返し
見せることが出来るのであろうか!?いくらシンガーが、演奏が凄くとも
曲が微妙だと意味を成さない
のでな・・・!

泣きのギター、バンドサウンド主体のイントロに続く2曲目は早速ギターが
エモーショナルかつ大仰にむせび泣き
疾走を開始するいかにもGALNERYUS色濃い
王道の楽曲
だがヴォーカルが入るとミドルテンポのハモンド入りメロハーになり
ちょいと肩透かしになるもブリッジはピアノも登場しメランコリックな
メロディー
になりそしてサビはメロパワ的な待ってましたの疾走である!
ギターソロは様式美系のメロディーを披露しキーボードソロも続きテクニカルかつ
メロディアスな劇的展開
を見せ、後半のコーラスはいかにもジャーマン系の
野郎シンガロング
でこれまた熱く盛り上がるぞ!そのまま続く3曲目は
ハイトーンと共に疾走しテクニカルなギターワークも冴えるがヴォーカルが入ると
やはりテンポが下がりメロハーライクになるのう・・・。だがやはり演奏の
テンションは凄まじく
サビはやはり疾走だ!ギターソロも当然のように聴き所である!
4曲目はテンポが下がりハモンドが顔を出すメロウな雰囲気を持った曲だが
Aメロのヴォーカルが加工されメタラー視点だとちょいと首を捻るが曲調自体は
プログレッシヴな技巧を見せるキャッチーなメロディアスHRで悪くは無いな。
ワウを効かせたギターソロも泣きまくりで実にエモいのう・・・!5曲目はドラムソロから始まり
ノリの良いシャッフルでありながらテクニカルな変拍子も交えた楽曲でキーボードは
ホーンの音色も披露しメタルではあるが日本人バンドらしい昭和歌謡クサメロジャジーな
色合い
を感じさせ面白いな。ハモンドのシンセソロもそんな感じでプログレ的な
テクニカルさ
を持ったインストパートが聴き所となっておりギターはやはりドラマティックである!
6曲目は曲名通りの実にエモーショナルな泣きのギター、ピアノが聴ける哀愁バリバリの
メランコリックなインスト
だがシンセフレーズ以降はちょいと明るくなるもメロディー自体は
変わらず叙情的じゃのう・・・!テクニカルパートの充実振りは流石の一語で各楽器が
縦横無尽に暴れまくり
メンバー全員が上手いからこそなせる業を見せ付けておる!
後半は再び泣きの哀愁メロディアスパートになりただテクニカルなだけではない
リスナーの事をキッチリ考えた仕様になっており好感が持てるな(笑)。
7曲目はストリングス、ピアノ等シンセで幕を開けパワフルなバンドサウンドも登場、
とにかくクサいフレーズを聴かせるキーボードが印象的な楽曲でヴォーカルは
日本語で疾走しシンセ主体の派手なメロパワ、メロスピスタイルと化し
メロディーはかなりクサいのう・・・!キラキラしたシンセソロ
ネオクラシカルでたまらんわい!ラストのメロウさも実に素晴らしく本作中特に劇的な
楽曲
と言えよう!8曲目はクリーンギター、ピアノが物静かさを演出し日本語ヴォーカルが
切々と歌いバンドサウンドが盛り上がるバラード系の曲。ちょいとポップ
印象がありGALNERYUS・・・というかメタルとしては普通だがギターソロがやはり
泣きまくっており良いのう・・・!ラストのコーラスも盛り上がるわい!
9曲目は早速シンセが暴れギターはちょいとモダン風になりハモンドも登場、
重さというかシリアスなダークさを演出しテクニカルなアンサンブルも炸裂、
緊迫感ある楽曲に仕上がっておりサビは疾走開始だ!インストパートは
全ての楽器がユニゾンで暴れ倒し見事なまでに超絶技巧振りを発揮!その後はギターが泣き
メロディアスさ、ドラマティックさも決して忘れていない!10曲目は
いつものストリングス系の音色で幕を開け妙にポジティヴなヴォーカル
派手に登場しギターも目立ち明るくキャッチーなメロディックメタルとなりサビはメロスピだ!
これまた珍しいホーン系のシンセも異様にライトな盛り上がりを演出しインストパートは
完全なるプログレである!ギターとベースのタッピングユニゾンが凄まじいのう・・・!
11曲目はメタルというよりはSANTANAっぽい穏やかな泣きのギターにピアノ、オルガンが
ムーディーさを演出する終曲のインスト。どこかメロディーが和の雰囲気を
放っている
ように感じられるのだがこれは気のせいか!?


前作にあった中途半端にモダンなJ-ROCK要素がかなり減退し雰囲気的には3rd以前のような
プログレッシヴな技巧を取り入れたテクニカルメロパワスタイルに戻ってきており
我々がかつてこよなく愛したあの頃のGALNERYUSが帰ってきたと言ってしまっても
過言ではなかろう!日本人らしいフィーリングを持っていた前任シンガーと比べて
海外寄りのハイトーンなのも本作の方向性にマッチしており、何度かお目にかかり
お世話になってるYAMA-B氏には悪いがメンバーチェンジが成功した稀有な例として
ロック、メタルの歴史に刻まれる1枚と言いたいッ!GALNERYUS復活ッッ!
GALNERYUS復活ッッ!!GALNERYUS復活ッッッ!!!(烈海王風に)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 93% お気に入り曲 BURN MY HEART、CARRY ON、STILL LOVING YOU、
EMOTIONS、SAVE YOU、FALL IN THE DARK、DESTINY







"PHOENIX RISING"




日本のテクニカルメロパワバンドの7thアルバム。


日本が世界に誇れるレベルの超絶技巧メロパワバンドがまさかのシンガー交代を
敢行してから2作目のアルバムである!
3rdまではテクニカルさを前面に
押し出しつつも日本人好みのメロパワ、メロスピを聴かせてくれていた
4th、5thアルバムから日本語詩を導入し方向性も迷走し始めてしまった感があった・・・!
だがヴォーカルチェンジしてリリースされた前作の6thアルバムは再び初期の頃
ようなテクニカルでプログレッシヴかつストレートなメロパワに原点回帰し
見事に復活を成し遂げた!そして続く本作、方向性としては前作の延長線上
あるもので世界レベルのバカテクを駆使した超テクニカルプログレメタル要素
盛り込みつつも決して勇壮で哀愁漂うクサメロを忘れる事無く疾走する超劇的な
メロパワ、メロスピ
を展開しておりANGRAがもうやらなくなってしまった事
今も続けてくれているかのようなムードを出しているが前作よりもバラエティー豊かに
なった感
があり相変わらず演奏スキル、アレンジ、メロディーセンスはずば抜けており
高品質な事この上無いが音質は非常に悪くこれまでのアルバムの中で最も劣悪かも知れん・・・!

1曲目はシンセが神秘的なムードを演出しストリングスリフが登場、ホーンの
音色
も聴けいかにもシンセな感じだが勇壮さが出ておりベタなムードが良いな(笑)。
泣きのギターデスVo語りも顔を出し続く2曲目は早速の強烈なクサさ、哀愁を
放つギターフレーズ
と共に疾走!ヴォーカルのハイトーンはやはり流石でAメロの
時点で既にクサく
ブリッジもサビも全てがクサいぞ!バックのストリングスシンセも
印象的だな。
インストパートは急にプログレメタル化高度なテクを見せ付けるのう・・・!
ハモンドがまたプログレな感じでその後のギターソロはテクニカルかつクサメロ重視
たまらんわい!3曲目はちょいと明るいムードを出しつつも泣きも持ち合わせたギターで
幕を開け
ヴォーカルも日本語でキャッチーさを醸し出しているな。サビは疾走し
インストパートはやはりテクニカルだが泣きのギターも披露され実にエモーショナルだ。
後半は男臭い地声コーラスが登場するぞ!4曲目はちょいとモダン寄りになったリフ、
ノリの良さを発揮するリードギター、ハモンドが目立つシャッフルリズム風でありつつ
いびつな変拍子を交えた軽快な曲。ハモンドソロがまたロックンロール的ではあるが
ここまでテクニカルなロックンロールはありえんだろう(笑)。5曲目はストリングス、
ハープの音色
が聴けそしてプログレメタル的なムードを放ちつつ疾走!テクニカルな
アンサンブル
が勢い良く飛び出してくるがヴォーカルは明るく爽快な感じだな。
インストパートはお決まりのように超絶技巧が飛び出し全ての楽器が縦横無尽に
暴れ倒しておる!
6曲目は泣きのギターで幕を開け切々としたヴォーカル
メタルシンガーらしからぬしなやかさを見せるメロウなバラード。得意のストリングスの
音色によるシンセソロがまた良いな・・・!後半の泣きまくりギターソロも聴き所じゃ!
7曲目はこれまた泣きまくりの超エモーショナルギタークサさすら感じさせる
哀愁メロを奏でそして待ってましたのメロパワ疾走!ハモンドもバックで聴け
テクニカルなキメも見せAメロでもテンポダウンする事無く突っ走るぞ!サビ後は男コーラス
顔を出し仰々しさを見せその後は定番のプログレメタル化するインストパートだ!
超テクニカルかつメロディー、クサさも決して忘れないクサプログレ振りが実に凄まじいわい!
8曲目は泣きのギターで幕を開けストリングスとユニゾン哀愁を放つバラード。
ヴォーカルがかなりソフトでこういう歌い回しはJ-POP畑で修得したスキルだろう。
ヴァイオリンシンセ、ギターによる泣きのソロがまた素晴らしいぞ!9曲目はモダンさを持った
ワイルドなギターリフ、ハモンド
にいつになくアグレッシヴなヴォーカル
荒々しいムードを醸し出すへヴィなロックンロール系のアレンジだがサビはやはり
キャッチーさ
があり勢いのあるシンガロングも聴けるぞ!10曲目は大仰で
勇壮なホーン
ヒロイックなムードを醸し出しアップテンポで展開、シンフォニックメタル
接近したかのようなムードを出しつつもベースが唸りヴォーカルは淡々としたキャッチーさ
感じられサビは勢いを見せつつもクサさが漂っておる!ソロパートはやはりクサさと
テクニカルさ
を兼ね備えたクサプログレメタル大きな聴き所となっておる!胡散臭いデスVoに
雄々しい男コーラス
も印象的じゃ!11曲目はムーディーなオシャレ感漂う泣きのギター
大人のフィーリングを醸し出すアウトロのインスト。

ちなみに限定盤にはライヴでやった自分達の曲が4曲収録されたDVDが付属し
通常盤にはライヴのカヴァー曲が7曲CDで付属しておりよくあるヴィジュアル商法よりは
ずっと良心的
・・・どころか通常盤も2枚組で3000円なんでサービス精神旺盛
ほうだと言えよう!(彼らとして)ベタすぎるカヴァー曲チョイスがまた良いな!(笑)


ストレートさがウリだった前作と比べると曲調が幅広くなっており疾走クサメロ連発
メロパワ、メロスピ
から明るめのポップチューン、軽快なノリの良さを持った曲、
泣きのメロウなバラード、ワイルドもモダンなロックンロール風等など
様々なタイプの曲バラエティー豊かに顔を揃えているがどの曲も決まって
インストパートになるとプログレメタル化するのが一貫した特長か!?ここまで
バラエティー豊かになると普通は散漫さを覚えるんだが本作は意外とそうなっては
おらず違和感無く聴き通せる
のが好印象だな。ポップチューンなんかは何気に
1stの頃からやっていた
しそのおかげか!?俺はやはりクサメタラーなんで幅広さよりは
一本芯の通ったメロパワ、メロスピを求めてしまうが本作を高く評価するリスナーも
多かろう!ただやはり楽曲、演奏クオリティーと相反する音質の悪さは実に厳しくまるで
デモテープ並のスカスカさなのが非常に残念である!まぁ今に始まった事ではなく
特に日本のバンドは総じて音が悪いんだが本作は特にスカスカじゃ!(爆)
また3rdみたいに海外にミキシング、マスタリングを頼んでもらいたいもんじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 TEAR OFF YOUR CHAIN  T.F.F.B.   THE TIME HAS COME







"絆"




日本のテクニカルメロパワバンドのミニアルバム。


漢のバイブル、北斗の拳ジャケが血を滾らせるもパチンコタイアップと言うのが
激しく癪に触る(爆)企画盤的なミニアルバムである!新曲に加え過去曲のリメイク、
未発表曲の寄せ集め
という事であまりいい印象が無かったのも事実だ(爆)。まぁ中身は本物の
ヘヴィメタルバンド、GALNERYUS
だけに安易な売れ線バンド共と違いセルアウトする事は無く
しかとしたメタルサウンドを聴かせてくれるのであろうか!?

1曲目は壮麗なシンセを聴かせつつもタイアップだけに幾分ソフトな味わいの
バンドサウンド、ヴォーカル
が顔を出し驚かされるがそれでもギターは暴れ
テクニックはしかと見せておりソロパートはいつも通りなんで安心だ(笑)。
2曲目は過去曲のリメイクでマイルドなムード漂うシンセが穏やかさを演出しキャッチーな
ギター
も登場、ミドルテンポでこれまたヴォーカルもいささかソフト過ぎる
サビのコーラスは勇壮さ、クサさがありやはりGALNERYUSだな(笑)。3曲目は
かつてのキラーチューン“WHISPER IN THE RED SKY”のリメイクでやはり彼らには
こういう曲調が最もマッチしておるのう・・・!イントロからいきなり泣きまくりの
ギター
冬ソナフレーズを奏で疾走!歌詞と曲名が異なる別ヴァージョンだが
演奏面で大きく変わる事は無くヴォーカルも違和感は無いな。4曲目は泣きのギター
幕を開けるまったりとした落ち着きあるスロー曲でメロハーと言うかハードポップ的な
雰囲気
を持っているな。ギターソロは良いのう・・・!5曲目はクラシカルな
ギターとシンセがユニゾン
待ってましたの疾走を開始!まぁヴォーカルパートは
どうにも落ち着いた印象があり微妙だがサビやその後のソロパートは流石じゃわい!
泣きのギターもまたエモーショナルかつクサくシンセソロも
シンフォニックさがあり派手に盛り上がるぞ!ラストのギターソロ、
シンセストリングス
もまたクサいのう・・・!6曲目はこれまた明るめの
ポップな曲
だがバンドサウンドはプログレメタルとすら言えそうなテクニカルさを見せておる!


その他多くのバンド同様タイアップ曲セルアウト臭漂うつまらんポップ曲で
ガッカリだが(爆)
それ以外は流石にGALNERYUSだけにクサクサキラー満点!・・・と言いたかったが
その他の曲もまたマイルドでユルめのポップなスローチューンが多く過去曲リメイクを
除けば良い曲は5曲目のみである(爆)。正直熱心なファン向けだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 66% お気に入り曲 ACROSS THE RAINBOW  WINNIG THE HONOR







"ANGEL OF SALVATION"




日本のテクニカルメロパワバンドの8thアルバム。


メタルシーンでは無くJ-POPシーンで長らくその名を轟かせてきた大ベテランの
実力派ハイトーンシンガー、小野正利
加入後通算3作目のフルアルバムである!
シンガーチェンジ後初のアルバムは初期の頃のようなストレートなメロスピ、
メロパワの名盤と呼ぶに相応しいクオリティー
を見せていたが続く前作は
質こそ確かに高いもののちょいと散漫になった印象がありアメリカンロックに
接近した曲調
も目立ち個人的にはピンと来なかった・・・!だがミニアルバムに
続いてリリースされた本作
は再び彼らの持ち味である超絶技巧を贅沢に駆使した
テクニカルかつ派手で華やかなメロパワスタイルを見せており
幅広い曲調ではあるが一貫した美点がしかと備わっており散漫さを感じさせる事は無く
さらにテクニカルさも過去最高峰のレベルにまで達しておる!

1曲目はストリングス、笛等のシンセシンフォニックなムードを演出し
ホーンの音色と共にバンドサウンドも登場、勇壮さを見せシンフォニックメタルに
通じる要素
を醸し出し荒々しい語りも聴けるイントロで続く2曲目はこれまた
リードギターに続きシンフォニックさ満点のシンセも目立ち疾走!従来通りの
テクニカルなメロパワ、メロスピ要素シンフォニックメタル要素を導入し
より劇的さを増しておるのう・・・!サビはメロスピの王道である飛翔感溢れる
明るくキャッチーなメロディー
に加えやはりシンフォさがあり壮大かつ壮麗な
面も出ているぞ!
インストパートもテクニカルかつ劇的ギターも泣いており
さらにベース、ドラムも暴れまくりソロを披露するぞ!ラストの雄々しいコーラス
また大仰でたまらんのう・・・!3曲目はパーカッシヴなドラムに始まりキャッチーな
メロディー
が聴けるテクニカルながらも爽やか路線のミドル〜アップテンポ曲。
各楽器が鋭く切り込むオブリ
はまさにプログレメタルハモンドソロも凄まじく
リズムも変態的としか言い様が無い!4曲目はワイルドさのあるリフワーク
ロックンロール的なノリの良さを見せつつもテクニカルな部分もしかと忘れない
軽快かつヘヴィなアップテンポチューンでサビは日本人らしさ満点の
クサさ
を漂わせたキャッチーなメロだ!テクニカル極まり無い
キメフレーズ後
モダンなムードも漂わせるがシンセ、ギターソロはやはり凄まじく
それでいてどこか怪しいエキゾチックさもあるか!?5曲目はシンセで幕を開け
中東っぽいフレーズミステリアスな空気を放ちヘヴィさも見せるミドル曲。
並のネオクラバンド
なら(本家イングヴェイも含めて)捨て曲にしかならないような曲調だが
流石はGALNERYUSだけにメロディーは良くさらにサビは疾走するぞ!インストパートは
やはり凄まじいまでのテクニカルさだがその中にあってクサさを放つリードギター
顔を出しメロディーの良さを放棄するような事は無い!後半のコーラスがまた
クサさ満点じゃわい!6曲目はイントロから早速ドラマティックな盛り上がり
見せるが爆走はせずキャッチーな軽快さを持ったアップテンポ曲になり明るいアニソン臭さもあるが
やはりバンドサウンドはテクニカルじゃのう・・・!7曲目は明るい曲に見せかけて
ギターフレーズが恐ろしくクサい!まぁ基本はアニソン色濃いポップさのある軽快な曲だが
普通に考えると売れ線の軟弱ポップロックになりがちな曲調でもGALNERYUSがやると
こんなにもクサくなるのか・・・!(爆)
ラストのギターもまた凄まじいクサさじゃて・・・!8曲目は
ドラムで幕を開けファンタジックさのあるシンセも登場しクサい哀愁を漂わせ
重厚なバンドサウンドも登場、シンフォニックなムードを醸し出すもヴォーカルは
明るめな印象
があるな。ミドルテンポでリズム面は淡々としているがアンサンブルは
プログレッシヴかつシンフォニックじゃのう・・・!インストパートはハモンドに
ストリングス、キラキラした音色のシンセ
に加えギターもクラシカルな
要素
を見せているぞ。ソロ後半のリードギターなんかまるでジブリみたいだ(爆)。
9曲目は前情報から話題となっていたGALNERYUS初の15分近くある大作で、クラシカルな
格調高さ
を見せるストリングス、フルートの音色で幕を開けバンドサウンドも
切り込み
ストリングスと共にポジティヴなクサさをこれでもかと言うほど放ち疾走!
ヴォーカルはどこか穏やかな印象があるか!?途中でギターチェンバロ系シンセ
クラシカルにユニゾンし緊迫感を演出、様式美メタル的なフィーリングを発散しさらに
クッサイ泣きのギターで疾走しシンセソロも聴け実にドラマティックじゃのう・・・!
8分過ぎのギターソロはプログレメタル的テクニカルさクラシカルな
様式美要素
を同時に見せつけテクニック派クサメロ派同時に唸らせる
実に凄まじいパフォーマンス
となっておるのう・・・!ラストの大団円的コーラス、泣きのギター
またポジティヴな劇的さを放っているぞ!10曲目はストリングスシンセ穏やかさ
見せつつも壮麗に盛り上がりピアノ泣きのエモーショナルなギター
顔を出すウリ・ジョン・ロートに通じるムード漂うアウトロ的なインスト。


高いミュージシャンシップを誇るバンドだけに本作もやはりメロパワ、メロスピ一辺倒
なる事は無く幅広い曲調を見せているがその中にあって変態的とすら言い切れる
超絶テクニック
アニソン的とさえ表現出来るであろう日本人らしさ満点のクサく
キャッチーなメロディー
は終始一貫しておりさらに今回シンセがシンフォニックさを
増しており
曲、パートによってはシンフォニックメタルとすら言い切れそうな
ムードを放っておる!あまりにもアニソン臭いためか賛否分かれているようだが
それでも今現在においてジャパニーズHM/HRの最高峰である事実は揺るぎようが無い!
ガチのメタルバンドなんでセルアウトの心配も無い!非メタル畑の
売れ線バンド共!GALNERYUSを見習えい!(爆)





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 THE PROMISED FLAG  LONELY AS A STRANGER
STAND UP FOR THE RIGHT  ANGEL OF SALVATION  LONGING







"VETELGYUS"




日本のテクニカルメロパワバンドによる9thアルバム。


ジャパニーズメタル期待の星とされていたのも昔の話、今やメジャーデビュー10周年を迎え
ベテランの領域に足を踏み入れつつある超本格派、超実力派のメロディックパワーメタルバンドである!
紆余曲折ありつつセルフカヴァーアルバムなんかもリリースしつつ、ガチのHM/HRバンドなんで
メジャーに迎合してクソつまらなくなってしまうような事も無く(一部のタイアップ系は微妙だが)
これまでテクニカルさ満点のハイレベルなメロディックメタルを追求してきた・・・!本作はそんな彼等の
通産9作目に当たるアルバムとなっており、前情報と言うかメンバーのインタビューで読んだ所
結構散漫な感じになっているらしく不安にさせられるんだが、果たしてどのような仕上がりなのだろうか!?

1曲目はストリングスの音色に始まりどこか淡々としつつもクラシカルで勇壮なバンドサウンド
顔を出すイントロで、2曲目はそのままストリングスが聴けつつも疾走する定番のメロパワとなり
ポジティヴなムードを醸し出しつつやはり相当にテクニカルじゃのう・・・!ただヴォーカルメロ
どこかJ-POPと言うか歌謡曲的な色合いが強く、ポップな印象があるのが賛否分かれそうだな・・・!
ギターソロはクラシカルなメロディアスさがあり良いな。3曲目は今風のシンセが顔を出し淡々としつつも
テクニカルさ
を見せるが、基本はミドルテンポポップ寄りかつ地味な印象もあるか!?ソロパートは
ハモンドも顔を出しプログレッシヴな面を見せるぞ。4曲目もデジタル系シンセが早速顔を出し
さらにヘヴィリフも登場、いかにも今風なんだがギターは泣きも披露ワイルドなノリを放つのう・・・!
5曲目はストリングスクラシカルさを放ちシンフォニックな要素を見せ、ギターもネオクラ系の
フレージング
を披露するもその後は淡々としたプログレハード風のアップテンポ曲となるな・・・!サビは再び
クラシカル系のクサメロを歌っており、インストパートオーケストレーションを交えつつもやはり
プログレメタル的で、テクニカルさ以上に様式美系のメロディーが目立っておりこの曲は俺好みだな・・・!
6曲目もまたシンセオーケストレーション勇壮さを演出、流麗なギターも顔を出しエピック風味を
漂わせるも、
その後はプログレメタルばりのテクニカルさを見せるバンドサウンド疾走開始!
中盤のストリングスフレーズがまた良く、その後はテクニカルなシンセとギターのソロバトルになるぞ。
7曲目は珍しくクワイアで幕を開け、その後は叙情的なメロディーを奏でるエモーショナルな
リードギター
が聴けるインストチューンになり、無機質な中にクラシカルさがあるのが嬉しい所である!
途中で民謡ライクなクサさを放つ叙情パートが聴け、その後ケルティックなフレーズで疾走するのも面白いのう・・・!
8曲目はヴォーカルメロディーにクサさを感じさせる哀愁バラードで、ギターソロの泣きっぷりがまた良いな・・・!
9曲目は妙にオシャレな都会的J-POP風の空気を醸し出すプログレメタルで、インストパートはテクニカルだが
スクラッチっぽい音が入ってたり妙にダンサブルなリズムがあったりとどうにもダサめで、ヴォーカルメロも
悪い意味で歌謡J-POP風なのが微妙じゃのう・・・!10曲目はクワイア、チェンバロで幕を開け彼等本来の
様式美的ムード
を醸し出す疾走チューンになるが、かつてのキラーチューンのような派手さは無く
落ち着いた印象
もあるなぁ・・・!まぁサビは厚めのコーラスが聴けるのだが・・・!11曲目はプログレメタル寄りの
テクニカルさを見せつつ疾走、
ヴォーカルがやけに落ち着いておりマイルドさも感じさせ、
サビはシンセをバックにいかにもジャパメタ風な空気があるか!?ラストのギターはかなりクサいぞ!
12曲目はマイルドかつエモーショナル渋めの泣きを見せるギターピアノ、ストリングスが聴ける
叙情的なインスト。こういう曲は流石にストリングス等生で聴きたいのう・・・!


流石の彼らも海外進出を視野に入れず長い事ドメスティックな活動ばかりしてきたからか
J-POPの悪影響に少しずつ侵食されて来てしまっているなぁ・・・!メロディアスな部分も
ヨーロピアンメタルの叙情では無くJ-POP、歌謡曲的安い印象があり正直言ってGALNERYUSに
こんな方向性は求めておらんわい!
彼等がデビューした時は「ついに日本から本格的な
ヨーロピアンスタイルのメロディックパワーメタルが出てきた!」
と興奮し、このまま世界に
進出して本場ヨーロッパのHM/HRバンドと肩を並べる存在になる
と期待しまくっていたんだがなぁ・・・!
まぁダメなのは一部の中途半端な捨て曲で、勿論疾走キラーチューンもしかとありアンサンブル
テクニカルな事この上無いんだが俺がGALNERYUSに求めていたのは歌謡メタル、J-POPメタルなんかじゃない!
本格的ヨーロピアンHM/HR、メロディックパワーメタルなのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 Endless Story  Enemy To Injustice  The Judgment Day
Vetelgyus  The Guide  I Wish







"Under the Force of Courage"




日本のテクニカルメロパワバンドによる10thアルバム。


小野正利加入後はエピックなクサさが鳴りを潜め、爽やか路線(?)のテクニカルな
メロスピ
にシフトした印象があり、勿論しかとHM/HRしてるし高度な技巧、クサメロも
健在なんだが、
どこかオシャレな印象もあり俺等メタラー以外の、畑違いの
オシャレ気取り連中からの人気
も取り込めそうな印象があった・・・!だが見よ!
この通産10作目を記念する本作のジャケ!実にダサい!(爆)
「俺達はメタルだ!」
とでも豪語しているかのようなダサジャケこっち側の人種である事を
存分にアピールする本作、どうやらバンド史上初のコンセプトアルバムとなっているようで、
基本的なラインは最近のGALNERYUSらしい感じだが、散漫さが仇になった前作のような
ガッカリ感は無く統一感のあるメロスピチューンが多々収録されているぞ!

1曲目は哀愁漂うクリーンギターによるイントロで、2曲目も何故かインストとなっており
ストロングで重厚な印象のあるバンドサウンドがプログレメタル風のアンサンブルを見せ
続く3曲目でようやく派手なギター、シンセと共に疾走!サビは分厚めのコーラスも顔を出し
ハモンドソロに続きギターソロが聴けるのう・・・!4曲目はストリングス系シンセ
シンフォニックさを放つメロスピで、ソロパートはプログレメタル然とした
テクニカルさ
が見られるぞ。5曲目はストリングスシンフォニックな格調高さを演出し
叙情的極まりない泣きの激クサギターが登場、しっとりしたムードを演出する
メランコリックなバラード
となるが、途中からスペイシーなシンセと共にプログレッシヴな
バンドサウンド
が顔を出し、ヘヴィではあるがまるでシンフォ系プログレに近い印象があり
デスVoまで登場、新機軸を見せているのう・・・!6曲目は中東系のフレーズが
エキゾチックさ
を放つヘヴィなプログレメタル系で、7曲目は勇壮なクサさ漂う
オーケストレーション
が期待を煽りドラマティックに疾走!後輩バンドである
MINSTRELIXに通じる印象があり、中盤で切り込むヴァイオリンソロ、その後のクサ過ぎる
ギターソロ
もたまらんわい!8曲目は穏やかなピアノ、中性的なVoが聴けるバラード。
途中からバンドサウンドが盛り上がる定番の展開で、ギターもよく泣いておるのう・・・。
9曲目は14分超えの大作チューンで、ストリングスに始まりその後はやはり疾走!
大仰かつ明るくポジティヴな印象
もあり、例の如く途中プログレパートを挟み
クラシックフレーズも登場!分厚いコーラス泣きのギターも交え
かなりドラマティックで大作ながらダレないのが凄まじいのう・・・!


イントロが2曲続くのがコンセプト作と言えど意味不明なんだが、それ以降は近年の
GALNERYUS
の中でも特に質の高いメロスピチューンが続き駄作だった前作とは
比べ物にならん程ハイレベルな1枚に仕上がっておる!傑作とされる前々作
“Angel of Salvation”を正しく継承するアルバム
と言えそうな感じで、1曲1曲が長く
プログレメタル
通り越してヘヴィなプログレッシヴロックとも取れる楽曲まで見られるが
演奏スキルと共に構成力も凄まじく、一気に聴き通せてしまうのは流石としか言えんわい!
小野正利加入後は名盤、駄作、名盤、駄作のローテーションが続いていたが、本作は法則通り
名盤だったな。
となると次作は駄作になりそうだが・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Raise My Sword  The Voice Of Grievous Cry
Soul of the Field  The Force of Courage







もどる


inserted by FC2 system