凱旋MARCH






"大行進"




日本産、漢メタルのミニアルバムに続くフルアルバム。


まさに漢のメタル!!応援団メタルだ!!長ラン、
ボンタン、大団旗が似合う
サウンドである!!

日本の軟弱な男子に喝を入れる益荒男の心意気が
この円盤に凝縮されている!!!


なんて書くとバリバリ右寄りのヤバイバンドじゃないかと思われがちだが、政治思想などは皆無。
全ての男達を応援する魂のバンドだ!!

このバンドの特徴としてその独特なヴォーカルが挙げられるな!曲調こそ海外のヴァイキングメタルとか、
マノウォー系で特別真新しいってわけじゃないがこの応援歌とか、軍歌のような
フィーリング漂うヴォーカル
が乗ると一気に彼ら独特のカラーが滲み出してくる!
彼はホントに援団にいたんじゃないか?しかし、このバンド以外では、
こういう曲調以外では歌えないんじゃないか!?クリーンヴォイスも出来るがやはりこの個性溢れる
無骨な漢ヴォイスじゃないと!
そういう意味ではアクセプトのウド・ダークシュナイダーと
同じタイプ
といえるかもしれん。まさに凱旋MARCHを歌うために
生まれてきた漢だ!!


1曲目はインスト“闘いの序曲”。熱き漢達の勝鬨がこだまするこの曲
に続く2曲目“闘魂行進曲”はミドルテンポ曲。闘いに赴く
漢の無骨さが前面に溢れているぞ!!
歌詞がいいな!

3曲目“大行進”はまさに漢軍団大進撃といったカンジの疾走チューン!!
間奏で軍靴が鳴り響く!!

4曲目“闘人”は哀愁漂うアップテンポチューン。一人闘いに赴く漢の背中ってカンジがするぜ!
ところで歌詞の「Man is a 闘人」って何やねん!?
なんで中途半端に英語なんだ!?(笑)

5曲目“再戦”はタイトルが示すとおり闘いに敗れた漢が再び闘いに
挑む心境を描写した
ミドルテンポチューン。このバンド、ミドルテンポ曲に
いい味があるぞ!
そこらのバンドにある「疾走曲はキラー、
ミドル、スロー曲は捨て曲」
とは根本的に違い、ミドル、スロー曲であることの
必然性が感じられていいな!
途中で割り込むように入る
「勝利のもとにィィ、湧き上がる闘志ッ、闘志ッ、
闘争心ンンン!!!」
ってフレーズが熱い!!
熱すぎる!!

6曲目“不死鳥”はスローチューン。途中で漢が気合一閃するかのごとく
テンポチェンジするのがいいな!聴いてて無茶苦茶気合入る!!

7曲目“日没は”どこかドゥーミーな雰囲気漂うへヴィーなスローチューン。まさにタイトルどおりの
光景が目に浮かぶ壮絶な曲だ!しかし途中少しだれるかも。

8曲目“BRAVE NEW WORLD”ここにきて唯一の英語タイトルだ!男塾っぽく
当て字にしても
よかったかも?“無礼武 柔 我或怒”とかな(笑)。
“悪奴”でWORLDもありか。最初でめずらしくクリーンヴォイスで歌ってる。いい声だ。
サビで聴ける飛翔系の漢達の大合唱がいい!

9曲目“爆進行進曲”はまってましたの疾走チューン!魂が沸騰点に達する!!
熱い!熱すぎる!!カッコいいぞ!!

これ聴いてるとマジでアドレナリンが爆発しそうになるな!!
「常時前進!常時前進!常時前進!
常時爆進MARCH!!!」
最高だ!!

10曲目“凱旋行進曲”、タイトルチューンにしてバンドのテーマ曲だ!行進曲と書いてMARCHと読む!!
今だ見ぬ地平線に向かって行進を続ける漢達の勇姿が脳裏に浮かぶ!聴いてるこっちも
思わず腕を振ったり行進したくなるぜ!!たまらんな!この曲は10分以上あって途中ややだれるが
ヴォーカルパートはやはり熱い!そして最後は勇壮なツインリードが
ファンファーレを奏で、
ラストで太鼓が
鳴り響く!!
ドーン!!


何度も言うようだが熱い!熱すぎる!思わず全曲レビューしちまった!!
俺どっちかっていうと軟派なほうだけどこのアルバム聴いてるとスゲー応援されてる気分になる!!
人によってはこれ聴いた勢いでマグロ船乗り込みそうな
ヤバさがあるぜ!!
稼ぐならより過酷な
カ二漁がいいぞ(笑)。



満足度 90% お気に入り曲 大行進、爆進行進曲、凱旋行進曲







もどる


inserted by FC2 system