GLORY HILL







"LOST GENERATION"




日本のエモコアバンドの2ndアルバム。


最近デビューしたばかりの新人バンドのようで
バンドサウンドはエモなどとよく言われているそうだがパンクと
いうよりはHR/HMに通じる骨太さがあるな。
曲の骨格はエモというよりはメロコアに近いと思う。
ハイトーン系の甘いヴォーカルと叙情メロディーが
エモだと感じさせる大きな要素だろう。ELLEGARDEN
比較対照として名を挙げられているようだが個人的には
新人なれどハードロック的なバンドサウンドに乗る
哀愁叙情メロディーがツボにハマりELLEGARDENよりも好みだな。

SEに続いて意外とハードロックに通じる骨のあるバンドサウンド
聴ける1曲目は非常にキャッチーなエモで青臭さを感じさせつつも
質の高さがしかと根底に存在しているな!2曲目も哀愁を纏った
キャッチーなメロディーが聴けるアップテンポのエモハードロックだ。
3曲目はのっけから爆走を見せるアグレッシヴな曲である!
間奏のリフはメタリックではないがなかなかにへヴィ
ライヴではモッシュも巻き起こるだろう!4曲目は日本語詩になり
曲調もミドルテンポのバラード風になるぞ。メロディーはやはり
哀愁キャッチースタイルで良いな。ギターソロもあるぞ!
5曲目はこれまた骨太なリフが聴けるアップテンポ曲で
他の曲より気持ち明るめだがサビはやはり叙情味溢れるメロディー
聴けるぞ!ギターソロもたどたどしいながらメタルばりに
泣いていたりする
ところが面白いな。6曲目もアグレッシヴな
HR系リフ
に始まる曲だ!サビはメロコア寄りだがパワフルな
バンドサウンド、質の高いメロディーが青春パンクとディスる事を
許さない
クオリティーがあるぞ!7曲目は“Carry on”なんてメタラーが
特に注目しそうな曲名
だがイントロは淡々とした雰囲気肩透かしである・・・!
だがサビはバンドサウンドが入り疾走!胸を焦がす叙情メロディーも
聴けるが歌詞は本作において数少ない日本語詩である。
8曲目はやはりパワフルなリフに始まりコーラスも登場、
バンドサウンドはHR的ではあるがサビはスローになり
メロディー等も含めてバラード風になるぞ。


まだ彼らならではの個性というものは無いが全体的に新人としては
実に質の高い楽曲で纏められておりハードロック好きにオススメできる
エモ、パンク
として十分機能するだろう!どうやらポストELLEGARDENとか
呼ばれているがために各方面でかなりディスられているようだ(爆)。
これはそういうやり方で安易に売り上げを伸ばそうとしたレコード会社が
全て悪いと思うぞ!相変わらず金儲けのことしか考えていないようだな
ファック!てめぇらのくだらねぇ宣伝方法有望なバンド
潰されたらたまったもんじゃないぜ!そんなわけで是非とも先入観を
捨てて
聴いてみてくれ!いろんな意味でメタラーが最も高い評価を下しそう
バンドである(笑)。ただメロディーはどれも良質だがあくまでも“キャッチー”であって
“クサい”ではないので勘違い無きよう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 全部。特に“Remember”







"GOING NOWHERE"




日本のメロコアバンドの3rdアルバム。


ポストELLEGARDEN等と称されている国産パンクバンドで
音楽的にはエモのカテゴリーに入っているが実際にはかなり
メロコア寄りのスタイルを持っておりハードロック系
バンドサウンドにこの手のバンドとしては上手い方のクリーンな
高音寄りの甘いヴォーカル、疾走感、叙情性
を持ちつつも明るく
キャッチー
な音楽性は没個性ではあるが質は高いと言えよう!

1曲目からいきなり軟弱さのないハードコア的なファスト
メロコア
である!ギターもハードロック寄りだな!2曲目で
メロコア色が濃くなるが疾走感はあるぞ。3曲目もメロコア寄りの
疾走曲だがサビはスローダウンし青臭さの中にエモ的な叙情成分
内包されている。5曲目はキャッチーなサビが聴けるアップテンポの
エモとメロコアの中間っぽい曲調だ。こういう曲調がELLEGARDENと
比較される
のだろうか・・・!?8曲目は久々の疾走曲だが歌詞は日本語詩
青春パンクっぽさが濃いのが欠点だろう・・・!


前作と比べてノーマルなメロコア寄りになった感がありそういった
青臭い要素が苦手なリスナーには厳しいアルバムとなった感があるな・・・!
キャッチーさは流石だし洗練もされてはいるがこれといった武器も
個性も無く
こういうメロコアが大好きなリスナー以外がわざわざ
聴くほどのものでもないなぁ・・・!スケボーのBGMにしかなり得ない
ただのメロコアはいくら質が高かろうが微妙である!死ぬほどクサい
叙情クサエモスクリーモ、カオティックコアのような音が
俺は所望である!そんでもって相変わらずELLEGARDENと比較され
激しくディスられておりこりゃパンク界のガゼット
呼ばれるのも時間の問題かもな!?(爆)



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Go for break!!







"With No Love"




日本のメロコアバンドの6thアルバム。


彼等ならではの個性と言うものは微塵も無いクオリティーはなかなかのもの
演奏も悪くは無い国産エモ/メロディックパンクバンドの最新アルバムである!ここ数作は
ノーチェックだったがどうやら僅か半年ちょい前にリリースされた前作でパンクバンドとして
原点回帰をしたらしいものの聴いていないので詳しくは判らん・・・!音楽的には
疾走曲に頼らないミドル、スロー曲が目立ち青臭いムードもプンプン放たれるが
その一方で意外とギターソロがフィーチャーされておりシュレッドプレイこそ無いが
手数多いフレーズ
ツインリードで泣きのタッチを見せたりとHM/HR寄りのソロ
躊躇無く披露するようになりアルバム重ねる内に一皮向けたというか
開き直ったというか、そんな印象を感じさせてくれるのう・・・!

1曲目はそこそこハードなバンドサウンドで軽快なノリを出しつつもどこか怪しい
ムード
も携えたアップテンポ曲。ヴォーカルは日本語で非常に青臭い青春パンク臭さ
放っているがサビはなかなかにキャッチーだな。ギターソロもありシュレッドではない
意外と手数多く70年代ハードロックバンドくらいのプレイは披露しておる!2曲目は
どこか明るく穏やかなムードを持ちつつも憂いのようなものも持ち合わせたミドル曲。
ギターソロはツインリードのハモリ泣きのフレーズを奏で結構HM/HRの影響を感じさせる
スタイルになっておるな・・・!3曲目はアコギ、クリーンギターがちょいブルージーな
ムード
を出しつつもヴォーカルが青臭い盛り上がりを見せるスローなバラード系の曲。
キャッチーではあるがやはり青臭いムード満点好みは分かれるだろうな・・・!
やはりギターソロもありなかなかにエモーショナルなプレイを聴かせてくれるのう・・・!
4曲目はハードコア寄りの疾走感を感じさせ歌詞も英語になり青春パンクから脱却した
メロディック・ハードコアになるぞ!
この曲はギターソロは無いな。5曲目は再び
ミドルテンポでどこか穏やかで明るいムードを醸し出しており6曲目もミドルテンポで
ほのぼの感すら感じさせる曲だが再びギターソロが顔を出しツインでハモっておるな・・・!
7曲目はアップテンポノリの良さの中にエモい憂いを持たせておりやはりどことなく
青臭いもののエモさもちゃんとありメロディーはキャッチーである!8曲目はアコギ、
クリーンギター
が聴ける穏やかなバラード系のスロー曲。やはりサビがキャッチー
センスはあるな・・・!9曲目はなかなかワイルドでパンクとしてはへヴィ寄りの
リフ
が顔を出しストロングさを内包したミドル曲。本格的なモダンへヴィ系バンドに比べれば
グルーヴィーさは薄くサビは通常の彼等らしいスタイルでダンサブルさすら感じさせるぞ!
10曲目は軽快さのあるアップテンポ曲で奇をてらわない王道の曲調だな。11曲目は
クリーンギターで始まりこれまた軽快さを出しつつもベースやドラム等アンサンブルが
結構細かめな印象
があるのう・・・!サビはいつも通りのキャッチーさだ。ギターソロも
久々に顔を出すぞ。
12曲目はミドルテンポ曲だがサビはバラード的なムードが漂い
スローでパンクとしては壮大さがありメロディーは勿論キャッチーだな。


青春パンク一歩手前・・・というか既に足元がズブズブ浸かってしまっている感
漂いまくり
青臭いヴォーカルがメインで目立っており疾走チューンは少なめで
ミドル、スロー曲も多いがHM/HR寄りのギターソロが散見されるようになり少しずつ
持ち味が出てきただろうか!?ヤングギター直系のシュレッドスタイルを武器とする
TOTALFATとはまた違ったアプローチを見せるギターソロが聴き所じゃ!青臭さは
好き嫌い分かれる
だろうがエモ直系の明るくなり切れない憂い、陰りを帯びた
切なさ
がしかとありこの辺は有難いな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 TAKE ACTION  Battle Ground  Carry your way







もどる


inserted by FC2 system