GARGOYLE






"ARATAMA"




日本のスラッシュメタルバンドのアルバム。


ジャパニーズメタルシーンを支えてきたバンドだと言える。ジャパメタとはいってもラウドネスや
アンセムのような正統派よりのスタイルではなくXやAION等の流れを
汲むスタイル
のバンド・・・つまり音は完全にメタルだがルックスは
所謂ヴィジュアル系
のくくりで捉えられてもおかしくないバンドだと言える。
X以降のV系バンドは音楽的にみんなルナシーの方向へ流れていっちゃったが、
少しでもこっちの方向に流れてくれたらなぁ・・・(笑)。

そんな彼らの紡ぎだす音は限りなくスラッシュメタルよりの方向性
そこに屍忌蛇の泣きと速さを兼ね備えた悶絶ギタープレイ
乗るというもので、クオリティーは高いぞ!ヴォーカルはメタルシャウト以上
デス声未満
といった感じの、まさにがなるという表現が相応しい声で好き嫌いは
分かれると思う。しかも歌詞は日本語だし。俺は嫌いじゃないがな。

気になったのは歌詞が意外と言うか、かなりふざけた感じだと言うことだ。
セックスマシンガンズのような庶民派(?)の世界観ではなく、大仰な感じで
どこか筋肉少女帯を髣髴とさせる雰囲気だと言える。
屍忌蛇はアニメタルにも参加している事だし、その怖そうな名前とは裏腹に
ユーモアに満ちた人物なのかもな・・・。

曲はどれも屍忌蛇のギターが聴けるという事もあり、全体的に楽しませてくれる。ベース、ドラムも
タイトで上手い。ヴォーカルもアグレッシヴでこの楽曲によくマッチしている。
個人的に気に入ったのは1、2、7、9、10だ!どれも劇的な疾走感、そして速さと泣きを兼ね備えた
ハイセンスなギターが楽しめるぞ!特に10曲目“DOGMA”のギターとヴァイオリンが
超高速ネオクラシカルプレイを聴かせる様はまさに圧巻
でこのソロは数ある
ギターソロの中でもトップクラス
に位置するカッコよさだと思うぞ!
ほかの曲も粒揃いで楽しませてくれるが4曲目だけは完全な駄曲
これはいつも飛ばしている(笑)。


超絶ギターが聴きたい人で日本語詩が聴ける人なら一聴の価値はある!特に10曲目のソロは
ネオクラ者なら是非とも聴いてもらいたい!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 真王、凱歌、HALLELUYAH、頭ガコワレタ、DOGMA







もどる


inserted by FC2 system