Gilles de Rais






"殺意"




日本のヴィジュアル系バンドのアルバム。


ルナシー等を輩出したXのYOSHIKIが設立したレーベル、
エクスタシーレコードからのリリースだ!
彼らはこの国にV系なるジャンルが登場した
最初の時期に活動していたバンドで、音楽的にはXのようなメタルではなく典型的なV系サウンド・・・
つまり80年代のニューウェイヴ、ポジパンの流れを
汲むゴシック・パンクにメタルのギターサウンドを塗し、
ヴォーカルは独特の喉で歌うスタイル
だといえる。曲調も
疾走するバンドサウンドから打ち込みリズムを
使用したシスターズ・オブ・マーシー系の曲などで構成されている。

ギターはメタル色が濃くなかなかいいプレイを聴かせてくれる。ツインリード、速弾き、
泣きのプレイ
等はメタラーの心を掴むだろう。ドラムは軽いもののなかなか手数多く聴かせてくれる。
ベースもなかなか自己主張してていいな。ヴォーカルは爬虫類系の声で受け付けない人も多そうだ(笑)。

アルバムとしては前半の勢いが良く一気に聴かせてくれる。だが後半だれるのが欠点と言えるな。
タイトルチューンの4がバンドを代表する曲だと言える。ギターがツインリードでメタル魂を見せる3、
ギターが泣きまくるインスト7も良い。


どの曲もパンキッシュに疾走しており聴きやすいといえるがもう少しメロディーに
フックが欲しいと思うな・・・。




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 MOONLIGHT LOVERS、UP TO DATE、殺意、SLOW LINE







もどる


inserted by FC2 system