GARLIC BOYS







"群青"




日本のハードロックパンクバンドのアルバム。


マキシマムザホルモンのツアーに対バンで参戦した事もあるバンドで
かなりキャリアが長いようだ・・・!ポジション的にはメロコア
呼ばれる立ち居地に存在しているのだがその音楽性はパンクというよりは
かなりハードロックに近いがかといってメタルコアほどへヴィではなく
やはりメロコアの流れを組んでいるのだろう・・・!中途半端な
位置付け
だと思われるかもしれんが逆に言えばハードロック、
へヴィメタルというジャンルを引き合いに出されるほど
骨のある音を出すバンドだという事である!
曲タイトルこそふざけた感じだが実際の楽曲にコミックバンド的
イロモノ間は皆無!どうやらスラッシュメタルの影響を受けているらしいな。

1曲目からなかなかにストロングなパンクサウンドを聴かせてくれるな!
まさしくパンクハードロック!ヴォーカルも朗々とした感じ
アグレッシヴなシャウトも聴かせてくれるぞ!ギターソロも良いな。
3曲目なんかソロでハモンドも登場しギターのフレーズも含めて
かなりハードロック色が濃い!5曲目は哀愁漂うメロとシャウトが聴ける
スクリーモ寄りの曲。7曲目もスクリーモ的な曲構成で低音ヴォーカル
絶叫スクリームが交錯する荒々しくもエモーショナルな曲だ!サビメロは
フックがあり良いな!9曲目はギターリフがメタルコア的な雰囲気を醸し出し
ギターソロも速弾きは無いがメロディアスでエモーショナルだな!
ラストの11曲目はストリングス音がドラマティックさを演出する
パワーバラードだ。


メロコア、エモコアと呼ぶにはハードロック寄りなので普段メタルを
主食にしているメタラーにもアピールできそうかもしれない!?
ただギターの音色はやはりメタリックではなく荒々しいパンク
流れを組んでいるものなのでメタリックなエモ、スクリーモを
期待すると肩透かしだろう。パンクとしては質は高いぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 流星雨、夜明けのラブソング、
男と少女、笑って死にたい







もどる


inserted by FC2 system