ガゼット






"斑蠡〜MADARA〜"




日本のヴィジュアル系バンドのミニアルバム。


パクリッシュバンドとして確固たる地位を築き上げた国産V系バンド、
ガゼット
のミニアルバムである!メールにてベースが唸りまくっている
オススメされた1枚で全体的にへヴィな楽曲で占められており
こういったタイプの曲を愛する俺みたいなリスナーにはうってつけの
アルバムだと言えるだろう!ただ激しいだけの曲のみではなく
メロディアスな楽曲もきちんと押さえてありメロウな彼等を愛する
ファンにもアピールできるであろう!

1曲目からシャウトしまくりのへヴィなデスメタルでやはりマリリンマンソンを
パクっている
な(爆)。Aメロ、リフが“IRRESPONSIBLE HATE ANTHEM”だ。
そしてそのままDir en grey風ミクスチャーの2曲目に繋がる。2本のギターが
絡み合うソロ、もの悲しいメランコリックなメロディーが良いな。
3曲目はノリのいいリフに始まりシャウトと共にパンキッシュに
疾走
する曲だ!終始唸るベースが熱い!ヴォーカルもシャウト気味に
がなり立てる
がブリッジはノーマルVoになりサビはパンク的
アグレッシヴさ
があるぞ。なんかhideの曲でありそうだな(笑)。
4曲目は加工されたドラムに始まりやはりゴリゴリに唸りまくるベース
目立ちまくっているへヴィチューン。ヴォーカルもシャウト多用
実に荒々しいわい!やはりこの曲もDir en greyのパクり“UMBRELLA”からの
影響が実に濃い
な(爆)。5曲目は和風なイントロのヴォーカルに始まり
レトロなフレーズを聴かせてくれるぞ!へヴィチューン主体の本作の中では
かなりメロディアスなほうでメロディーもけっこうクサめだ(笑)。
やっぱどこかで聴いた事があるような気がするが・・・!
サビはメロウに疾走するぞ!


Dir en greyのSIX UGLY同様へヴィな楽曲で纏めてきた感があり
個人的に好きなタイプの曲で占められている事もあって実に楽しめたな。
捨て曲は無いと感じたぞ!確かにパクりは本作でも多いが俺は彼らのパクりを
認識した上で楽しんでいるリスナー!パクりはガゼットの個性である!(爆)
パクりをやめたガゼットなんざぁ、味噌の入っていない味噌汁、
YOSHIKIのいないX、
電池切れで
振動しないバイブよ!!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







"DISORDER"




日本のパクリッシュヴィジュアル系バンドの1stアルバム。


Dir en greyを中心にさまざまなバンドのフレーズやコード進行、雰囲気等を
パクりまくるというスタイルで己の立ち居地を確保した感のある(爆)
ガゼットの1stフルアルバムだ。

Dir en greyを思わせるへヴィサウンドにDir en greyを思わせるデス声、イントロ等で
使われるデジタル音、打ち込みサウンドもDir en greyを思わせコーラスや掛け声も
これまたDir en greyだ(笑)。Dir en grey無くしてガゼットの存在は
成り立たない
のだろうな・・・!イケメンがいるからブ男がいるように、
Dir en greyがいるからガゼットがいるのだろう(意味不明)。

と、まぁそんなわけでパクりが嫌いな人にとっては吐き気のする
バンド
なのだろうが個人的にはさほど気にならないので代用品としては
十分使える
な(爆)。ただのパクリバンドではなく曲自体はなかなかに
クオリティーが高く
そこらの三流バンドよりは全然良いぞ!アレンジもDirを
忠実になぞっている
だけあってしっかりしており、またメロディーセンスが良くコアな
曲こそもろDir en grey・・・
それこそ本作の2、3曲目は“six Ugly”に
収められていても何ら不思議ではない曲調
だが“東京心中”、
“7月8日”
といった曲では優れたメロディーセンスを見せ付ける!
ミドル〜スローで哀愁を放つ凱旋MARCHを思わせる右翼ソング“さらば”も悪くない。
他にもDirに無い美点としてギターがツインリードでユニゾンしたり
細かいパッセージを器用に弾いていたり
メタラー的に評価できる
要素
がきちんとあり、パクり云々で叩こうと思えばいくらでも叩けるが褒められる場所も
同様にちゃんとある
ので個人的には良質のバンドだ(笑)。

他にもパンクスタイルを持つ曲やメリーみたいな雰囲気の曲があったりと
幅広い素養があるのも面白い。まぁ散漫と言えなくも無いが・・・!

あと気になったのが非常に頭の悪い歌詞だ(爆)。まぁまともなのもあるが
“Maximum Impulse”“S×D×R”かなりバカである・・・!
下手なロックンローラー・・・バッドボーイ気取りなんとも微笑ましいでは
ないか(爆)。日本人じゃ誰も知らないような超イルでハーコーなスラングが出てくるなら
マジリスペクトだがSuck my dickなんて今日び幼稚園児だって
知ってる
ぞ(笑)。とりあえずマルコムって誰だ!?(笑)


個人的にはもろDir en greyなコアチューンよりも“東京心中”や“7月8日”のような
メロディーを重視した曲をやればもっと高みに上れると思う!
例えばバックはへヴィに疾走させその上に乗るメロディーは美麗とか・・・!
そうなったら今度はムックをパクりそうだな(爆)。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 東京心中、7月8日







"NIL"




日本のヴィジュアル系バンドの2ndアルバム。


武道館でライヴを行ったりとなかなかに知名度を上げているバンドだ。しかし彼らを支持しているのは
主にバンギャのみで曲の良し悪しでバンドを判断するファンからは
あまり良くは思われていない・・・。
それはなぜか!?音楽性が低いわけではない。むしろ音楽的には良質だと言える。ではなぜか!?
それはあまりにも露骨にディルアングレイをパクっているからだ!
ディルの影響が濃いバンドなら今更掃いて捨てるほどおり気になるほどではないのだが
彼らの場合はメタルで言う所のヘヴンリーやリチャード・
アンダーソンレベルでパクっている
のが
大きな問題
だろう・・・。そのおかげでディル自体にも激しく嫌われており、
ディルのシンガー、京に、「俺がカッコいいと思わないバンドをカッコいいと
思っている奴に俺らのファンになって欲しくない」
などと吐かせ、
新譜で彼ら(と、その他のフォロワー)を激しく糾弾した曲
“Beautiful Dirt”を書かせたほどだ・・・!
実際俺がよく参考にしているサイト
“HR/HMこの曲を聴け!”ではかなりの嫌われっぷりを見せている(笑)。
とはいえ個人的にパクリはさほど気にならないのだが・・・(爆)。

そんなわけなので音楽的にはもろにディルアングレイスタイルで、まぁパクりが
気にならない人ならば代用品としては十分期待に
答えてくれる
と思う。ヴォーカルはよりヴィジュアル系スタイルの
発音
で日本語詩が聴けるメタラーをさらにふるいにかけるかのようだ・・・。
気になる人はかなり気になるだろう。もちろんデス声もあるがやはり京には
及ばない・・・。
その他楽器陣の演奏技術はなかなか。世間一般的にはドラムが
高く評価されている
が個人的にはベースもいい感じだと思ったな。

アルバム構成もラスト前に一番激しいコアな曲を配し、その次の
ラストがスローな曲とやはりディルだ・・・(笑)。

曲的にはSUM 41の“STILL WAITING”のサビをパクったAメロが聴ける
アップテンポの7、間奏でベース、ドラム、ギターと
ソロが続きツインリードがぐいぐいと引っ張る
8、ピアノが泣けるバラードの9、
そしてディルの残やピンクキラーの流れを汲む11曲目が気に入った。

メロディーはなかなかに良質なものを持っている。最近のディルが
アメリカ進出を果たしてよりニューメタルスタイルになったのに対し、彼らは
あくまでヴィジュアル系のスタイルの中でメロディーを重視した
曲作りをすればオリジナリティーを出せるんじゃなかろうか!?

アメリカナイズドされたCHILDREN OF BODOMに対してあくまで北欧メロデススタイルを
貫くNORTHERのような立ち位置を目指すべき
だと思うがどうだろう・・・?


パクりが気にならないディルのファンにすすめる・・・なんて書いたら俺も京にとって
「ファンになって欲しくないファン」になってしまうなぁ・・・(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 SHADOW YUT、バレッタ、Cassis、DISCHARGE







"大日本異端芸者的脳味噌逆回転
絶叫音源集"




日本のパクリッシュヴィジュアル系バンドのミニアルバム音源をまとめたアルバム。


Dir en greyを中心にさまざまなバンドのフレーズやコード進行、雰囲気等を
パクりまくるというスタイルで“ヴィジュアル界のへヴンリー”などと呼ばれているとか、
いないとか言われている(!?)ヴィジュアル系バンドがこれまでにリリースした3作の
ミニアルバムをまとめて1枚のアルバムとして再発表した
アルバムだ。

どの曲がどのアルバムに収録されていたか詳しい事は判らんが彼らの初期の頃の音源らしい・・・。
だが音楽的には他のアルバムと大して変わらない、Dir en greyっぽくも
メロディアスな楽曲
が取り揃えられておりパクリ云々を除けば質は高く
彼らのファンならずともこの手のジャンル、ヴォーカルが聴ける人なら
満足できる
であろう一枚となっている。1曲目なんかDirというよりはヴォーカルの歌い方など
どこかマンソン風にも感じられたな・・・!他にもメリーっぽい歌謡曲風の
雰囲気
があったりロカビリーっぽいカンジの曲があったりと多種多様な楽曲が聴ける。
以前のアルバムでは散漫に感じられたが本作ではなぜかあんまり気に
ならなかった
な・・・!過去の音源のみなので彼らのレベルが上がったわけではなく
ただ単に俺が慣れただけかもしれんが(爆)。

メロディーセンスはやはり高く、ギタープレイもメタル的なソロやツインリード
聴けたりしてそこは最近のDirに無い彼らならではの特徴だと言える。
激しい曲はもろDirなのでまぁ悪くは無いが個人的に彼らの曲はメロディアスな
もののほうが好み
だ。本作でいえば3、4、11曲目がそれに当たる。
4曲目なんかはDir的なコアさと彼らならではのメロディアスさが上手いこと融合した
クオリティーの高い曲
だと思うがどうだろうか・・・!?同じ方向性の7曲目も
悪くない。だが11曲目のメロディーは爆風スランプの曲のパクリではないのか・・・!?
1、5曲目といったもろDirな似非デスメタル曲パクリを気にしないならば
良い出来
だ。


パクリッシュバンドとしてのアイデンティティーを保ちつつも質の高さを見せ付けた
一枚と言えるだろう!パクリが気にならないDirファン、パクリバンドと認識した上で
彼らに手をつけてみようと思っているV系初心者にもおすすめ!?(笑)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 幸せな日々、
「春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。」、ワイフ、別れ道







"STACKED RUBBISH"




日本のヴィジュアル系バンドの3rdアルバム。


なかなかにのし上がってきてはいるもあいかわらずパクリバンドとディスられている
へヴィ志向ヴィジュアル系バンドの新たなアルバムである!

R&B、ヒップホップ的なイントロに続く2曲目はイントロの掛け声からヒップホップ的
なかなかにウザく(爆)、ターンテーブルのスクラッチ音まで導入されたヴィジュアルR&B
このバンドの腰の軽さを表しているといえよう(爆)。シャウトやへヴィリフは悪くは無いのだが
こういう曲調はいまだに好かんわい・・・!3曲目もラップ的な掛け声から始まるも
その後疾走しへヴィリフとリードギターが聴けヴォーカルもシャウト気味に歌う!
とりあえずはひと安心だ(笑)。サビは彼ららしいメロディーが聴けるぞ。
4曲目はへヴィなリフにLOSTPROPHETS的なスクラッチ音が導入された
イントロに始まり淡々と展開していく曲でこれまたメロディーはガゼットらしく良質で良い!
そして途中シャウトし疾走するのも楽曲にフックを持たせている。
5曲目はイントロでピアノが聴けその後ロカビリー的なシャッフル気味の
疾走感を見せる曲。なかなかに悪くない。そして6曲目はNIRVANAの
“SMELLS LIKE TEEN SPIRIT”
みたいなカッティングのイントロから
メロディアスに展開する曲でやはりパクり云々以前に良質の
メロディーを書くセンスが備わっている
事を感じさせてくれるな。
ギターソロもツインリードでメタル魂を刺激する!7曲目はどこかサンタナ
思わせるラテン風の穏やかな雰囲気を持ったバラード寄りの曲で女性ヴォーカル
使われている。やはりサビメロは良いな。8曲目も女性ヴォーカルが使われているがなぜかアメリカンな
能天気さを持ったハードロック
に仕上がっている。9曲目はイントロで久々に
シャウト(デス声)が聴け
リフもへヴィに迫るまってましたの曲調だ!
だがどうもスリップノットやディルの影がちらついてならない!?
まぁクリーンVoも使われてはいるが・・・。10曲目は明るく穏やかな雰囲気の
バラード
でイマイチだな・・・!11曲目はもろR&Bな女性ヴォーカルがイントロで
聴け不安になるもすぐにへヴィリフが登場し不安は消える!だがヴォーカルが入るとバンドサウンドが消え
アコギがどこかラテン、サルサ的な明るさを出す。その後は再びへヴィになり
女性ヴォーカルがR&B的質感を出しつつも従来の彼ららしいへヴィ&メロディアス
スタイル
が堪能できるぞ!他ジャンルの影響取り入れるならこういうアレンジすりゃ
いいのになぁ・・・!デスヴォイスも聴けライヴでモッシュが起こる1曲となりそうだ!
12曲目もイントロからへヴィリフが聴けるアグレッシヴな曲だ!ヴォーカルは
クリーンでメロコアみたいなフレーズを歌い疾走するぞ!展開はいたってシンプルである。
13曲目はスローなへヴィチューンでメロディー重視のパワーバラードと言えなくも無い。
ラストの14曲目はピアノによるアウトロ。


ヒップホップやR&B要素、アメリカンロック的な雰囲気を取り入れたりと
これまでになく幅広いスタイルに挑戦しておりなんとかオリジナリティーの
確立
に成功しようともがいているかのようだ・・・!もうパクりバンドと
ディスられるのはイヤになったのか!?
だが逆に雑多なジャンルに
影響されすぎた結果こういうアルバムになった
と取れなくも無いか!?
全体的に散漫だと言える出来で捨て曲も多く残念ながらクオリティーが高いとは言えん・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 65% お気に入り曲 HYENA、REGRET、MOB 136 BARS







"DIM"




日本のパクリッシュV系バンドの4thアルバム。


パクリッシュバンド、個性皆無、演奏ド下手とこの世に存在する
ありとあらゆる罵声を浴びせられつつも懲りずに活動を続け
世界一嫌われている人気バンドとしてギネスに
載りそう
な破竹の勢いを見せる最強パクリバンド、ガゼット。
V-ROCK FESTIVAL 09
にも参戦が決まっておりどうやらマンソンと
並んでトリを勤めるらしく、これのせいで格上のムック
Dir en greyの参戦が無くなり物凄く迷惑なんだがまぁ仕方ない。
さて、今回はどれだけDir en greyとかをパクっているのだろうか!?
“UROBOROS”を再現するのは難しいだろうが頑張るのじゃぞ!!(爆)

1曲目からいかにもUROBOROSの雰囲気がプンプンで続く2曲目は
モダンなリフが聴け加工されたヴォーカルが登場、疾走はせず
メランコリックさ重視の曲調だな。4曲目はアップテンポで
やはりゴリゴリしたへヴィリフが聴けスクリーモ的なピロピロした
リードに腹立たしいラップも登場、サビはスローになりタルい
メロディー
を披露する。シャウトも聴けるが相変わらず弱弱しいのう・・・!
5曲目は和を意識した長めのロックバラードだが昔と違ってどうも
メロディーが弱いなぁ・・・!7曲目はこれまたゴリゴリした
へヴィリフが聴けるやはりDir海外のモダンなバンドを強烈に意識した
曲調でビートダウンに“UROBOROS”的な絶叫シャウトが聴け
その後はモロにマンソンとか、ちょい前のアメリカンモダンメタル
Slipknotみたいなスクラッチが登場する!いろんな曲をつぎはぎ
したような曲調
だな(笑)。8曲目は昔の彼等に近いメロウさ重視の
ストリングス入りバラードだが初期の頃のこの手の楽曲と比べると
やはり弱体化しているのは否めない・・・!ツインリードによる
ギターソロ
はDirには無い彼等の持ち味だな。11曲目はストリングスが
美しいメロディーを奏で盛り上がるもその後の加工ヴォーカル水を差す(爆)
ドラマティックな曲
で本作中最もメロディアスだろうか!?いかにもV系な
サビ
なんだが俺が彼等に求めているのは脱V系して孤高の領域に到達した
Dir en greyとは違う、いい意味でV系らしさを残した劇的さなのだ!
ツインリードのギターソロも良いな。13曲目もストリングスが
盛り上がりを見せるメロウなバラード。泣きのソロを弾く
ギターもただ漠然と弾いているだけだった昔より感情が多少は
込められる
ようになってきたな。14曲目はノリの良さを感じさせる
キャッチーなモダンへヴィネスチューン。バックの演奏が良くなって
いるからこそヴォーカルの弱さが殊更浮き彫りになっているなぁ・・・!
サビはちょいとメロコアっぽい雰囲気もある。16曲目は
何とカオティックコアっぽい要素も飛び出すSlipknotタイプの
彼等のアルバムに1曲必ず収録されているタイプのアグレッシヴな曲だ!
17曲目は生のヴァイオリンが聴けるダークでメランコリック
スローチューン。ゴシカルな雰囲気も濃く彼等の新境地
なりえそうだがどうだろうか!?安易なモダン、ミクスチャー気取り
やめてこういう方向性に進んで欲しいものだ!


演奏下手とか言われているがベースやドラムはこの手のバンドとしては
十分なスキルがあったしギターも昔は表現力皆無でただ弾いてる
だけだったんだが本作ではなかなかに切れのあるリフを披露したりと
良くなった部分があるがヴォーカルは相変わらず稚拙で声量も無く
加工でごまかしている部分も目立つなぁ・・・!“地獄のメカニカル・
トレーニングフレーズ ヴォーカル編”
を読んだほうがいいと思うぞ(爆)。
昔はいくらパクりと罵られようと最近のDirには無いリードギターや
歌謡曲的なメロディー
もあり楽しめたんだが前作辺りから
海外のモダンメタル半端に意識し始めて
日本人らしいメロウさが消滅、せっかくの美点が失われつつ
あったんだが本作はアルバム前半こそ海外のバンドの
焼き直し感
が強いものの後半はへヴィながらもメロウさ、
メランコリックさ
が押し出された曲が並んでおり全体的にモダンさ重視なので
ただつまらんだけだった前作よりは良くなっているな!演奏力もヴォーカル以外は
向上しているので前作で見限ったリスナーも聴いてみてはどうだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 LEECH、HEADACHE MAN、
DISTRESS AND COMA、IN THE MIDDLE OF CHAOS、DIM SCENE







"TOXIC"




日本のパクリッシュV系バンドの5thアルバム。


主にDIR EN GREYを中心に数多くの先人バンドからメロディーやコード、歌詞からPVや
その他モロモロを臆面無くパクり続け世界一忌み嫌われている人気バンドという
他に類を見ない賞賛を集める(!?)ヴィジュアル系ラウドロックバンドの通算5作目の
フルアルバムである!何故かSUMMERSONIC 2011にも出場したが吉か不幸かXの陰に隠れてあんま
叩かれなかった
ような気がするが、何だかんだで前作“DIM”へヴィさに特化した部分があるも
クオリティーはなかなかでヴォーカルは相変わらず成長しないがギターリフの切れ味が
増しており
個人的には結構気に入っていた・・・!もうDIRは手のつけられないレベルにまで
辿り着いてしまったが本作は一体どこまで(パクリの)クオリティーを上げて来たのであろうか!?
違う意味で楽しみなバンドである!(爆)

1曲目は電子音怪しげなドゥープ感を演出しイヤな予感も漂わせるイントロで
続く2曲目は出だしから早速イヤな予感的中ダンサブルなデジタル音が聴け
眉間に皺が寄るも一応はちゃんとへヴィなバンドサウンドも顔を出すがやはり
どうにも電子音が前に出て来ちまっているなぁ・・・!アーミングを効かせた
ギターソロも申し訳程度に聴けるぞ。3曲目は軽快なドラムで幕を開けモダンだが
パンキッシュな疾走感
を纏った曲。4曲目はチャラい電子音からリズミカルさのある
リフ
が登場しノリの良さを見せいかにも王道のV系なメロディーが聴けるまさしく売れ線な
ムード
漂うアップテンポ曲。ギターソロはツインリードによるハモリだがメタルのような
ドラマティックさは無く
やはり王道のV系だ。5曲目も電子音が目立っておりしかも
ラップみたいなヴォーカルも顔を出しモダンなへヴィサウンドも聴けるが面白みは無い。
6曲目はこれまたいかにも売れ線、シングル曲なアップテンポのスカスカJ-POP。
ギターソロ、その後のベースソロ
位しか聴き所は無いな。7曲目はMARILYN MANSONの
パクリ
のようなリズミカルなドラム、へヴィリフが聴けるノリの良いモダンな曲。
“Doll-Dagga Buzz-Buzz Ziggety-Zag”にしか聴こえないのは気のせいじゃないだろう(爆)。
8曲目はエレクトロニカ音アトモスフェリックなムードを放つバラード。ヴォーカルの
表現力が無いのが厳しいな・・・!9曲目はピアノロマンティックなムードを演出、
バンドサウンドも挿入されるこれまた登場のバラードだがこっちはストリングス、アコギ
使われ普遍的な方向を向いておりメロディーは無難過ぎるがなかなかに良いな。ハモリを
見せるギターソロ
も聴き所だ。10曲目はDIRの“OBSCURE”をまんまパクった違う意味で
待ってましたのパクリキラーだ!(爆)いい加減ガテラルやホイッスルも覚えようぜ(爆)。
11曲目はこれまたモダンなへヴィさのある出だしからラウドに疾走!デスVo、シャウトの
進歩の無さが目に付くも何だかんだでこういう曲が一番良いな・・・!
12曲目はへヴィリフと電子音が顔を出しヴォーカルは今風の加工を交えたクリーンで歌う
アップテンポ曲。13曲目はモダンで荒々しいリフミーハーさ満点の加工が施されたヴォーカルが
軽薄さを放つノリの良いへヴィチューン。後半でリードギターと共に疾走するぞ!ソロは何だか
Xの“Silent Jealousy”っぽいなぁ・・・!14曲目は重厚な音インダストリアルな
デジタルサウンド
が聴けるアウトロ。


最近のDIR EN GREYのような深みを見せまくる深遠な音楽性に向かう事は無く
分を弁えた音作りになったと言えば聞こえはいいが正直随分とヌルい方向性に
シフトした
感があるなぁ・・・!いかにも売れ線な曲、電子音を取り入れて
ダンサブルな方向に向かっちまった曲等少なくともメタラーが喜べるような
新機軸
は本作には無い!ヴォーカルの成長の無さはもはや鉄板レベルだがこれはもう
どうでもいいな(爆)。デスVoもどきのシャウトはあまり使われなくなったが
成長が見込めないならそのほうがいいか!?事前にタレコミやっちまった
アルバム
だと情報を得ていたんだが確かにその通りである・・・。だが!
だがそれでも最近のムックやギルガメッシュと比べるとまだマシなほうだと
言わざるを得ない辺り末期じゃのう・・・!ガゼットは前々作“STACKED RUBBISH”
既に一度やっちまっているので相対的にダメージは低く次のアルバムでまた
盛り返しそう
なムードもあるか!?後半でへヴィな(パクリ)曲も出てくるしな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 55% お気に入り曲 RUTHLESS DEED  PSYCHOPATH







"DIVISION"




日本のパクリッシュV系バンドの6thアルバム。


嫌われているのに人気もある毎度お馴染みパクリッシュバンドの最新アルバムである!
初期の頃はまんまDIRのパクリばかり評判は悪かったがそれでも個人的にはまだ
それなりに聴くに耐えるV系ラウドロックをやっていた印象がある・・・!だがここ最近は
守りに入ったと言うか何というか、どうにも中途半端で魅力が薄れて来ている感があり
そんじょそこいらのアマチュアバンドのほうがずっといい曲を書いているような気がするが
これは決して気のせいではあるまい・・・!そして気になる本作だが方向性としては
微妙だった前作の流れを汲んだ中途半端にモダン中途半端にデジタル要素が導入された、
全体的に見てやはり相変わらず中途半端極まりない作風となっており実に微妙である!(爆)

元々メロディーに魅力のあるバンドでは無かったが本作もやはりありきたりで
形骸的
よくあるV系以外の何者でもなく、キャッチーさ、フック皆無面白みの無い
楽曲
が並んでおり、ヘヴィとは言ってもゴリゴリさは無くデジタル要素もただバックで
流れているだけ
ってな感じで曲を活かす方向に向いてはおらず正直言ってありがちな
使い捨てJ-POPと何ら大差は無い!
一言で言えば魅力が無い、これに尽きるだろう・・・!
デスメタルにもモダンへヴィネスにもインダストリアルにもなれず、ヴィジュアル系
しても他にもっといいバンドは沢山おる!例えるならインスタントラーメンを
粉末スープ入れず茹でて食うようなモンだ(爆)。



ヴォーカルも相変わらず成長していないが流石にシャウト、デスVoがド下手だという事を
実感したのかシャウトの類が相当減退しておりアルバム後半でようやく顔を出す位だが
相変わらず全然出来ておらんのう・・・!ただそんな本作にあって唯一良い点と言えば
ギターが少しではあるがまた成長しておりソロにおいてはなかなかに流麗とすら言えそうな
フレージングを披露、
何とちょいとではあるが速弾きもアクセント程度に放り込んでおる!
まぁ良い部分はそれだけであとは正直微妙としか言えん!それも「最低!」とか
「弁護しようの無い駄作!」では無く本当に「微妙」としか表現出来んのが
ある意味最悪だ(爆)。もはやパクリ云々の次元ではない!
最近のムックも酷いが本作はイングヴェイの新譜と同じような感じだな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 3% お気に入り曲 どうでもいい







"DOGMA"




日本のパクリッシュV系バンドの8thアルバム。


かつてはDIR EN GREYのパクリバンドとしてデビュー当時から賛否両論真っ二つだったが、
ここ最近は脱パクリを模索し始め半端にミクスチャーやりつつも力量が追いついておらず、微妙過ぎる
アルバム
が続き前作はスルー、本作も当然のようにスルーする予定だった・・・!だがしかし、
通産8作目となる新譜の本作は何やら「マトモになった」「デスVoが出来る様になった」
「劣化lynch.」等と賞賛の声が多々見られ、音楽的にも半端にミクスチャーだったり
エレクトロニカ要素を取り入れたりしている近年の流れを断ち切り、かつてのような
DIR EN GREYフォロワー
然としたパクリッシュラウドV系路線に回帰しており、
新鮮味は皆無ながらも俺達の聴きたかったガゼットが帰ってきた感があるぞ!

1曲目は最近の流れを汲んだエレクトロニカサウンドによるイントロで、2曲目はどこか
DIR EN GREYの“VINUSHKA”っぽい雰囲気があるヘヴィなスロー曲。グロウルも顔を出し
明らかに成長した印象があるな・・・!3曲目も最近のDIR的な曲調lynch.風のグロウルが乗り、
パワー、力量共に遠く及んではいないもののガゼットとしては破格の成長振りである!4曲目もヘヴィリフが聴け
モダンV系らしさを放ち疾走!5曲目は穏やかながらに怪しげなギターも聴け、6曲目はデジタル音も登場するが
ヘヴィリフも顔を出しDIRっぽさを演出、劣化lynch.なグロウルも頑張りを見せベースも自己主張するぞ。
7曲目も淡々とした薄暗さがありヘヴィさもある、劣化DIR EN GREYなスロー曲
8曲目はノリの良さを放つグルーヴ寄りのミドル〜アップテンポで、これまた一昔前の
DIR EN GREY
みたいな感じだな・・・!9曲目は久々の疾走チューンで、やはりDIRとlynch.を
劣化させた
ような雰囲気があるんだがガゼットはそれでエエんじゃ!(笑)珍しくブルージーな
ギターソロ
も聴けるぞ。10曲目はドラムが主張しヘヴィさもあるが、穏やかなムードも見られ
11曲目はワイルドな勢いのあるモダンなアップテンポとなるぞ。12曲目は流麗なピアノも顔を出すが、
ヘヴィリフグロウルも聴け決してバラードにならない辺りが潔いのう・・・!後半で疾走するぞ!
13曲目はヘヴィリフ、グロウルモダンV系ムードを発散するミドル〜アップテンポ曲。14曲目はアコギ等も
顔を出す暗めのバラードだが、バンドサウンドも顔を出し盛り上がりを見せるぞ。


ここ最近の半端なエレクトロニカ路線とは異なる、DIR EN GREYフォロワー丸出しな
モダンV系路線を徹底しており、
さらにこれまで最大の弱点だったデスVo関係がかなり
成長しており、「劣化lynch.」と言う評価がピッタリ当てはまるサウンドを提示しておる!
まぁ劣化してどうする!と言う意見もあるだろうが、ガゼットとしては破格の成長なんじゃ!
何だかんだでlynch.の葉月には全然及ばないし、さらに言うと音も軽くこの手のモダン、
ラウド路線としては物足り無さも残る
んだが個人的には嬉しい路線だな・・・!
相変わらず賛否両論真っ二つで、正直クオリティー自体が高い訳では無いんだが(爆)
例えるなら「ちょいブスがビッチ系のファッションやめて童貞好みの
ファッションになった」
みたいな1枚だな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 RAGE  DAWN  LUCY







もどる


inserted by FC2 system