FALL OUT BOY







"Infinity on High"




シカゴ出身のメロコアバンドの5thアルバム。


メンバーのチンコもろ出し画像ネット上に出回り、それを
ネタにしたPVを製作した事でも知られるパンクバンドである!!(爆)
音楽的にはポップでライトなメロコアを基調としつつも
楽曲によってさまざまなスタイルが顔を出し一筋縄ではいかない
展開を見せる独特の要素を持っているな。パンクらしからぬ
ヴォーカルの上手さが楽曲に説得力を与えていると言えるだろう!
演奏はへヴィさ、ラウドさの無いパンクそのもので特に疾走していると
いうわけでもなくエモ的哀愁要素もあれど基本はポップでキャッチーな
メロコア
である。だがだからといってただの青春ションベンパンクに
成り下がることは無い素養
を感じさせるな・・・!

1曲目はパンクらしからぬ語りで始まりそれなりにアグレッシヴなリフ
出てくるもその後はちょいエモ交じりのコーラスが聴ける
スローなバラード風になる。3曲目はどこかデジタル的な
リズムワーク
ダークでゴシカルな雰囲気を持ったメロが乗り
その後はアップテンポメロコアになる。MY CHEMICAL ROMANCEの
“THE BLACK PARADE”
を思わせるシアトリカルな雰囲気があると言えよう!
4曲目は哀愁エモの流れを汲むバラード。7曲目はストリングス
使われたシアトリカルなゴシック要素がMY CHEMICAL ROMANCE風だが
サビはやはりメロコアになるな。サビも全部ゴススタイルでやってくれたほうが
個人的には好みじゃのう・・・!途中アコースティックパートになり
どこかフラメンコ風というか、マンドリンみたいなトレモロも聴けるぞ。
12曲目はエモ、スクリーモ的哀愁ハードロックリフが聴けるアップテンポ曲。
13曲目もアップテンポのハードロック風パンクだがサビはスローになる。
途中オーオーいうコーラスも登場、さらにクワイア風というか、
聖歌の如きコーラスも現れるぞ!


パンク、メロコアバンドとしては異例とも言えそうな幅広い
引き出し
を持っておりワンパターンに陥らないさまざまな
スタイルの楽曲が収められておりなかなかに面白いといえる。
メロコア直径の明るいポップさが鼻につく箇所こそあれど
メロディーもけっこう悪くなく普通に聴きとおせるな。
何気に後半ハードロック要素が濃くなるので前半で
メロコアかよディスらず最後まで聴いてみよう(爆)。
好きなスタイルではないがクオリティーは低くないぞ!
メロコアが好きだと言う人なら気に入るであろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 This Ain't a Scene, It's an Arms Race、
Thnks fr th Mmrs、Fame < Infamy、
You're Crashing, But You're no Wave







もどる


inserted by FC2 system