FAITH NO MORE







"THE REAL THING"




アメリカ出身のミクスチャーバンドの2ndアルバム。


2nd名義になっているが実際の所は3rdらしい・・・。ミクスチャー黎明期に現れたバンドで
その音楽性はメタル、ハードコアからヒップホップ、ファンク
非常に雑多なスタイルを貪欲に取り入れており一言で言い表す事は出来ない。
ただコレ以降に出てきた形に囚われたミクスチャーバンドとは
一線を画する独特の強烈な個性を持っていたと言える。本作から変態
呼ばれ恐れられている(?)シンガー、マイク・パットンが参加。若かりし日の
ハイトーン歌唱
を聴かせてくれるのがけっこう以外だったりする(笑)。デス声・・・というか
ハードコア系のシャウトは本作ではあまり使われていないのも以外である・・・!

1曲目が比較的ストレートなパンク寄りの疾走曲なのに対し2曲目でいきなり
ラップメタルに変化、そして3曲目はファンク風で4曲目は実にへヴィなつくりに
なっていたりと曲調は幅広く散漫とも取れかねない懐の広さを見せ付けてくれる!
最初はつかみ所が無いように感じられるだろうが慣れれば楽しめるといえるだろう。
個人的にはへヴィな4、ストリングス系のシンセがダークな曲調の中でメランコリックさを
引き立てるバラードよりの5、そしてへヴィリフと再びストリングス系のダークな
シンセ
が現れ絡み合う8、これまたダークなシンセとへヴィリフが絡みベースがスラッピング
見せプログレッシヴな展開を聴かせてくれるインストの9が特に気に入った。ちなみに10は
ブラックサバスの“WAR PIGS”のカヴァー。


ミクスチャー好き、ヒップホップ、ファンクといったBな音の洗礼に触れたい
メタラーにおすすめだが個人的にはコレ以降のアルバムを推したいと思う!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 Surprise! You're Dead!、
Zombie Eaters、Morning After、Woodpecker from Mars







"ANGEL DUST"




アメリカ出身のミクスチャーバンドの4thアルバム。


ライヴ盤を含めると5作目となる本作、どうやらバンドの出世作に
あたるアルバム
になったようで前作に当たる“THE REAL THING”と比べると
明らかにマイク・パットンのヴォーカル能力が向上しており彼らの才能は
本作で花開いたと言っても過言ではなかろう。非常にクオリティーの高い
ミクスチャーメタル
を聴かせてくれるぞ!

様々なジャンルを内包する楽曲の幅広さは相変わらずながら散漫さが
薄れ
聴きやすくなったように感じられる。前作ではハイトーンヴォイスを主体としていた
パットンのヴォーカルは非常に幅広くなり低音、ハードコア的な絶叫シャウトに
デス声
等さまざまな声色を使い分け強烈な個性を発揮している!
個人的に気に入ったのは5、7、11、12、15曲目だ。へヴィかつシンセが壮大
楽曲が自分の好みだといえる。他にも聴き応えのある面白い楽曲は多い!


彼らのアルバムの中じゃ一番有名だと思う。FAITH NO MOREを、マイク・パットンを
初めて聴く人におすすめの一枚だといえよう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 SMALLER AND SMALLER、
MALPRACTICE、CRACK HITLER 、JIZZLOBBER、
AS THE WORM TURNS







"KING FOR A DAY FOOL FOR A LIFETIME"




アメリカ出身のミクスチャーバンドの5thアルバム。


ギタリストが交代しての5作目に当たるアルバムである。方向性は相変わらず
雑多なもののどこかストレートになりそしてダークな雰囲気を持つ
楽曲が増えたような印象を受ける。新たに加入した(といってもどうやらレコーディングしただけで
脱退したようだが)ギタリストは目立ったソロこそ無いもののへヴィサウンドから
ファンク、ジャジーなプレイ等ありとあらゆるスタイルで弾きこなす事が出来る
凄腕の持ち主のようだ。

マイク・パットンのヴォーカルは変態度にさらに磨きがかかり突拍子も無い所で
いきなりスクリームしてみせたり普通に歌っている最中でいきなり狂い始めたり
もうやりたい放題で実に素晴らしい(笑)。コレ聴いた君も合コンの時のカラオケで
適当な曲歌うとき是非真似してみよう!(爆)


特に気に入ったのは今回もやはりへヴィな楽曲で本作だと4、8、12だ。
ボートラの15曲目もどこかメタリカっぽくてなかなかに良かったな。
ホーンを取り入れたファンク丸出しの楽曲もあり個人的に好みではないが
彼らの本気さが伝わってきて面白い。


と、まぁここまで数枚紹介してきたわけだが個人的にはCONVERGE
THE DILLINGER ESCAPE PLAN等のような方向性が一貫した
バンドのほうが好み
だと言う事を今更ながら言っておく(爆)。
しかし幅広い方向性、引き出しの広さが自慢のバンドこそ
クール
だと思っているリスナーにはFAITH NO MORE最もアピールしうる
バンド
なのだろうな・・・!ミクスチャーバンドとして非常に
クオリティーは高い
と思うぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 THE GENTLE ART OF MAKING ENEMIES、UGLY IN THE MORNING、WHAT A DAY







もどる


inserted by FC2 system