FASTLANE







"new start"




イギリス出身のエモコアバンドの1stアルバム。


学生時代からバンドを結成するも上手くいかずしばらく活動停止し
その後再びメンバーを集め再結成しツアーを行い、mp3サイト
ダウンロード数が2万件を超え知名度が上がったという、
エモバンドとしては非常にありがちな経歴を持っているバンドである(爆)。
そんな彼らの音楽性はこれまたありがちな青臭いエモで個性は無いが
バンドサウンドは意外と骨のあるHR/HM要素を感じさせるもので
疾走感もありバラードよりの曲主体のエモとは
一線を画しているといえるだろう!

1曲目からエモながら意外と硬質なバンドサウンドが登場!
ピッキングハーモニクスをを取り入れたリフがハードロック的
質感
を醸し出すぞ!曲調は確かにエモでヴォーカルは頼りない
部分
こそあるもこのリフは意外とカッコいいな。途中には
へヴィ系のリフまで登場しメタル者も十分聴けるだろう。
2曲目もアコギで始まるがその後は1曲目同様の
エモハードロックだ。4曲目はバックで軽くシャウトも飛び出し
スクリーモの影響も感じさせるな。疾走感もあるぞ!
一瞬聴けるピアノなかなかのセンスを感じさせてくれる。
6曲目は曲調こそノーマルなエモだが細かいリフ、そしてメタルの
要素を感じさせるギターソロ
が良いな!ラストで顔を出すピアノも
心憎いのう・・・!8曲目もギターにメタル要素を見出す事の出来る
明るめのアップテンポエモだ。11曲目もスクリーモ色濃いシャウトが
飛び出す曲。シャウトも弱いヘナチョコスクリームだがまぁ仕方ない。
そしてギターソロで疾走するぞ!


ヴォーカルはまだまだだが演奏はタイトで悪くなくなかなかのものを
持っているがメロディーは弱くエモ特有のずぶ濡れ哀愁感もあまりなく
良くも悪くも優等生的にまとまってしまっているのが欠点か・・・!?
悪くは無いが中堅止まりのバンドである!ただリフワークには
センスを感じさせるのでこの際もっとメタル寄りに
なってみてはどうだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Virus、Dreaming、
Comfortable Silence、When It's Over







"Overdrive"




イギリス出身のエモメタルバンドの2ndアルバム。


エモコアHR/HM的バンドサウンドを導入しスクリーモには
ならない、咆哮の無いエモメタルをプレイし評判を呼んだ
イギリスのエモコアバンドの2作目のアルバムである!
今回音楽的には方向性の変化が見られ、前作で見せたハードロック、
メタルの要素
を感じさせるエモコアスタイルを踏襲しつつも
エモメタル、スクリーモというよりはどこかアメリカンロックの
明るいキャッチーな雰囲気
を感じさせるスタイルになりサウンド
プロダクション自体もどこかライトになったような印象があるな。
ギターリフやソロ等フレーズ的にはメタリックだが
プロダクション的にはへヴィではなく軽め・・・スカスカ
アメリカン特有のカラッとした雰囲気がありエモ特有の湿った
叙情性
は感じられないのだがまぁこれは前作からそうだったし
仕方ない。3曲目は途中でヘヴィリフも登場し(まぁ音的には軽いが…)
メロディーもエモ的な空気があり良いな。6曲目のサビなんかはエモらしい
雰囲気がありキーの高いヴォーカルも上手く歌えており良いんだがねぇ・・・。
8曲目はギターソロがもろアメリカンロックというか80年代
産業ロック
の雰囲気を放ちまくりである!10曲目は本作としては
ストロングなリフが登場しテンポも速く前作のようなエモメタル
展開されている!ギターソロも良くこういう方向性が所望であった・・・!
11曲目もメタリックなリフが聴けるぞ!


前作を聴いた時は音は軽いが硬派なエモメタルとして
期待できたんだが本作ではあまり好みではない
アメリカンロック要素が濃くなり音はさらに軽く
疾走感も減退で俺が望む方向には向いてくれなかった
ようだ・・・!実に残念である!このまま脱エモして
80年代アメリカンロックスタイルのバンドになって
しまうのであろうか・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 Sunset At Seventeen、
Burn Your Actions、Enmity







もどる


inserted by FC2 system