FIVE FINGER DEATH PUNCH







"The Way of the Fist"




カリフォルニア出身のメタルコアバンドの1stアルバム。


ファイブ・フィンガー・デス・パンチ!!何とイロモノライクな
バンド名
かッ!どうやら映画“キルビル2”の技から名前を
拝借したらしいな・・・。あの映画はつまらんかったな(笑)。
そんな感じで名前だけ見るとどうにもイロモノ臭くおバカバンドかと
思ってしまいがち
だがその音楽性たるや意外も意外、至極まっとうな
メタルコア系
で、メロデスの流れを汲むリフ、デスヴォイスというよりは
ハードコア系の流れを汲む咆哮、意外と上手いクリーンVo
極めてノーマルなメタルコアである!1曲目から王道を貫いており
あまり疾走しておらずちょいとアップテンポ気味なのが
IN FLAMESっぽいな。ギターソロもメロディー重視だがなんか下手に
聴こえるのは気のせいか!?(爆)2曲目は切れのあるリフが聴け
モダンなノリも見せるぞ!4曲目は泣きのギターが冴え渡るスローな
叙情性を感じさせるメタルコアバラード(?)だ。クリーンVoが
上手いのでこういう曲も説得力があるな。5曲目も非常に切れのある
タイトなリフ
が刻まれるもクリーンVoは浮遊感を感じさせやはり
疾走はあまりしてくれないんだが(笑)このギターはカッコいいな!
メロデスの流れを汲んだ泣きまくりのメロディアスなギターソロが
聴ける7曲目も良い。ただのメタルコアではなく曲によっては
部分的にSlipknotあたりからの影響を感じさせるパートが
出てきたりして疾走していない分グルーヴ感の演出に力を
入れている
のが分かるな。


全体的に新鮮味は皆無でまた疾走感も無く終始ミドル〜
アップテンポ
で構成されており地味に感じられるかも
しれないがこの手のバンドとしては異様に上手いクリーンVo、
そして北欧メロデスの影響が濃い泣きまくりのメロディアス
ギター
はかなりのもので新人バンドらしからぬクオリティーの
高さを有しているのもまた事実・・・!これでもっと
疾走していれば
かなり印象は良くなっただろうな!メロデスの
流れを汲む王道のメタルコアは好きだがクリーンVoが
皆スクリーモ系のヘナチョコなのが解せぬ!
などと日頃から
息巻いているタイプのメタラーならばかなり満足できるのでは
なかろうか!?このままアルバムを重ねて順当に
進化していけばいずれ大化けしそうなバンドだと言えよう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Way of the Fist、Place to Die







もどる


inserted by FC2 system