FINAL CHAPTER






"THE WIZARDQUEEN"




ドイツ出身のシンフォニック系メロパワの1stアルバム。


ジャーマンメタル、メロパワ発祥の地ドイツからシンフォニックメタル
現れたぞ!しかもデビューアルバムにして多くのゲストシンガーを
招いて描かれるメタルオペラだ!

バンドメンバーは男女ツインヴォーカル体制の6人組だがそこに
多くのシンガーがゲストで参加し、それぞれの役を歌い演じている。
基本的にマイナーなミュージシャンだがその中になぜかEDGUYの
トビアス・サメットが参加している。


音楽的にはシンセが舞うシンフォニックメタルサウンドだがやはりドイツ出身だけに
ギターリフや疾走パートなど典型的ジャーマンメタルの要素もあるぞ!
向こうの契約レーベルがあのアンダーグラウンドシンフォニーなので
ヴォーカルはよくいるヘナチョコハイトーン
音質も悪めだがこの手の輸入盤としてはまぁ普通だろう。
サウンドホリックから国内盤が出ているが当然HIDDEN MANIACSだ。

ジャーマンメロパワ的疾走リズムに乗せて展開する2、まるでスカイラークばりのクサさを
持つシンセ
が暴れまくる疾走チューンの8がキラーだな。
メタルオペラだけに8分近くある大作も多いがまだまだまとめ切れておらずB級感を醸し出している・・・。


スカイラーク系のシンフォメロパワ好きでB級がいけるクサメタラーなら聴いてみてもいいかもしれん。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 THE WIZARDQUEEN、THE KING OF THE COURT







もどる


inserted by FC2 system