飛蘭







"Polaris"




日本の女性アニソンメタルシンガーの1stアルバム。


以前タレコミも来た女性シンガーで、ステージネームはチャイニーズ風だがバリバリの
ジャパニーズ
のようで詳しい事は判らんがどうやら日本のアニメやらゲームやらに楽曲を
提供している
らしく、音楽的にはインダストリアル系の電子音を導入しつつHM/HR色濃い
バンドサウンド
を軸としたスタイルを持っておりアニソンとメタルの相性の良さ
今更説明するのも面倒臭い程だが本作はまさにそれを地で行っておる!声質的によくある
媚びたスタイル
ではなくノーマルなJ-POP色濃い若干気だるく掠れたタイプなのは好感が持てるな。

1曲目は明るさを感じさせつつもインダストリアル色濃いへヴィ寄りのバンドサウンドが聴け
ホーン、ハモンドも顔を出す軽快なハードロックチューン。ギターソロもキャッチーで
アメリカンロック寄りのムードがありベースラインも印象的だな。2曲目はさらにインダストリアルな
電子音
を導入したハードロックだがストリングスのオブリも目立ちアップテンポでメロディーは
キャッチーさを保ちつつシリアスさが増した感があるのう・・・!3曲目はどこかプログレメタル風
リズム、リードギター、シンセが顔を出しつつストリングスも混ざりバックで琴のような音色も聴け
ちょいとオリエンタルなムードもあるか・・・!サビはやはりアニソンらしいキャッチーなメロだ。
ドラムはなかなかに手数多く後半では爆走こそしないがツーバスも連打されるぞ!4曲目は
唸るベース、シンセに始まり打ち込みリズムアトモスフェリック系の雰囲気を演出するが
大人しいだけの曲調ではなくやはりアップテンポキャッチーな要素が濃いな。
5曲目はオルゴール音に始まり電子音シンセが唸るもヴォーカルパートはピアノが叙情性を醸し出し
アップテンポでノリは良いがどこかエモいムードがあるな。サビはクサメロの領域に突入し
ストリングスもシンフォニックなムードを醸し出しておる!短いが弾き倒すギターソロ、
クラシカルなピアノソロ
も聴き所じゃのう・・・!6曲目はバラード系の曲調でバンドサウンド以上に
電子音、シンセが目立ったアレンジでメロディーはよくあるJ-POP風だな。7曲目はアコギ、
指パッチン(!?)
穏やかなムードを醸し出しピコピコ電子音、ドラムも顔を出す
ユルめのポップス曲。ストリングスも顔を出しサビは叙情性があるな。アコギソロも聴けるぞ。
8曲目はピアノで幕を開けこれまた穏やかな要素が強いハモンド入りのスロー曲。ストリングスは良いな。
9曲目はインダストリアル系の電子音へヴィなギターリフが聴けるマシーナリーな
ムード漂うラウド系
だがやはりどこかキャッチーで明るい部分があるのがアニソンらしい所か!
ただサビは弱いな・・・!10曲目もインダストリアルメタルと言い切れそうな重苦しい電子音、
へヴィリフ
が聴けるコアなナンバーである!今度はストリングスも盛り上がりサビもキャッチーじゃのう!
ピアノソロがクラシカルでドラマティックさを出しているぞ!11曲目は何とツインリード様式美的なリフを
ハモリで重ね
アップテンポで展開、ギターリフは完全にメタルでインダストリアル要素は消え失せメタラーが
ガッツポーズ出来るHM/HRサウンド
が聴けるぞ!まぁサビは普通の明るいキャッチーな
アニソンJ-POP
なんだが・・・!ギターソロも十分にハードロック的なプレイだがアーミング多用で曲調的にもっと
スウィープとか、ネオクラシカルなプレイをして頂きたかったなぁ・・・!12曲目はストリングス、へヴィなバンドサウンドで
幕を開け何と2ビートで爆走するメロスピチューンだ!リフはスラッシーな16分でブリッジは
モダンへヴィネス寄りインダストリアルなビートダウンになりサビはツーバス連打が
凄まじく高速
テクノ、トランス的なビート感を感じさせるぞ!ストリングスもバックで聴けメロディーも
クサい
のう・・・!もっとこういう曲やってくれい!(爆)ギターソロはメロディー重視のエモーショナルな
プレイで短いのが気になるなぁ・・・!もっとDRAGONFORCEくらいやってもエエのに(笑)。
13曲目はピアノ、ストリングス、ギターが混ざったかのような重厚なリフで始まりピアノと共にアップテンポで
軽快なムードを醸し出すロックチューン。
ギターソロがなかなかにテクニカル
ピアノソロも登場、カオティックというかプログレ的というか、そんな複雑な技巧を感じさせるのう!
14曲目はバンドサウンド、電子音シンセが盛り上がりヴォーカルが入るとアトモスフェリックなムード
醸し出されつつギターリフもしっかりと聴けサビは王道を行くキャッチーさを感じさせるな・・・。ギターソロは
メロディー重視のツインリードだが後半は速弾きも顔を出すぞ!15曲目はピアノ、ストリングスが
穏やかかつ叙情的なムードを醸し出しつつこれまたストレートな展開を見せる曲調だ。16曲目はアコギが
穏やかなムードを放ちパワフルなドラムが切り込みバンドサウンドも聴けるが基本はバラードで
ピアノをバックに淡々と展開、
極めてポップス色濃い曲調になっているな・・・。サビはやはりキャッチーで良い。
ギターソロはオールドスクールなハードロック風ブルージーな泣きのプレイである!


もっと正統派メタル、メロスピ寄りのスタイルかと思ったが意外と電子音、シンセが多く
バンドサウンドこそHM/HR
だが曲調はやはりアニソン要素が強くメロディーはキャッチーだが
悪い意味でJ-POPらしいワンパターンさが目立ち飽きが来るのも早そうだな・・・!
中盤でロック要素の無い穏やかなポップス曲が増えてしまうのも印象が宜しくない要因だし
ギター、ベースも軽めで本格的なメタルを期待すると肩透かしだが下手なピコピコポップスオンリーよりは
ずっとマシだろう!
まぁこの手の女性ヴォーカルモノのアニソンメタルだと栗林みな実、
水樹奈々、榊原ゆい
等といった顔ぶれが挙げられるが彼女もその系譜に名を連ねるタイプの
シンガー
なんで今後はさらにメタル要素を増強させよりクサく、よりアグレッシヴになって
戻ってきて頂きたい
モンじゃて・・・!ちなみに本作にはDVD付きの初回盤があるのだが
これがヴィジュアル系連中によくあるただPVが1曲だけあるような手抜きのカネ儲け商法などではなく
ライヴがまるまる一本収録され計23曲、ランニングタイム2時間以上と言うあまりにも
ゴージャス過ぎる内容
になっているのだ!よくあるこの手のヴィジュアル商法クソ以外の
何者でもない
本作は違う!本作だけはDVD付きの初回盤をあえてゲットする価値は十分に
あると言えるだろう!
まったくボッタクリV系連中爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい位じゃ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 mind as Judgment、Distance point、
Day of the fate、飛翔の刻、fortitude







"ALIVE"




日本の女性アニソンメタルシンガーの2ndアルバム。


アニソンとはHM/HRの事である!とは特に誰が言った言葉でも無いが、我々雑食派の
メタラー
アニメに興味が無くともアニソンに対しそんなイメージを持っているのも
確かである(爆)。まぁ実際には全てのアニソンがメタルなんて事は無く、むしろクサメタル
期待して聴いてみたらただのチャラい打ち込みピコピコJ-POPだったなんて事もザラなんだが、
ここに紹介する飛蘭HM/HR要素を強く打ち出したアニソンメタルをプレイする女性シンガーである!
まぁ最もこういったアニソンメタル女性ヴォーカルが生み出した負の遺産と言うべきモンが
嬢メタル、アイドルメタルなんだが・・・!(爆)

1曲目はメロウなピアノ、アコギヴォーカルが乗り意外にもバラードな出だしを見せ
どこかJ-POP的なオシャレ感もあるが、ノイジーなギターも顔を出しハードロック要素も
内包しておるのう・・・!
メロディーはいかにもJ-POPなキャッチーさを見せているな。
後半はアコギソロメタリックなギターソロも聴けるぞ。2曲目は気だるいリズムで
R&Bの要素
を見せておりスキルの高さを発揮しているが、途中でラップが顔を出し
こういうサグ要素メタラーにもアニソンファンにもアピールしないだろうなぁ・・・!(爆)
まぁギターソロは流麗なシュレッド十分にメタルなのだが・・・!3曲目は明るめの
ポップな印象が強い軽快な曲
で、デジタルリズムシンセが目立ちこの曲はHM/HRでは無いな。
4曲目はロック系のバンドサウンドが聴ける明るめのJ-POP、J-ROCKで、ロキノン連中共と比べると勿論
厚みはあるがやはり基本はポップロックじゃのう・・・!5曲目はそれなりにハードさを見せつつ
シンセやホーン、デジタル要素も内包した怪しくもポップな曲調となりスカやジャズの要素も見せるぞ。
6曲目は王道路線のアニソンで、ストリングス軽めのギターも聴けるが基本は打ち込み、シンセ
ライトさを見せているな。サビもありきたり飽きが来るのも早そうだが申し訳程度に疾走し、
後半もシンセ、ストリングス、ピアノを纏い疾走だ!7曲目はライトなギターのカッティングが聴ける
軽快なポップロックチューン。サビは明るめの王道アニソン、J-POPって感じだな。
8曲目はトランス系のシンセ、デジタルリズムチャラさを醸し出す軟派でミーハーなポップ曲。
9曲目はベースと共にマイルドなメロウさを見せ、明るめながらツインリードが顔を出すも
その後はラップ系のヴォーカルが顔を出しリズムもデジタル系になっちまうのう・・・!
ギター、ベース
だけはHM/HRで、ギターソロテクニカルなシュレッドを見せつけるぞ!
10曲目は怪しげなエキゾチックさを見せ他の曲と異なるムードを放つもアンサンブルは
デジタル系
で、サビはやはりよくある王道のアニソン、J-POP系じゃのう・・・!ギターソロは
これまたメタリックだな。11曲目はオシャレ系J-POPムードを醸し出す気だるくも明るい
穏やかなスローバラード。
12曲目は軽快なノリを見せつつ穏やかな側面も見られるアップテンポ曲。
ギターソロ
はこれまたメタルしておるのう!13曲目は気だるいハードさを見せるもその後は軽快な
アップテンポ
になり、ギターやリズムは部分的にハードロック要素を放つぞ。14曲目は明るめの
ポップ要素
を見せギターはロック寄りだがリズムはデジタルでやはり基本はポップスじゃのう・・・!
15曲目はピアノ、ストリングスチェンバロ、フルートも聴ける王道バラードだ。


何だかんだでアニソンポップスを見せつつもその一方でバリバリのメロスピ、クサメタルも
披露してくれた
前作と異なり、バンドサウンドこそあれどそこまでガチのHM/HRでは無くなり
ポップなJ-POP、J-ROCK要素が強くなった感
があり、少なくとも我々メタラーの視点だと
これはセルアウト以外の何者でも無いなぁ・・・!クサメタラーよりもJ-ROCKファンが好みそうな
方向性にシフトした感がある
んだが、だからこそメロディーありがちアニソン、J-POP系の
キャッチーさ
では無く歌謡曲ばりのコッテコテな哀愁クサメロにして貰いたかったわい!
だがその一方で本作も初回盤DVDに抜かりは無く、何とツアーファイナルのライヴ映像丸々一本
そのまま収録されており
大判振るい振りに眩暈を覚える程!カネ儲け主義が滲み出まくり
ド腐れヴィジュアル商法で目先のカネを巻き上げるマザーファッキンケツ穴クソレーベル共
爪の垢どころかチンカス煎じて尿道にブチ込んでヒィヒィ言わせてやりたい位じゃ!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 亡霊達よ野望の果てに眠れ







"PRISM"




日本の女性アニソンメタルシンガーの3rdアルバム。


初回盤DVDに関しては他の追随を一切許さず、まさに引かぬ!媚びぬ!省みぬ!
地で行くド硬派振りを見せ付けるアニソンメタル女性シンガーによる通算3作目の
フルアルバムである!
デビュー作はアニソン要素を前面に押し出しつつも媚びない
確かな歌唱力を披露し、
楽曲もHM/HR色濃いスタイルを存分に見せ付けており何と
メロスピ、クサメタルチューン
までも収録されておりメタラーにもその存在をしかと
アピールした!
だが続く2ndではそういったガチのHM/HR要素が減退、ありきたりな
ただのアニソン、J-POPに成り下がり(メタラーの間では)一気に評判を落とした・・・!
そして続く起死回生の本作、音楽的にはやはり過去作の流れを汲んだアニソン色濃い
キャッチーさを持ったスタイル
なんだが、前作同様・・・いや下手をすればそれ以上にHM/HR要素が薄れ
エレクトロニカ系のデジタルサウンドやシンセ
が目立っておる!何てこった!(爆)

1曲目はクラシカルな格調高さを放つイントロに始まるも、その後はデジタルサウンド
前面に押し出されエレクトロニカ系のスタイルになっちまうのう・・・!2曲目はモダンへヴィネス系
音作りになりギターフレーズも聴けるが、同時にデジタルサウンドも目立っており
インダストリアル系
と言えるスタイルだな。3曲目はシンセと共に多少はHM/HR寄りのギターが聴け
ノリの良いアップテンポになるが、どうにも音が軽くハードロック未満の
バンドサウンド
メタラー的には不満じゃのう・・・!途中顔を出すラップ風の
パート
鼻につくわい!(爆)4曲目もまたエレクトロニカ色濃いデジタル系の
音作り
になるアニソンポップスだがギターソロは聴けるぞ。5曲目はオシャレ感漂う
ピアノ、コーラス
打ち込みリズムが聴ける都会的ポップス。6曲目はストリングスが顔を出し
メタリックでは無いがアップテンポシンフォニックさを放ち劇的さを見せておる!
7曲目はマイルドな落ち着きを見せるバラード。サビはストリングスも顔を出し盛り上がるが
ありきたりな感があるのは否めんのう・・・!8曲目も勘違いオシャレ気取り感プンプンなムードを放つ
デジタル音、ホーンが聴けるインチキ都会ジャズ風のチャラい曲。9曲目はアップテンポだが
やはりメタルでは無くデジタルサウンドがメインとなっており、叙情的なパートもあるが
基本はありがちなアニソン、J-POPだな・・・!10曲目もデジタル音メインのアップテンポアニソンだが
多少はモダンなムードを放つリフも聴けそれなりにはメタリックかも知れんが
奥に引っ込んでおり物足りん!(爆)ただ本作では数少ないメタリックなシュレッドの
ギターソロ
が顔を出す辺り矜持を示していると言えるか!?11曲目もHM/HR的なツインリードで幕を開け
ギターサウンドがしかと聴けるもやはりそこまでメタリックでは無いな・・・!
12曲目もアップテンポの王道アニソンで、ブリッジ付近にちょいと和のムードがあるだろうか!?
ギターソロはちゃんとメタルしておるわい!13曲目はピアノやストリングス等が聴ける
穏やかでマイルドなポップスバラード。


脱メロスピ、クサメタルしつつもまだ多少はHM/HR寄りのバンドサウンドが残っていた
前作
よりもさらに脱メタルしており、ギターもまだ聴けるがどうにも軽めで勢いも無く、
リズムやら何やら
で相当に打ち込みのデジタルサウンドが自己主張してしまっておる!
もうメタラーにはオススメ出来ないミュージシャンになっちまったのだろうな・・・!
ちなみに本作はもういい加減予算が尽きたのか、ある意味最強の武器であった
大判振る舞い
ライヴまるまる1本収録のDVD付き初回盤無いのも惜しいな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 54% お気に入り曲 WHITE justice  Realization







もどる


inserted by FC2 system