exist†trace







"TWIN GATE"




日本のガールズヴィジュアル系メタルバンドの1stアルバム。


メンバー全員が女性という、あまりにも珍しすぎるV系バンドによるフルアルバムである!
基本的にバンギャのセックスシンボルとされるこのジャンル、男がオカマになるのが
当たり前のシーンにおいて女がオナベになるのがアリなのかどうか部外者にはよう判らん所だが、
音楽的には意外や意外、モダンへヴィネス的な部分を持ったHR/HM的なバンドサウンド
携えつつ王道のJ-ROCK、V系的な歌謡キャッチー要素を備えたまっとうなスタイルとなっておる!
ヴォーカルも女性だがV系だけに媚を売るアニソン声質などでは無くハスキー系の歌唱
特にパワフルというわけではないがジャパメタに通じるスタイルで滅茶苦茶上手いというわけではないが
十分に歌えておりナヨナヨさが売りのそこらのV系男Voなんかよりもずっと気合が入っておるのう・・・!

1曲目はキャッチーかつ十分にメタリックなバンドサウンドが聴けるアップテンポ曲で
ギターフレーズ、メロディーラインはどちらかと言えばJ-ROCK風なれどバンドサウンドは
HR/HMである!
インストパートではピアノも顔を出しギターソロは完全メロディー重視の
プレイ
でメロウさがあるのう・・・。2曲目はモダン寄りになったへヴィリフにピロピロした
ギターフレーズ
が聴け絶叫シャウトも登場、ヴォーカルは女性らしさを出しつつも媚びは
皆無
でサビはキャッチーだな。3曲もモダン系のバンドサウンドに打ち込みデジタルビート、
リードギター
が乗るミドル曲。軽めのカッティングも聴けサビ等ヴォーカルメロディーは
やはりキャッチーじゃのう・・・!4曲目は勢いを感じさせる出だしとはうって変わって
叙情的なムードを持った湿り気のあるバラード曲。5曲目はモダンな
へヴィリフ、デジタルシンセ、加工された絶叫シャウトと共に疾走!シリアスなムードを醸し出し
ヴォーカルは吐き捨てるような歌唱を披露しインダストリアルさを持ちつつも
演奏等が熱気を帯びており無機質ではないな。6曲目もデジタルサウンドモダンな
バンドサウンド
が聴けるへヴィチューンだがヴォーカルがメロディアスゴリゴリの
ラウドロック
というわけではないキャッチーな今風のJ-ROCKっぽさが強いな。7曲目もモダン系の
へヴィさ
をキープした重厚なムードを持ったミドル曲でヴォーカルメロディーはまさに日本人らしさプンプンの
キャッチーさ
があるのう・・・!バックのシンセがアトモスフェリック要素を持ちつつもベースやギターの
カッティングがキチンと自己主張しているのが良いな。8曲目はドラムで幕を開けこれまた重厚
バンドサウンド、ワウをかましたギター、電子音がインダストリアルなデジタルムードを放つスロー曲。
ギターソロはメロディアスな泣きのプレイである。9曲目は疾走しつつもキャッチーでどこか
明るい雰囲気
を醸し出す軽快かつ湿り気を帯びたアップテンポ曲。曲調自体は確かにV系で
ありそうなタイプ
だな。サビはいい意味でJ-ROCK的でこれこそがまさに日本人のメロディーセンスである!
10曲目はストリングスシンセ、パーカッションがシンフォニックさを演出しクリーンギター、ピアノも登場、どちらかといえば
アトモスフェリックな雰囲気を醸し出す壮大なバラード系だ。中盤でバンドサウンドも登場するぞ。


ルックス、立ち位置こそヴィジュアル系ながらも中身のほうは十分にメタルで、歌謡的な
キャッチーさ
を内包したいい意味でジャパメタ風の音作りはまさに2000年代のSHOW-YA
呼んでしまっても良さそうな要素がプンプンである!特に演奏テクがあるわけではない
そこらのタマ無しセルアウト軟弱オカマV系連中よりもよっぽどタフな姿勢があり好感が持てるな。
まぁシンプルで判り易い分飽きが来るのも早いかも知れんが・・・。ぶっちゃけV系で売るより
ガールズメタルで売ったほうがいいのではなかろうか!?





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 DECIDE、RESONANCE、VANGUARD、「終わりのない世界」







もどる


inserted by FC2 system