Ether







"Eternal blue"




日本の女性ヴォーカルを擁するユニットの2ndミニアルバム。


Asrielといい六弦アリスといいここ最近の女性ヴォーカル系ミュージシャンは
クオリティー高いのが多いがここに紹介する彼らEtherも上記したミュージシャン同様
女性ヴォーカルとコンポーザーによるユニット編成でその音楽性は
高いものを持っている
ぞ!

本作は彼らの6曲入り2ndミニアルバムで1stは既に廃盤となっているがオフィシャルから
行ける購入サイトでダウンロード販売しておりそこで金払って
ダウンロードすれば聴ける
ようだ。音楽的には六弦アリス等と同じく
Sound Horizonの影響下にあるスタイルを持っていると言ってよく、
複雑な変拍子やインタープレイは無いもののプログレにも通じる雰囲気を持つ
ファンタジックな楽曲
に乗る非常にキャッチーなメロディー
女性ヴォーカルが歌うというもので自主制作盤らしいプロダクションの弱さはあるものの
曲自体のクオリティーは高い!意外とHR/HM色もありメタル寄りのギターが聴ける楽曲もある。
ギターが生なのはいいな!女性ヴォーカルもアマっぽさはあるがちゃんと
歌えている
と思う。ちなみに本作はCD-R。

1曲目“邂逅する世界〜Sanctus〜”は音の激しさこそ無いもののメタルの影響を
受けた曲調
でどこかSound Horizonの疾走曲に通じるものがある。
バックのアレンジは大人しいもののメロディーの出来が良くサンホラ好きなら楽しめるだろう!
メロスピ的に疾走するサビ、そしてラストにサビとギターソロが
交互に聴ける
パートに悶絶だ!

2曲目“harlot”はインダストリアル風の電子音リフが聴けるスローテンポの曲で
個人的に好みの音ではないがメロディーはまぁまぁ良い。

3曲目“doll”はアコギとピアノに導かれるどこか民謡っぽい雰囲気を持つバラードで
バックのシンセ、ストリングス音が実にタマラン(笑)。メロディーも良く
やはりサンホラ辺りが好きなら満足できる曲調だといえる。

4曲目“message”はチャーチオルガン音をバックにシンセがクラシカルなメロディーを
奏でる様式美系の曲調でバッキングこそ打ち込み系だがこれまたメロディーが良く
どこかゴシック風とも取れるダークな雰囲気はALI PROJECT、LOVE SOLFEGE、
Queen of Wandあたりのファンに激しく訴えかけてくる
だろう!

5曲目“chain”はイントロこそヴィジュアル系の曲にありそうな雰囲気だが
実際は1曲目と同じタイプのアップテンポメタル寄りチューンだ!サビのメロディーが
恐ろしくキャッチーでしかもそのバックに流れるヴァイオリン音が非常にツボを突いた
アレンジ
で鳴っておりこれには激しく悶絶だ!!基本的にアレンジは大人しく地味だが
部分部分で急に光るんだよなぁ・・・!この曲はクサメタラーも十分楽しめるであろう!

ラストの6曲目“邂逅する世界〜Graduale〜”は本作中最もプログレッシヴな
曲調
メランコリックかつクラシカルなピアノの調べに導かれ様々な表情を見せる!
バラード調になったと思えばサビと思しきパートでメロスピ風に疾走したりと
その目くるめく展開はシンフォ系プログレッシャーに激しく訴えかけてくるだろう!
メロディーも勿論良い!ピアノのフレーズセンス等非常にレベルが高いぞ!


まだチープさはあるもののこのままアルバムをリリースしてくれれば
大化けする事必至の高品質シンフォニックロックに満足である!
だがどうもこのシーン、Sound Horizonの影響が濃いミュージシャンが
多くなった
と言うのもまた事実。まぁ悪い事ではないし個人的には大歓迎だが
そのうち鼻に布かなんか巻いたベーシストのいる某大日本異端芸者的な
バンド
が現れてサンホラファンとそのファンが非難中傷合戦を繰り広げるのは
カンベンな!(笑)上記したミュージシャン・・・Sound HorizonやAsriel、六弦アリスあたりが好きなら
本作も聴いて損は無い!女性ヴォーカル好き、シンフォ系プログレッシャー、
クサけりゃジャンル問わないクサメタラー
にもおすすめだ!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 邂逅する世界〜Sanctus〜、doll、
message、chain、邂逅する世界〜Graduale〜







"Hands"




日本の女性ヴォーカルを擁するユニットのシングル。


音楽即売会M3の雰囲気、心得(?)などをメールで俺に教えてくれた親切なユニット、
EtherがそのM3でリリースしたシングルである!その節はどうもお世話に
なりました(笑)。
本来メタルやシンフォプログレの要素が含まれた
ゴシック寄りのスタイルを持っているのだが今回は方向性をあえて変え、ポップな
雰囲気を持った楽曲が中心
になっていると言えよう。

タイトルチューンの1曲目“Hands”はスローテンポで進行し軽く歪ませたギター
カッティング系のリズムを刻むポップな楽曲だがどちらかといえばバラード寄りの
曲調
だと個人的に感じたな。メロディーはやはり良くポップながら泣きを
感じさせてくれる。
2曲目“花の腕”もポップチューンだがこっちはうってかわって
アップテンポで展開する楽曲だ!これもメロディーが良くまたヴォーカルも
以前より上手くなっているように思えたがどうだろうか?この曲もギターは
軽く歪んだ音だ。そして3曲目“Stage”は従来の彼らの楽曲の雰囲気がある
ダークなゴシックチューン。最初こそ淡々と進行していくもののサビに入ると
急に壮大になり美しいメロディー、シンフォニックなアレンジ等が飛び出す劇的な
へと変化する!サビ後は再び淡々としたパートになるがバックに新たに
ヴァイオリンが入り
センスの良いアレンジで聴かせてくれるぞ!
4曲目は1stに収録されていた“forest”のアコースティックヴァージョン。
原曲は未聴だがバラード寄りの曲調にアコギやパーカッションによる
アレンジが施されている。


Asrielや六弦アリスと違いギターが生なのがメタラー的に良いな!(笑)
メロディーセンスは良いものを持っておりポップチューンも十分楽しめたが個人的には
やはりゴシック系の方が好みだ(笑)。クオリティーは高いので前作が気に入った人なら
聴いて損は無い!シンフォ系ゴスが好きな人は3曲目のためだけに
買っても損は無い
かもな!?



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 花の腕、Stage







"Coppelia"




日本の女性ヴォーカルを擁するユニットの3rdアルバム。


クラシカルでゴシック風味を漂わせシンフォプログレの要素をも持った
期待のユニットEther。前シングルでは珍しくポップなスタイルにも挑戦し
素養の広さを見せ付けたわけだがM3にてリリースされた新譜である本作は
再びクラシカルシンフォゴシック路線に戻り俺達好み(!?)の楽曲を
聴かせてくれるぞ!アルバム名も“Coppelia”ALI PROJECTを思わせる
ネーミングがつけられているがアリプロに勝るとも劣らぬ高品質
シンフォゴシックが堪能できるぞ!これまでよりもクオリティーが上がってきているのだ!
視聴音源で聴けたメロディーの凄まじさが印象に残っているリスナーも
多いだろうがそんなリスナーならば十分満足できる仕上がりとなっているであろう!
さらにヴォーカルもパワーアップ!これまでも歌えていたもののどこかアマっぽさが
感じられた
のだが今作にそれは皆無!あるのは複雑そうな楽曲、メロディーを
堂々と歌いこなす上質のヴォーカリゼーションである!!
曲調はシンフォプログレハードからタンゴ、ワルツ調、ピアノバラード、
ダークゴシック
等幅広いがどれも良きメロディー、アレンジ、展開に彩られており
捨て曲は皆無!さらにクサメタラー悶絶号泣必至の超絶キラー
収められているのだ!!

1曲目はストリングスとリリカルなシンセに導かれAメロのバッキングギターは
なぜかスカのリズムになるもメロディーは良い。そしてサビメロのクラシカルクサさは
ハンパじゃねー!
ALI PROJECTにまったく引けをとっていない!
クサい!クサすぎる!!ここまで強烈なメロディーを聴いたのは
久しぶりじゃ!全クサメタラー悶絶号泣必須といえよう!!まさに劇メロ!
大好きだ!!!(笑)
2曲目は曲名どおりワルツのリズムで優雅かつクラシカルに
展開していく曲だ。やはりALI PROJECT、そしてMALICE MIZERを思い出すな。
3曲目はピアノバラードでもの哀しい雰囲気に浸れる曲調だ。ヴォーカルも上手くなっているな!
どこか弱弱しいヴァイオリンも聴ける。4曲目はリリカルなシンセ後にギターが唸る
メタリックな音となるぞ!ヴォーカルはゴシカルさを演出しブリッジ、サビはメロスピ的に
疾走!
強烈だぞ!メロディーもヤバイ!この曲も悶絶モノのキラーである!
サビ後のチェンバロがツボだ!!様式美者の琴線をズタボロに引き裂く
神の展開
が炸裂する!凄いぞ!!5曲目はメランコリックかつダーク
クリーントーンのアルペジオと打ち込みリズムで退廃的な雰囲気を出す
ダークゴシックスローチューン。ポジパン好きにはたまらん雰囲気だろう(笑)。
こういう曲調だとストレートな疾走が好きなメタラーは普通ダレてしまうものなのだが
この曲はサビメロ等に見事にフックを持たせており十分以上に悶絶できる!
バンドサウンドが入り壮大に盛り上がるしな!2度目のブリッジ近辺で
生のヴァイオリンが入ってくるのも良い!6曲目はドラムに始まりチェンバロ系の
シンセ
とギターリフがゴシック的ながらノリのよさを出しさらにプログレッシヴな
オーラ
をも放つ曲調に仕上がっている。クサゴシックプログレとでも呼べそうか!?
ドラムのフレーズもセンスあるな!途中一瞬だがメロスピ的疾走を見せるも
再びリズムが変わったりと実にプログレッシヴである!サビ(?)は
やはり疾走!メロディーもやはりヤバいくらいクサくこの曲も文句無くキラーだ!
サビ後の変拍子っぽいリフもたまらん!このドラマティックさ、プログレ感は
SOUND HORIZONを思わせるものだがあっちにひけをとるものではない!むしろこの
疾走感はあっちよりもメタル寄りこっちの方を気に入るメタラーも多い
予測できる!7曲目は生ヴァイオリン、打ち込みリズムに乗る普遍的な魅力を持つ
キャッチーなメロディーが印象的だな。本作の中ではゴス色が無く最もポップな
仕上がり
となっているがやはり哀愁が漂うメロディアスな曲調でサビメロが
実に素晴らしい!この曲にもヴァイオリンは入っており実に効果的な使われ方
しているな。間奏のヴァイオリンソロもたまらん!8曲目もオルゴール的な
音色
が実に美しくクサいメロディーを奏でヴォーカルがそれに続き琴線に
触れまくりの素晴らしすぎるメロディー
を切々と歌い上げるアウトロ的な終曲だ。
この曲があるからこそアルバム全体が引き締まって見えるぞ!


視聴音源聴いた時点で期待はしていたのだが正直ここまで素晴らしいとは
思っても見なかった
わい!ALI PROJECT、Asriel、Queen of Wand、
LOVE SOLFEGE、SOUND HORIZON、六弦アリス
等のファンは勿論、
MALICE MIZER、Moi dix Mois、HIZAKI関係、さらにメロスピ、
クサメタル
を愛してやまねぇクサメタラー勢、お城系シンフォプログレが好きな
プログレッシャーまで全ての劇的で美しいクラシカルな音楽を愛するリスナーに
全力でプッシュするぞ!“Eternal blue”聴いた時から将来性は感じていたが・・・ここまで化けるとは!
DARK MOORの“THE HALL OF THE OLDEN DREAMS”
六弦アリスの“ルナティック・ラヴ”を聴いた時と同様の大化け感
味あわせてもらったわい!まさしく名盤!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 95% お気に入り曲 全部。特に“歪む影”、
“Cage aux poupees”、“安楽という名の棺”







"Heart"




日本の女性ヴォーカルを擁するユニットのシングル。


前作のフルアルバム“Coppelia”恐るべきクオリティーを誇っていた
彼らEtherの新たなるシングルである!音楽的にはどこかハードロックというか
ヴィジュアル系っぽい雰囲気が感じられるメロディアスなスタイル
彼らの持ち味と言えるフックある良質のメロディーが堪能できる1枚となっているぞ。

1曲目はピアノがメランコリックさを演出しストリングスが登場、
そしてシンセとギターリフがハードロック的な展開を見せ
サビは実にフックある、ポップでキャッチーなメロディー
聴かせてくれるぞ!バックで聴こえるストリングスも効果的
使われており曲の良さを引き立てているぞ!
2曲目はキラキラいうシンセブラスト気味に爆走するリズム、
不穏なリフ
が彼ららしからぬダークなアグレッションを演出する!
カオティックな不協和音リフに乗る狂気に満ちた語り
ブラックメタルというよりはヴィジュアル系のような雰囲気があるな。
サビはやはりメロディアスだ。これでシャウト(デス声)があればもっと
それっぽかったか!?3曲目はうってかわって穏やかさ
前面に押し出されたバラード曲。やはりメロディーが強力な武器だ!
ちなみにこの曲はAliesonのシンガー久遠ゆん嬢が参加しツインVo
伸びやかなソプラノ歌唱を聴かせてくれるぞ。
4曲目はかつての曲をピアノアレンジしたセルフカヴァー曲。
やはりメロディーがもの凄く良いのう・・・!


キャッチーでバリバリのフックに満ちたメロディーは健在で
今の時期によくマッチしたメランコリックさが感じられて
良かったわい!前作“Coppelia”はどこかゴシカルな雰囲気のある
アルバムだったがもし今後完全ポップスサイドのアルバムつくったとしても
クオリティーが下がる事はないだろう!美メロが聴きたい人にオススメだ!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







"Happiness"




日本の女性ヴォーカルを擁するユニットの3rdシングル。


ゴシカルでプログレッシヴなスタイルを追求している
彼らEther3枚目のシングルである!アルバムでは
シリアスでダーク、シンフォニックなゴシックスタイル
武器としているがシングルでは一転してポップでキャッチーな
方向性
を打ち出す彼ら。本作も御多分に洩れずポップス系の
スタイル
を持っているぞ!

1曲目はハードロック的なバンドサウンドが聴けるも
曲調はかなりポップで明るいスタイルである。
ゴシカルな“Coppelia”等とは大違いの音作りだが
メロディー自体が良質なので頭の固いリスナーで
なければ楽しめるだろう。バッキングのギターやベースなども
なかなかに面白いラインをプレイしているな。ギターソロも
曲調に合わせたポップなフレーズを弾いている。
2曲目はシンフォニックさを持ったイントロに始まり
1曲目同様のノリの良いバンドサウンドも聴けるがどちらかといえば
叙情性を感じさせるスタイルとなっている。サビのバックで聴ける
壮麗なストリングスが良いな!メロディー自体はやはりかなりの
キャッチーさ
を持っているぞ。3曲目は打ち込みリズムとシンセが
メロウさを演出するもの悲しいバラード。盛り上がりを見せる
王道のサビがやはり良いな!2度目のサビ前、そしてそのまま
サビのバックで聴けるヴァイオリンも実に良い仕事をしておるわい!
4曲目は最初のシングル“Hands”に収録されたタイトルチューンを
ピアノバラードにアレンジしたヴァージョン。彼らの最初の
ポップ志向チューンだがここでは実にメロウで物悲しい泣きの
アレンジ
が施されておりメロディーセンスの高さがうかがい知れるな・・・!
間奏やバッキングで聴けるストリングスもメランコリックで印象的だ。
いくらポップ路線の曲を書こうとも根底にあるものは同じなのだ!


ポップスタイルという事で彼らのシングルはセルアウト気味じゃ
ないのかなどという意見も出てくる可能性はあるが、メロディーの
良さ
という確固たる持ち味があるのでこれはこれで楽しめよう!
ヴォーカルも以前と比べるとかなり成長しており安定した歌唱を聴かせてくれる。
セルアウトとはカネ儲けに走ったり妥協したりすることであって
ポップなものでもそれを心底やりたいと思い決して妥協する事無く
質の高い曲を産み出す
ことが出来るのであればディスられることは無いのだ!
実際明るい曲は1曲目だけだしメロディー、アレンジのセンスは
これまでのアルバム群と同様のものがあるぞ!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Guild、Hands(Remix Ver.)







"Ether Extra.02"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットのシングル。


プログレ要素を持ったクラシカルでゴシカルな楽曲を追求する一方で
ポップなスタイルもこなしこれもまた質の高さがありクサメタラーの
間でも知名度を上げつつあるEtherの新たなシングル・・・というよりは
次のアルバムの予告を兼ねたお試しシングルの様相が濃い1枚である!
オフィシャルで一切告知されていないあたりそういう雰囲気が如実に
感じられ軽く見られるかも知れんがとんでもない!かなり凄まじい
破壊力を持ったキラーチューン
が収録されているのだ!

1曲目はVIPERがやった事で知られるベートーベンの“月光”みたいな
暗く悲しいピアノで幕を開け大仰なチャーチオルガン、ティンパニが登場、
これまでのEtherとは明らかに違うシンフォメタル的大仰さが出ており
ヴォーカルもオペラティックに朗々と歌い上げる!かなりクオリティーが
上がっているではないか!歌唱力もさらに上がっており
初期の頃とはまるで別人のようだ・・・!ギターリフも聴けそして
コンポーザーであるRyo氏のヴォーカルも登場し掛け合いを見せる!
低音のV系寄りスタイルでちゃんと歌えておりさらに
爆走を開始!オペラティックな雰囲気が強くギターもツインリード
盛り上げるぞ!SOUND HORIZON要素が濃くなった感があるがつまりそれは
さらに俺(クサメタラー)好みになったという事!!これは凄まじいキラーだぞ!
2曲目はこれまたピアノで始まるが今度はバラードでヴォーカルも
歌い方を変え普遍的な魅力を放つぞ。1曲目とはまったく異なるが
これはこれでまた良い曲である!3曲目はこれまた方向性が変わり
プログレを意識したとの事であるがどちらかといえば
うねるシンセが空間系のアンビエント要素を放つインストである。


驚かされたわい!まさかのRHAPSODY OF FIRE、SOUND HORIZON直系の
大仰エピックシンフォニックスタイルに唖然である!まさか次の
アルバムはこの方向性で攻めるというのであろうか!こいつは
滅茶苦茶楽しみだな!超キラーである1曲目は次のアルバムに
収録される
ようだしクサメタラー、シンフォメタラー全員撃沈
間違い無しの超名盤
が期待できそうだ!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Suffering in Nightmare







"wish"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットの4thアルバム。


アルバムではシリアスなシンフォゴシックを追求しつつも
シングルではポップな方向性に挑戦したりと何気に幅広い
スタイル
をこなせる隠れた実力派ユニット、Etherの待ちに待った
新たなアルバムである!数少ない枚数しかリリースされなかった
シングルに収められた超キラーがもれなく収録されており
シングル聴けなかったリスナーの溜飲を下げさせてくれるぞ(笑)。
全体的に他のシンフォニックゴシック系バンド、ユニット達よりも
さらに退廃感、荒廃した雰囲気を感じさせる本格的なダークゴシカル
サウンド
を構築している彼らの音楽性は海外のゴシックメタル勢に
最も近い
空気があるかも知れんな・・・!

打ち込みリズムと生ではないようだが異様にリアルな
ヴァイオリン、
ツインリードで始まる退廃的なイントロに
続く2曲目はチャーチオルガンがいかにもゴスな雰囲気
放ちそしてそのまま疾走!Asriel六弦アリスのような
華やかさよりもダークで荒廃した、より陰りを帯びたゴシックの
空気
を保っているのが特徴だろう。そしてサビでは
男女ツインVoとなり恐ろしくクサいメロディー、アレンジと
ともに爆走する!インストパートのピアノとドラムも印象的だな。
どうやらこの曲も過去のシングルに収められていたようだ。
そして3曲目は俺も聴いた前のシングルに収められていた
超キラーチューンでホーン系の音色やティンパニが使われた
大仰なオーケストレーション、ドラマティック極まるピアノ、
ギターにクサすぎるゴシカルなメロディーが聴ける凄まじい曲である!
男女ツインVoになる優雅な展開も非常にドラマティックでその直後の
疾走パートのクサさたるや生半可なものではないぞ!4曲目は
うってかわってジャジーな雰囲気を持った曲でウッドべースに
サックス、ブラシを使ったドラム
アコーディオンが聴け
メロディーはやはり良いな。5曲目はこれまた豪華な
オーケストレーション
が登場しハープ、ソプラノっぽい音が
神聖な雰囲気をかもし出し打ち込みリズムと大仰なシンセで
展開していくシンフォニックな曲だ!RHAPSODY OF FIREのような
シンフォメタルというよりはファイナルファンタジーとかの
サントラ
でありそうな雰囲気を持っているぞ。6曲目は短いが
チェンバロ、チャーチオルガン、鐘の音、ストリングス
クラシカルに絡み合う様式美系メタラー轟沈モノのインストだ!
そして7曲目は再び大仰なシンセオーケストラが鳴り響くも
その後はピアノと打ち込みリズムがアンビエントな雰囲気を放ち
ヴォーカルメロディーは民謡っぽさを感じさせるかなりクサいものだ。
そしてクリーンギター等バンドサウンド、男Voも登場しシアトリカルさ
感じさせそしてサビにあたるパートで大仰に疾走開始!いきなりクサクサ
男女ツインVoシンフォメロスピ
と化すぞ!たまらんのう!その後は
再びクサいピアノも聴け非常に凝った複雑な展開が楽しめるプログレ要素が
垣間見える楽曲と言えるだろう!8曲目はピアノで始まりストリングス系の
音色も聴けるもの悲しい叙情的なバラード。ソプラノ系の歌唱を披露する
ヴォーカルの実力も上がっているな。


これまた凄まじいアルバムとなったもんである!従来に無かった
派手で大仰なオーケストレーション男女ツインVoがバンバン
登場しゴシカルでシアトリカルかつ壮大なシンフォニッククサクサ
サウンド
がこれでもかというほど登場しメロディー面のみならず
アレンジ面も一皮向けた印象があるな!それゆえにやはり
収録時間の短さが何とも勿体無いのう・・・!ここまでの音ならば
是非とも60分以上の大作コンセプトアルバムで聴いてみたいと
思えるな・・・!Sound Horizonに近いとされているがあっちのような
語りは登場しないのでそれが苦手な人でも聴けるだろう。大仰でクサく
シンフォニックかつゴシカルな退廃美
を愛するならば
きっと満足できるであろう!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 92% お気に入り曲 Black box、Suffering in Nightmare、 Dear...、chose croire







"Eternal blue-Advanced-"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットのリメイクアルバム。


プログレやHR/HMの影響を受けたシンフォニックで
ファンタジック
かつ強烈なポップネスをも備えた
最近は男女ツインVoになりつつある女性ヴォーカルロックをプレイする
Etherがかつての2ndアルバム“Eternal blue”
現代の彼らのスキルにて録り直したリメイクアルバムである!
奇しくも同系列のQueen of Wandも同じ試みを同時期に
行いAliesonも前にやっていたが自主制作が故に
過去作がすぐに廃盤になってしまうこのシーン、
やり始めたらキリが無いもののこの試みは最近彼らを
知った新規のファンにとっては非常に有難い試みだろう・・・!

過去曲のみならず新曲も数曲収録されており
オーケストレーションが大仰さ、重厚さを演出し
ヴォーカルがオペラティックに歌い上げる1曲目、
笛の音色が民謡的クサさを出しつつもリズムが
プログレ的なテクニカルさを見せ男女ツインVoが聴ける
穏やかながらも複雑さ、クサさが漂う4曲目、退廃的な
メランコリックさ
を演出するピアノ、ストリングスが聴ける
インストの8曲目が新たに追加されている。


かつての曲も今の彼らの技術でリレコーディングされており
プロダクション、演奏、ヴォーカル共に明らかにクオリティーアップ
原曲の良さがさらに引き立っておるのう!キラーチューンである
“邂逅する世界〜Sanctus〜”、“message”、“chain”
“邂逅する世界〜Graduale〜”
なんかプロダクション、
演奏スキルの向上
により元のアルバム以上に楽しめるのう・・・!
アレンジ自体が大きく変わったというわけではないので
元のアルバムを持っているならばさほど新鮮味は感じられない
だろうがまぁ新曲もあるし熱心なファンなら聴いてみてもいいだろう。
過去のアルバムなんで名盤“Coppelia”“wish”ほどではないが
もし元のアルバムを知らないのであればオススメである!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 邂逅する世界〜Sanctus〜、doll、
message、chain、邂逅する世界〜Graduale〜







"Ether Extra.03"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットのシングル。


恐るべきクサメロセンスでもって日々進化する彼等Ether
3枚目の企画シングルで、これもやはり次のアルバムに
収録されるであろう楽曲
が収められていると思われる・・・。
1曲目は煌びやかなシンセ歌謡曲的な叙情クサメロ
奏でドラムも手数多くベースも目立つボトムのしっかりした
シンフォニックなハードロック
でやはりメロディーが
かなりクサい
のう!サビのバックのストリングスも強烈だが
全体的に歌謡曲要素が濃いのが特徴である。2曲目はツインVoで
どこか宮廷っぽいクラシカルで格調高い雰囲気を持ったこれまた
クサい曲でストリングス、チェンバロが聴け歌謡曲要素の濃い
1曲目とは対極に位置するスタイルである!途中で台詞も聴けるぞ。
3曲目はリリカルなオルゴールによるインストだ。


歌謡クサメロハードロックの1曲目、ヨーロピアンな
クラシカル要素の濃いクサクサシンフォチューン
の2曲目、
オルゴールインストの3曲目とそれぞれ違うスタイル
持っているがクサさという点では共通しておりこれまた次のアルバムが
楽しみになってくる1枚だな。しかし凄まじいメロディーセンスじゃて・・・!
プロダクションやアレンジ面はAsriel六弦アリスのほうが上手だが
メロディーセンスは引けを取らないどころか上回るほどの素養があると思うんで
とにかく強烈な叙情クサメロを求めているのであれば
彼等のアルバムはハズレ無しと言えるだろう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Re:Name、Weiβ Schwarz







"Umbalance"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットの5thアルバム。


強烈なフック、キャッチーなクサメロを携えたメロディーセンスを武器に
耽美ゴシカルチューンからポップな曲、V系風まで何気に幅広い素養を持った
Etherによる久々の新作フルレンスアルバムである!最近はリメイクや
シングルが目立っていた
だけにちゃんとした新作を待ち望んでおったリスナーも
多かろう!本作はロックサウンドを追求した方向性に進んだようで
これまで以上にバンドサウンドがアグレッシヴさを出しており疾走パートも多く
HR/HMと言うよりは昔のポジパンビートロックタイプのヴィジュアル系
思わせる箇所も目立ち、さらにまさかのモダンへヴィネス、ラウドロック系の
メタルチューン
も登場する!最近のEtherがよく披露する男女ツインVoのパートもあり
リリースしたCDが多い分経験も積んで来ておりその分実験的な要素も
恐れず貪欲に取り入れだした
といった所だろうか・・・!?

1曲目は煌びやかなシンセ、アトモスフェリックなリズムで始まりバンドサウンドが
登場するイントロで続く2曲目は透明感を感じさせるキャッチーなヴォーカル、
冷たいエレピ
で始まりいつになくアグレッシヴなバンドサウンドが聴けヴァイオリンも
登場!歌謡曲的な叙情を持ち最近の彼らが良くやる男女ツインVoの様相を醸し出し
サビは疾走、かなりクサいメロパワ、メロスピ要素を感じさせるドラマティックさを
見せるぞ!インストパートは唐突にリズムが変わりV系っぽい怪しくもノリの良い
リフ
でこれまたテンポが上がりその後ギターソロになるぞ。3曲目はノイジーさ
感じさせるワイルドなリフで疾走しどこか昔のV系っぽい雰囲気もあるな・・・!
やはりサビはクサくキャッチーなメロディーと共に爆走する!4曲目は何と
新機軸としてダウンチューニングによるゴリゴリのモダンなへヴィリフが登場し
Slipknot的風情を感じさせるもその後はチェンバロ系の音色も聴けヴォーカルは
デスVoではなく加工され吐き捨て気味に歌いサビは中々に複雑そうなフレーズである!
メロディー重視のギターソロも顔を出しその後はモッシュパートか!?(爆)
5曲目もへヴィリフがゴリゴリと唸る重苦しいスローチューン金タライを
叩くようなドラムの音、
珍しく速弾き気味のノイジーなギター等これも
エクストリームメタル系だがヴォーカルはどこか中東的な妖しさを湛えており
ピアノ、打ち込みリズムが聴けるパートも顔を出し後半で唐突にトランス系の
シンセ
が登場しテンポが上がるぞ!6曲目はうってかわってキャッチーな
ヴォーカル
にアコーディオン、キラキラしたシンセ、ヴァイオリンが聴ける愁いを
帯びたポップかつ幻想的な曲。
ゴシックではないが従来のEtherに
近いタイプ
やも知れぬ・・・!7曲目は大仰なチャーチオルガン、フィメールクワイア
共にメロスピ系の疾走を見せる超ドラマティックなイントロが聴けヴォーカルが入ると
淡々とするも久々に男Voが顔を出しかなりクサい耽美性、ゴシカルさが演出される!
歌謡曲的なクサさを持ったツインVoの掛け合いも聴けサビは疾走し大仰に、
シンフォニックに展開!
従来のEtherをさらにパワーアップさせたかのような
スタイルで本作中最大のキラーである!後半のクワイア、オルガンがまた
ゴシック要素満点実にクサいのう・・・!8曲目は前シングル
収録されていた曲のリレコーディングヴァージョンで、キラキラしたシンセ、
ベース
で始まりメランコリックな風情を携えバンドサウンドも登場、ドラムが
いつになく手数足数多くもどこか歌謡曲的な雰囲気を持ちヴォーカルもなんか
そんな感じでやはりクサいのう・・・!サビなんかまさにそれ系のクサメロ
全開になりバックのストリングスも盛り上げてくれる!シンセの音色など
いい意味で80年代の歌謡J-POP風である!


ロック要素を増強した事によりシンフォニックさ、ゴシカルな耽美さこそ
減退気味ではあるがメタルと言うよりは昔のV系をアグレッシヴにしたような
感じの疾走感、リフワークが聴けそれでいてサビなんかは完全にメロスピ、
クサメタル系
のアレンジでV系ファン、メタラー双方を楽しませてくれる
1枚
に仕上がっていると言えよう!まさかのモダンへヴィネスチューン
登場しこれまで追いかけてきたファンの意見が分かれそうだがそれでも
耽美性、キャッチーなクサメロは問題なく残っており思いっきり別バンド(ユニット)と化した
わけではないのでまぁその点は安心しても良いだろうか・・・!?
メタラーに喜ばれそうなアルバムになっており4、5曲目で驚き
7曲目でもれなく昇天する、そんな1枚だ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 TOWER、Bloody Mary、Please,boy,cut it out!、
La fin de l'ouverture、Re: Name







"Habit"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットの最新シングル。


プログレ的な素養を持った豊潤極まりないメロディーを聴かせるクサクサ
シンフォゴシック
を基盤としつつも幅広い音楽性を持った実力派ユニットによる
通産4枚目のシングルである!クラシカルな様式美チューン、ゴリゴリの疾走モダンメタル
過去曲のリメイク、恒例(?)のピアノインストと計4曲が収録されており、それぞれ
異なるタイプのアレンジながらクラシカルさ、メロディーの良さで
共通している楽曲
が取り揃えられた感じじゃのう・・・!

1曲目は早速クラシカルな響きを持ったチェンバロ、ストリングスが聴ける
様式美色濃い曲Queen of Wandにかなり近い雰囲気を持っているな・・・!
淡々としたミドル、スローテンポでドラムの音こそスカスカなもののやはり
メロディーも良くヴァイオリンソロもクサく、メタルではないがこの手の
クラシカルサウンドが好きなら十分楽しめよう!2曲目はモダンなへヴィリフ、
シンセ
が聴けるアグレッシヴなラウドロックだがやはりストリングス、チェンバロ
聴ける辺りは海外のバンドには無い日本人らしい部分様式美モダンへヴィネス
言った所だろうか!?ヴォーカルは加工されへヴィサウンドにマッチしたモダンな
要素
を感じさせそしてサビはキャッチーなメロディーと共に疾走!どこかヴィジュアル系に
通じるものもあるのう・・・!
ベースも結構自己主張しているな。3曲目は過去曲の
リメイク
でクリーンギター、ピアノ、ベース、ドラムが淡々とした雰囲気を出す
ダークで退廃したスローチューン。サビは非常にキャッチーなメロディーと共に
盛り上がりを見せこの落差がまた良いのう・・・!電子音系シンセ、ハモンドが
プログレ的質感も感じさせ面白いな。4曲目はメランコリックなピアノが聴ける
シングル恒例と言えるインストナンバー。途中から3連リズム
タンゴ的なクラシカルさを放ち3曲目で聴けたメロディーも顔を出すぞ。


前アルバムからモダン系のへヴィサウンドを演るようになったが決して
付け焼刃ではなくなかなかにサマになっておりそれでいて従来のクラシカルさ、
メロディーセンスと融合
しているのだからメタラーにとってはさらにたまらん方向に
進んでくれている
と言えよう!昔メロスピバンドが日寄ってモダン要素を取り入れ
一気につまらなくなってしまい我々をガッカリさせたもんだが、
彼らにその心配は特に無いと言ってしまって良いな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 あかいくつ、jewel casket







"13"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットの6thアルバム。


ここ最近は別プロジェクトだったりソロ名義だったり何だったりで課外活動
目立っていたがここに来て久々のフルアルバムのリリースである!イベント毎に
ポンポンアルバムを連発するペース
も凄いと思うがやはり多少はペースを開けて
アルバムを出したほうがありがたみも増すというもの・・・!本作もまたご多分に漏れず
コンセプトアルバムのようで4作目“wish”から続くストーリーが今回で
完結する
との事らしい・・・!音楽的にはここ数作はモダンなムードを醸し出すように
なってきたが本作は成長した姿で再びルーツに立ち返るかのようにクサさに満ちた
シンフォニックサウンド
に原点回帰、NIGHTWISH初期DARK MOOR辺りに通じる
雰囲気も漂っておりジャジーな曲泣きのバラード、ポップロックにV系、民謡風等かなりの多彩さを見せつつも
クサメタラーに激しくアピールする実にドラマティックな事この上ないクサクサスタイルに仕上がっておる!

1曲目はピアノ、シンセオーケストレーション、フィメールクワイア
バンドサウンドが登場し壮大な盛り上がりを見せシンフォニックメタル的な
様相を醸し出し
ヴォーカルは淡々とした中に叙情的なクサメロを歌いクワイアも
また登場!サビはメロスピ的な疾走を見せ盛り上がりメロディーもクサいぞ!
サビ後のクワイアもクサメタラーのツボを突きピアノの流麗なオブリも実に
美麗じゃのう・・・!曲展開も練られており中盤のパートもドラマティック
早速の強烈なキラーチューン振りに眩暈を覚えるわい!2曲目はうって変わって
ジャジーなムードを醸し出す軽快な曲
でこの手のバンド、ミュージシャンが結構
よくやるスタイル
だな。ウッドベースが跳ねアコーディオンもオブリを放り込み
オシャレ感を演出、中盤ではサックスソロも聴けるぞ。3曲目はメロウなピアノ
シンセストリングス物悲しいムードを演出する叙情的なバラード曲。
メロディーラインは日本人的なセンスの哀愁があり良いな・・・!まさしく歌謡曲的な
郷愁を感じさせるクサメロ
である!4曲目はオルガン、シンセ、アコギ
どこか明るいムードを醸し出しアメリカンハードロック的なギターリフも登場、
ポップでキャッチーな要素が強くヴォーカルは男女ツインとなるぞ!
サビのメロディーはやはりフックがあるのう・・・!5曲目はこれまたメロウな
ムードを醸し出すピアノ、ストリングス
で幕を開けアコーディオンと共に疾走開始!
スパニッシュメタル
ではないがスパニッシュ、フラメンコ的な要素のある哀愁メロスピ
何気に他に類を見ないスタイルに仕上がっているのではないだろうか!?勿論メロディーは
かなりクサく
どこかMiddleIslandに通じる情熱的なムードがあるぞ!
後半のピアノ、ストリングスパートもまたたまらんのう・・・!6曲目はクラシカルな
流麗さのあるピアノ
からモダン寄りのリフ、バンドサウンドが聴けその後は
昔のヴィジュアル系を彷彿とさせる軽いギターのカッティング怪しいムード
演出するアップテンポ曲。いかにも90年代V系ってな曲調なんだがドラムが手数多く暴れ
メロディーも良く
サビはストリングスもバックで盛り上がりメタラーも十分楽しめるぞ!
中盤はテンポダウンしゴシック的なムードを醸し出しメロディー重視のギターソロも聴けるのう・・・!
7曲目はピアノに民謡ライクな笛の音穏やかさを演出、ストリングスも聴け壮大さを放ち
ヴォーカルは切々と歌い基本はバラードだが民族音楽の荘厳さがあるのう・・・!ヴォーカルの
成長
があるためこういう曲でも堂々とパフォーマンス出来るようになったのが大きな進化だと言えよう!
途中からベース、ドラムも顔を出すぞ。8曲目はストリングス、クワイアバンドサウンド
顔を出しこれまた民謡ライクな盛り上がりを見せるもその後はスローテンポで穏やかな雰囲気になるのう・・・!
サビはシンフォニックになり荘厳な劇的さを醸し出し中盤はエピック系のオーケストレーション
重厚なドラマティックさを演出するもホーンの音色がやはりまだチープだな・・・!
9曲目はチャーチオルガン、クワイア爆走メタルサウンドが聴ける待ってましたのゴシカルで
シンフォニックな様式美メロスピだ!
ヴォーカルパートはテンポダウンし男女ツインVoとなり
キラキラチェンバロも舞いクサメタラーはガッツポーズモノだろう!
ドラムがツーバスを連打するパートは緊迫感がありその後の疾走するサビがまたクサい!
テンポダウンがちょいと惜しいが1曲目に匹敵する強烈なキラーチューンじゃのう・・・!
後半で聴けるツインリードのギターソロがまたたまらんわい!10曲目は穏やかでメルヘンチック
ムード漂うストリングスがシンフォニックに盛り上がるファンタジックで明るい曲。
大仰さも兼ね備えておりやはりメロディーラインが良くラスト目前が特にクサすぎる!


シンフォニックメロスピに始まりジャジーな曲から泣きまくり叙情バラード、
ポップフィーリングの強いライトなロックチューンにまさかのフラメンコメロスピ、
ゴシカルさ
のある昔ながらのV系、壮大な民謡、民族音楽系等など
様々なスタイルの楽曲が収録されており散漫になりかねない所だがフックあるキャッチーな
メロディー
が光を放っておりアレンジや演奏も過去作と比べて向上、ヴォーカルも上手さや
表現力
を増しているため音の軽さ、オーケストレーションの打ち込みっぽさはまだ残っているが
説得力はしかと感じさせる音作りになっているな・・・!個人的にはもっとメタルチューンというか
クサく大仰なシンフォニックチューンが欲しかった所だがまぁしょうがないな。クサメタラーならば
1曲目と9曲目で轟沈する事請け合い
だと言えよう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 starting of starting  Mother blue  火刑台の魔女
Enmity  Ruins  ラストダンス  The wing I was given







"Gothic"




日本のシンフォニックゴシック系プロジェクトの5thシングル。


今まさに群雄割拠の体を見せる同人クサメロフィメールシンフォニックゴシックメタル界隈の
創世記に姿を現した第一世代(?)と呼ぶべきユニット、プロジェクトの一組で、音作りは
軽さがあるもそれを補って余りある芳醇なキャッチーさを誇るフックあるクサメロを武器に
シーンを駆け抜けた・・・!
だがここに来て看板女性シンガーだった桜璃嬢が惜しまれつつ脱退、
それ以降はコンポーザーであるRyo氏のソロプロジェクトと言う立ち位置になっていたが本作で再び
コラボレーションを展開!気になる音楽性だが何とゴシックメタルを世に知らしめた
PARADISE LOSTの2ndと同じタイトルを冠する
だけあって過去作よりもゴシカルさ、
メタリックさを増した音作り
を見せており、特にタイトさを増強したバンドサウンドの
説得力
過去最高峰もはやスカスカさなど皆無!極めてメタリックなプロダクション
見せておりベースとドラムの絡み心地良さすら感じさせる程である!

1曲目は早速タイトなバンドサウンドチェンバロが怪しく絡み合いゴシックメタル
言うよりもどこかゲームのサントラライクな雰囲気を醸し出し疾走感も見せサビは
キャッチーさがあるぞ!
後半の勢いあるパートがドラマティックじゃのう・・・!
2曲目はこれまたダークなムードを醸し出すタイトな音作りでメロスピばりの爆走を見せる
サビの疾走感、フックあるキャッチーなヴォーカルメロディー
が良いぞ!3曲目はチェンバロに
ストリングス
が絡みドラマティックかつクラシカルでクサいバンドサウンドも登場、
これまたサビが相当なフックを放っておりヴァイオリンシンセも顔を出しストレートながら
ドラマティックなアレンジ
を見せているぞ!


アルバムタイトルに恥じぬゴシックメタル的ムードを持っており、まぁゴリゴリに
モダンなヘヴィさ
がある訳では無いがアンサンブルがかなりタイトになっており
まずそこに驚かされたわい!
楽曲もまた洗練されたアレンジフックある美メロも
勿論健在、
今シーンに数多くの後続プロジェクトが登場しておりその多さたるや
PARADISE LOST以降世界中に登場したドゥーム派生型ゴシックメタルバンド並だが
黎明期に活動していたベテランの凄みを存分に発揮しており頼もしい限りじゃ!
このコラボ、この方向性、このクオリティーでフルアルバムも聴きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 全部







"機械都市インティモーラ"




日本のシンフォニックゴシック系プロジェクトによる最新ミニアルバム。


同人クサゴシック黎明期より活動を続けるベテランで、女性シンガーの桜璃嬢が脱退しつつも
前シングルで一時的に再コラボし、これまでに無いへヴィな作風で驚かせてくれたが
その後再び沈黙、そして本作で新たに女性シンガーが加入しての攻撃再開である!
気になるニューシンガー、エルム凪嬢はデビューと同時に自身のプロジェクト
犬溶接マン並に局地的に話題を集めた、ファンタジー世界を体現しまくりの実力者らしく、
本作のような世界観日本のRPGゲームになぞらえJ-RPG系と自称、思想はともかく
音楽的にはお城系プログレとそんな大差無いと思うがどうだろうか!?
俺はガキの頃こそ人並み程度にゲームはやっており、今もゲームセンターCXを
欠かさずチェック
してはいるがRPGだけは面白さが判らず避けてたからなぁ・・・!
最初にやったのはドラクエ2なんだが、小坊の頃で偏差値貧乏過ぎて武器や防具を
装備すると言う概念を知らず
スライム相手に1ダメージずつのショボイ攻防しか出来ず
「何やこんなん、マリオやるわ!」とか言ってアクションゲームばっかやっており、
中坊になってからはK-1、UFC等の格闘技ブームに便乗してストUとかゲーセンで
やる
ようになり、家ゲーとは長らくご無沙汰になるんだがそんな俺のオリジンなんざ
どうでも良かろう!(爆)
俺が愛した格闘ゲームも最初の頃は単純に格闘技世界一決定戦だったり、
B級マーシャルアーツ映画丸出しなムードがあったりと俺好みの空気がプンプンと
放たれていたんだが、次第にヴィジュアルイケメン中二病スタイルにシフトしていき
俺の好みから思い切り遠ざかってしまい興味を無くしちまったからなぁ・・・!(爆)
どうでもいいけど“ファイナルファイト”ハガーの声はグロウル系デスVoだよな(笑)。

1曲目はフィメールコーラス壮麗なストリングスが聴け軽めではあるがバンドサウンドも登場、
音圧は無いがキャッチーな軽快さがありシンフォニックな盛り上がりも見られるのう・・・!
中盤以降はミステリアスでシリアスな空気も放たれるぞ。2曲目は同人音楽シーンで今や
石を投げたらブチ当るレベルにまで増殖しまくった、民謡、民族音楽系のムードを醸し出す
穏やかで牧歌的な曲調になり、笛やアコギ、パーカッション志方あきこ、霜月はるか系の
コーラス
も聴けるぞ。3曲目もまたそんな感じの祈祷、民謡系フィメールコーラスで幕を開けるが、
その後は何とモダンさを感じさせるへヴィリフと共に疾走!クサさも醸し出されており
まさに志方あきこ、霜月はるかエクストリームメタル化したかのような曲調である!
QUEENライクなオーバーダブのクワイア加工された吐き捨て風Voも顔を出しなかなかに
声色を使い分けておるのう・・・!4曲目もまた民謡系フィメールクワイアで幕を開け
牧歌的なフォーク要素が目立った穏やかな曲になるぞ。


かつてのクサゴシック方面から志方あきこ、霜月はるかタイプの民謡クサファンタジック路線に
シフト
しているが、元がHM/HR系だっただけあって曲によってはモダンなメタリックさもあり、
この辺はジャンルの始祖であるSound Horizonに通じる部分でプログレッシャー以上に
クサメタラーにアピール出来る音楽性であろう・・・!
新ヴォーカルのエルム凪嬢は
滅茶苦茶上手いシンガーと言う訳では無いが、声色使い分けタイプでパートによって
様々な声質を披露しておりシアトリカルさの表現に長けており、こういう音楽性に
マッチしたタイプのシンガーだろうな。
俺は上記したようこの手のゲームには興味が
無い
んだが、単純にクサメロ音楽として十分にクオリティーが高くこの手の世界観を
心底好む層であればより楽しめるのであろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Intymla  赫然の少女







"幻想世界シルフィネス"




日本のファンタジックシンフォニックプロジェクトによるフリー素材アルバム。


シンガーが代わり心機一転し、開き直ったかのようにゲームミュージック的な
ファンタジック民謡プログレ要素
を前面に押し出し始めたキャリアの長い
プロジェクト
による最新音源で、本作は7曲入りの無料配布アルバムなのだが
正式なアルバムと言うよりはフリー音源素材と銘打っており、その名の通りそういう
使い方を良しとしている
のだが普通にファンタジック民族音楽として
聴いても楽しめる1枚
である!冠婚葬祭のお供に最適なアルバムだな(笑)。

1曲目は早速の笛、コーラスファンタジック民謡ムードを強烈に演出、
女性Voのメロディーライン
もそんな感じで穏やかさを見せており、往年の
霜月はるか辺りを髣髴とさせる純朴な空気を醸し出しておるのう・・・!
サビはキャッチーなクサさがあるぞ!2曲目は民族音楽要素の強いコーラス、
ピアノにパーカッション、笛、川のSE
が聴け、3曲目はまた穏やかな空気を
演出
しておりコロコロした音色フィメールコーラスが乗り、4曲目はいささかシリアスな
ムードが強調されたコーラス
が聴けるも笛は牧歌的だな。5曲目はパーカッション、ドラム
軽快なノリを放っておりコーラスも登場、ベースも何気に目立っているぞ。
6曲目はうって代わってエキゾチックな中東ムードを強烈に演出、笛やシタール、コーラスも
そんな感じ
じゃのう・・・!7曲目はストリングス等がシンフォニックなムードを醸し出すも
フィメールコーラス儀式的なムードを感じさせる壮大な曲である!

フリー素材と銘打ちつつも普通にファンタジック民謡アルバムとして楽しめる
お得な音源
で、まぁあまりにも民謡要素が強いんでBGMとして使うにはいささか
癖が強すぎるかも知れんが、
それだけあって使い捨てエレベーターミュージック
なんざでは無く音楽としてキチンとしているのう・・・!バンドサウンドが無いため
HM/HRどころかロック要素も無く、
そういう要素を期待すると肩透かしになるが
元来持ち合わせていたメロディーセンス
は本作でもしかと生きておるな。
イカついマッチョ野郎
実はディズニー好きなケースが多いように、ゴリゴリの
HM/HRを聴く合間
に密かに霜月はるか等を聴き、エロ雑誌買う時隠すために
お硬い本で挟み込んでレジに持ってくウブな学生
のような背徳的な
心境を楽しんでいた頃を思い出す1枚である(爆)。





オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 幻想世界シルフィネス  果て無き戦い  イディアスの炎窟







"地底都市ディヴァルデイト"




日本のシンフォニックゴシックプログレ系ユニットの7thアルバム。


かつては普通にサンホラ系ファンタジックシンフォニックプログレな姿勢だったが、
最近のヴォーカルチェンジ後開き直ったかのように架空RPG的スタイル
前面に押し出し、いい意味で調子に乗りまくっているかのようなノリを放ちまくる
Etherによる最新アルバムである!本作もまたジャパニーズRPG的世界観をコンセプトに
しているようで、ファンタジックな要素の中にポップスやHM/HR、民謡等さまざまな
ジャンルのアレンジ
を披露しているのう・・・!

1曲目は雷SEシンセ、デジタルリズムが聴けストリングス系のアンサンブルも登場する
シリアスなイントロだが、続く2曲目はうってかわって妙に穏やかでライトな印象のある
軽快なポップスとなり、何気にベースが目立ちつつ男女ツインVoで展開、両者ともにどうにも
弱い印象
があるも軽めな曲調なんで違和感は無いか!?3曲目はファンタジックな神聖さを
感じさせるフィメールクワイア
壮麗さを放ち、その後はブルガリアンコーラス
民謡臭を強烈に発散しておるのう・・・!4曲目は多少はシンフォニックメタル的な印象があるも
バンドサウンドはかなり軽く、シンセも若干チープだがフィメールクワイア志方あきこ的な
印象がありフックとなっているぞ。
5曲目はまた相当にユル〜いポップチューンとなり
流石にメタラーには厳しい楽曲・・・と思わせておいてサビはキャッチーさがかなり強烈
まぁある意味VALENSIAの恥ずかしい曲聴くみたいな感覚だろうか!?(爆)6曲目はフィメールクワイアと共に
シンフォニックメタル的な疾走感を放つ、俺らメタラーにとってのキラーチューンである!
女性Voもまるでディズニーヴィランズのような歌唱クサメロを歌っておるわい!
ギターソロもクサく、
その後のヴォーカルの掛け合いもアナ雪みたいで印象的だな(爆)。
音がスカスカなのが惜しくて仕方無い!7曲目はメロウなピアノ、コーラス女性Voが乗る
バラード曲
となり、ソプラノコーラスが儚さを放っておりストリングスも顔を出すぞ。


架空RPGサントラ的コンセプトと言う事で曲がどうにも雑多過ぎる印象があり、
こういう幅広いジャンルコンピレーション的な感覚で楽しめるリスナー及び
このファンタジックな世界観にドップリ浸れるタイプのリスナーであれば良いのかも
知れんが、俺みたいなこういうコンセプトに興味無いメタラーにとってはやはり
バラつきが目立った散漫な1枚に感じられてしまう
のも致し方無い所じゃて・・・!
俺はゲーム判らんので映画でしか例えられんのだが(爆)、俺がメタルに求めたいのは
やっぱ“ザ・レイド”みたいな100分中90分はアクションしてるみたいなノリだからな(爆)。
続編の“ザ・レイド GOKUDO”普通にサスペンスしててガッカリだったが(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Dvaldit  覚醒〜Humm†Dlad〜







もどる


inserted by FC2 system