ENTER SHIKARI







"Take to the Skies"




イギリス出身のレイヴメタルバンドの1stアルバム。


イギリスから突如として現れた新人バンドである!何とマキシマムザホルモン
今年のサマソニで出会いすっかり意気投合、来年そうそう来日し
ダブルヘッドライナーツアーするとの事である!そんな彼らの音楽性は
メタルコアスタイルに何とレイヴ系のトランスサウンドを大胆に導入し
レイヴメタル、ディスコメタルなどと称されている!
疾走感とビートダウン双方を持ちクリーンVoとデス声を使い分ける
ヴォーカルはまさしくメタルコアそのものなれどそこにトランス的な
シンセ
を導入したスタイルは同じくシンセの入ったメタルコアである
STILL REMAINSあたりと比較されそうではあるがあっちが普通のハードロック、
メタルのシンセ
なのに対しこっちは完全にダンスミュージック畑の
シンセ使い
である!

1曲目のイントロからいかにもトランス、レイヴ系のシンセ
聴こえるもそこにギターが現れそれに続く2曲目はメタルコアの
上にトランスシンセが乗り
やがて疾走!コーラスもシンガロングと
お経みたいなクリーンVoによる独特なもので実に面白い!
・・・と言いたいところだがこういうスタイルは日本の
BLOOD STAIN CHILDがとっくにやっている事
なんだよなぁ・・・!
初期LABYRINTHやDOL AMMADもメタルコアではなくメロパワ、
シンフォメタルではあるがトランスとメタルの融合を彼らより昔に試みている。
アメリカやイギリスのキッズ達は彼らの試みを新鮮と感じるかもしれんが
我等日本人はこういうミクスチャーとっくに通過済みなのだ!
3曲目ももろヴェルファーレ系のシンセにメタルコアが重なる
一風変わった雰囲気を展開しているぞ。6曲目はダンス色が特に強く
ラストのシンセはもろソレ系だな。それに続く7曲目がハードコアメタル的
イントロ
に始まるのも対比が取れており面白いな。
10曲目もハードコア、メタルコア色濃いアグレッシヴなイントロで始まる
メタルチューンで本作中特にメタル寄りの1曲だろう。だが途中やはり
トランス的なアトモスフィア空間が広がるアレンジが登場!
14曲目はどこかプログレ的とも言えそうなアレンジが登場!初期のYESとか思い出すな(爆)。
シンセもダンスミュージックの音色のままにプログレ的フレーズを奏でているぞ!
15曲目もプログレを思わせる穏やかなバラードである。


まだまだトランス系シンセとメタルコアをただ組み合わせて見せただけってな
程度で思わずぶっ飛ぶほどの真新しさは感じられないものの
まぁ本作がデビュー作なので新人のアルバムとしては
こんなモン
だろう。ヴォーカルはクリーン、デス共にまだまだ弱く
プロダクションも悪めだがクオリティーが低いと言うわけではないので
まぁこれからのバンドだろう。ダンスミュージック要素を取り入れるなら
トランス、レイヴのみならず例えばLOSTPROPHETSみたいなブレイクビーツや
ヒップホップ的スクラッチ
とかもっと取り入れてメタル要素も流行のメタルコアのみならず
正統派メタル要素なども挿入しさらなるごちゃ混ぜ感が出せれば化けるかもしれんな!?
ただ個人的にライヴを見てみたいバンドだと言える!モッシュとダンス
入り乱れるカオスな空間
が眼前に広がりそうじゃわい!ホルモンとのツアー、
是非とも観てみたい
もんである!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 Enter Shikari、No Sssweat、
Return to Energiser







"Common Dreads"




イギリス出身のトランスメタルコアバンドの2ndアルバム。


スクリーモ、メタルコアトランス、ダンスミュージック
リズム、シンセを取り入れレイヴメタル等と称される
イギリスの若手バンドによる待望の2作目だ!SUMMER SONIC
PUNKSPRING等で評判を呼びマキシマムザホルモンとの2マンも
成功させライヴではモッシュピットで人間ピラミッドが
出来る
と評判のバンドでもある!

セリフのみのイントロに続く2曲目はさっそくトランス、
レイヴ
系の派手なシンセが飛び出しそしてバンドサウンドも
登場!
シンセが目立つトランスとスクリーモ、メタルコアの
融合
を貫いているぞ!ビートダウンモッシュパート
登場しつつ穏やかさもありラストには何と大仰なクワイア
出てくる!3曲目はシンセを残しつつハードコア的な
疾走感
を感じさせるファストチューンだ!ブラスト
飛び出すがドラムの音が打ち込み系なのも面白い。
4曲目もこれまたトランス系のシンセが派手に飛び出し疾走、
メタル要素は薄れているな。5曲目はホーンっぽい音が聴け
リズムは完全に打ち込みでメタルどころかロックかどうかも
怪しい
のう・・・!6曲目は実に奇妙な雰囲気に満ちた
変態的なリズムが聴けるカオティックな印象の曲。
8曲目はキャッチーさを感じさせるもバンドサウンドはメタルではなく
普通のロック風になっており正直物足りんな・・・!
9曲目はメランコリックで穏やかなアコギが聴け人間が演奏している感
濃く漂うアンプラグド風の曲。次第にデジタルサウンドが
顔を出し後半は打ち込みになるもやはり無機質な打ち込みよりも
生身の音が俺は好きじゃのう・・・!10曲目はインダストリアル風味が
濃いへヴィサウンドだ!曲としては面白くは無いが・・・(爆)。11曲目は
ヴォーカル等パンク的な質感を持ったこれまた電子音が目立つサイバーな曲である。
途中のシンセは非常に叙情的で70年代のプログレに通じる哀愁を感じさせるが
その後はやはり電子音重視のアレンジになるぞ。12曲目も
パンク的な質感があるがなぜかジャジーさもあり実に変態的じゃのう・・・!
14曲目は久々にメタリックな出だしを聴かせるもやはり全体的には
ダンサブルな打ち込みが主体である。15曲目はチャーチオルガン
ホーリーな印象を与えモダンなバンドサウンドも聴けるが曲の
雰囲気自体がダンス系のためイマイチピンと来ないなぁ・・・!
日本盤ボーナスの16曲目はバンドサウンドも聴けるがライトな印象が濃く
17曲目はへヴィさを感じさせ本作の中ではまだバンドサウンド色が濃いな。
プログレ的なフレージングも登場し穏やかなパートも聴ける。

ちなみに本作はDVD付きでバンドのドキュメンタリーライヴの姿
収められており、思っていたほどファンキーではなく意外と
マジメ
な所もありシリアスに活動しているのが判るな。
対バンした他のバンドにも触れておりマキシマムザホルモン
登場したりして何とも微笑ましい(?)やり取りが観られるぞ!


前作ではまだトランスパートとメタルパートが分離しており
融合というまでには至らなかった・・・まぁその分
メタルコアとして聴きやすかったが本作はその相反する
2つの要素がしっかりと融合しておりFACTの新譜、
同郷のHadouken!に通じる雰囲気があるな。だがその分
トランス系のシンセがかなり前に出ておりメタル要素が減退、
その辺が俺みたいなメタル側のリスナーには受け入れ辛い
部分
だろう・・・!バンドサウンドもメタリックさが減りノーマルな
ロック寄り
になっておりせめてもうちょいメタル部分を強調して
もらいたかった
わい!ヴォーカルもシャウト、デス声が
前作同様かなり弱いしな。メタラーよりもトランス畑の
リスナーが喜びそう
な音になったと言えよう!残念じゃ!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 Step Up







もどる


inserted by FC2 system