envy







"Insomniac Doze"




日本の激情系ハードコアバンドのアルバム。


ハードコアの系譜に位置するバンドではあるがその音楽性は
へヴィメタリックでありながらポストロック!叙情性と壮大さを
強調しすぎてダレを覚えるほどの状態にまで持っていった
ポストロック要素とそれに対局するメタリックなへヴィリフ
スクリーモ的なデスヴォイスの融合!まさにポストメタル
呼べそうな音楽性を持っていると言えるだろう!
ちなみに歌詞は日本語である。

へヴィではあるがそれと同時に壮大さをかもし出すイントロが
ポストロック的質感を演出するもハードコアやメタルに通じる
へヴィさ
があるぞ!ヴォーカルは最初こそボソボソ呟くような
ポストロック声だがその後スクリームする!シンフォさすらも
垣間見せるパートが広大な空の景色を想起させるがやはりポストロックと
呼ぶにはあまりにもメタルである(笑)。2曲目もメタルギターとデス声
聴けるも曲構成はポストロックそのもので面白いな。ドラムもメタルの
音を出しており
メタラーにとってのポストロック入門としては非常に
最適なバンドだろう。まぁデス声は弱めだが・・・!
途中語りみたいな声になるがその後はやはり絶叫だ(笑)。
その後も絶叫デス声、へヴィリフと静寂パートによる壮大で
叙情的でありながら冗長でダレを覚えるメタル風ポストロックが続き
やはり正直飽きが来るな・・・!まぁ個人的にポストロックが
好きじゃないからかもしれんがこのジャンルはどちらかといえば
曲展開やメロディー、テクニック等を楽しむものではなく雰囲気に
浸ったり
ある種のリラクゼーション的効果を求めるためのもの
なのだろうな・・・!それ故聴き手を選ぶジャンルだと言えよう。
最初は面白く感じたが途中で思いっきりダレたわい!(爆)


まぁメタラーが最初にポストロックを知るにはいいバンドかもしれんが
個人的には微妙だな。ISISあたりが好きなら楽しめるだろう。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 60% お気に入り曲 Shield of Selflessness







"Recitation"




日本の激情系ハードコアバンドの5thアルバム。


コア寄りのラウド、ヘヴィロックでありながら資生堂のCMで曲が使われた経歴のある
国産大物激情ハードコア、ラウドロックバンドの最新アルバムである!
音楽的には叙情的で物静かなアコギ、クリーンギターを多用した
静寂パートヘヴィでアグレッシヴなバンドサウンドが重厚さを
演出する
パートが交互に顔を出し静と動の対比を演出する
ドラマティックなアンサンブルが聴けちょいと静かなパートが
多い
感じがするもインストパートは非常に充実しており聴き応えは
十分なんだが・・・ヴォーカルパートが基本的にメロディーを
歌うような行為を一切せず
やけに淡々としたポエトリーリーディングが
大半を占めており
もはや語りの領域にまで到達、しかもそれが
男女ツインで行われるのだから尋常ではない!(爆)時折喉を
潰した
ような絶叫というかダミ声寄りの声も聴こえるがそれも
ヴォーカル・・・デスVoではなくあくまでもデス語りである。
ちなみにこの女性語りは奥貫薫なる女優によるものらしい。

初期のEDGE OF SPIRIT等この手の激情ハードコア、
ニュースクール系
にはこういう語りに近い絶叫はよく見られたが
彼らのバンドサウンドはニュースクール・・・メタルコア、メロデス的な
叙情リフも疾走感も無くヘヴィパートはモダンヘヴィネス、ニューメタル
流れを汲んだ感じで、バンドサウンドこそ十分にメタリックなれど
メタラーからしてみると聴き所が、つかみ所が判らんかもしれんのう・・・!
中盤から後半にかけてアップテンポで展開する曲も顔を出すがそれでも
マトモなヴォーカルは無くクリーン語りとデス語りとなっており
Sound HorizonDragon Guardian等のアニメライクな語りは言うまでもなく
こっ恥ずかしいがこういった観念的な哲学、文学かぶれの語りもまた
これはこれで恥ずかしいものがあるのう・・・!やはり日本語で意味が
ダイレクトに伝わってしまう
のが難点だろうか!?絶叫もデスVoとして
聴いてみると弱さが目立つがまぁ本格的すぎると何言ってるのか
判らなくなる
からこんなモンなのだろう・・・!どちらかといえばパンク、ハードコア畑で
語られるバンド
だがそういったファンは果たしてこういうサウンドを
楽しめるのであろうか!?
そこが気になるわい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 Dreams coming to an end、Worn heels and the hands we hold







もどる


inserted by FC2 system