encounter+






"ANCIENT AIR"




日本の男女ツインVo民族系ミュージシャンのアルバム。


彼らのことはまったく知らんが(爆)、どうやら民族系の音楽
プレイする2人組のユニットらしく、本作は3作目で他にも
ゲストミュージシャンが参加してつくられたアルバムのようだ。

音楽的にはストリングス系のオーケストレーションやパーカッションを配し
男女ツインヴォーカルで歌われるどこか民族的な雰囲気を持ったスタイルだ。
クワイアは無いが志方あきこに似た雰囲気があると個人的に感じたな。
ツインVoの配分は7:3で女性Voが中心だ。ギターとヴォーカルが生音で
ドラム、パーカッション、オーケストレーションは打ち込みだがショボさはない。

女性ヴォーカルは悪くは無いが部分部分で聴こえる男ヴォーカルは
どこかパンク風というか、エモい歌い方でぶっちゃけ音楽性に
合っていない
な・・・!まぁメインコンポーザーがギターも兼任するこのヴォーカルなのだが・・・。
4曲目でゲストミュージシャンがギターソロを弾いているがペンタトニック主体の
ブルージーなプレイ
でイマイチだ。ちなみに7曲目と9曲目でヴィジュアル系スタイルの
ヴォーカルが特徴の超・シャムシェイド系国産テクニカル
ハードロックバンド、MintJam
のヴォーカリストTERRAが参加している。


方向性は悪くはないしアレンジもまぁまぁ良いがまだまだな印象を受けたな。
もっとメロディーにフックを持たせるとさらにクオリティーが上がるだろう。
民族系(民謡ではない)が好きな人、志方あきこが好きなら聴いてみてもいいかも。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 73% お気に入り曲 al Westia,il Estard







"Yearling"




日本のユニットの企画アルバム。


前作では男女ツインヴォーカルによる民族音楽スタイルを聴かせてくれた
彼ら(彼女ら?)だが本作はどうやらゲームなどに提供した曲を集めた
企画盤との事らしい・・・!詳しい事は相変わらずさっぱりだが(笑)、音楽性もシンフォニックな
メロハー
からジャジーな楽曲、ポップス、トランス系など様々なタイプの
楽曲
が収められている。前作も民族系ながら意外と幅広い曲調だったが今回はそれ以上だ!
やや散漫に感じられなくも無いが企画盤なので仕方ない。ちなみに今回男Voは無く
女性Voのみである。このヴォーカルなかなかに上手いな。

1曲目はシンセストリングスとHR系のギターが冴えるメロハー的な
アレンジ
を持つ、フックあるキャッチーなメロディー一昔前の
V系ロック
の如き雰囲気をも醸し出す良質のロックチューンだ!
3曲目は前作の流れを汲む民謡、民族的なアプローチが施された
スローな曲。笛の音が聴けるぞ。5曲目はヴァイオリンが美しいメロディーを奏でる
スローで物静かなバラード。イージーリスニング的な雰囲気も感じられるな・・・。
掠れた声で囁くように歌うヴォーカルが印象的である。間奏のヴァイオリンソロも良い!
8曲目は志方あきこを思わせる壮大な民族音楽だ!イントロのコーラスから
さっそくたまらん!おそらく造語?だと思われる歌詞を歌うヴォーカルも琴線に触れる
良きメロディーライン
をなぞりバックのストリングス、笛も
俺を激しく悶絶させる!!
1曲目とこの曲が本作最高のキラーだと言えよう・・・!


一つのスタイルに囚われない、さまざまなタイプの楽曲が聴きたい人に
オススメする!個人的には1、8曲目みたいな曲を中心としたアルバムを
創ってもらいたい
と思うがどうだろうか!?(笑)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 閃光のない太陽、
イズレノトキニカ -for Next Children-、穹夢〜そらゆめ〜、
Catena-カテナ-







"白のピルグリム-Initial00:Bookmark Welts-"




日本の民族系ユニットの5曲入りミニアルバム。


どうやら今後続いていくコンセプトアルバムの出だしになるらしく
再び民族色濃い、エスニックな雰囲気に満ちた楽曲で占められている。
志方あきこフォロワーと呼べるかもしれないが質は高いぞ!
あっちのような壮大さ、荘厳さは無く穏やかな、聴き手を包み込むような
雰囲気
を醸し出している。

1曲目は笛やアコギが民族的な雰囲気を醸し出すも荘厳さは無く明るめで
どこかポップな雰囲気を放っているのが特徴である。サビで聴けるコーラスが良い!
途中で登場するコーラスもまた民族的・・・エスニックな異国情緒を醸し出しており
面白いな!2曲目は繋ぎのインストで3曲目も笛とパーカッション、ベースによる
異国情緒溢れる曲調だが途中でいきなりインダストリアル風打ち込み音になり
その後民族的サビに展開していく変わった構成の曲だ。こういう古き土着音楽
現代的なアレンジを融合させるのは面白い発想だと言えよう・・・!
途中からはバッキングでギターも登場し一瞬だがプログレ的シンセも顔を出すぞ。
その後短いながらアコギソロも聴ける。全体的な雰囲気は1曲目と同じ明るめの曲調だ。
4曲目もインストで5曲目は民族色の薄いポップ曲で超がつくほどキャッチーな
メロディー
が聴ける。本作において異色な1曲と言えるだろうが一番とっつきやすいのは
この曲だろう。シンセストリングスも明るさを演出、ぶっちゃけ売れ線と言える
雰囲気に満ちているがいいモノはいいのじゃ!文句あっか!!(笑)


エスニックな異国情緒溢れる雰囲気が好きな人、志方あきこのファンは
聴いて損は無い!値段も315円と非常に安いぞ!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 ディレンマの壁、idea







もどる


inserted by FC2 system