エミルの愛した月夜に第V幻想曲を







"RED"




日本の女性Voファンタジッククサメタルプロジェクトの4thシングル。


2011年に結成されたかなりキャリアの浅い若手プロジェクトだが本作は
早くも通算4作目のシングルとなっておりシーンのペースの速さを改めて
思い知らされるのう・・・!
気になる音楽性は長すぎるプロジェクト名に違わぬ王道のサンホラ系
女性VoモノファンタジックHM/HR
となっておりアルバム名だけ見て勝手にKING CRIMSON
イメージしてもそういう音は一切出てこないので悪しからず・・・!(爆)まぁシーンに
掃いて捨てるほど存在
しているありきたりな方向性ではあるがアレンジメロディー等は
十分に良質
判り易いアニソン的キャッチーさがありギターもツインリード多様
シンセはどちらかと言ったらキラキラ系をメインにしており北欧メタルに通じる要素があるが
その一方でゴシック要素を多分に纏った様式美系のクサメタルチューンもあり個性よりも
クサメタラーのツボを突く事を最重視したかのような仕上がりとなっているな・・・!

1曲目はオルゴールの音色に始まりアニソン的なキャッチーさを持った女性Voに
いかにもサンホラライクなムードを醸し出すバンドサウンドがファンタジックHM/HR要素を
見せるアップテンポナンバーツインリードも顔を出しなかなかに劇的だな・・・!
2曲目はストリングスゴシカルなクラシカル要素を見せチェンバロも登場、
うって変わってゴシック系様式美メタルとなり何とブラストビートまで顔を出すぞ!
まぁ音は軽くそこまでエクストリームではなくデスVoも無いクサさは十分にあるのう・・・!
3曲目はこれまた方向性が変わりストリングスにアコギ、女性Vo明るいムードを見せ
笛の音民謡ライクな風情を醸し出す非メタル曲だがこれはこれで良いな。


典型的サンホラ系ファンタジックメタル様式美ゴシッククサメタル、さらに
民謡系非HM/HRポップスと三者三様の音楽性を見せており真新しさは皆無なれど質は高く
アレンジもこなれた感があり女性ヴォーカルも稚拙さは無い!過去何作かシングルを
リリース
しているようだが本作の1、2曲目のような方向性をメインとしたフルアルバムを
是非ともリリースして頂きたいモノじゃ!





オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 凛と咲く 真紅の刃  赤い果実







"Alice"




日本の女性Voファンタジッククサメタルプロジェクトの5thシングル。


まだ浅い活動歴ながら精力的な動きを見せ同人クサメタラーの間でも認知度が
だんだんと増して来ている感のあるシンフォニックメタルプロジェクトの
通算5作目のシングルである!
音楽的には前作の流れを汲んだゴシック要素を
内包したシンフォニックメタル/メロスピ
でまだ音質は自主制作らしさがあるものの
クオリティーを着実に向上させて来ており順当な進化を遂げていると言えようか・・・!?

1曲目はSEに始まりクサさ漂う女性Vo、ピアノが登場し大仰さのあるメタルサウンド、
シンセストリングスと共に疾走開始!
ギターもツインリードで盛り上がりAメロは
チャーチオルガン様式美ムードを演出し音質はまだ悪めだがモダンなヘヴィ要素
顔を出しイマドキっぽさもあるのう・・・!ツインリードでメロディーを奏で
ドラマティックさを放つギターソロ
も聴けるぞ!2曲目はゴシカルな大仰さを放つ
シンフォニックなシンセ、コーラス系の音色
に続きモダンなムードを醸し出す
ダークなアレンジで疾走、軽いながらドラムもツーバスを連打、しかと
メタルしておりヴォーカルは女性だがどこかヴィジュアル系に通じる要素があるか!?
3曲目はアニソン的なキャッチーさを見せる女性Vo、オルガンで幕を開け打ち込みリズム
シンセサウンド壮麗なクサさを放つ非メタルながらも良質のクサメロを持ったミドル曲。
ラストではピアノとギターの掛け合いに続きチェンバロの音色も聴けるぞ!


シーンに掃いて捨てるほどいるタイプのファンタジックゴシック系シンフォニックな
メロスピ、クサメタル
真新しさは確かに無いが近年さらに増え始めてきたこの手の
プロジェクトの中でも特にHM/HR要素が強くクサさも確かでまだ音質は弱いが結構
モダンなヘヴィさ、エクストリームメタルスタイルも貪欲に取り入れようとしており
将来性を感じさせるのう・・・!やはり同じ事の繰り返しになってしまうがこのまま
クオリティーを向上させて是非ともフルアルバムをリリースして貰いたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"裁きの業火 嘆きのフィーネ"




日本の女性Voファンタジッククサメタルプロジェクトの1stアルバム。


近年勢力を増しつつある新世代同人クサゴシック勢の中でも特にアグレッシヴな
メタル要素の強いプロジェクト
で、これまではシングルばかりだったがここに来て
ついに待望のフルアルバムをリリース!
今回ゲストプレイヤーでAncient Mythの
ギターであるYURI氏
が参加しており、まぁ1曲目のみなんだが流麗でテクニカルな
プレイ
を披露し本職のスキルを見せつけておる!

1曲目はピアノ混声クワイアが顔を出しダークなゴシカルさを演出、その後は
ベースが唸りピアノ、ストリングスと共にアグレッシヴに疾走!まだ音的には軽いが
ドラムもやけに手数が多くギターもピロピロ暴れ女性Voはキャッチーさを放っているな。
2本のギターがテクニカルに絡むギターソロも聴き所である!後半はチェンバロに
チャーチオルガン
が顔を出し叙情的なクラシカルさを見せるぞ。2曲目はストリングス
ピアノが登場しメロウさを放つもその後はやはりメタリックになる!ベースも目立っており
タンゴ調のパート
もまたクサいのう・・・!中盤はベースソロに続きギターソロも聴けるぞ!
3曲目はデジタルサウンドも顔を出すがストリングスも目立ち怪しげなゴシカルさ
きちんと残っているぞ。ヴォーカルメロがまた相当にクサくバックのキラキラシンセも
印象的
じゃのう・・・!後半ではクワイアも顔を出すぞ!4曲目は出だしからシンフォニックで
クサく爆走!
ギター等バンドサウンドは軽いながらもちょいとモダン寄りな側面があるが
それでもシンセクラシカルでクサいシンフォさがありたまらんのう・・・!
5曲目もリリカルなシンセと共に疾走!ヴォーカルメロもキャッチーシンセは
北欧的なムード
があるか!?6曲目はメロウさ満点のピアノにヴォーカルが乗るバラード。
笛の音
も顔を出しどこか和なムードもあるか!?7曲目はそのままピアノで幕を開け
ストリングス
バンドサウンドも登場、壮大なムードを出しつつ
余韻を残し幕を下ろす
アウトロ的な曲だ。


ゴシカルシンフォニックかつアグレッシヴなメタル要素を強く見せる音楽性は
そのままにクオリティーを向上させてきた印象があり、音質はまだ軽さがあるし
HM/HR要素が強い
割にはリフワークがまだ単調だし、女性ヴォーカルも弱さが残っているが
それでも相当にクサさは強く聴き易くなっているな・・・!やはりガッツリと堪能出来る
フルレンスアルバムは良いのう!
質は高くともシングル、ミニアルバムばかりと言うのが
どうにも惜しく感じる人間としてはやはり時間をかけてでもフルアルバムを出して
もらいたいと言うのが人情なんでな・・・!
今後もこの方向性でアルバムを
世に放って頂きたい
のう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 GUILTY〜裁きの業火〜  氷眼の狩人  ディナー
Judgement  祈りのアリア







"死を司る 神の名を持つ少女"




日本の女性Voファンタジッククサメタルプロジェクトの2ndアルバム。


シーンに参入してまだ日が浅い若手ながらも精力的に活動する新進気鋭の
クサゴシック系プロジェクト
による最新アルバムである!前フルアルバムから
間髪入れずにリリースされた2作目のアルバムとなっているが、収録曲は
6曲
なので厳密にはミニアルバムと言えるボリュームやも知れぬ・・・!
音楽的には過去作の流れを汲んだ疾走ゴシッククサメタル系で、まだ音は軽く
そこまでメタリックでは無い
し、よくある同人ゴシック、歌謡曲系で
真新しさは無い
んだがクサメタラーには嬉しいスタイルを見せておるわい!

1曲目はストリングスピアノ、ベース、ドラムが顔を出し火曜サスペンス風の
ムードを演出、
その後は女性Voと共に音は軽いが疾走しギターも早速ソロを披露するぞ!
ブリッジ付近はピアノ等相当にクサさを放つがサビはキャッチー寄りになるのう・・・!
2曲目は台詞で幕を開け怪しげなピアノ、シンセ4つ打ちリズム、ストリングス、
クワイア
ダークなクサさを見せ、音は軽いがピアノやチェンバロをバックに疾走!
ヴォーカルメロも相当にクサいぞ!
中盤のクワイアシンセも印象的でその後は短いが
ブラスト
も登場、ギターソロもまたクサさを見せているな・・・!3曲目はハープの
メロウな音色
で幕を開け、今度は民謡ライクなまったりとした牧歌的なクサさを演出、
メタリックさはさらに薄れるがクサさは健在である!4曲目はヴォーカル、ピアノ
幕を明け厳かなストリングスも登場、相当にシンフォニックだがバンドサウンドは無く
バラード系のムード
を放っているな。5曲目はノイジーさのあるデジタルサウンドクサいシンセ、
バンドサウンド
が登場しブラストも炸裂、ギターもそれなりにメタリックなリフ
披露しMoi dix MoisDOL AMMADが入り混じったような雰囲気があるな。ギターソロがまた
クサいフレーズ
を披露しており良いのう・・・!6曲目は穏やかなピアノ、女性Voメロウさを放ち
ストリングス、ライトなバンドサウンドも登場、ゴシックV系のポップサイドと言えそうな曲調になるが
ヴォーカルメロやストリングスアレンジは神秘性も残っておりAsrielに相当近い空気があるな。


サンホラタイプと言うよりも女性Voになって軽くなったMoi dix Moisと言えそうな
音楽性となっており、クサメタラーが泣いて喜ぶストリングス、チェンバロ、
クワイアやピアノ
を多用しヴォーカルメロも相当なクサさを持っているのだが
やはりネックとしては音の軽さが挙げられるだろうな・・・!純然たるHM/HRでは
無い
からかバッキング、リフが無くメタル耳には物足り無さが付き纏ってしまうのだ!
同人クサゴシック界隈本格HM/HR側と一線を画している最大の要因がここだろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 星空の湖  Deathscythe  神を殺めし者







"薔薇姫"




日本の女性Voファンタジッククサメタルプロジェクトの3rdアルバム。


ここ近年頭角を現してきた同人クサゴシックプロジェクトの中で最も疾走感のある
爆走メタルサウンド
を聴かせてくれる、アグレッシヴ寄りのプロジェクトによる
アルバムとしては3作目に当る1枚
である!まぁフルアルバムでは無く全6曲の
ミニアルバム的ボリューム
ではあるが、音楽性は従来通りの疾走感あるクサゴシック系の
フィメールVo様式美メロスピ
で、過去作はプロダクション面大きな欠点を抱えていたが
本作はそういった欠点が相当に改善されており、ギターやドラム等がかなり向上しており
タイトさ
も感じさせメロパワ、メロスピと呼んでしまっても何ら遜色無い音作りを見せておる!

1曲目は早速のオーケストレーション、チェンバロ、クワイア系シンセが顔を出し
大仰なシンフォニックさを演出、その後はバンドサウンドメロパワ、メロスピ的な
サウンドを披露し勢い良く疾走するぞ!
中盤のオーケストラ、チャーチオルガンも
また大仰で、
その後のギター、チェンバロのソロバトルは実に様式美的じゃのう・・・!
2曲目は様式美系のシンセで幕を開け淡々としつつもクラシカルな印象を放っており
キラキラしたシンセが良いな・・・!3曲目は怪しげなムードを放つ出だしからモダンさを
感じさせるダウンチューニングのへヴィリフ、ピアノ
重苦しいゴシカルさを演出、
プロダクションの向上説得力を感じさせてくれるわい!ベースラインも極悪さを感じさせ
ヴォーカルメロディーもまたクサいのう・・・!4曲目もまたクラシカルさを漂わせた
チェンバロ系シンセ
で幕を開け優雅に展開、バックでチェロ等のストリングスも顔を出し
HM/HRでは無いがQueen of Wandに通じる宮廷ムードを感じさせてくれるわい!
5曲目はアップテンポでギターは昔のV系っぽい軽さがあるも、チェンバロシンセ
クラシカルなクサさを放っており手数の多いタイトなドラムが印象的じゃのう・・・!
6曲目は煌びやかなシンセで幕を開けモダンなへヴィリフ、ブラストビートが顔を出し疾走!
クワイアストリングスも顔を出しゴシカルでモダンなメロパワ、メロスピ的要素が強いものの
女性Voの声質はマシになった妖精帝國と言えそうな空気があるか!?(爆)


曲は良くともプロダクションが足を引っ張っていた過去作の欠点が見事に改善されており、
ギターの音色はそこまでへヴィでは無いものの相当にタイトさを増し、ドラムもまだ
打ち込みではあるがかなりメタリックさを放つようになっておる!
チェンバロ、ストリングス等のオーケストラ
はまだいかにもシンセな部分もあるし、
これくらいのプロダクションならもっとギターを前に出して貰いたいとも思えるが
ガチのメタルになり切れない部分同人ゴシックらしい要素とも言えるだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 天上の血族  眠り姫  欲深き獣の群れ  黒猫  いばら姫







もどる


inserted by FC2 system