DREAM STATE







"A Place To Rest My Head"




アリゾナ州出身のピアノ・エモバンドの2ndアルバム。


ピアノ、ギター、ベース、ヴォーカルをこなすマルチプレイヤー、
ニック・ガーザ率いるエモバンドでバラード色濃い叙情エモ
ピアノを大々的に取り入れたピアノ・エモを己のスタイルと
しておりこの手のエモを最初にやったバンドの一つみたいな
言い方をされていたりする。WAKING ASHLAND辺りと同系列の
スタイルを持っているといえるだろう。本作は彼らの2ndで
新たにギターもプレイする女性シンガーをパーマネントな
メンバーに迎え心機一転してシーンに挑む事となったのだ!

叙情的なピアノで始まるもバンドサウンドは意外とハード寄り
1曲目からさっそくピアノエモの矜持を見せ付ける!繊細で
儚いピアノの旋律
ファルセットを使ったハイトーンVo
実に美しい音世界を構築しているぞ!2曲目は女性Voに始まり
アコギのストロークからバンドサウンドも登場、全体的にはポップな
出来
だ。3曲目は再び透明感あるピアノが登場し冷たい美旋律
聴かせるバラード。全体的にノリの良いロックは無くバラードを
主体
としたまにアコギのストローク弾きが入ったポップな曲があるってな
塩梅だがピアノやヴォーカルが美しくWAKING ASHLAND同様メロディー派の
叙情ピアノ・エモ
として質は高いな!6曲目はストリングスサウンド
取り入れられさらにドラマティックさが演出されている!7曲目も
女性シンガーが歌うピアノバラード的エモでやはり美しいな。


エモコア、パンクがルーツとはいえ音楽的にはバラードが
中心
となっておりどちらかといえば産業ロック、ポップス
領域で語られるべきアルバムなのかも知れん。本作で聴ける
ピアノやヴォーカルなどが持つ透明感、美しさは北欧メタル
それに通じる要素があると言ったらいいすぎかも知れんが、
たしかに近いものがあるぞ!叙情性に満ちたバラード系の
ロック
が聴きたい人にオススメだ。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 A Place to Rest My Head、
My Best Friend、Finish Line







もどる


inserted by FC2 system