DEATHSPELL OMEGA







"FAS-ITE, MALEDICTI, IN IGNEM AETERNUM"




フランス出身のブラックメタルバンドの4thアルバム。


ブラック者の間で話題になっているバンドである!シンフォさの少ない、
禍々しさが全面に出た真性ブラックなのだがプログレ辺りの影響
受けているようで変態的な変拍子やノイジーなギター、そして爆走パートでは
異様なまでの速さを見せるドラム等テクニカルさもあり
非常にアバンギャルドな要素を持つ邪悪なブラックが堪能できるぞ。

イントロにあたる1曲目は重厚かつ暗いイントロに始まりノイジーさ、
不穏さがあふれ出るドゥーミーというか、キングクリムゾンにも通じる
おどろおどろしいサウンドが聴ける。とにかく病んだ雰囲気に満ちており
スローさが逆に物凄く不気味である。そして2曲目でようやくブラストで爆走するぞ!
音質は軽いがこれはブラックメタルならではだ!ドラムが凄いな!かなりの爆走振りである!
リフも渦巻くような凄みがある!それでいて普通のブラックとは違い
バックでノイズやら不協和音やら垂れ流しまくりで荘厳さよりも
奇妙さを演出しているのが面白いな。プログレに通じる変態的な
ヒネクレ展開
もあるぞ!途中物静かなアンビエント要素が盛り込まれ
さらに不協和音バリバリのカオティックなリフが出てきたりと10分くらいあるが
ダレすに楽しめるな。3曲目も唸りを上げるリフに始まりブラストで爆走!
この混沌とした変態不協和音、壮絶なリズムチェンジはブラックメタラーのみならず
CONVERGETHE DILLINGER ESCAPE PLANあたりが好きな
カオティックハードコアファンにも受けるんじゃなかろうか!?ノイジーかつ
軽いリフ
CONVERGEっぽいと言えなくも無いか?
途中の静寂パートで聴けるどうにもカオティックな単音ギターも良い。
そしてその後はクワイア系のシンセ?をバックにブラストで爆走!!
4曲目はノイジーなギターが垂れ流される病んだスローなイントロに始まる曲。
だがその後やはり爆走する!だが爆走パートはどれもあまり大差ないのが
賛否両論出そうか!?だが部分部分で牙をむくTHE DILLINGER ESCAPE PLAN的な
リズムチェンジ、混沌に満ちたCONVERGE的リフ
はたまらんなぁ・・・!
ドラムがハンパないわい!そして途中テンポダウンしエコーがかかったデス声が
バックで鳴り響く中ノイジーなギターがダラダラと垂れ流される(褒め言葉)。
その後またしても爆走!この手のバンドとしては珍しくバックでタッピングみたいなのが
僅かに流れる。そして今度はピアノが不吉さをかもし出しリフがゴリゴリ唸り
実にカオティックハードコア的な変態変拍子がバンバン飛び出しまた爆走!
5曲目もノイジーなギターから始まりこれまたブラストで爆走!途中ツインリード
呼ぶには不穏すぎるがギターソロっぽいのもあるぞ。ラストの6曲目は
シンフォニックな短いインスト。映画のサントラの如き壮大さがありつつも
ブラック特有の邪悪さは忘れない(笑)。


真性ブラックではあるが本作、かなりプログレ要素も濃く非常に混沌としているので
上記したようカオティックハードコアあたりのファンにも十分オススメできそうな
変態っぷりがあるぞ!ただどうやらメロディーに関してはこれ以前のアルバムの方が
優れているらしい
ので現時点で俺はまだ未聴だがメロディー派は以前の方が
いいのかもしれんな!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 Shrine of Mad Laughter、
Bread of Bitterness、Repellent Scars of Abandon and Election、
Chore for the Lost







"Paracletus"




フランス出身のカオティックブラックメタルバンドの5thアルバム。


その優れたアーティスティックな感性を用いたブラックメタルサウンドで非ブラックメタラーの
熱いリスペクト
も集めるフランス産カオティックブラックメタルバンドの通算5作目に当る
最新アルバムである!プリミティヴブラックの畑で語られながらもその音楽性たるや
超・THE DILLINGER ESCAPE PLANタイプと言えるカオティックコアそのもの!
変態染みた変拍子リズム、不協和音リフ
凶悪に疾走、ブラックメタルと言えるのはせいぜい
ヴォーカルくらいのものでそれ以外はまんまカオティックコアでブラックメタラーよりも
むしろそっち系のモッシュしたいファンが喜びそうな音楽性なんだがどうだろうか!?

1曲目は早速ブラックと言うよりはカオティックコアライクな混沌としたバンドサウンド、
ダミ声に近いデスVoが登場し暗黒化したTHE DILLINGER ESCAPE PLANと言えそうな
変態サウンドが展開!短くイントロ扱いかも知れんがインパクトは強く、続く2曲目は
爆走するもブラックメタル王道のトレモロ、ブラストではなくやはりカオティックコアな
変態要素の濃いギター、ドラム
が暴れ狂い変拍子、不協和音も使いたい放題である!(爆)
3曲目はドラムが手数足数多く暴れ爆走する中ギターがどこか叙情性を感じさせるフレーズを
弾いておりカオティックである事に変わりは無いが狂気の中にどこかメロウさがあるのう・・・!
後半の禍々しいシンフォさを醸し出すシンセがかろうじてブラックメタル的か!?
4曲目はこれまた不穏さを放つクリーンギター、どこか退廃的なムードを醸し出すサウンドが聴け
語りも顔を出すやさぐれた(?)スロー曲。後半でベースが目立ちドラムもパーカッシヴさを放ち
混沌としたカオティックブラックと化すぞ。そのまま続く5曲目はブラストで爆走するも
やはり変拍子、不協和音ギターが目立ちTHE DILLINGER ESCAPE PLANタイプの変態カオティック
エクストリームサウンド
がこれでもかというほど炸裂する!その後はテンポダウンしベースが唸り
怪しい絶叫(?)に変態ギターが乗る混沌パートに突入、MESHUGGAHライクなポリリズム(?)も
顔を出しそして再び爆走!後半またスローになり怪しい語り、お経のような声も登場するぞ。
6曲目は怪しさの中に叙情性を感じさせるクリーン寄りのギター、スローなバンドサウンドが聴ける
穏やかさを持った曲。ブラックバラード(?)といった所だろうか!?(爆)ヴォーカルはやはり
ダミ声で後半荘厳さが目立ち始めこの辺の儀式的とも言える大仰さはやはりブラックメタルだな。
7曲目は再びアグレッシヴなカオティックサウンドが聴ける変態ブラックポリリズムと変拍子とブラストを
混ぜ合わせた
かのようなキチガイ染みたバンドサウンドの後は妙にノリの良い、ある意味ロックンロールと言うか
軽快なアップテンポ系のハードコアと言えそうな展開が顔を出すがやはりその後はカオティックブラックになるぞ。
後半は怪しいクリーン声、不協和音系ギターが聴け8曲目はスラムダンスしたくなるノリの
ハードコアに通じるノイジーなロックンロール(!?)にダミ声が乗りさらに
ブラックメタルと距離を置くがその後いきなりブラストで爆走!だがこれも
どちらかといえばカオティックコア系の音作りじゃのう・・・!9曲目もまんまカオティックな
変態変拍子爆走混沌エクストリームメタルが炸裂!その後のテンポダウン&変態ギター、リズム等
ただでさえカオティックコア要素が強いのにこの曲はそんな中でも特にそれっぽいスタイルになっておる!
中盤以降のスローパートもノイジーさ、ルーズさがメタルと言うよりはハードコアそのものな音作りだ!
10曲目はスローテンポで不穏なクリーンギター、ノイジーなベース、呟くような低音声
聴ける怪しさ満点の混沌系スローチューン叙情性、ドラマティックさも感じさせ
CONVERGEの“JANE DOE”を思わせるのう・・・!


ブラックメタルにプログレアバンギャルド要素を取り込んだという触れ込みではあるが
本作もまたブラックと言うよりもカオティックコアと言い切ったほうが通りが良さそうな
変態変拍子、不協和音満載
クレイジーなサウンドを放っており、真性ブラック者以上に
カオティックコアファンが飛びつきそうな音であり、また本作で喜べるブラックメタラーは
THE DILLINGER ESCAPE PLANCONVERGE等も楽しめる事請け合いと言い切ってしまえそうじゃのう・・・!
タイトではあるが隅々から溢れ出すノイジーさ、プロダクションの軽さがより一層そういったムードを
醸し出しておりメタル以上にハードコア的な要素も強いな。ブラックメタルとカオティックコアの
架け橋的存在
と言えそうな、これもまた一種のミクスチャーである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 2 Wings of Predation、Abscission、Phosphene、
Malconfort、Devouring Famine







"Drought"




フランス出身のカオティックブラックメタルバンドのEP。


ブラックメタルでありながらもその実極めてカオティックコアに近い変態的で
前衛的かつ芸術的な音作り
を見せ非常に高い評価を得ているバンド最新EPである!
全6曲入りで本作もまたブラックメタルらしからぬ変態っぷりを見せており
そのハイテンションなカオティックさTHE DILLINGER ESCAPE PLANを彷彿とさせ
深遠さのあるダークなスローチューンCONVERGEのそれに通じる要素があるのう・・・!

1曲目は暗く淡々とした曲調ドゥーミーというかゴシックメタル的なムードを
携えたインスト
となっているが続く2曲目はいきなりテンションが高くなりアップテンポで
アグレッシヴに展開、
デスVoはブラックメタルらしい呻き声だがそれ以外の
バンドサウンド
はやはりまんまカオティックコア変態テクニカル要素を見せており
THE DILLINGER ESCAPE PLAN辺りの影響が強烈に漂っておるのう・・・!途中で
ブラストも炸裂するぞ!
3曲目は退廃的ながらこれまたカオティックな要素を放ち
ブラストで爆走
しつつ変態変拍子も炸裂しまくるぞ!4曲目はクリーン寄りのギターが
多少の叙情味を見せる
もやはり怪しいムードが漂っておりドラムは手数多く暴れ
ヴォーカルもダミ声のバックで怪しい呻き声を上げている短い繋ぎで5曲目はこれまた
バンドサウンドが縦横無尽に暴れまくるテンションの高い爆走カオティックサウンドだが
後半は淡々とした暗さ、怪しさを見せ始めるのう・・・!6曲目はまったりとしつつ
やはり怪しい暗さの漂うインストのミドル曲で中盤付近からこれまた
実に怪し気なホーンっぽい音色も登場しさらに不穏さを煽っておる!


本作もまた過去作同様ブラックメタルでありながらもまんまカオティックコアな
高いテンション
変態的テクニカルアンサンブルを炸裂させまくる音作りとなっており
ブラックメタラー以上にTHE DILLINGER ESCAPE PLAN辺りのファンに強烈に
アピールしそうなスタイル
を見せておるわい!短いEPなのが悔やまれるのう・・・!
次なるアルバムがまた楽しみになってくる好盤
だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる
 



満足度 80% お気に入り曲 Fiery Serpents  Scorpions & Drought  Abrasive Swirling Murk







もどる


inserted by FC2 system