DARK REAL







"追憶の誓"




日本のヴィジュアル系ユニットのシングル。


これもM3で買ったシングルで新宿の自主盤倶楽部あたりで扱われているかは
判らんがヴォーカルとギターの2人によるユニットでそれ以外にもシンセや
ピアノ
で他のミュージシャンがヘルプしている。音楽的にはそこらの
よくいるDir en greyフォロワーではなくクラシカルでシンフォニック
スタイルを持っているぞ!MALICE MIZERタイプだと言えるだろうが
どちらかといえば今は無きJenivaやSCISTに近いと思う。ダークな
ゴシック色よりクラシカルクサメロ色が濃くメロスピ的に疾走しているぞ!
音質は悪くヴォーカル、演奏も稚拙なれどそのクサさは相当なもの!
キラキラいうシンセはクサメタラーの琴線を刺激するに十分である!
プロダクション、演奏的にもSCISTを思わせるな・・・!

本作は6曲入りシングルで1、2曲目がヴォーカル入りで3曲目がインスト。
4、5曲目が1、2曲目のカラオケヴァージョンで6曲目が3曲目の
ヴァージョン違い。1曲目“追憶の誓”からさっとくのクサクサシンフォ
メロスピヴィジュアル系チューン
である!イントロのストリングス、ピアノ
ヴォーカルが哀愁に満ちたクサメロを歌いバンドサウンドが入りイントロに続きピアノ、
ストリングスが舞いメロスピ的疾走感を魅せる!!かなりクサいぞ!
サビに入る前に一瞬見せるオルガン風の音もクサッ!RAPHAELあたりが好きな人にも
激しく訴えかけてくる音作りだと言えよう・・・!2曲目もクサメロ疾走チューンだがいかんせん地味
1曲目にはかなわないな。3曲目もクラシカルでクサイインストだが
これはキラキラいうチェンバロ音でアレンジされた6曲目のヴァージョンのほうが
個人的に好みだ・・・!


クサけりゃヴィジュアル系だろうが音質、演奏がチープだろうが関係ねぇ!
という剛の者にオススメだ!MALICE MIZER、Moi dix Moisファン及びRAPHAEL、
JenivaやSCISTが好きだった
という人にもオススメだ!解散せず活動を
続けてもらいたいものじゃのう・・・!






満足度 74% お気に入り曲 追憶の誓







"甦生"




日本のヴィジュアル系プロジェクトのシングル。


上で紹介した“追憶の誓”の先に出たのか後に出たのかデータが無くさっぱり判らん
本作はユニットではなく1人で創られておりヴォーカルがギターも兼任している。
音楽的には“追憶の誓”と同様のシンフォニックでクラシカルな
ヴィジュアル系ロック
だ。意外と長く7曲入りで1〜3曲目がヴォーカル入りで
4曲目がインスト。5〜7曲目が1〜3曲目のカラオケヴァージョンとなっている。

専任ギターがいないのが影響しているのか前半はやや大人しめの楽曲が続いている。
だが3曲目“彼方 〜カナタ〜”はイントロからクサクサな語りが登場しその後
“追憶の誓”同様にメタリックな疾走を魅せる!やはりこういう曲調が一番好きだな!
チャーチオルガン、チェンバロ、ストリングスクサメタラーの
ツボ
をついた音作りがなされておりたまらん!!ギターソロも弱弱しいながら何とか
頑張っている
ぞ。飛翔系のサビがこれまたクサい!4曲目“甦生”はインストで
ストリングス音が全面に出た曲でロマンシング・サガあたりの
サントラ
を思わせるシンフォニックでクサい楽曲となっている!


彼らに関するデータが少なくオフィシャルサイトも見れんので今後どうなっていくか
判らんがJenivaやSCISTみたいに速攻で消えることなく活動を続けていって
もらいたい
のう・・・!猫も杓子もDir en greyフォロワーかアリス九號.みたいな
軽いポップロック中心のこのシーンにおいてクラシカル、シンフォニック系は
数少ない
からな・・・!






満足度 73% お気に入り曲 彼方 〜カナタ〜







もどる


inserted by FC2 system