DISPATCHED






"MOTHERWAR"




スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンドの1stアルバム。


かつては叙情的なギターフレーズで慟哭を表現するスタイルだったメロデスだが、
フィンランドからチルドレン・オブ・ボドムが登場してからその表現方法は一新し、今ではシンフォ系、
ヴァイキング系などが出てきてもはや何でもありな感があるといえるだろう。そしてここで紹介する彼らも
なかなかユニークな方法でメロデスをクリエイトしているバンドだと言えよう。

彼らのスタイルはヴォーカルこそデス声なもののそれ以外はほとんど
ジャーマン系
だと言えるものだ!ブラストは無くツーバスで疾走し2本のギターが
時にパワフルなリフを弾き時にクッサイ泣きメロ
奏でるその音はまぎれもなく80年代ジャーマン・パワーメタルの流れを汲むもので
この手の音を愛する者の琴線を激しくつついてくるたまらないサウンドだ!
音質もそれっぽいしな(笑)。

アルバム中特に破壊力の高いキラーであろうタイトルチューンの2のソロは再結成シルヴァー・マウンテンや
ネオクラ系インストバンドのM.Z.もやったクラシックのフレーズが入っており
そのクサさに卒倒しそうになる(笑)。ヤバイぜこれぇ・・・!
マジにクセェ・・・!最高!!(笑)

だが本作を語る上で決して欠かすことの出来ない曲はやはり7曲目に収められた同郷の
大先輩バンド、ヨーロッパの代表曲である“THE FINAL COUNTDOWN”のカヴァーだ!
フィンランドのNORTHERも同曲をカヴァーしたがあっちがヴォーカル以外完コピだったのに対し
こっちは何とテンポが倍近く速くなった疾走ヴァージョンだ!!
いやぁカッコいいなぁコレ・・・!もう原曲やNORTHERのヴァージョンは
聴けん(笑)。
いやこれは冗談だが正直このヴァージョンが一番好きだ。

ラストのバンド名を冠した曲は後半かなりだれるものの前半はクサいギターが聴けていいなぁ。
ホントこのバンド、かなりクサいわ・・・!たまらん!!(笑)


ジャーマン好き、クサいギターが好きな人におすすめだ。



満足度 87% お気に入り曲 MOTHERWAR、THE FINAL COUNTDOWN







もどる


inserted by FC2 system